2078. 群馬県選手権(水球) 平成29年10月1日(日)

群馬県選手権(水球) 平成2910月1日(日)



f0131183_23593706.jpg

年に一回の水球の試合。


今年は、OBチームの参加予定人数が、ちょうど7人(水球は1チーム7人)だった。

フル出場を覚悟していたけれど、当日になってみたら、12人いる!直前にいろいろ声をかけてくれたらしい。

これなら試合は若いものに任せて、落ち着いて「監督業」に専念できる。


監督といっても、お気楽な「OBチーム」ではなく、本気の「現役高校生チーム」の正式監督。



というのも、


水球部顧問のアダチ先生(東大卒)は、高校時代の同級生。

頭はいいけど、水球どころか、水泳も経験がない。


『自分がベンチに入っていても、何の役にも立たないから、是非お願いします』


と、監督役を頼まれた。

で、9月に3回だけ練習を見に行って、そしてこの日は、偉そうにミーティングなどしながら、「監督」っぽいことを。

f0131183_00021233.jpg

↑手作りのフォーメーション板。



結果は、それなりに。

f0131183_23592374.jpg

最も重要な前橋南高校との試合が、シーソーゲームの末に、2-3 で敗戦。

一時は、2-1 でリードしていたのに…


え、1点差ゲームは監督の責任?

それは野球だけの話。



………



僕が監督をすることによって、選手(高校生)が試合を楽しんでくれればそれでいい。



「ボールを持っても、何をやっていいかわからない」


それじゃぁ、少しも楽しくない。

ウロウロして、ムダパスでボールを奪われて、あっさり失点。

大差負けばかりでは、面白いはずがない。


選手(高校生)が、

「どうすればいいか」をわかりながらプレイして

負けるにしても、失点を少なくして、

明日からどんな練習をすればいいかを理解してくれて、


水球って、楽しいなぁ


って、思ってくれるとうれしい。



とすると、メンバーチェンジなんかも、かなり気を使いますよ。

試合に出られなければ楽しいわけないし、でも明らかに泳力の落ちる選手の使いどころを探すのも難しい。かわりに交代させられる選手のことも考えないといけないし…



まるでWCCFですね。



選手の顔と名前を覚えて、

ジュースを配って機嫌を取ることから始めてます。






[PR]

# by akogarehotel | 2017-10-04 23:56 | ただの日常日記 | Comments(0)  

2077.【速報】ツキノさんが店舗予選優勝 平成29年9月30日(土)

【速報】ツキノさんが店舗予選優勝 平成29930日(土)



ツキノさんが「WCCF CUP WINNERS CUP」店舗予選(和歌山)を優勝。

関西Aエリア大会へ出場します。


廃神の仲間入り、おめでとう!

→ ツキノさんのHPへ


………



「おれの弟子」のツキノさんが、店舗予選を通過しました。

大阪エリアから軍団の皆様が出張して参加されたであろう和歌山店舗を勝ったのだから、とてもすごいことです。


メンバーは、「アズーリ」。

(ばらしちゃいけない?)

クリメシはもちろん、アズーリのくせして、カンナもブッフォンもいない。

デルベッキオ、ペロッタは有名な白だから許せるとして、パレッタって知ってる?


元ボカのCBで、ボカ→リバプール→ボカ。ここまではアルゼンチン人だった。

その後、セリエAへ移籍して、イタリア国籍を獲得。カモラネージみたいな人です。


GKはドンナモンダ。背の高いイケメンで、モテモテのイタリア人。

0102のクリドニがエースらしいです。そんな風化しそうなカードが、よくも。



つづいて、エリア突破も期待ましょう。厳しいのだろうけど、祈ればかなうかもしれないし。







[PR]

# by akogarehotel | 2017-10-02 18:06 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(2)