2074. 今頃赤城で 平成29年9月24日(日)

今頃赤城で 平成29年9月24日(日)



ぼそっと独り言です。


この週末は、前橋クリテと赤城ヒルクライムでした。

ともに欠席した僕の行動内容は、


土曜日(クリテ)

子供の塾の送迎、家の掃除、子供の卓球の送迎、子供にお弁当を届ける


日曜日(ヒルクライム)

子供の卓球の送迎、箕郷(味里)食堂、お墓参り、バディファイト



これはこれで、もちろん、とても幸せなことです。


ただひとつ、たったひとつだけ残念なことは、、、

西武園で太田真一主催の一般レースが開催されていた!

「41杯」(しんいちはい)というダサい名前ですが。

これは参加したかった…

来年こそは。



………



赤城に参加したrosuket師匠が、シャア新田さんとのツーショット写真をFBに。

すげぇ、うらやましい。



………



さらに、

こそっと、独り言。


クリテリウム。

先日の埼玉で落車事故があり、一般参加者が2人死亡。

一般人のクリテリウムなんて危険なんだよ。競輪以上に危ない競技だ。


前橋は大丈夫なの?

と、主催者に近い人とお話をしたが、


 あくまでも自己責任


とのこと。

確かに、これが正しい意見かもしれないね。


死にたくなければ参加するな

他人の落車に巻き込まれても文句を言うな




さて、今週末の水球の試合に向けて、鋭意努力中です。





[PR]

# by akogarehotel | 2017-09-25 18:30 | ただの日常日記 | Comments(2)  

2073. Iか、Sか、どっち? 平成29年9月22日(金)

Iか、Sか、どっち? 平成29年9月22日(金)



(前回の文章は大学水泳部から依頼された作文。でも長すぎてボツ。文章を短くして採用されたのが今回のもの。)


水泳を知らない人のなめに:

クロールを泳ぐときに、水中で「I」を描くように手を動かすのがよいか、それとも「S」字がよいのか。たまに議論になることがあります。



★★★



ISの、どっち?


スマホばっかり使ってるから、「どっち?」なんていうデジタルな脳みそになるんだよ。医学部生なら、もっと柔軟に考えようよ。

もちろん、ストロークの話。

そして、もちろん、僕の個人的な考え。

水中で「I」を描くのがよいのか、「S」のほうがよいのか。


たぶん、答えは生理学の教科書にあると思う。



【骨格筋】

① 白筋

いわゆる「速筋(そっきん)」。瞬発力を発揮する筋。

イメージは白身魚。敵から一瞬にして逃げるため、まさに命懸けの瞬発力。

ヒトの骨格筋では、上腕二頭筋や前腕の筋群などの「遠位筋」に多く存在する。スポーツ界では大腿四頭筋も「遠位筋・速筋」とみなされることが多い。「速さ」を生み出してくれるかわりに、すぐに疲れる。

鍛えればモリモリと盛り上がるが、練習を怠るとしょんぼりと退化する。



② 赤筋

「遅筋(おそきん)」。持久力を備える筋。

遠洋マグロは、太平洋を何周しても疲れない真っ赤なお刺身。

ヒトでは近位筋。巷で言われる体幹筋がこれ。広背筋や腸腰筋など。

瞬間的な仕事量は少ないが、永久機関のように延々と動き続けてくれる。

練習で鍛えても、すぐには育たない。



では水泳にあてはめよう。


①短距離を泳ぐ場合、

スピード重視の遠位筋を使う。すなわち、肘、前腕、手首を意識したストローク。下敷きみたいなパドルを想像すればよい。そんなもの付けたら、手首をしっかり曲げて、手のひらと前腕でまっすぐかき出さないと進まないでしょう。


すると、、、、自然と「I」になってないか?


さらに、

短距離なんだから多少のエネルギーロスは無視して、がむしゃらに回転数を稼ごう。直線的にかくほうが効率いいよね。当然、I字になる。



一方、

②長距離を泳ぐ場合、

スタミナ重視の近位筋を使う。肘と肩関節を意識する。

手を「グー」にして泳いでみよう。上腕と脇の下で水をかかないと進んでくれない。当然、体もローリングが必要になってくる。


ほら、「S」字になるでしょ。



ということで、論点は、

I」にするか?「S」にするか?


ではなく、


I」になるか、「S」になるか。



目的にあった正しい筋肉を使えば、自然と正しい形になってくる。

形が間違っているのは、正しい筋肉を使っていない証拠です。


ただし、近年のスポーツレベルはヒトの進化を飛び越えています。

世界レベルでは、たとえ1500mであっても、スピード重視のまま泳ぎきってしまうようです。自分のレベルと合わせて、「I」なのか「S」なのかを考えてください。



じゃぁ、その速筋を鍛えるにはどうしたらいい?遅筋を鍛える練習方法は?

それは、みなさんのメニュー係に聞いてください。

   (紙面の都合で、今回はここまで。)


もしも、僕が現役時代に、このことを考えて練習を組んでいたら、部の成績がもっと良かっただろうに。。。。当時の皆様、ごめんなさい。







[PR]

# by akogarehotel | 2017-09-22 18:06 | ただの日常日記 | Comments(2)