2050. 団体競技 平成29年6月11日(日)

団体競技 平成29年6月11日(日)



親バカ日記ではないよ、たぶん。



………



ある小学生の言葉、

『 自分が試合に出られなくても、チームが勝てばそれでいい。 』



どこかの金髪サッカー選手に聞かせてやりたい。

サッカー選手は、試合に出られないとすぐ文句を言う。だから、サッカーが嫌いなんです。代表戦には全く興味がない。

(ところで、今、世界で最大の注目をあびているのが、アーセナルのGK。なぜ放出(泣))



………



『 水泳は団体競技 』

これは、ほぼ全ての水泳部員が認める。

決して、リレーがあるから、という意味ではない。「チーム」として機能した場合に、最大の効果を表すから、などの意味。



『 卓球も団体競技 』

水泳の場合と、ほぼ同じ意味。

卓球の場合、「団体戦」という項目もあるので、当然といえば当然。


卓球の団体戦:

シングル、シングル、ダブルス、シングル、シングル。

の順で5試合行い、先に3勝したチームの勝利。


1チームでメンバーを4人登録できるが、試合には3人出場すればいい。

通常、3人のほうが有利なので、オリンピックなどは4人登録で3人出場の国が多い。

リオオリンピックの日本代表も同じく4人登録法。



………



日曜日。

卓球の群馬県小学生大会。


長女は「チーム小野沢」のメンバー。

6年生3人と、うちの長女(3年生)の4人。

一人だけ低学年で、実力的にも劣る。試合に勝とうと思ったら、外さざるをえない。



準決勝に相当する「薄根」戦ではメンバーから外れていた。

ガッカリしているかと思って、声をかけに行ったら、逆に、(上述)


 「チームが勝てばいいよ」


泣きそうになっちゃったよ、親バカは。

薄根は過去30年で20回以上優勝している王道チーム。ここに勝てば東日本出場だから、メンバー落ちは妥当でしょう。



しかし、監督もやりずらいはず。

親が見に来ているのに、メンバーから外すなんて。

なので、一応、念のため、失礼かとも思ったけど、事前に、


「監督の判断でやってください」


と断っておいた。


小野沢監督は、一言でいうと「やせた安西先生」。

飄々としていて、他人と会話するときでさえも、独り言のように話すので、なかなか返事のタイミングがつかめない。

選手時代は国体3位(全国3位)なんてのもあるらしく、卓球をやっている群馬県民なら知らない人はいないらしい。今は70歳前後?

弟さんは小野沢次男さんという元競輪選手。


小野沢監督は、僕自身が自転車に乗っていることも知っているので、そのアスリート感覚で、「親が来ていようが関係ない」と暗黙の了解があったでしょう。一応、それを確認しておいたということです。



結果的に、薄根に圧勝して、決勝戦へ。



………



決勝戦は「マエタク」。

王者3人が在籍する不動の優勝候補。


長女はシングルに出させてもらったけど敗戦。他の2人も連敗して終了。


でも準優勝。

9月に金沢で開催される東日本大会に参加が決まった。

もちろん、「 みんなで行ける! 」と大喜びの長女。

f0131183_13482271.jpg

ちなみに、マエタクも薄根も、4人登録の3人出場パターン。

なかなか、小学校のうちから精神的に鍛えられますね。



やっぱり親ばか日記でした。






[PR]

# by akogarehotel | 2017-06-14 13:47 | 子育てられ | Comments(0)  

2049. 信長の野望が恋しい人へ 平成29年6月12日(月)

信長の野望が恋しい人へ 平成29年6月12日(月)


戦国鍋TVのおかげで、ローラー練習が楽しみで仕方ない。
今までは、レンタルDVDで我慢していたけど、ついにCDを買ってしまった。
f0131183_18312073.jpg


f0131183_18312945.jpg




とりあえず、その中のひとつ。
↓聴けばわかる。信長の野望がわかるなら、わかる。「半兵衛、官兵衛がそろったら心配ない。」これがわからないのはおかしい。

イチオシの曲は?と言われたら、むしろこっち。
↓ちょっと信長の野望とは離れるけど、曲は素晴らしい。


戦国鍋(1st)のDVDは全15巻。
前橋のツタヤ2軒を回って、やっと揃う。

しかし、戦国鍋(2nd)が、さらに10巻。
これらは買わないといけないか。




[PR]

# by akogarehotel | 2017-06-13 18:29 | ただの日常日記 | Comments(0)