タグ:ヒルクライム ( 19 ) タグの人気記事

 

2042. ハルヒル(榛名山ヒルクライム) 平成29年5月21日(日)

ハルヒル(榛名山ヒルクライム) 平成29年5月21日(日)



俺、ハルヒル前の1週間で、すっげぇ進化した気がする

 ↑こういうのを厨二病、またはチュウニズムといいます。


………


でも進化したと思うよ、本当に。


1)ディレイラーの調整

おそらくほぼ全てのスプロケが、ギアをファイナルロー(一番軽いやつ。フロントが内側、小さいギア。後が内側の大きいギア。)に入れると、チェーンとディレイラーが接触する。

前後のギアが最内側なので、チェーンも最内側を通り、ディレイラーの内側部分にチェーンが接触している。ただし、これは想定内であるらしく、ディレイラーの内面に黒いパッドが貼り付けてある。

でも、これが気に入らない。

f0131183_12522177.jpg

フロントディレイラーのワイヤーを調節して(緩める)、ディレイラーを極端に内側に寄せてみた。これで、ファイナルローでも接触しなくなった。

ただし、今度はチェーンが外側に行かない。フロントがアウターに入らないどころか、インナーのままでも、後ろのギアが11枚中9枚めまでしか行かない。10枚めにするとカチカチと擦れる音がする。

でも、ヒルクライムならこれでいいんじゃね?

ファイナルローでの走行中に、ロスがないほうがいい。インナーのままでも、120回転させれば、時速40kmが出る。下り坂の多い榛名でも、これならOK



2)ダンシング解禁、ただし「巻島ダンシング」

ヒルクライムでダンシング禁止、これ常識。

だけど、太ももを使わずに、疲れないダンシングなら、どう?

 踏む側の腹筋を引っ込ませて、

 大臀筋に力を入れる


これで、体を思い切り前傾するのが「御堂筋ダンシング」。

バイクを左右に振って、体を上下動させるのが「巻島ダンシング」。

f0131183_12531236.png

(分からない人は、坂道ペダルを読んでください。)

解禁といっても、完璧にできるわけではない。

試しに、やってみようか、というレベル。



3)整体

今週は2回も行ってきました。

整体の翌日は、ローラーの回転がいい。間違いなく効果がある。



………



前日、土曜日。

長男が夜10時まで卓球の練習。その送迎が終わってから睡眠。


日曜日。

3時50分起床。そりゃ、眠いよ。


駐車場に5時に到着。荷物を預けて、もがきとローラー。

荷物を預けに行くときに、有名人にお会いした。

f0131183_12525222.jpg

かば、、ではなくて、やばた選手。

黄色の6番なので、イヤでも目に付く。ご自身が競輪祭の決勝で着たウェアだそうです。決勝に出たの?!

今では、楽しそうにタバコを吸う、優しそうないいオジサンです(^^)



6時半ころ、集合場所へ。

f0131183_12523584.jpg

今回は、7000人だそうです。


7時10分

3000番台グループのスタート!


いつもどおりに最後方からスタート。

なぜなら、いつも必ずいるんですよ、速い人が。

最前列でスタートしてペースを乱されるよりは、最後方でスタートしてグングンと追い抜いて行く(追い抜いて行ける)ことを好む人たちが。

スタート待機のあいだに、それっぽい人が2,3人に目星をつける。体型でわかる。

そして、スタートしたら、当然の「番手主張」。

途中でへたれたら、即、切り替え。これも当然。

スタート直後は、小径車の速い人の後ろに付いた。ぐんぐん抜いたけど、坂道でスピードが落ちたので、あっさり捨てて別人の後ろへ。

速度が落ちたら、また違う人の後ろへ。

やっぱ、番手はラクだよ。ペダルを回さないのに時速30kmで走れるし。

空気抵抗を少なくするために下ハンドル持って、車間10cmくらいで追走。まさに競輪練習のおかげ。

5,6人を乗り換えながら、一度も先頭を走らずに、神社の手前の急坂まで到着。

すっごく調子いい。


しかし、坂は別。

番手の意味ない。

じゃぁ、今こそ「巻島ダンシング」。


?んー?

…微妙、


確かに、疲れない。けど、遅い。座ってるほうが速い。

最大の弱点は、左右に振れること。ハルヒルのような大混雑レースでは危険。

疲れにくいというのは事実なのだけど、、、


いつもどおりに、神社から先は大きくスピードダウン。

神社までに追い越した人に、何人も抜き返された。おれ、坂に向いてないな。

ヘトヘトでゴール。


サイコンのスイッチを入れ忘れたので、タイム不明。概算で54分ぽかったので、

( いい大人が、「レースだ、タイムだ」なんて言ってる場合じゃないよな、ちょっと熱を冷まそう。 )

 なんて考えながら、下山した。



………



夕方、セコ君からのメールでタイムを知った。


 50分07秒、105位(1700人中)


去年(シャア) 52分18秒(187位)

おととし 50分57秒(475位/全体4800人中)


セコ君は、50分22秒。


セコ君は、先週のトライアルでは、55分だったのに。すごい進化だな。

というか、僕自身も、先週は54分だったのに。

50分は切れなかったけど、セコ君に勝てたので十分。

しかし、たったの15秒差。一緒に走っていたら負けてたかもね。


 『 赤城で再戦しましょう。 』 と、セコ君。


なんだよ、レースはもう引退しようと思っていたんだけどな…



………



うちのお子様 『 お父さん、何番だったの? 100番? あんまり(よくないね)?』

おい、学年170人のマラソン大会で10位だぞ?

お前は、学年80人で20位にも入れないだろうが!





[PR]

by akogarehotel | 2017-05-24 12:57 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

1971. 富士見峠(群馬県榛東村) 平成28年12月13日(火)

富士見峠(群馬県榛東村) 平成281213日(火)



その前に、


とりあえず、西宮市長は、西宮競輪を復活させなさい。

それでみんなが許してくれる。



………



富士見峠(榛名)に行ってきた。

→ コースガイド「榛名・富士見峠」へリンク

→ コースガイド目次へリンク



「榛名の自衛隊裏に、いい坂があるよ」

と、rosuket師匠をはじめ、いろいろな方に勧められたので。

f0131183_19010408.jpg

これは、すごい。

こんな近場に、こんな便利な練習場があるとは。

(霞山カントリークラブ周辺。地図の緑が霞山カントリー。)

f0131183_19003583.png

自宅から坂の頂上まで、ちょうど20km

前橋西高校の前をひたすら直進して、

自衛隊駐屯地を迂回すると、霞山(かざん)カントリークラブの看板。坂はすぐそこ。

周辺にはピストの練習地「どんぶり」や「1km坂」がある。箕郷周回コースからも遠くはない。



………



火曜日。

ハトポ号で箕郷周回を予定していたが、天気予報があやしい。

予定を変更して、ロードで榛名富士見へ。



気温5℃を想定。

しかし、走るうちに暑くなり、自衛隊につく頃には、メダリストジャージとTシャツだけ。

それでも汗びっしょり。

やはり、ロードは早い。30分で「どんぶり」に到着。


どんぶり:自衛隊北側の下り坂と上り坂。競輪選手の方がダッシュの練習に使っているという。

なぜか「鳥のフン」のにおいがする。鳥インフルのご時世なので、息を止めて通過。



どんぶりを過ぎてすぐに、「霞山カントリークラブ(早朝営業)」入り口の看板。

ここがスタート地点。


看板に従って左折すると、10%弱の坂が始まる。

 距離5km、標高差470m、平均勾配9.4%


ただし、最後の600mはほとんど平坦なので、それをのぞくと、

 距離4.4km、平均勾配10.2%

10%って、そうそう見かけるもんじゃないよ。



霞山カントリーを通り越し、

 「 ずいぶん登ったな 」

と思った頃に、「あと3.2km」の看板。


まだ、そんなに!?


距離が進むにつれ、勾配もさらにランクアップ。

カーブの内側は余裕で10%超。

交通量がないわけではないので、カーブのアウトに逃げるのは危ない。


「最後の直線」は15%くらいあるでしょうか。これを登りきると三叉路の合流点。展望台にたどり着く。(上の写真)

しかし、ここがゴールではない。「最後の直線」が実は最後ではない。


展望台を惜しみつつ、まだ登る。

これでもか、というくらいに、さらに坂レベルが上がる。

緩いところで10%、カーブになると15%超。しかも長い。

展望台から、えんえんと2kmくらい続く。

塩沢峠の後半部分か、箱根旧道の七曲がりか。


久しぶりに足を着きそうになった。

もしも足を着いたら、再乗不可能なので、スタートに戻らないといけない。


平坦部分が多くなってくれば、ゴールは近い。

ソフトバンクの施設が最高標高地点(ゴール)。

f0131183_19001161.jpg

この道をそのまま進めば、伊香保スケートリンクまで長い下り坂。

スケートリンクから榛名湖までは、すぐそこ。榛名湖と伊香保温泉を通って帰るのもよい。


しかし、雨が降ってきた。雨というか、粉雪?

残念だけど、Uターン。榛名富士がすぐそこに見えるのに。

f0131183_19005105.jpg

富士見峠の「富士」ってのは、もしかして「榛名富士」のこと?


激寒の下り。ダウンの上からウインドブレーカーを着込んで、震えながら帰宅。


往復40km

所要時間3時間



………



13日(火) 榛名富士見

14日(水) ローラー20km、ピスト

15日(木) 天使(激風、激寒)


今週は、いつもよりたくさん回しております!





[PR]

by akogarehotel | 2016-12-15 19:15 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

【17】榛名・富士見峠(群馬県榛東村)

ヒルクライムコースガイド

(最終更新 平成281215日)



【17】榛名「富士見峠」

霞山カントリー周辺(群馬県榛東村)

距離5km 標高差470m 平均勾配9.4

↓地図の緑色が霞山カントリークラブ。

f0131183_19003583.png

f0131183_19010408.jpg


自衛隊駐屯地裏から榛名山への上り口。

平均10%の数字そのままにえんえんと登り続ける。

f0131183_19011685.png

①勾配、コース

平均勾配のとおりに登りつづける。後半になるほど急坂になる。休む場所はない。着地したらスタートに戻る?

コースの中間あたりに展望台がある。ここをゴールとする考えもある。だって、写真を撮りたいでしょ?



②交通量

一般的に利用する車はほとんどいない。

しかし、稀に下ってくる車がある。急坂だけに要注意。



③コンビニ 自動販売機

霞山カントリー入り口の看板手前の中古車屋さんに自販機あり。

自衛隊駐屯地周辺にも自販機多数。

峠内には何もない。


霞山カントリーには入場しないのが礼儀。

前橋西高校から自衛隊に向かう途中にセーブオンとフレッセイ。



④食堂、施設

水沢観音は、有名なうどん街だけど、、、。

その界隈には古風な休憩所あり。



⑤季節、気温、服装

曇り空の12月。推定気温5℃。

上りは汗びっしょりでも、下りはドラえもんくらい着込んでも足りないくらい。



⑥駐車場

村役場や日帰り温泉など、堂々と置くわけには?

ちょっと遠いけど、道の駅「よしおか」なら。



⑦最寄り駅

JR新前橋、JR群馬総社

輪行でも行く価値はあるかと思います。



⑧景色

コースは林の中。展望台からは関東平野一望。

たぶん(本家の)富士山が見えるのだと思う。



⑨ソフトクリーム情報

ここまで来たなら、伊香保グリーン牧場へ。



⑩放射線情報

すでに資料がヤフーでは好評されなくなってるが、

榛名山~伊香保温泉は3万ベクレル/㎡以上だったはず。

(チェルノブイリの立ち入り禁止区域は3万ベクレル/㎡以上)



参考記事へリンク

平成28年12月13日


コースガイド目次へ戻る


[PR]

by akogarehotel | 2016-12-15 19:01 | ヒルクライムコースガイド | Comments(0)  

ハルヒル(その2)…第4回、備忘録 平成28年5月24日(火)

ハルヒル(その2)…第4回、備忘録 平成28年5月24日(火)

  →→→(その1)はこちら


「ブログ、見てます。」

こんなことを見ず知らずの人に言われると、もちろんうれしいんですけど、
非常に照れますね。
大事な人生の時間を、こんなブログを読むために割いていただいて申し訳ない。ありがとうございます。


と、榛名湖畔で思いました。


というのも、
あのマスクのおかげで、「赤の他人」さんと話す機会がたくさんありました。
素顔でないから、気軽に話しかけてくれるみたいですね。

ぽたがーるのSANAさんや、キクミミさんなんて、本来なら殿上人のはずなのに、むこうから声をかけてくれたりして。
でも、”初心者”な私は、非常によそよそしかったのではないでしょうか。どういう対応をしていいかわからなかったんです。
シャアのように威風堂々とするのか、本来の私のように「人当たりのよい腰の低い対応」をするのか。本来の私のように。本来の。

でも、シャアが頭をペコペコさげてたらおかしいから、どちらかというと胸を張っていたつもりですが、ひょっとして「態度がでかい」と思われたかもしれない。ちょっと気がかりです。


………


そんな赤の他人の一人が、例の「ミニーマウス」さん。

スタート直前に、わざわざ僕のところまで挨拶に来てくれた。
第一印象は「気持ち悪い女装」の「超アスリート」。(失礼(^^))
上半身まで真っ黒に日焼けして、足は筋肉パンパン。黒いスカートとピンクのリボンで、そういえば、あれはミニーマウスなの?とあとで気が付いた。
4000番台のゼッケン(僕は3000番台)のくせして、

 『 すぐに追いつきますよ 』

とか言いやがるから、内心、

 …(スタート差が5分もあるから)追いつかれるわけないじゃん

と思っていたのだが、、、、、

あっさり突き抜けていった。ものすごい速さで。

動画あり
(1分40秒付近ですっ飛んでいく黒いのに注目)


ゴール後、その「ミニーマウスさんの友達」という人と話をした。

友達さん 『 僕が14分かかるところを、奴は10分で登ってしまう。 』

 ちなみに、その友達さん自身のハルヒルタイムは、55分。
 「奴」は40分ってことですか?!

その友達さんが付け加える。

友達さん 『 僕はシャアさんにも途中ですごい速さで抜かれました。僕が55分だから、シャアさんはもっと早いんですね。 』


よろしい、いいコメントだ。録音しておくぞ。

(ミニーさんの正面画像がないのがもったいないが、オールスポーツコミュニティならあるかも。)


………


赤の他人といえば、テレビ局さん。

ありがたいことに、群馬テレビさんにインタビューしてもらいました。

ただし、内容は、、、、


TV 『 どちらから来たのですか? 』

TV 『 こういう服装でいつも走っているのですか? 』


 どう答える?
 マジメに答えちゃいけないだろ、これ?


なので、放送されても見たくないし、むしろカットされてることを希望。

【問題】
上記の質問に対して、どのように答えるか?

【不正解の例】
「前橋市から来ました」
「コスプレは初めてです」


………


f0131183_193285.png

(オールスポーツさんから拝借。転載禁止ですが、購入したのでゆるしてください。)



………


最後のネタは、パンフレット。
出走者全員の名前が掲載されている「あれ」ですが、後半にはたくさんの広告が載っています。

いいなぁ、うちも広告を出したかったよ。

こんなの↓。
f0131183_193465.jpg

赤城の電柱は許可が出なかったけど、ハルヒルなら?
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-27 19:04 | 本気のサイクリング | Comments(8)  

ハルヒル 平成28年5月22日(日)

ハルヒル 平成28年5月22日(日)


参加した皆様、お疲れ様でした。
僕は参加していないのですが、かわりに、僕の友人の、シャアこと、キャスバル・ダイクンさんが走ってきました。
f0131183_13143512.jpg



………
(以下、シャアさんから聞いたこと。)


AM5時半に駐車場到着。車内で「お化粧」。
f0131183_13145994.jpg

前日のうちに荷物を預けてあるので、ゆっくりと行動できる。素晴らしいサービスですね。
5時50分、駐車場の誘導員さんに笑われながら、体育館へ向けて出発。

あいかわらずスタート地点は人口密度が高くなってます。
増えすぎた人口は宇宙へ分散しましょう。
f0131183_13152955.jpg



3000番台(3ウェーブ)でスタート。
実は、マスクの視界が悪く、ブーツカバーのためクリートも装着しにくい。スタートでふらついて他人に迷惑をかけそうだったので、グループの最後尾からスタート。

神社までは爽快。3倍速。
神社から先は壁。恥ずかしいくらいの速度。

ゴールが近くなったころ、ツールドフランスのようにカンカンカンと鐘を鳴らしている人がいる。
てっきり、そこがゴールだと思った。
その鐘に向かって、最後の力で思い切り踏んだ。出し切った!

と思ったら、ゴールはまだ先。カーブがあと2つもある。。。。
もちろん、もう足ないよ。
笑われるくらいに、ノロノロでヘロヘロになってゴールした。

52分18秒
目標から2分オチ。


ちなみに、その紛らわしい鐘の主は、あのマンダ先生だそうだ。
もうっ!
(試走をしない俺が悪い?)


f0131183_1316071.jpg

f0131183_1316201.jpg


………


rosuket師匠も言っていますが、
ハルヒルは「市民参加の大会」として素晴らしい。誰でもが気軽に参加して楽しめるイベントだ、と。
(一方、あれは?)

コスプレさんもそこそこ参加しています。
「ミッキーマウス」さんと「ミニーマウス」さんにはレース中に千切られました。特に、ミニーさんはメチャクチャ早い。
スタート前に、わざわざ挨拶に来てくれたのですが、真っ黒に日焼けして、足の筋肉もガッツリとついていました。レース後に、ミニーさんの友人という人と話をしたけど、おそらく40分ちょいでゴールしているらしい。


もちろん、キクミミさんも参加していましたが、人気者のため近づけず、ちゃんと挨拶できなかった。ごめんなさい。


来年は、コスプレ好きの自転車乗りとして有名なマンダ先生が、何かやってくれると期待しましょう。


………


ハルヒルは地元密着型。
近隣に住んでいる方々が、家族総出で交通整理や応援にきてくれる。レース後の下山でさえも、熱心に手を振ってくれる。
そんな人たちが、「シャア」を見ると喜んでくれるんですよね(多分)。
まずは親世代が気づいて、その子供たちが(シャアを知らないけれど、何かのヒーローと思って)手を振ってくれる。
それで十分です。
僕も、来年は「シャアらしい手の振り方」を勉強して参加します。


ところで、
走りながら、「シャア!」という声はたくさん聞こえましたが、

 「あ!あれ!、、なんだっけ。」

と叫んだ人!
勉強してください!


………


午後からは、例年通り打ち上げ。
f0131183_13164627.jpg

はるかなさん、rosuket師匠、ウチダさん、カンベさん、そしてハルヒルを走っていないのに、打ち上げだけ参加のハトポさん。


前橋の気温は30℃越え。
ハルヒルよりも、帰り道の運転のほうが暑くて、汗をかいた。
そのぶん、ビールがうまいのも当然のこと。



来年は、私の職場で「みんなでやろう」という意見もあります。何を?

ちなみに、私、人生で2回だけ、女装したことがあります。
え、聞いてない?


f0131183_13172210.jpg

ヘルメットを制作していただいたウチダさんと記念写真。


 → その2へつづく


[PR]

by akogarehotel | 2016-05-23 13:17 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

観音山練習 平成27年11月24日(火)

観音山練習 平成27年11月24日(火)


連休は軽井沢でキャンプ。
寒くて暗くて(日没が早くて)写真はなし。




連休明けの火曜日は、仕事を少々片付けて観音山へ。
rosuket師匠が「連休中に裏ゴルフを3本やりました」なんて言うから。
f0131183_12593268.jpg

(観音山界隈へリンク)
高崎高校の北側から登るのが「熱海」。
さらにその北側から登るのが「表ゴルフ」と「裏ゴルフ」。
「表ゴルフ」は、コース横にゴルフ練習場が二つもあるのが名前の由来。第一ゴルフと観音山ゴルフ練習場。表ゴルフは舗装された2車線道路。
「裏ゴルフ」は、表ゴルフのスタートから右側の林の中へ消える林道。ゴールは表ゴルフと同じ場所。距離1200mで平均勾配10%。基本的に平均勾配どおりの単調な上り坂がつづく。平坦はない。



【練習】

裏ゴルフ×7
1,3,5:easy
      引き足限定、ダンシング禁止
2,4,6:hard
      limit6分、ダンシング禁止
7:all out
      全力、ダンシング可

一人で7本も走ってると退屈するので、いわゆるeasy-hard。
単純に走ってるだけだと、本数を忘れてしまう。


距離1200mなので、平均時速12kmで走れば、ちょうど6分。
勾配10%というと、赤城料金所の先、1番カーブの手前よりも、ちょっと急な坂。そこを時速12km。練習にはちょうどいい。

スタートしてすぐは、勾配が緩やか。といっても8~9%くらいか?ここを時速14km~15kmで走る。
その後、15%~16%のやや急坂区間。ここでは時速10kmに落ちてしまう。
後半は10%のままえんえんと。ここで時速12kmが維持できるかどうか。

f0131183_12595422.jpg

↑スタート地点
f0131183_1303858.jpg

↑ここでだいたい10%勾配。





結果は、
hard: 5'21 5'33 5'31
all out: 5'41

ダンシングあり(all out)のほうが遅いんだよね。当然といえば当然か。

しかし、ゴールした瞬間、その場にうずくまるくらいなのは、両方とも同じ。


f0131183_1258026.jpg

↑コース途中から見える前橋と赤城山。
f0131183_1314973.jpg

いつものアーセナル

………


観音山のお楽しみは帰り道。
その1 大者
f0131183_12583848.jpg

昼なので30分待ち。ラッキー。
これは野菜マシ。
いまだに麺マシは一度もチャレンジしたことがない。


帰り道。その2。
f0131183_1259730.jpg

他人事ながら経営が気になります。
[PR]

by akogarehotel | 2015-11-27 13:01 | 本気のサイクリング | Comments(4)  

輪友会「激坂探訪ツアー」 平成27年11月1日(日)

輪友会「激坂探訪ツアー」 平成27年11月1日(日)



なんで自転車に乗るの?
f0131183_18595928.jpg

…そんなの、おいしいお酒が呑めるから、に決まってるじゃないですか!

「おいしいお酒が呑みたいから」、日曜日にちょっとそこまでサイクリングに行ってきました。


「激坂探訪ツアー」
①諸松集落 (→詳細へリンク
  距離2km、平均16%、最高22%
②塩沢峠 (→詳細へリンク
  距離8km、平均9%、最高25%

激坂というより、「爆坂」または「バカ坂」。
20%てことは、歩道橋の階段よりも急坂。公園の滑り台と同じレベル。
バカとしか言いようがない。

f0131183_18544969.jpg

↑これでも10%程度。もはや平坦に感じる。


………


朝4時半起床。
新前橋駅から6時の電車に乗って八高線の丹荘駅経由の輪行。

朝7時半。
鬼石町(群馬県藤岡市)のセブンイレブンに集合。

参加者は総勢7人。
rosuket師匠、ウチダさん、私(以上、急坂チャレンジ組)
ワダさん、オオハタさん、ヤマウチさん(以上、下久保ダムだけ目的組)
はるかなさん(未定)


………


セブンイレブンから桜山公園につづく県道177を西へ。
(桜山公園入場路も、距離700mで平均16%のバカ坂。今は冬桜の観光シーズンなのでお客さん多数。)
桜山を過ぎて、セブンイレブンから約3km走ると、諸松集落への入り口。
「神流湖3.5㎞」の標識が目印。
f0131183_1849165.jpg

① 諸松集落【激坂】:
  (コースガイドへリンク)
県道177から御荷鉾林道までの約2km。平均16%。
平坦部分は中央部分の「集落」付近にしかない。それ以外は最低でも10%。着地すれば「スタートへ戻る」。

こんな山肌にへばりついて生活している人たちがいるんですね。本当に尊敬します。大雨が降ったらどうするのだろう?
近くには城跡がある。つまり、よそ者を近づけさせない地形。


………


坂チャレンジ組は3人でスタート。
遠慮組は、入り口で引き返し、下久保ダムで待ち合わせ。
(下久保ダムへは諸松突破で3.5km。迂回路は10km。)
落車すると危険なので、冗談では勧められない。ワダさんとかピスト(しかもディスク!)だし。


私自身、この道を下ったことは2回あるが、登るのは初めて。
久しぶりに「緊張しながら登る」坂だ。
前半は15%くらいでえんえんと続く。3つしかないカーブのアウトコースで、10%くらいに「緩やかになる」と、ホッと一息つける。
(参照:赤城ヒルクライムの最高勾配は9%)

暗い林の中を1km上り続けると、視界が開ける。諸松集落に到着。

木曽山系に「しらびそ」という地域がある。「日本のチロル」と呼ばれる超絶景地域。ここ諸松は、言うなら「群馬のチロル」?
地形的には、気候条件があえば「天空の村」になることもあるんじゃない?
f0131183_18571020.jpg



集落後の後半部分は、さらに勾配が増す。
平均が16%なんだから、集落部分で緩やかだった借金を返さないといけない。
勾配20%弱で800m。
これぞ爆坂でしょ。
f0131183_18585255.jpg

↑諸松のゴール。20%弱。

日頃の練習なしでは登れるわけない。ウチダさん、お疲れ様でした。
師匠はしっかり練習してますものね。

f0131183_18485312.jpg

↑20%の坂を前にして悩むウチダさん。



………


下久保ダムで再び全員合流。

高崎から自走で来た皆様とここでお別れ。
迂回路とはいえ10%の坂もあったのに、ピストで登ってきたワダさん、お疲れ様です。

坂組の3人と、予定未定のはるかなさんと、塩沢峠へ向けて出発。


………


国道462号。
複雑な諸事情により舗装が完璧。でも交通量は過疎レベル。
てことは自転車にはサイコー。。。。なはずが、
たまに通る交通車両が、、、暴走バイクとか、大型ダンプとか。

ま、細かいことは気にしない。
f0131183_1911464.jpg


下久保ダムから約20km。
いつもの塩沢峠入り口の神社に到着。
はるかなさんは遅れてしまいました、ごめんなさい。


………


塩沢峠【激坂】
 (コースガイドへリンク)

距離8km、平均勾配9%
序盤の3kmは「最高でも」10%ちょい。
 ここは準備運動。(赤城は最高9%。)
中盤の2kmに激坂。18~25%の坂が何度も襲ってくる。
 最後の500mは平均20%?!
 これで終わりと思ったら、、、
終盤の3kmは「最低で」10%くらい。
 10~14%の坂が3km以上。休む場所がない。


f0131183_194024.jpg

↑大雨通行止めのゲート。
ここから先が20%区間。
目の前に見える坂は14%。軽い準備運動にしかならない。


私自身、毎年1回、ここを登ることが恒例。
2年前の初挑戦のときは当然の着地。無理無理。
去年、初めて登りきり、今年もまぁ余裕にはなってきたが、、25%200mでは危うく糸が切れそうになった。

20%を越す坂では、「引き足」をしてしまうと後方へひっくり返る。
思いっきり前方荷重で踏み足重視にしないと前輪が浮いてしまう。
ダンシングすると、勾配のために後方荷重になりかねないので、それもまた危険。「御堂筋」の前傾ダンシングなんてマンガの世界。

そんな坂は、もはや「坂」というより、アスレチックだろ。

だからこそ「バカ坂」。
「坂バカ」が集まる「バカ坂」。

↓15%をもくもくと上るrosuket師匠。
f0131183_196939.jpg


↓25%200mを目の前にして、緊張の輪乗りのrosuket師匠。
f0131183_1993242.jpg


↓25%をひーひーと上ってきたrosuket師匠。
f0131183_1984445.jpg


↓15%をはーはー言いながら登るウチダさん。
f0131183_1982519.jpg



1時間以上かかって3人でゴールした。
「踏み足重視」だったので太腿が笑ってます。


………


f0131183_1995239.jpg

塩沢峠の標高はちょうど1000m。
今日は、11月1日。平均的な気温。晴れ。
上りはメダリストの長袖1枚と白☆の長ズボンだけ。
下りは林の中を通るので日差しがほとんどない。メダリストを脱いで、Tシャツ、ヒートテック、冬用モンベル上着、さらにウインドブレーカー。

秋冬の山登りは、当然、荷物が多くなってしまう。

でも、ウチダさんとか、何も荷物ないし。。。
補給食も持ってないし。。。
次回は、ちゃんと考えてきてください(^^)


帰り道。
塩沢峠(25%)を自転車で降りるのは無理。
御荷鉾林道から諸松集落を抜けて、鬼石へ到着。


はるかなさんと合流して、丹荘から輪行で帰宅しました。
丹荘駅 午後2時の電車。
本日の走行距離 75km。


………


午後3時半。
新前橋で「反省会」。

というか、これが今日の目的。
f0131183_1854191.jpg

走ったあとのビールは、本当にうまいねぇ。
でも、今日はあまりにもヘトヘトなので、すぐ酔ってしまうけど。
[PR]

by akogarehotel | 2015-11-02 19:10 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

【16】諸松集落 (群馬県藤岡市)【激坂注意】

ヒルクライムコースガイド
(最終更新 平成27年11月1日)

【16】諸松集落【激坂注意】

群馬県藤岡市鬼石・三波川(群馬県)
距離2km 標高差320m 平均勾配16% 最大勾配22%

f0131183_1847466.png

f0131183_18473211.png

15%が1kmつづく、それが2回。
着地したらスタートへ戻るしかない緊張感たっぷりの坂。
f0131183_18485312.jpg


①勾配、コース
桜山公園前の県道177号をさらに西へ約2km。
道路が1車線になってもしばらく進み、「神流湖方面」への看板のY字路がスタート地点。県道からは下り坂で始まる。
f0131183_1849165.jpg


前半は、長い直線とわずかなカーブ。勾配15%前後で、まずは1kmつづく。
林の中の暗い道。最低でも10%の勾配。着地したらクリートはつけられない。

林を抜けると中間地点の諸松集落。
こんなところに人が住んでいるの??

集落内は5,6%。つまり「平坦」。一時休憩。

集落を超えると、再び爆坂。勾配15%以上で距離800m。
平均値へのしわよせがあるから、当然、20%前後もバシバシ出現。
数少ないカーブで救われるが、着地したら「ふりだしに戻れ」。

御荷鉾林道への合流地点がゴール。


②交通量
3,4軒の集落。住民の方々の車が通ります。
私たちは「よそ者」です。

③コンビニ
鬼石町のセブンイレブンから3km。

④食堂、施設
冬桜で有名な「桜山公園」がすぐ近く。

⑤季節、気温、服装
標高500未満なので、平地との気温差はあまり感じない。

⑥駐車場
下久保ダム側に鬼石の道の駅があるけれど…

⑦最寄り駅
八高線丹荘駅から約10km。
高崎駅(20km)、群馬藤岡駅(12km)からも十分に走行可能距離。

⑧景色
集落そのものがまるで「天空の村」。しかし、コースのほとんどが薄暗い「森の中」。

⑨ソフトクリーム情報
セブンイレブンでどうぞ。

⑩放射線情報
無視できるレベルって、幸せだよね。


参考記事へリンク
平成27年11月1日

コースガイド目次へ戻る

[PR]

by akogarehotel | 2015-11-02 18:49 | ヒルクライムコースガイド | Comments(0)  

赤城に向けて、あわててみた。 平成27年9月23日(水)

赤城に向けて、あわててみた。 平成27年9月23日(水)


ふたつめは赤城ヒルクライム。
f0131183_198553.jpg

トライアスロンの余韻に浸っていた先週、
見方を換えれば、赤城まであと1週間。
でもって、先週月曜日の時点で、赤城への試走はゼロ回。去年のレース以来、一度も登っていない。

受験勉強並みのギリギリ感。ちょっとあわててみる。


15日(火) 赤城試走
16日(水) ローラー負荷
17日(木) ローラー重負荷
18日(金) ローラー重負荷・2部練
19日(土) 赤城試走
20日(日) ローラー負荷
23日(祝水) 「真夜中ローラー」


………


15日の火曜日。
一年ぶりの赤城。
ぬくぬくと家事をして、昼前にスタート。
この時刻になると交通量が増えて危ないので、天使経由。
畜産試験場から本コースに出て、そのままゴールまで。

(概算タイム) 1時間19分

参考値:
去年のタイム 1時間12分
エントリータイム 1時間10分01秒


目標はタイムではなく、あくまでも元選手(72期)の「渋○さん」。
渋○さんも去年は1時間12分。しかし、今年の各レースの結果を聞くと、まさに絶好調、というか去年が絶不調だったの?
というか、あなた、現役時代よりも練習してるんじゃない?と、まわりから言われているそうな。。。。

いずれにしろ、1時間12分を切らないと背中を見ることもできない。


………


で、反省。簡単。

「ローラーとトライアスロンの練習のおかげで、坂を登れなくなってる!」

平坦の練習ばかりしていたので、「引き足」は、できてるっぽい。
しかし、9%の坂が3km以上も連続するコースでは、多少は「踏み足」を使えなきゃいけない、たぶん。
要するに、パワー不足。


ということで、
水曜日以降は、三本ローラーに負荷をかけた。
(トライアスロン前には負荷をかけるわけにはいかないので、一応、予定どおり。)
f0131183_198311.jpg

メモリを調節することにより(あくまでも体感的に)2%勾配から20%勾配程度の坂を上っているような負荷がかかる。
競馬で言うところの「坂路」練習ですね。



そういえば、最近、ママチャリ練習も少なくなってたから、、、
雨ばかりだったし、、、

金曜日まで、時間のある限り、ローラーを回した。
筋肉疲労マックス。


………


19日の土曜日は、恒例の「赤城ヒルクライム1週前の超早朝練習」。

仕事が始まる前に帰ってこないといけないので、真っ暗なうちにスタート。
f0131183_1985326.jpg

AM04:30
寝坊して、予定よりも30分遅れてスタート。

料金所を30分弱で通過して、ゴールは、1時間24分。
論外なタイムだけど、、
この1週間の練習内容や、背中のリュックを考えれば想定内。
あとは来週の調整と整体とリポビタンDで12分縮めましょう。


………


20日の日曜日は、キャンプに出発する前に、早朝ローラー。
23日の水曜日は、横浜のゲームイベントから帰宅して、真夜中ローラー。


一応、やることはやってみた。
そんな23日の深夜1時。(日付は24日)

イシケンさんが、前橋ミッドナイトの終了後にわざわざ届けてくれた。
f0131183_1994179.jpg

f0131183_1995724.jpg

輪友会ジャージ。
半袖なので、赤城ヒルクライムで着ます。


………


ところが、現時点で赤城は欠席が濃厚。
26日の土曜日に雨が降ると、小学校の運動会が日曜日になる。

今年は、うちの子供がリレーメンバーに選ばれた。
1学年150人のうち、32人(4チームで男女各4人)に入った。
さすがに見に行くよね。
[PR]

by akogarehotel | 2015-09-24 19:10 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山のソフトクリーム 平成27年9月15日(火)

赤城山のソフトクリーム 平成27年9月15日(火)



f0131183_2175449.jpg

あまりにも有名な、赤城ヒルクライムゴール地点のソフトクリーム。
初めて食べました。
だって、いつもここに来るのは、営業前かレース当日だけだから。

値段は330円。
自転車で来た人には、何も言わなくても「超大盛」になるそうです。
なので、「普通盛り」にしてもらいました。だって、のどがかわくから。



………


火曜日。
家事をすませてから、昼前に出発。

はとぽさんで、エネルギーを充填してから、「天使」へ。だって、この時間になってしまっては、県道4号(赤城ヒルクライム本コース)は交通量が多くて危険だから。
あんなところはレース当日以外には走ってはいけません(^^)
f0131183_2192555.jpg

さて、今からあの山へ登ります。


★天使(勾配6%、約2㎞) 5分29秒

 一応、調子よさそうなタイム。ベストから5秒おち。

コンビニで砂糖を補給してから、次は「料金所モガキ」。


★畜産試験場-料金所(勾配8%弱、距離3㎞強) 9分45秒

 初めて10分を切った!
 去年は何度挑戦しても、切れなかったのに。もしかして絶好調?

そして、そのままメインの「10%モガキ」へ。

★料金所~ゴール
 距離は約12㎞。
 最初の3㎞(1番カーブまで)が、勾配9~10%でえんえんと。
 1番カーブから12番カーブ(トウモロコシ屋さん)、そして16番カーブ(姫百合)までは、だいたい6%~8%で、ときどき10%。
 ここまでが「赤城ヒルクライム」のメインコース。

 姫百合から先は、くねくねカーブの連続。勾配はまれに9%。基本的には6~7%。
 ゴールのカーブ番号は、69だっけ?66だっけ?
 カーブ番号50をすぎて、ゴールが近くなると、むしろ勾配が緩くなる。5%未満。さぁ、踏め。

 …この前半部分をどれくらいの速さで走れるか、でタイムが決まる。
去年のレース当日は、(ブログによると)時速14㎞~15㎞だったらしい。

しかし、今日は、、、、時速10㎞から15㎞。。
はば、ありすぎ。

いや、時速10㎞はマズイだろ、ということで、思いっきり回したんだけど…
「今日は調子いい」と思ったのは錯覚だったようです。

「平均時速」のメーターは、時速12.8㎞前後をうろうろしている。

…やばいな、体が登れなくなってる。


そりゃ、今までトライアスロンやら、ケイリンやらの練習ばかりだったからね。。。

ゴール前2㎞から勾配が緩む。そこで少し持ち直し、結果的には平均時速13.0㎞でゴール。

料金所からは54分。
スタートから料金所までの目安時間(25分)を足すと、1時間19分。

こんなもんか。

こんなもんじゃ、渋○さんの背中は見えないな。。。


………


今週の予定が決定。
「毎日、料金所モガキ」

早速、明日の朝から始めましょ。


………


参考までに今日の気温。

前橋の日中は25℃。
料金所は23℃。

登りは半袖半ズボンで汗ダラダラ。当然。

しかし、下りは、
半袖メダリストの上に、長袖コロトンジャージ、ウインドブレーカーを着て、まだ寒い。
体感的に気温10度を切っている感じ。(もちろん、風を受けるので。)
f0131183_21251974.jpg

レース当日の下りは、やはりしっかりと用意が必要でしょうね。


………

姫百合の下のお店の焼きとうもろこし。
この寒さには最高。砂漠のオアシス。
f0131183_21251162.jpg

ソフトクリームなんか、食べてる気温じゃないよ、今日は。
[PR]

by akogarehotel | 2015-09-15 21:25 | 本気のサイクリング | Comments(2)