タグ:ホテル ( 54 ) タグの人気記事

 

【4】オーベルジュ ラ・バラカ(モロッコ、メルズーガ)

オーベルジュ ラ・バラカ
多分誰も知らない、モロッコ(アフリカ)にあるホテル。
サハラ砂漠の入り口にある。

【宿泊データ】
1998年春(新婚旅行)
2001年秋(ラマダン中)
ともに2泊滞在。
1泊2ドル(約200円)。食事は別料金で、1食につき2ドル。朝食も夕食も各2ドル。
「ラマダン」中は朝食は出てこない。

①ハコ 8点
②寝室 8点
③浴室 なし
④部屋総合 8点
土でできたホテル。もちろん1階建て。
シャワー・トイレ・水道は共同。
部屋は8畳一間。ベッド、というかブロックの上に布団がしいてあるベッドらしきものが部屋にひとつ。
電気設備は一切ない。
壁は何かの土、天井は何かの草でできている。超低気密低断熱。小さな虫が出入り自由。
でも、それがいいんだよなぁ。
当たり前だけど、お風呂はない。

そもそも「ホテル」という言葉は全く似あわない。
外観は、小屋とかブロックのかたまりというほうが正しい。

⑤フロント 10点
⑥他の働く人 10点
言葉が通じないことなんて、全く問題にならない。
モロッコは、特に田舎地域は、観光資源が全てなので、観光客には非常に優しい。
言葉が通じないために伝えたいことが通じなくて、こっちがあきらめようとしても、モロッコ人は身振り手振りで最後までこちらの意志を感じようとしてくれる。
現地の人が、自分の自宅に招いてお茶をごちそうしてくれる、なんてのは日本であったら恐いけど、モロッコでは当たり前のお話。
彼らには一ミリの欠点もない。
お金に執着していることは欠点ではない。

⑦ルームサービス 0点
そんなものない。
さらにいうと、ホテル内には飲料水と食料(おやつ)がない。
自分が必要なぶんの水とお菓子は、自分自身で持参しないといけない。
食事を注文できるのは夕食と朝食だけ。昼食は自分で調達する必要がある。
ラマダン中(太陽の出ている間は飲食禁止というイスラム教のルール)は朝食も出てこない。
日本から持っていったお菓子をチビチビと食べるさみしさ。

⑧ホテル関連施設 3点
ラクダ散歩:ラクダに乗って適当に散歩。金額を確認してから乗らないと、めちゃくちゃ高額を請求される。そんなことはイスラムでは当たり前。
砂漠スキー:板を自分で担いで、砂漠の山を登る元気がある人は是非どうぞ。
ベンチ:昼間は石でできたベンチに座って、ただ、ぼーっと砂漠を眺めているだけ。心が洗われます。
洗濯場:洗濯は自分でやりましょう。もちろんすべて手洗い。
共同トイレ:これだけはさすがに勘弁してくれ、って感じでした。流れていかないトイレ。
砂漠の散歩:一人で出かけると迷子になって帰れないかもしれません。砂漠の夜は日本の冬並の気温になります。
星空:星に手が届きます、あと少しで。

⑨宿泊客層、
1ヶ月間の春休みを利用してアフリカを旅するアメリカ兄ちゃん
バイクでモロッコを縦断しているドイツ人おっちゃん

⑩総合
また行きたい、何度でも行きたい。競馬で100万円当たるよりも、モロッコへ行きたい。
1週間の休みがあれば…

真田幸村クラス:夢と力を与えてくれます

おまけ:アクセス
ホテルラバラカへの行き方。
飛行機:成田→パリ→マラケシュ(モロッコ)
タクシー:マラケシュ→ワルザザード
ワルザザードのホテルロイヤルにて、オーベルジュラバラカまでの送迎と宿泊の手続きをしてくれる。
ワルザザードからメルズーガまでは約400キロ。車でノンスストップなら5時間。
上記の行程だと成田から砂漠まで、0泊2日で到着できる。マラケシュからのタクシーでぼったくられないように注意。もちろんプチタクシーではなくてグランタクシー。

★追記
予想外にヒット数があるので驚いています。おそらく「東京」「ホテル」というタグのおかげかと。
そうすると、栃木とかモロッコなんぞについて書いていると怒られそうなので、次回は「東京」の「ホテル」にしましょう。
いわゆるラグジュアリーホテルの先駆けとなったホテルです。
[PR]

by akogarehotel | 2007-03-07 21:42 | ホテル日記 | Comments(0)  

【3】ホテルサンルートプラザ栃木

栃木県栃木市にある、ごく普通のビジネスホテル

【宿泊データ】
平成19年1月土曜日、
大人3人で一部屋
ツインルームに「エクストラベッド」で3人宿泊可能。一人当たり5000円!
ところが、いっしょに飲んでた友達も部屋から帰らず朝を迎える。
一人当たり3800円…

①ハコ 5点
普通のビジネスホテルです。
加点も減点もなし。ビジネスホテルとして普通。

②寝室 10点
③浴室 5点
④部屋総合 10点
ビジネスホテルだから、もちろん一部屋(寝室=リビング)。お風呂はユニット。普通のホテル。
ところが、この点数。満足度激高。
そもそも「エクストラベッド」といえば、当然ソファのようなものを想像する。しかも通常のツインにそんなものを置けば、足の踏み場もなくなるはず。ところが、あーた、
エクストラのくせして、通常のベッドじゃん!
しかも、3つのベッドが普通に、なんの違和感もなく並列で置けるほど部屋が広い。
ベッド以外の場所に、酒やら、おつまみやらを広げて、なおかつ床でも寝そべるスペースが取れる。
いくら栃木だからって、こんな広いツインでいいの?
てな部屋なわけですよ。
で、ひとり5000円でしょ?
当たり前だけどタオルも3人分。
栃木に来るときには必ずここに泊まります。といっても、次に来るのは?

⑤フロント 10点
⑥他の働く人 ?点
このホテルの偉いところ。
本来3人の宿泊だったので、ツイン1室、シングル1室で予約しておいた。
そしたらチェックインのとき、フロントさんが自ら、
「3人部屋のほうがお得ですよ」って。
ホテル側にとっては損をするはずなのに、安いほうをおススメしてくれた。
2部屋→1部屋の変更だから、キャンセル料が発生してもおかしくないのに、当然そんなものなし。
この頭の柔軟さと優しさって、最近忘れてるような気がします。勉強になりました。

でも、実は、チェックインのとき、「3人部屋だと狭いからイヤだなぁ、」と思っていたんです。
それが、部屋に行ったら、あんなに広いわけで。
もう、完璧ですね。

さらに、翌朝始発電車に乗るためにタクシーを呼びたいと言ったら、
始発電車の時間を確認して、
駅までの所要時間をタクシーに確認して、
で、「では明日6時15分にタクシーに乗れば間に合うようです」だって。
地方のビジネスに置いておくにはもったいない人材です。

そういえば、フロント以外の従業員には会わなかった。一人でやってるの?

⑦ルームサービス 0点
そんなものない。

⑧ホテル内施設 ?点
今。流行のゲルマニウムだかなんだかがあるらしい。
でも興味ないから。。。

⑨宿泊客層、勝手に推測
ほかの客に会わなかった。。。
その理由は↓

⑩総合 下記
さらにこのホテルのすばらしいところ。
おそらく「男ばかりの3人客なので、夜はうるさいだろう。どうせ空いているのだから、隔離した部屋へ泊まらせよう」
と考えたはず。
で、予想通りに我々は、地元の友達も呼んで、広々とした部屋で宴会スタート。
2時までは覚えているけど、その先は記憶がない。
そんだけ大騒ぎをしていたのに、

苦情が来なかった。

大目に見てくれたのか、
ほかの客と離れていた部屋だったのか、
いずれにしても

ありがとう!
そして
ごめんなさい

総合評価
可児才蔵
(一芸にしか秀でてないが、それがかなり有用。そんな人物。)
[PR]

by akogarehotel | 2007-03-06 17:59 | ホテル日記 | Comments(0)  

【2】ホテル西洋銀座(ローズウッドホテル、銀座)

ホテル西洋銀座

第二回は大好きな西洋銀座。
「ホテル西洋、銀座」というふうに、一呼吸入れて発音するのが正解らしいが、僕は頑固なので「西洋銀座」とひとつづきで呼んでいる。

【宿泊データ】
平成18年3月連休
平成18年11月連休
ジュニアスイート、60000円、その日に空いているスイートへ格上げしてくれるプラン。かなり割安のため、現在はプラン終了。

①ハコ 9点
有名である割には、こじんまりしたホテル。もちろん狭いと感じることは全くなく、そして広すぎない。高速道路のすぐ近くなのに騒音が聞こえたことは一度もない。
フロントの前を通らずに部屋から外出できるのは、反則行為だが非常に便利。

②寝室 8点
これはちょっと不満。スイートなんだから、西洋銀座なんだから、と過剰な期待をかけるのが悪いのだが。
とりあえず狭い。ベッドも小さい。ダブルといっても日本人サイズ。外人客は一人で泊まるという設定なのかのかもしれない。
この小さいダブルベッドに、大人二人と子供一人といっしょに寝たら、冗談じゃなく、体半分が宙に浮いていた。しかたないので、テーブルを横につなげて寝た。
子供用のベッドがあるのに、そこで寝ないうちの子供が悪いんだけどね。

③浴室 9点
寝室にスペースを分けてあげたいくらいに、無駄に広い。かなり広い。
もしかしてリビングよりも広い。それが西洋銀座の売りらしい。
僕は、お風呂にそれほどこだわらないのでこの点数。

④部屋総合 8点
リビングと寝室は意外と狭い感じを受ける。
重厚なクラッシック家具があるから余計に狭く感じる。
テレビは通常サイズ。CDプレーヤーがある。MDプレーヤーもあるが、今どきMDを持ち歩く人がいるのか?
冷蔵庫、ウォークインクロゼット、デスク、スタンドなど必要なものは完備。
浴室とリビングの面積を逆にしてくれたら、あと1点あげるのに。

⑤フロント 10点
⑥他の働く人 10点
上記のように、部屋に不満があるにも関わらず、ここが大好きな理由。
働いている人が本当のプロ。プロ中のプロ。20年間無敗のプロ。
フロント(の人)には文句のつけようがない。宿泊前日に、電話で無理なお願いをしたのに、快く了解。
質問にはすべて即答。必要なものは「あとで取り寄せて部屋へお届けします。」

「体温計を借りたい」と言っただけなのに、
「病気ですか?寒くないですか?病院へ御案内します。」と次から次へ言葉が返ってくる。
では病院へ行こう、ということになると、
タクシーが玄関前にお出迎え。タクシーにはホテルの人が地図のコピーを渡しながら病院の場所を説明している。
こちらは、ただ乗ってるだけ。至れりつくせり。

2度目以降に泊まったときは、すでに顔を覚えてる。こちらが名前を言わなくとも勝手にチェックインの手続きをしている。すげぇ!
噂によると、パンの焼き方や飲み物のくせまで覚えているらしい。
あくまでも噂。

ただし、例外もある。
うちの子供が部屋のテレビのリモコンを、なんとお風呂に落としてしまった。水没。
フロントまで謝りに行って「弁償します」と言ったんだけど、「しばらくこちらで確認してから、お返事します」と。
即答じゃない?!
そりゃ、こんなことはマニュアルにはないからね。
で、もちろん、弁償なしで無料サービス。
あのリモコンは完全に壊れたと思うけど、さすが太っ腹ですね。

⑦ルームサービス 8点
僕自身が、ルームサービスに、○○弁当とかカレーとかラーメンとかを求めるので、なかなか満点のホテルはない。
そりゃそうだ。
で、ホテルとしてのルームサービスの常識の範囲内なら、十分満点。(でも8点)
分かりやすいメニューなので、あれもこれも注文したくなる。デザートもある。
朝食も欠点なし。

⑧ホテル内レストラン ?点
吉兆とラウンジとフレンチとイタリアン(カジュアルと高級イタリアン)
全部に行ったわけではないから判定しません。
吉兆って、なぜあんなに高いんでしょうね。(結婚式で京都の吉兆に行ったけど、味覚が子供並みなので僕にはもったいない。)
イタリアン(カジュアル)の店はホテルの外にも入り口があり、宿泊客以外の客が多い。なかなかレベルが高いのでは?

⑨宿泊客層、勝手に推測
ホテル前にはきれいな外車が多い。
最近は、そういうのを見るとイヤミに感じる。やめたほうがいい。
外人が半分くらい?
結婚式やパーティ客が多い

⑩総合 下記
東京に泊まるときはだいたいここ。
外資系のくせに「和」の気持ちがある。Hospitalityという言葉は西洋銀座のためにある。
銀座にあるのに、この値段。
リビングとベッドの狭さだけなんとか克服したい。

総合評価、雰囲気で85点
下間頼廉クラス
(総合評価の満点はあいかわらず不明。今後のホテル次第。下間頼廉については、欠点はあるけど、それ以外は超高評価な人物。)
[PR]

by akogarehotel | 2007-03-05 23:05 | ホテル日記 | Comments(0)  

【1】コンラッド東京(新橋汐留)

記念すべき第1回がコンラッドとは、、はぁ
まぁ、このブログを書き始めるきっかけとなったことだけは、間違いない!

コンラッドとは、、

僕の知人の犬の名前

そんなイメージで泊まりに行って、実際は…

【宿泊データ】
平成19年2月土曜日。スイート。90000円。大人2、子供1。

(10点満点)
①ハコ 9点
これは新しいので当たり前。綺麗。豪華。特に廊下がすばらしい!

②寝室 10点
これもすばらしい。キングベッド。3人で寝ても十分。
それを期待して、こんな高いところに泊まったわけですが。

③浴室 7点
悪くはない。少なくとも外人にとっては。
広いシャワーブースのほかに小さな浴槽ひとつ。
お風呂好きの日本人には不満が残る。が、子供用にアヒルのおもちゃを置いておいてくれたので、ちょっと点数アップ。
タオルが少なかったのが意外。
変なところにケチるなぁ。

④部屋総合 7点
リビングの広さはまぁまぁ。トイレが2つ。大型液晶テレビが2つ。
冷蔵庫はあるが、飲み物は有料。ポットがあるが、お水が少ない。お酒は目移りするほどあるが、それ以外の飲み物は不満。
新しいから、この点数。10年後に水まわりが古くなったら、と思うとちょっと不安。

⑤フロント 2点
このへんから怪しい。
態度が冷たいのは仕方ない。外資だから。
しかし、「高速道路に入るにはどうしたらいいか?」と聞いて、
「どの高速ですか?」と反対に質問してくるって、どういうこと?
例えば、「首都高でしたら汐留入り口、東名でしたら○○…」と言えないの?
「一番近い入り口は?」の質問には「わかりません」
ちなみに、汐留入り口は歩いていける距離にあります。
なわけで、「わかりません。」で終わり。おいおい。
「調べて、あとでお部屋に連絡します」って言えないの?
にこやかに話すのならこれでも許すが、冷たい態度なので完全に論外。
英語だけ話せればいい、帰国子女なら即採用、そんな感じで人を雇ってんじゃないの?
英語の話せるおバカよりも、日本語だけでいいから、気の利く人を雇ってください。

⑥他の人 2点
ポーター(部屋へ荷物を運ぶ人)は、新人OL。
マニュアルどおりに、にこりともせず、黙ったまま部屋まで歩く。荷物を置いて、ロボットのように必要なせりふだけ発声。
日本語を全然話さないから、外人かと思ったよ。
外資だから仕方ないのかな?
玄関で立ち番をしている人(ベルボーイ?)に、
「○○公園はどっちですか?」と聞けば、
「あっちのほうにいけば大丈夫なはずです」と。
普通なら即刻クビ。○ルトンはやさしいよ。
(「あっち」と「はず」が禁止語句。)
そんな中でも掃除のおばさんだけは別格。すれ違いざまに、にっこりと挨拶。
こんなところに日本の和を感じました。おばさんに2点献上。

⑦ルームサービス 2点
○○のナンとか風味、××風。ヘンテコソースをかけて、アレコレとともに。
なんで、こんな長いメニューばっかりなの?
目を通すのに正味5分かかる。空腹でこんな長い文章は読めません。
部屋で、こんな長い名前の料理は食べられません。
本当は名前なんてどうでもいいことで、でもメニューをじっくり見たけれど、
これ!ってのがひとつもなかった。
スイートに泊まるときは必ずルームサービスでデザートまで食べると決めているのに、
それを楽しみにして泊まりに行っているのに、
この日の夕食は、隣のビルのカレーうどんでした。(それはそれでおいしかった。)

朝食のルームサービスは平均点。
パンが少ないのが不満かな。和朝食はおいしい。(金田中草には遠く及ばないが。)
ウエイターが、今度もほとんど言葉を発しないと思ったら…
外人でした。中国人か韓国人?

⑧ホテル内レストラン 3点
うーーーんん?
和洋中が1店ずつとロビー喫茶が1つ。
とりあえず装備しておきました、という感じ。
朝は混雑。朝食付きパックで来ている人はかわいそう。
メニューは見てません。入りずらかったから。

⑨宿泊客層、勝手に推測
他人のお金で泊まっている日本人
よくわからない外人客多数
セレブなお子様を連れた家族

⑩総合 下記
急に決まった宿泊なので、いつもの西洋銀座が取れなかった。
ベッドの広さがすべて。ベッドの広さだけがすべて。
ハコはいいものが揃っているのに、、。
こんなに冷たい目つきと態度に遭遇したのは、僕の記憶の限りでは、○ITIバンク以来。
「ここで働いている自分達って、なんて素敵!あなたとは格が違うのよ」そんな気持ちですか?
日本の温泉旅館を見習ってください。
「和」の気持ちがないならば、いずれ外人しか泊まらないホテルになるでしょう。
外資だからそれでいい?

総合評価、雰囲気で33点
木曽義利クラス、、、では可愛そうだから
長束正家クラス。長所はある。
(満点は不明。今後のホテル次第。木曽義利については、知っている人に聞いてください。)
[PR]

by akogarehotel | 2007-03-04 23:10 | ホテル日記 | Comments(0)