「ほっ」と。キャンペーン

タグ:信長の野望 ( 40 ) タグの人気記事

 

1979. 三国志大戦とグランプリ 平成28年12月30日(?祝)

三国志大戦とグランプリ 平成28年12月30日(?祝)


競輪グランプリが12月30日である以上、僕たちの忘年会も12月30日。
これは永遠のルール。
f0131183_15190860.jpg


………


その前に、
こんな年末になって稼働し始めた「三国志大戦4」。
「3」が終了してから、10年くらいたったのではないでしょうか。あの頃を懐かしむ人を主体に、そこそこの混雑のようです。
イシケンさんも熱中していたそうなので、是非対戦したいですね。
f0131183_15192688.jpg


………


12月30日。
朝10時。アドアーズ中野に集合。
さっそく三国志。
2ゲーム(400円)ごとの交代制。順番待ちは4人くらい。20分待って、10分遊ぶペース。
CPUをいろいろやりつつ、幸福さんと対戦。

f0131183_15200529.jpg
f0131183_15191958.jpg
君主名を「生涯一先行」にしたので、旗印が「生」になってしまった。

対戦結果は、、、忘れた。


今回から、カードがオンデマンド印刷になった。
筐体内で印刷されたカードが排出される。最近のカードゲームとしては一般的な方法で、「妖怪ウォッチ」や「艦これ」もこの方法。
印刷されたカードは獲得した本人にしか使用できない仕組み。そのため、カードの売買は成立しない。

ゲーセンのセンモニを使えば、プレイヤー同士で交換ができる。
見ず知らずの人と積極的にコミュニケーションしなさい、というセガからのおススメでしょうか。

他店舗の人ともトレードできる。これはオンデマンド印刷の効能の一つ。カードそのものを郵送したりする必要はない。データだけをやり取りすればよいから。

どうしても必要なカードは、ゲーム内通貨の「縁」を使用すれば手に入れられる。
要するに、課金すればすべてが解決する仕組み。


幸福さん、サイクルさんとトレードして、魏と群雄のカードをやっと数枚集められた。
f0131183_15194629.jpg
「交換」しないといけないので、ゴミカードだろうと自分も同じだけの枚数を持っていないといけない。


………


さぁ、昼からは忘年会。
立川競輪を観ながらの「自宅宴会」。
眠たくなったら寝ればいい。毎年毎年、ありがたい、素晴らしい環境です。

↓声をかけたが返事がない。どうやらシカバネのようだ…(by FF)
f0131183_15213168.jpg


↓的中した立川9レースの写真撮影を強引にブロックする家主。
目線を入れたから、余計に卑猥な写真に仕上がってます。
f0131183_15201792.jpg

立川競輪の9レース、10レースと連続的中して、
さあ、11レースは競輪グランプリ!

と思ったら、、、、ネットがつながらない。
サバオチ?っていうくらい、つながらない。

的中分を上乗せして買おうと思っていたのに。。。
車券は、前もって買っておいた①平原、③村上、⑨新田のボックス6000円だけ。
せっかく、1着の選手が分かっているのに、追加購入できない。


ということで、

潔く、グランプリはあきらめて、ゲーセンへ移動。
トレードなどして、夕方の新幹線で帰宅。


グランプリの結果を確認したら、買おうと思っていた車券ではなかったので、なんだか得をした気分。
(実際に得をしている。)
③村上戦才から流したけど、⑥武田は買うつもりはなかったから。


……


今年も残すところ、あと数時間。
皆様よいお年を。

私は、最後のいやな仕事があとひとつ残っていますが。
新年を職場で迎えるのは、人生で5回目かな?





[PR]

by akogarehotel | 2016-12-31 15:22 | あちこち旅行記 | Comments(6)  

1955. 信濃町秋葉原神田新橋旅行記 平成28年11月16日(水)

信濃町秋葉原神田新橋旅行記 平成281116日(水)



マロンって、つぶれちゃったわけないよね?

メイドさんたちをすり抜けて、わざわざ5階まで上がって行ったのに、シャッターが降りてた。

これまでも水曜日に休みのことがあったけど、なんだか看板がはずされていた。



………



今日は「のぶながのおふかい」のために上京。

もはやほとんど「信長」のことなんて話題にされない、信長のオフ会。

もともと9月に予定されていたが、僕の肺炎騒動で延期になっていた。



と、その前に、せっかく東京まで行くとなると、いろんな用事をまとめて片付けないといけない。

目的地がたくさんなので瞬間移動の連続。

まずは、信濃町。

「メーヤウ」

f0131183_19041724.jpg

カレーのような食べ物。

誰も、「二郎」のことをラーメンとは言わないでしょ?

それと同じ。



………



次は秋葉原。

外人だらけだ。大型観光バスで乗り付けてる。日本万歳。

そこかしこで、メイドさんが一所懸命に呼び込みしている。その姿勢は偉いですね。


で、マロンに行ったけど閉店だったので、イエローサブマリンへ。

先日のコンテ、ポグバ3200円で売却。

査定を待っている間に、店内をウロウロ。

つい、買ってしまった。店の思うつぼ。

f0131183_19052603.jpg

「燃えるゴミ」が、1枚30円もする。

値段に文句を言う前に、、、買う奴が悪いのは分かってる。

いや、つい。

セジャイなんて、家に1枚あるのに。



………



次は神田。

隣駅なので徒歩移動。


コシュ 「 久しぶりに刺身が食べたい 」

コシュ 「 夕方5時前に行きます! 」


とか言うから、急いで行ったのに。

秋葉原から神田まで、走っていったのに。


コシュからメール 「 すいません、遅れます 」

トルコ行進曲かよ!

f0131183_19045411.jpg

いつもの浜貞。

水槽からすくい上げたイカが、うまいのなんのって。



………



浜貞の滞在時間は1時間にも満たない。

夕方6時、新橋へ。


やっと本来の目的。普通の飲み会。

タケバヤシくん、ヨシダさん、フジサワくん、オオサキさん、ムラカミさん、と私アオヤマ。

(あえて。)


新橋の「ぬし」の案内で、

やきとりセンター:味はともかく値段で勝負。広い店内が満席でした。

源八:家族経営の日本酒メインの店。一軒めでもよかった。

と周遊。


アホな奴のヘンタイな話を聞けて、楽しく酔っ払えました。

さらに、おみやげももらってしまった。いつもありがとね。

f0131183_19051300.jpg


[PR]

by akogarehotel | 2016-11-17 19:06 | あちこち旅行記 | Comments(9)  

毎度の神田「浜貞」へ信濃町経由 平成28年2月23日(火)

毎度の神田「浜貞」へ信濃町経由 平成28年2月23日(火)

(本日、ふたつめの記載)


遊びほうけた一日。


昼、大学水泳部の学生さんと会うために信濃町(東京都新宿区)へ。
メーヤウで「カレーっぽい食べ物」を食べたあと、なんだかスゴイものがあるとのことで、、

f0131183_16552098.jpg

細かい場所を記載すると多方面に迷惑がかかるから省略。
30年前に僕自身が生理学とか病理学とかを勉強した建物です。

最近の学生が麻雀をやっていることもうれしいし、何より、彼らの行動力が素晴らしい。
こんな大きな「お荷物」を運び込むなんて。
せっかくなので1時間半ほど遊ばせてもらった。1年ぶり以上だと思う。

これからも、よく遊び、よく泳いでください。

ちなみに、この左側の学生さんは、KO高校の水球部出身。
部活動を3年の夏までやっていて、医学部への進学。これはよほどの才能と努力です。
伊香保温泉で麻雀+水球ツアーを企画したいです。


………


夕方5時、神田へ。
f0131183_1714936.jpg

東京に来れば必ず立ち寄る名店。神田駅前、徒歩2分。
汚ーーーい外観は無視。
「ふぐ」という看板も無視。
これ以上ない魚を食べさせてもらえるお店。
↓必ず食べなければいけないアジ
f0131183_1735286.jpg

動いてます。
刺身を食べ終わったあとは骨をカラアゲにしてくれます。それもまた絶品。

↓イカ刺し。同じく、動いてます。
f0131183_1734160.jpg

その他に、タコ刺しも動いてました。


お相手は、コシュとあやのいちさん。
こんな早い時刻に飲み始められるなんて、お二人とも仕事をしているのでしょうか。

ちなみに、あやのいちさんは、子供の教育環境を考えて「海と山と川のある新幹線通勤の町」へ転居したそうです。塾長さん自らが、塾よりも空気を選ぶわけですね。
じゃぁ、群馬がいいんじゃない?

『群馬ほど教育不毛の土地はない』と。


………


さらに夜7時。
新橋へ移動して、幸福さん、サイクルさん、蓮さん、網野さんと合流。
まっとうな社会人の時刻です。

2軒ハシゴして、眠るほど飲んで、新幹線で帰宅。
24時には家の玄関に着いたのだから、やはり「群馬でもいいじゃん」と。


WCCFの話はたくさんしたけど、ゲームそのものは一個もしなかった一日。

練習は午前中にちゃんとランニング5㎞やっときました。
[PR]

by akogarehotel | 2016-02-24 17:11 | あちこち旅行記 | Comments(4)  

「織田」といえば… 平成27年11月12日(木)

「織田」といえば… 平成27年11月12日(木)



小学生の長男が、いっちょまえにも「戦国武将」なぞに興味を持つようになった。(ちなみに、お父さんは何も勧めていません。)


今までは、
織田信長のことを『(スケート選手の)織田信成の先祖』と言っていたのに、

最近は、
織田信成のことを『織田信長の子孫』というようになった。


というのも、
ゲーム禁止、ネット制限のために、暇なときはマンガ本を読むしかない。
学校の図書館にある歴史マンガを読んでたら面白いから、、という路線。

で、先日、本屋で自分で選んで買った本がこれ。
f0131183_17483192.jpg

一番好きな武将は、石田三成。
(これは妖怪ウォッチの影響。番組内で、石田三成をヒーローに持ち上げた話を放映したため。)


私 「石田三成のお話には、他にどんな人が登場してたの?」

子供 『顔を隠してる人と、三文字の人』

私 「それは【  ①  】と【  ②  】だね。ともに有名な武将で、石田三成と仲がよかった人だ。顔を隠しているのは病気のせいなんだよ。」



【   】の中が即答できない人は、父親として失格ですね。



第二問へ続く、、

石田三成フィーバーな彼の頭の中では、悪者といえば、この人しかいない。

 徳川家康?

ではなくて、【  ③  】。

問題は【 】の中ではなくて、

子供 『お父さん、どうして【③】は石田三成を裏切ったの?』

私 「 ④ 」
(理由は本人にしかわからない。でも周囲の環境を考えれば。)




★★★


解答

①大谷刑部吉継 騎馬 特技なし
②島左近勝猛 騎馬 特技なし
③小早川秀秋
④小早川秀秋は、小早川隆景(弓、施与)の養子。子供が生まれなかった小早川家に秀吉の命令で養子に入った。秀吉から一字拝借。小早川隆景は故事「毛利の三本の矢」でも有名な毛利三兄弟の一人。毛利家を支えた屋台骨。しかし、血のつながっていない秀秋は、一説には知的面の障害ありともいわれ、徳川方の誘いに乗ってしまった。西方(石田軍)の大将が毛利輝元であることへの妬みとも言われる。毛利輝元は毛利隆元の嫡男。毛利元就の嫡孫。
 関が原の合戦後は、小早川秀秋はすぐに病死し小早川家は取潰しになっている。もちろん、暗殺説がある。この時期(関が原から大阪陣)の間に死亡した有名武将は数多い。西軍の島津家久(鉄、悪天)、東軍の福島正則(騎馬、突撃)、加藤清正(騎馬、捕縛)。すべて暗殺説。いえやすやったな。
 石田三成は、関が原の敗戦後に捕縛され、京都で処刑、さらし首になっている。しかし、マンガでは「戦死」として処理されているのは大人の計らい。
(以上、一般的な父親の常識。)
[PR]

by akogarehotel | 2015-11-13 17:48 | 子育てられ | Comments(6)  

東京小旅行 平成27年7月1日(水)

東京小旅行 平成27年7月1日(水)


トライアスロンショップと、
メーヤウカレーと、
新宿の居酒屋と、あわよくば、新橋で的中車券の払い戻し、、

を目論んだ東京小旅行。


………


その前に、
先日の取手ケイリン。
f0131183_4421358.jpg

あの日、都内から応援に来てくれた彼らが、このあと競輪場職員の方々のお手をわずらわせていたなんて、、、、


取手競輪場は、場内で酒類の販売はなし。また、持ち込みも禁止。
つまり場内禁酒。

しかし、私を含めて、私の周辺の競輪ファンは、競輪場に酒を飲みに行く。
感覚的には、巨人戦ナイターを見に行って、ビールを飲まないなんてありえないでしょ?と同じこと。
酔っ払えば、どれだけ車券が外れても感覚が麻痺しているので、施行側にとってもプラスと思うのだが、

やはり、風紀と安全面を考えると、禁酒措置を取るのも理解できる。
そして、取手競輪場が「禁酒」を表明している以上、酔っ払いがいれば保護されて、酒が取り上げられるのも、、、、理解しないといけない。。。


私の知識では、
禁酒の競輪場:前橋、取手、弥彦、、、
飲酒可の競輪場:京王閣、松戸、立川、大宮、川崎、名古屋、岐阜、、、


「自動車で来る客が多いところは禁酒にせざるを得ない」という意見もありますが、
個人的には、「酒が飲めないのに、なぜ行くの?」
というか、「酒が飲めるところへ行けばいいだけ」



というわけで、あの日、取手競輪場で酒が飲めなかった「優しいお友達」のみなさまを接待してさしあげたわけです。


………


1日の水曜日。
朝5時に起きて、もちろんローラー、20km。
午前中の仕事が終わったあと、新幹線で東京へ。


最初の目的地は千駄ヶ谷の「アスロニア」というトライアスロンショップ。
f0131183_11462254.jpg

昨日の火曜日、敷島プールで泳いでいたら、たまたま高崎市トライアスロン協会の理事長というかたとお知り合いになった。
そのお方から、
『ウエットスーツを買うなら、間違いなくオーダーメイド。泳力があるなら、袖のない「ロングジョン」というタイプ』
とアドバイスを受けてきた。

で、注文しにきたのだが、、5万円。
既製品でも4万円くらいなので、差額を考えてもオーダーメイドでいいのだが、、、高いねぇ、何もかも。

さらに、トライウェアという水着のようなサイクルジャージのようなマラソンパンツのようなパンツ。
これ1枚で3種目可能というシロモノ。これが1万円。
上着も買おうかと思っていたけど、これだけ金額がするのなら、いつものサッカーTシャツもありかなと思い、今回は遠慮した。
本当は、さらに、試合用マラソンシューズ、エアロヘルメット、ボトルゲージ(ハンドルにつけるタイプ)なども買いたかったけど、、

バブリーな競技ですね、本当に。


………


千駄ヶ谷から信濃町までは徒歩で10分ちょっと。
となれば、「おやつ」を食べに行こう。
f0131183_1146320.jpg

メーヤウカレー
これが本日の最大の目的だったかも。
何気ない幸せ。


………


夜は新宿の「戦国居酒屋」。
話のネタに、一度は行ってみたいと思っていた。
f0131183_11454440.jpg

下駄箱から雰囲気がぷんぷん。いいねぇ。
f0131183_11452715.jpg

予約した個室は「真田の間」という。
細かいことにこだわってます。


来ていただいたのは、コシュ、さいくるさん、あやのいちさん。
僕を含めた4人全員が、「戦国武将なら300人くらいは知っている」というバカばっかり。
だから、話のネタのための接待。
真田の部屋以外には、小早川秀秋とか、奥村永福という部屋もあるようですが…、奥村永福は「花の慶次」で有名になった人です。

でも、もっとも盛り上がったのは、あやのいちさんの「三国志に関するお話」だったりして。

歌舞伎町の一等地で、飲み放題ついて、5000円。悪くはないのでは?

いつものように終電で、24時すぎに自宅に到着。長く楽しい一日でした。
[PR]

by akogarehotel | 2015-07-02 11:46 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

想定外  平成27年2月21日(土)

想定外  平成27年2月21日(土)


今夜は銀座で結婚式(二次会)。
ついでに、家族連れで都内に宿泊しちゃおう、という予定。
だったのだが、、、、



朝5時。
朝練に出発。
真っ暗なのでロードとピストは遠慮して、ママチャリで畜産試験場まで。

帰り道。
水のペットボトルをかごに入れて走ってきた。
確かに、いつもより寒いなぁとは思っていたが、、
f0131183_17354028.jpg

ペットボトルの水が凍ってしまった!
今度はバナナでも持って行こうか。

朝焼けの赤城山。
f0131183_1736191.jpg



………


午後1時。
午前中の仕事を適当に片付けて、さぁ出かけようと思ったら、、、

長男が発熱。
38度で、のどが痛い、と。

仕方ない。家族旅行は中止。ホテルはキャンセル。
ある意味、出発前ギリギリでよかった。電車の中やホテルで調子悪くなっていたら悲しい。



でも、「二次会とはいえ」誘われた結婚式には行くだろ、普通。
(誰とは言わないチーム「K」とか…)


ギリギリまで自宅で子供の世話をして、夕方6時に出発。
ところが、急な予定変更のため、新幹線の指定席が取れない。
グリーン車すらあいていない。景気がいいの?東京マラソンのため?
仕方ないので、「グランクラス」へ。

追加料金3000円。
んーーー、座席の可動部分がたくさんあって、子供だったら喜ぶのだろうが、
お弁当を置くテーブルが小さいし、
缶ビールは倒れそうだし、、
普通かな、という感想。

贅沢列車には「缶ビールが倒れない設計」が最低限必要だと思いますね。


………


パーティは、銀座のNBクラブというお店。
f0131183_17362266.jpg

せっかくの美男美女だから修正なし。失礼。

ひりゅ君(25歳)、ご結婚おめでとう。
僕が彼と初めて会ったのは、彼が17歳のとき、新宿の居酒屋で。あれ以来、中野や前橋で何度焼肉をごちそうしたんだっけ。
当時「まだ(酒を)飲んじゃいけないんですよ~」と言っていた、あんな「子供」が、もう結婚だって。地球は回ってるねぇ。

ちなみに、ひりゅ君の出身地は長野県の佐久。
うらやましい。
もしも俺が佐久に住んでいたら、毎日八ヶ岳に行ってるよね、自転車で。八ヶ岳に飽きたら、浅間(車坂や地蔵峠)でもいい。


新郎新婦が20歳台なので、お客さんの平均年齢もかなり低い。
その中で、異様な雰囲気の高齢者席に、僕のほかには、
幸福さん、サイクルさん、あやのいちさん。

要するにオフ会。
話題は、
あやのいち塾の好調ぶりとか、
国家公務員は忙しいとか、
呼ばれたのに来ない「チームK」とか信じられないよね、とか。(注意:個人Kではなく、チームK。)

そしてビンゴ大会。
参加者のうち10名にしか当たらない賞品が、我々4人のうち、3人に。
f0131183_17364317.jpg

僕は「マッサージ券」。自転車で疲労した筋肉には非常にうれしい。
え、年寄りなんだから辞退しろ?
いや、酔っ払いすぎて、そんなことまで気が回らなかったよ。。。

年寄りなぶん、お祝いの品を10倍返しくらいでお送りしますから、許してください。
f0131183_1737098.jpg

これは100万倍返し。



楽しくて、おししいパーティでした。
3日間禁酒して挑んだ甲斐がありました。ごちそうさま。
ひりゅ君が、あんなに「しきり上手」だったのは意外、と私たちの総意でした。

おしあわせに。
(他人には見られたくないだろう写真をたくさん撮影しておきました。)



………


最終の新幹線で帰宅。
銀座の地面にいた時間は約2時間。まるで芸能人のようなスケジュール。
[PR]

by akogarehotel | 2015-02-23 17:37 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

自分から勉強する子が育つお母さんの習慣(村上綾一著) 平成26年11月1日(土)

自分から勉強する子が育つお母さんの習慣(村上綾一著 ダイヤモンド社) 平成26年11月1日(土)



f0131183_1342941.jpg

幼稚園から小学校低学年の子供を持つ親なら、ちょっと読んでみてはいかが?

という本です。
目からうろこ、の部分もあるし、
そうでしょ、そうでしょ、という部分もあるはず。


………


随分前に、「あ」の人がこの本を送ってきたくれた。
毎回ありがとうございます。
ところが、その本がおばあちゃんの目に止まり、そのまま返してくれない。
仕方ないのでアマゾンでもう1冊購入しました。売り上げ貢献。



たとえば、
笑いをとる目的で突っ込もうと思えば、

『子供は、テレビやゲームでストレスを発散することはできません。外で体を動かしたり、スポーツをさせましょう。』

さんざんゲームをやっていたあなたが、それを言う?


でも、こんな突っ込みは著者さんの本意ではないだろうから、このへんまで。
(続きはアルコール付で。)


まじめに、
内容は、
・マンガ、テレビなどにも必ず「プラス」がある
・勉強と運動はセットで
・読むか読まないかに関係なく、身近に本があればいい
・ちょっとだけ得意だ、という感覚を育てるコツ
これ以上はネタバレリーナになるので、、、、。
とりあえず、我が家でも「ドラえもん」シリーズを補充しておきました。(その理由は本書内に。)


以上のようなことが、読者層である保護者を想定して、非常に簡単にわかりやすく書いてあります。どこかのブログ以上に、簡単に読み進められるので、読書が苦手なお母さんにも、忙しいお父さんにもオススメです。


それにしても、よくもこんなにたくさんのことを思いついて本にすることができますね。
常にメモ用紙を持ち歩いていて、ネタが浮かぶとメモしておく。まるで芸人のような生活をしていたのでしょうか?そんなそぶりは全然ありませんでしたが。むしろ、暇があればゴルフをしていたような…


………


そんな「あ」の人の履歴っぽいことが背表紙に載っている。
f0131183_13431211.jpg


・教材製作のかたわら、個人的に依頼された生徒を目白の事務所で指導する。
・2006年 理系専門塾エルカミノ創設。


僕が初めて「信長」に登録したのが2000年の冬。
初オフが2001年の冬だったか。
目白の事務所で徹夜でスーパーマリオをご披露いただいたのが2002年冬だったか。

あれから10年。
感慨深い10年です。



そんな本の、ある1ページ。
f0131183_13433238.jpg

誰が突っ込む?



『たった、100人かよ!』
[PR]

by akogarehotel | 2014-11-01 13:44 | この本を読め | Comments(4)  

あくまでも日記らしい日記 平成26年3月30日(日)

あくまでも日記らしい日記 平成26年3月30日(日)


自分のブログなので、わがままな記載。

金曜日は、上野で宴会。

「五臓六腑 上野店」

店内は狭くて窮屈だったけど(ひりゅ君、ごめん)、味も火力も素晴らしく、オススメの一店。

宴会の名目は、蓮さんの昇進祝い。
内容は、いつものメンバーで、いつものように「ホルモン専門」の焼肉店。
そして、いつものように、

「すいません、もう売り切れました」

と言われるまで、ミノを食べつくした。
前回の中野の店でも「ミノ売り切れ」だったよね。
世界中の全ての食材の中で、ミノが最高だと思うよ、ほんとに。


焼肉が楽しかったもうひとつの理由は、先日のダービーの「あぶく銭」のおかげ。「あぶく銭」は、あぶくのように使い切る。これが私のポリシー。
5人で山盛りを食べつくし、飲み干したけれど、まだお釣りがきました。
というわけで、

…競輪がなくなると、宴会が楽しくなくなるよね

そもそも、競輪場でオフをすることも多々あった我々なので、

…競輪オフがなくなるのは、悲しいね



競輪の反動で盛り上がった話は、WCCF。

蓮さんを目の前にして、無礼にも、
…WCCFなんてさ、酒を片手に楽しむべきゲームだよね

蓮さんも含めて、
…今のバージョンは間違いなく楽しくなった。満場一致。


で、宴会後に上野のゲーセンにいったら、、、、
満サテだった。。。。金曜の夜だから仕方ないか。


仕方なく、カラオケで飲みなおして帰宅した。
…まいったな。


翌日、、、
久しぶりに「二日酔い」を実感できるほど飲んだようだ。



★★★


土曜日と日曜日。
立川競輪は絶賛開催中。

武田が余裕の楽勝。他の8人を子ども扱い。
あれだけ不利がありながらの勝利。G1馬が1500万クラスに出走するようなもの。
朝倉、あの流れで一ミリも差が詰まらないか?

そんな選手が1年間休場。
これでファンが減らないわけがない。


武田-朝倉の車券を2日間買えば、3.4倍(2日で)になった。
10万買えば、30万になった。
こんな簡単なギャンブルはないのに。

おれ?
競輪は「1年間自粛」中ですから。残念ーーーーーん!

(今日、月曜日の決勝も武田朝倉?2着は不安だね。)


★★★


日曜日。
子供二人と「ドラえもん」の映画。

のびたの「新」大魔境

恥ずかしながらも、おもしろかった。
ジャイアンが主役の「男泣き」させる映画。
長男は興奮してた様子。ちなみに、先日、おじいちゃんと見に行ったばかりなので、これが二度目。

「新」がついているので、昭和時代の声優からのリメーク版らしい。
古いほうも見てみたいね。
で、ツタヤに行ったら、レンタル中ばかりだった。みんな、思うことは同じ。


しかし、原作(と思われるもの)は、もっと古い。
おそらく、昭和初期の映画「大魔神」をモチーフにしていると思う。

…悪党一味を魔法の力で動き出した恐ろしい大魔神が成敗する。

もちろん、大魔神自体が私が生まれる前の映画だから、推測の話。
[PR]

by akogarehotel | 2014-03-31 13:28 | ただの日常日記 | Comments(0)  

潮風公園バーベキュー広場(BBQ) 平成25年11月4日(祝月)

潮風公園バーベキュー広場(BBQ) 平成25年11月4日(祝月)


f0131183_2359213.jpg


午前10時、お台場に来ました。

昨日は軽井沢。
今日はお台場。
連日、お洒落な場所を訪問しています。


今日は祝日ですが、「お仕事」


『東京大学(医学部)教授就任祝賀会』

を私が主催するために、お台場に来ました。
私が主催するのだから、教授になるのは私ではない。残念!

教授になったのは、大学水泳部の後輩のコイケくん(仮名)。
私の1年下の後輩。
大学水泳部に「素人」で入部し、しかも種目はフリー短距離なんて厳しいものを選択。
しかし、その後のがんばりにより、最終学年では100mを1分ゼロ秒で泳げるようになり、最後の大会では見事入賞。
学生当時、筑波(茨城県)で合宿をしたときに、千葉の自宅から自転車で来た、という素晴らしい脚力の持ち主でもあるが。

ま、それでも、私の足元にも…(冗談)

そんな、あまりにも付き合いが長すぎる、濃すぎる後輩が、偉くなったのなら、是非ともお祝いをしないといけない。
で、是非とも、私に幹事をさせてくださいと立候補したのだが、、、、



その教授さまが、 『バーベキューがしたい』 とか言いやがる。


ということで、都内では超有名スポットの「都立潮風公園BBQ広場」にて、教授就任祝賀会。
私としては、軽井沢から引き続き、3日連続のBBQだけどね。ま、許す。


予約が取りにくいことで有名な潮風公園。
2か月前に電話をかけまくり、なんとか確保。
参加者20人に対して、14人分の肉セットと、追加でピザセット、もつ鍋セット、チゲ鍋セット。
これで合計6万円。一人当たり3000円。
飲料水(アルコール)は各自持参。

安く楽しめることは間違いない。


で、当日は、あいにくの小雨。
しかし、施設の人が積極的にテントを立ててくれる。こちらが頼まなくても、立ててくれる。
おかげで、ほとんど苦にならない。

人気になるのが理解できます。

そんな状態で、教授就任祝賀会という名の、「大学水泳部OB会」の開始。
f0131183_0194540.jpg



さすがに、皆様、体育会系なので、「アウトドアのプロ」の私が苦労することもなく、あれこれと勝手に手伝ってくれる。
おかげで、小雨にもかかわらずBBQは順調。

肉もうれしいけど、年寄には鍋が最高。
f0131183_0233120.jpg


東京駅で買ってきたフランスパンも地味にうまかった。
f0131183_0231729.jpg


もちろん、私は梅酒持参ですが、
ワイン数本を差し入れしてくれるセレブな先輩もいたりして、、、

やや水分過剰状態。


そんなほろ酔い気分で、あっという間に、終了時間の午後3時。
(BBQ広場の利用時間は4時間と決まっている)


これにて楽しいOB会は終了。
私の「幹事」というお仕事も終了。


また来年、「誰か」が偉くなれば、このBBQが開催されます。
がんばれ、みんな。
俺は無理だから。



………


この日は「仕事」のために、私一人で上京。家族は自宅。
そんなチャンスなら、自転車で行こう!と思っていたのだが、あいにくの雨。
仕方ないので、輪行した。

わざわざ新幹線に自転車を積んで東京まで。
今日はホテルに預けておいて、明日は自転車で帰る、前橋まで。


………


今日は夕方も予定がある。

中野でコシュのなぐさめ会。
慰める?
だって、、、、


その前に、立ち寄る場所がある。


秋葉原。
メイド喫茶 めいどりーみん
(11月3日に強盗事件があったらしい)


ではなくて、
その上階にある「マロン」。

WCCFの白カードを持ってきた。
前橋では買い取る店がない。東京に来たついでに売り払おう。
燃えるゴミで出すと、CO2がもったいない。
買ってもらえるなら、どんなに安くてもいい。そんな気持ちで。

そしたら、、、、、なんと!

持ってきたのは120枚ほどの優良白だけ。
確かにカリッソ3枚とか、タファレルとか、サビオラ0607とか、ペペ3枚とか、ハーグリーブス3枚、ディアッラ6枚とかあったが、、


合計で2万円!

燃やそうと思ったゴミが、2万円!

白アグエロ、白イグアイン、白トマソン、白ガーゴ、なんてのが意外と高いので驚いた。


こんな金、ぱーっと使うしかないだろ、普通。


………

で、ぱーっと使うために、中野の焼肉屋へ。

ホルモンで有名な「まるてつ」。

8人(うち幼児一人)でミノ7人前。うますぎた。
焼肉のなかでは、カルビやロースよりも、ミノが一番だと思う。これは譲れない。

昼間もBBQをしてたなんてことは、一瞬にして忘れて、焼肉で飲みまくり。
だって、2万だもの。


2軒めは、普通の居酒屋。
あやのいち塾長が合流してから、3軒めは魚の四文や。
最後に塾長がどうしてもラーメンが食べたいというので、南口の行列ラーメン。


終電でホテルへ帰宅した。

食べて飲んでの一日でした。体重が心配。。。。

大丈夫、明日、減らすから。
[PR]

by akogarehotel | 2013-11-07 00:43 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

鳥居峠+地蔵峠 (その1) 平成25年10月29日(火)

鳥居峠+地蔵峠 (その1) 平成25年10月29日(火)


f0131183_12495835.jpg

六文銭で有名な町に来ました。
f0131183_12501569.jpg


今日は市田を応援するために小田原に行く予定だったのが、、
市田が欠場(お帰り)してしまった。
初日に1.7倍の本命を背負いながら、番手で競り負けた。おそらくかなりの「声援」が飛んだと思うが、、、
仕方ないと思うんだけどなぁ。
むしろ、その前の西武園F1決勝の負け方のほうが、ちょっと気になる。


で、今日は、小田原(箱根方面)は天気も悪そうだ。
太平洋側が雨で、内陸部が晴れ、こんなことは滅多にない。
じゃぁ、当然、「いつもの電車」へ。
f0131183_12512839.jpg

始発の新幹線「あさま」。
今日は上田まで。

目的は、鳥居峠と地蔵峠。


………


上田といえば、誰もが知る真田一族の町。
町中のいたるところに「六文銭」が表示されている。
f0131183_12503956.jpg


ところが、おそらくあまり知られていないだろうが、、

群馬の長野原、中之条、沼田なども自称「真田の町」。
真田一族は、群馬の岩櫃城(いわびつ)、名胡桃城(なぐるみ)なども領し、北条や徳川と沼田城を奪い合っていた。

その長野原、沼田(渋川)と上田をつなぐのが国道144号。真田の領地をズバッと突き抜ける道。
その途中、鳥居峠は長野県と群馬県の県境に位置する。


………

高崎発 7:16
上田着 7:52
f0131183_1251211.jpg

意外と都会だ。
通勤客の行きかうなかを輪行バッグを担ぐ遊び人が、駅前で自転車を組み立てる。ごめん。

せっかくなので、少しだけ寄り道。
上田城跡。
f0131183_12514847.jpg

f0131183_1252420.jpg


上田市内からは上田インター、菅平方面へ向かう。
f0131183_12522649.jpg

交通量が多い、、、。
トラックも多い。佐久よりも多い。でも高崎よりは少ない。

山間の町まで走ってくると、やっと車も少なくなる。
このあたりは、正式に「真田町」というらしい。
そんな真田ゆかりの町は、道路まで真田。しかし、さすがに、これってどうなん?
f0131183_12541234.jpg

真田街道なら許すが、幸村って?むしろ創始者の幸隆とか、昌幸とか。


あれこれ写真を撮りながら走る。だから、いつも日程がギリギリ。
でも仕方ないよ、気になるんだから。
f0131183_1254329.jpg

真田信綱は昌幸の長兄。長篠の合戦で信長の鉄砲の前に討死。
本来の当主だったのに。


真田町のさいごのさいごに、一番の町外れにあるのが「真田」交差点。
f0131183_12545352.jpg

地図ではコンビニがあったはずだが見当たらない。
右側に農協の売店がある。
ここから先は山の中になる。かなり先まで補給ポイントはない。自販機が1つあったか。
交通量は激減するが、時折猛スピードのトラックが突撃してくる。


………

鳥居峠(長野県):菅平口-鳥居峠

「菅平口」
菅平と草津の分岐。
上田駅から、緩やかな上り中心の道を約16km走ってくると到着する。
f0131183_1255155.jpg

見逃すことはない交差点だが、横断歩道や横断用の信号もない。不親切だな。

ここから、鳥居峠がスタート。
(約6km、標高差約500m)

f0131183_12554216.jpg

f0131183_12555851.jpg

序盤は、集落の中を直線主体の上り。
「集落」という建物に惑わされがちだが、意外と勾配がきつい。
ときには「10%あるんじゃないの?」なんて直線もあり、そんな道の横に建物が建っていたりする。

後半、菅平スキー場方面への細道との分岐路を過ぎると、勾配が1段アップする。登坂車線が出現するので、そこそこ?10%を越える割合が高いと思う。
f0131183_12562359.jpg

f0131183_1256422.jpg

f0131183_12565766.jpg

地図のコメント「長野県側は急坂」。

しかし、本日は紅葉につき。
f0131183_12571676.jpg

景色がよければ疲れない、の法則。
しかも、舗装もとてもよい。(ただし道幅は狭いので交通量が多いと不安。)

3km弱?の急坂を上りきると、鳥居峠に到着。
朝の元気な体なので、「もう着いたの?」という感じで、とりあえずゴール。
f0131183_1257375.jpg



しかし、、、、、何もない道だ。。。
補給ポイントが何もない。
地図に記載されている茶屋は休業中。他に「店」というものもない。
自販機も気がつかなかったような、、

真田町の農協売店から峠まで。さらに、群馬県側に下りてもなかなかない。
上田市内で十分に装備して、トイレも済ませておかないといけない。




その2へつづく
[PR]

by akogarehotel | 2013-10-31 12:57 | 本気のサイクリング | Comments(0)