タグ:医療 ( 195 ) タグの人気記事

 

2032. 季節はずれのインフルエンザ 平成29年5月

季節はずれのインフルエンザ 平成29年5月



季節はずれ」って言ってる時点で、


『 俺の車券が当たらないのは審判が旗をあげないからだ! 』

という客と同じレベル。



………



外れたのを他人のせいにしちゃいけない。単にあなたの「想定内」ではなかっただけ。


『 インフルエンザが4月に流行する 』

というのは、これまでにもよくあったこと。

予防注射の効果が切れてきて、新学期が始まって、当然のように流行する。

湿度があれば、その流行は小さいけれど、今年のように寒いままだと、やや大きめの流行になる。


私自身、これまでの人生で、少なくとも3回、4月にインフルエンザに感染したことがある。


ちょっと高めの熱が出ても、

「まさか、こんな時期にインフルエンザなわけないよな」

と油断していると、どんどんと他人に伝染して、医者が儲かるだけになる。



………



つい先日、うちの子供はふたりともインフルエンザBに感染し、学級閉鎖にもなった。

特に長男は、いつものように異常行動が出て、重症化し、食事も取れなくなり、自宅で点滴を繰り返した。毎回毎回、心配させられる長男だが、去年もABの2回感染、今年もABの2回感染。ちゃんと予防注射をしているんだけどねぇ。



………



そんな中、いまだに、

「検査で陰性だから、インフルエンザの薬を出しません」

なんていう意味不明なお医者様がたくさんいらっしゃるようだ。


魚釣りをしていて、

「釣れないから、この池には魚がいない」

と同義語。



一般的な迅速キットの検出率は、よくて70%程度。

検査なんてアテにしないで、症状で判断しないとけない。

f0131183_12053074.jpg

ただし、富士フィルムの「ドライケム」だけは別格。

銀粒子を使った増幅法により微量のウイルスを検出できる。

発熱後3時間でも陽性結果を得ることができるが、陰性だからといってインフルエンザを否定することはできないのは一般キットと同じ。

検査は、あくまでも検査でしかない。


↓発熱後2時間で「B陽性」の長男。富士フィルム、さすがだ。

f0131183_12054383.jpg

「 検査で陰性なのに、なぜインフルエンザの薬を飲まないといけないの? 」

なんていうお客様も時々いらっしゃる。

そのお子様と、うちの子供が接触しないことをただ祈るだけ。



………



インフルエンザの登校禁止期間は5日間。

正確には、熱が下がってから2日間経過してから登校可能。

熱が下がったのが4日目ならば、登校禁止は6日間になる。


いずれにしろ、後半の二日間は、幸いにも子供たちは元気。

でも、外に出てはいけないので、、留守番のお父さんと時間をつぶさないといけない。

f0131183_12055832.jpg

元気な子供と、ひたすら人生ゲームの二日間。

『幸せなひととき』であることには間違いないが…


来年は予防注射を3回しようか考慮中。






[PR]

by akogarehotel | 2017-05-02 12:06 | 子育てられ | Comments(2)  

2030. 真夜中のオシゴト 平成29年4月25日(火)

真夜中のオシゴト 平成29年4月25日(火)



今日の夜勤↓

f0131183_13170300.png

(この写真の中に、僕が写っています。)



………



子供がインフルエンザで、本当は仕事どころではないのですが、




「お友達」のマンダ先生が、『 何か仕事を紹介してください 』というので。


マンダ先生は、この道では日本一の「緩和ケア いっぽ」という診療所のメイン医師。

4月に「いっぽ」を休職し、6月から移転開業のため、現在、ややお暇とのこと。

この期間に、「普通ではできない経験がしたい」という。


自転車に乗れば、気軽に浅間外周130kmを走りぬけ、体脂肪は9%。ヒルクライムでは僕にはかなわない、と本人は言うが、実際はわからない。

大学時代はサッカー部で、今でもときどきプレイするとか。


僕が好きそうな人物であることは、間違いないですね。


そのマンダ先生のお付き合いも兼ねて、競輪のお手伝いをしてきました。

f0131183_13163490.jpg

前橋ミッドナイト競輪の「お手伝い係」です。↓どこにいるか、わかりますよね?

f0131183_13170300.png

発走機を出したり、バンクにゴミが落ちていないか確認したり、落車の片付けをしたり、

全レース終了後に設備を収納したり、

選手休憩室の掃除をしたり、


意外と発走機が重くて、バンクの傾斜を押し上げるのが大変でした。毎回、汗びっしょり。

もうすぐ50歳にもなる「新人バイト」なので、周りに迷惑かけてしまっただろうな。ごめんなさい。



………



この日の大事な仕事がもうひとつ。


検車係のイシケンさんに三国志大戦のカードを渡すこと。

1レースが始まる前の暇な時間に、検車場に行って、カードを届けながら三国志談義。すぐ隣のローラーでは、これから出場する選手が本気でウォーミングアップしているなかで、

 『武力8の攻城兵って悪ですよね』とか、

 『魏4枚は苦手なんだよ』とか、

 『SR引いたけど孫尚香だったよ…』とか。

非常に有意義な時間でした。



………



まじめな話。

この年になっても、見たことのないものって、まだまだたくさんある。

転職を勧めるわけじゃないけれど、社会を見渡す努力は維持しないといけない。






[PR]

by akogarehotel | 2017-04-26 13:15 | 競輪ブログ | Comments(2)  

2019. お友達ご紹介 平成29年3月17日(金)

お友達ご紹介 平成29年3月17日(金)



「お友達」なんて言っては失礼きわまりないのですが、フェイスブックでは、世界人類みんなが友達ですから。



………



FBで「友達」になっている先生の講演会に行ってきました。

f0131183_12353061.jpg

萬田緑平先生

(緩和ケア診療所『いっぽ』)

すぐご近所で「緩和」専門の在宅診療をされている先生です。

本を3冊も出している、全国的に有名なお人です。

f0131183_12361309.jpg

f0131183_12362684.jpg

↑あつかましくサインももらっちゃいましたが、、、



医学が大嫌いな私が、医学の勉強会なんかに、お付き合い程度の気持ちで出席するわけがない。


わざわざ出かけた理由は、萬田先生が自転車乗りだから。

毎週、あちこちへロングライドに出かけ、その動画をFBにあげてくれます。

鬼石桜山(激坂)や榛名富士見(超激坂)にも、ご夫婦で上っています。先日は榛名外周100kmでした。

一応”TCR所属のようですが、走行会に出た話はあまり聞きませんね。


去年のハルヒルで、ゴール直前に「鳴り物」を叩きながら応援をしていた変な人です。


宝台樹や草津に、「かおなし」のコスプレで滑りにいく奇人です。


要するに、学問なんか関係なく、惚れ込んでしまう先生です。



………



講演の内容は、


疾患末期の患者さんが、病院で亡くなるか、自宅で亡くなるか。

もしも患者さんが「とりあえず自宅へ帰りたい」と選択したら、周りができるだけのサポートをしてあげようよ。

入院継続で治療を希望する人がいれば、それでよし。自宅で過ごしたい(最後を迎えたい)という人がいれば、その手助けをしましょう。

患者さんのなかには、まだまだ若い人もいるわけで、そのような人を実写を見せられると、、、、涙が出そうでした。



群馬県内だけでなく、あちこちで講演を継続しています。

ググッてみてください。



………



そういえば、30年前、石垣島で仕事をしていたとき、、


島の高齢者は、どんなに重症でも、病院へ入院しないで自宅にいる。

そもそも「入院」という単語は、島のじいちゃん、ばあちゃんはよく知らない。

寿命が来たら、家でお迎えを待つ。

救急車で病院へ運ばれてしまったとしても、

あと1日で亡くなります、という状態になると、自宅へ「退院」する。

自宅で息を引き取ると、医師が自宅へ行って、死亡を確認する。


しかし、同じことが、東京でできるか?!


訴えられるだけ。

あるいは、

自宅へ帰ったあとのサポートが何もない。

そのサポートが萬田先生なんですね。



………



ちなみに、本の左側に写っている人は、、、、

僕が学生の頃、授業があったらしいのですが、学校に行っていない僕にはわかりません。


あくまでも噂、つまり、周囲の評判ですが、

・口が悪い、言葉が汚い

・その口の悪さが、医者ではなく一般人から人気

・要するに人気取りでしょ?

ということで、学内には敵ばかり。


繰り返しますが、学校に行っていない僕にはわかりません。






[PR]

by akogarehotel | 2017-03-21 12:35 | ただの日常日記 | Comments(0)  

2009. インフルエンザ感染に伴う異常行動に関する考察 平成29年3月2日(木)

インフルエンザ感染に伴う異常行動に関する考察 平成29年3月2日(木)


f0131183_18423732.jpg

【症例】11歳、男子

既往歴:毎年予防注射を接種しているが、ほぼ毎年インフルエンザに感染し、発熱のたびに異常行動を伴う。意味不明の言葉とともにピョンピョンと飛び跳ねる。


ここ数年の経過

 1病日 39℃ タミフル開始 その後異常行動

 2病日 38℃ ときに異常行動

 3病日 38℃ 異常行動なし

 4病日 36℃ 元気

 5病日 36℃ 元気 タミフル投与終了


今回(H29年)の経過

 1病日 38℃ タミフル開始 異常行動なし

 2病日 37.5℃ ほぼ元気

 3病日 36℃ 元気

 4病日 36℃ 元気

 5病日 36℃ 元気


今回の感染では、異常行動を認めなかった。

過去すべてにおいて、タミフルを5日間連続服用している。



【考察】

①タミフル単独で異常行動が出現するか:

上記のとおり、例年、タミフルを継続していても異常行動が軽快していることから、否定できる。


②インフルエンザウイルスが原因で異常行動が出現するか:

タミフルを服用していない症例においても異常行動を認めることから、妥当と考えられる。


③インフルエンザウイルスとタミフルが同時に存在する場合に異常行動が出現しやすい:

前述のように、タミフルを服用していない症例でも異常行動を認めることが多々あるので、肯定しがたい。


④異常行動の出現には遺伝的素因が関係するか:

一見、肯定されそうだが、本症例の場合、

 父、母、妹:ともに異常行動なし

 本人にのみ異常行動あり

遺伝子というよりは、個人の先天的な体質。


⑤異常行動の出現はウイルス量(重症度)に依存する:

(なんらかの先天性素因が最大の要因であることは間違いないが)

今回のようにやや軽症の場合には異常行動を認めなかったことから、妥当と考えられる。


症状が軽かった原因としては、

・予防注射(年2回)が効果があった。

・早期のタミフル投与が効果的だった。

BBB(血管脳関門)が成熟した。

・感染時のウイルス量が少なかった。

などが考えられる。



【結論】

異常行動はインフルエンザウイルスそのものが原因と考えられる。

対策として、特に過去に異常行動を認めたことのある症例では、早期のタミフル投与と予防接種が有用である。



………



そんなわけで、うちの子供がインフルエンザ。

5日間、自宅待機。

異常行動の監視をするため、親も自宅待機。

火曜日だけど、練習を休んで、家でゴロゴロ付き合っています。

ただし、今までなら、高熱の子供と自宅待機だったのが、今回は発熱が軽かったので、気持ち的にはラクですね。


「来年こそはインフルエンザにかからないで欲しい」と、毎年思っているんだけど…


もしも世の中にタミフルがなかったら、うちの子って危ないんじゃない?と思う反面、

タミフルで治癒してしまうために、免疫がつきにくいのでしょうか?とも考える。







[PR]

by akogarehotel | 2017-03-02 18:42 | 子育てられ | Comments(4)  

1998. 身辺整理 その3、介護認定審査会 平成29年2月

身辺整理 その3、介護認定審査会 平成29年2月



今年度で辞めてしまう副業の3つめ。

介護審査委員。



………



2000年に介護保険という画期的な制度が導入された。

これにより、自宅に介護者を抱えている人でも、介護の負担が軽く、仕事に出られるようになった。

制度導入前は、要介護者がいると、家族の誰かが仕事を辞めるか、要介護者を病院へ入院させるかしか方法はなく、あっという間に病院が寝たきり患者で満員になった。

今の介護制度でも不満はあるかもしれないが、何もないよりは驚くほどマシである。



介護状況にはランクがあり、それに応じて受けられるサービスが決まる。

 要支援1

 要支援2

 要介護1

 要介護2

 要介護3

 要介護4

 要介護5

の7段階。数字が大きいほうが、介護度が高く、受けられるサービスが多い。


介護度は、調査員の「調査書」と、主治医の「意見書」から判定される。

調査書と意見書の内容をコンピューターに入力すると、自動的に、

 「あなたの介護度は、、、です」

と計算される。

しかし、常にコンピューターが正しいとは限らない。

その判定内容を見直して、最終的に介護度の結論を出すのが介護審査会。


審査会は、医者2人、介護職3人の計5人で構成される。

10年前、「若い人から順番です」と命令されて引き受けた仕事だが、最近はお暇な先生方も多い。毎週金曜日の午後1時半から、という危機的な日程ということもあり、今期限りで交代させてもらった。



★★★



介護制度への不満にありがちなのが、


①介護度が軽く判定された!

②判定までの期間が長すぎる!


これらは、全て医者が悪い。



………



①介護度が軽く判定される!


もっとも多い苦情。ほいくえんおちたしね、くらい多い。

理由は明白で、対応も簡単。

(それをしないで文句だけ言ってても無駄ゲー。)


★主治医の意見書が悪い。

★主治医が悪い。

★主治医の選定が悪い。

★主治医し。。。(ピー)。。。。


意見書には記載する欄がたくさんある。そこに困っている現状をできるだけ多く書き連ねれば、必ず重たく判断してくれる。

ところが、ほとんどの主治医がマジメに書いていない。手抜き。その患者の介護度が、どうなろうと知ったこっちゃねー、という内容の意見書。


「腰が悪いので当院へ通院中」

これでは重く判断される訳がない。


「腰が悪く、トイレへの移動も困難。座位からの立ち上がりも非常に時間がかかるので、トイレへ行こうと思っても間に合わず、失禁してしまうことが多い。外出時は段差のあるところでは転びやすい。」

…書ければ書いただけ「勝ち」。


患者さん側から、それに対応する方法はいくらでもある。

そもそも、1ヶ月に1回しか会わないと主治医は手を抜く。診察なしで「薬だけ」もらって帰る人もいるから、1年に1回くらいしか顔を見せない場合もある。

これでは介護度を上げろってほうがおかしい。

必ず、毎回、顔を見せて診察されること。



主治医の「科」の選択はもっと重要。

認知症で困っているのに、整形外科を主治医として指定する人が多い。

残念だけど、整形外科医は認知症の記載はしない。認知症専門医である必要はないから、せめて内科で書いてもらうべき。



………



②判定までの期間が長すぎる!


・申請書を書いて市役所が準備するのに1週間

・主治医が意見書を書くのに2週間

・介護審査会の日程に組み込む(1週間)

最速で1ヶ月。


しかし、もっともっと長くかかる場合が多い。

その理由は2段目の「主治医が意見書を書く」期間。

B4の用紙1枚に、介護度を上げるために、なるべくたくさんのことを書こうとするなら、そこそこの時間がかかって仕方ないのだろうが、、、、

2週間どころか、1ヶ月以上かかる場合もある。


主治医の勤務する病院の規模が重要。

総合病院の医師は忙しい。入院患者さんを相手にしているので、書類なんて書く暇がない。

開業医を主治医に指定するほうがいい。


では、

開業医のくせして、2週間以上も時間を必要とするのなら、

しねといわれるすじあいはある。



………



実は、この仕事は辞めてしまうのが心苦しい。

おそらく、自分の人生にとって、とても重要なことを教えてくれている。



介護申請書には、対象者さんの詳しい家庭状況が記載されてくるが、


80歳女性、寝たきり。85歳の夫が介護している。夫も介護1が認定されている。子供はいない。』


55歳。癌が見つかったがすでに全身転移。介護状態の母親と二人暮し。自宅でできることだけやって生活したい、と。』


80歳、認知症。夜中に大声を出して家から出て行こうとする。家の庭で排尿排便する。近所から苦情が出て、関係が悪化してしまう。』


75歳、認知症。70歳の妻と、知的障害の長男との3人家族。身の回りのことは何もできない。』



自分が、いかに運のいい人生を送っているかを痛感します。






[PR]

by akogarehotel | 2017-02-13 18:24 | ただの日常日記 | Comments(2)  

1995. 身辺整理 その2、介護専門学校 平成29年2月4日(土)

身辺整理 その2、介護専門学校 平成29年2月4日(土)


(長くてつまらないから、読まなくていいです。)


今年で辞めてしまう3つの副業のうちの、2つめ。

医療系専門学校。

f0131183_14205027.jpg

10年ほど前、突然、見ず知らずの専門学校の先生がやってきた。

解剖学を教えてくれる講師を探している。あちこちの病院医院を回っているが誰も引き受けてくれない。別の開業医から、僕を紹介されたという。


一応、僕は「死体の解剖」も専門といえば、専門ですが…


その先生が、本当に苦労していて、あちこちを探しているけど全然誰も見つからないという。あまりにもかわいそうなので、引き受けてしまった。



前橋工業高校のすぐ近くにある専門学校。介護福祉科、理学療法科、医療秘書科などがある。

着任当初は、介護福祉科の解剖学を担当した。

子供を朝9時に幼稚園に預けて、急いで専門学校へ向かい、9時半から授業。

毎週火曜日は綱渡りの日程だった。


まぁ、「塾の先生が夢だった」私なので、つまらない仕事ではない。

日程が厳しいこと以外は不満がなく、楽しくやっていた。


「わかりやすい授業で、評判がいいですよ」

なんて言われたが、半分お世辞だとは思うが。



数年続けたところで、また突然、今度は校長先生がやってきた。

介護福祉科のほかに、理学療法科の内科と小児科の講義も担当してほしい。

「引き受けてくれる人が誰もいない」と。


頼まれると弱いのは、いいのか悪いのか。

校長先生、自らがやってきたのを断るわけにはいかない。

年間75コマの授業を担当することになった。



ところが、1年続けたところでトラブル。


僕は

 『火曜日しか行けない』

と話したが、

専門学校側は

 『毎週火曜日に来てもらう』

という想定らしい。



1日4コマの授業なら20回(20週)で消化できる。勤務日をなるべく少なくして、フリーの火曜日には他にすることがある。

ところが、学校としては午前中の2コマだけとのこと。40週必要ということは、ほぼ毎週。


僕 「4限まで授業を入れてください」

学校 「はい、わかりました」


ところが、次期の予定表ができあがると、毎週火曜日2コマずつ。。。

↑これを3期、くりかえす。



申し訳ないけど、3期めで限界。

自転車に乗れなくなっちゃうよ。ということで、今年で辞めさせてもらった。


聞いたところによると、契約している病院があって、そこから講師を派遣してもらえるとのこと。じゃぁ、最初からそうしてよ!

警察学校と同じく、約10年で終了。



………



専門学校での講師料は医者としては、相場どおり。

つまり、ぼったくり。お金のためなら、続けておけばよかった。

今後、医者全体が不景気になるだろうから、こういう定期収入は重宝する。


でも、自転車に乗れない人生はありえない。

お金では買えないものがあります



………



医療系専門学校の経営は厳しい。


2000年ごろに介護保険が導入されて、一瞬、介護福祉士が盛り上がったが、最近の「3K」事情が報道されて、就職希望者が減った。

さらに国家資格になったことで、国家試験の合格率が低い学校では入学者がさらに減少している。

経営側としては、僕のような臨時職員を雇うよりは、医者一人を専属の職員として雇うほうが圧倒的に安くすむ。

しかし、医者のくせして「診療」しないで講義だけなんてことを妥協できるのは、引退した高齢の「お医者さま」くらいしかいない。そんな人に頼んだって、まともな授業になるわけがない。国家試験の合格率をあげるためには、人件費には目をつぶって、現役バリバリの医者を雇わざるをえない。


通常、このような専門学校には「仲のよい」病院がある。

卒業後の就職先としてあてにするわけにはいかないが、授業の一環で病院見学や実習くらいなら頼める仲。そんな病院から、各診療科の先生が(お金さえもらえれば喜んで)講義に来てくれる。定期的な副収入は彼らにとってもうれしいから。

縁もゆかりもない僕に、依頼が来た理由がわからないが、今後はそちらへ頼むとのこと。



………



専門学校の生徒さんは、ほんとに多種多様。


自分が18、19の頃のことを思い出すと、彼らには何も言えないが、

勉強しようという気持ちがゼロの生徒が多数いる。

そりゃ、そうだ。20歳前後の若者が、その必要性が理解できなきゃ、勉強なんてするわけない。学校ってのは、女の子に会いに来る場所だ。

だから、どんな専門的な講義でも、まずは生徒の気を惹かせることが最初の目標になる。


一方、社会人入学のように、ヤル気満載の生徒さんもいる。

地方自治体の就職支援により、学費が軽減されている人が多い。彼らには、どんどん専門的な内容の授業が必要になる。



後者のような「大人」はほっといても国家試験に合格するが、前者のような「子供」を合格させることは非常に難しい。

彼らにとっては、学校で授業なんか受けているよりも、あちこちに社会見学にでかけて、


 「この仕事に就けなければ、生きて行けないんだよ。」


と、感じていただくしかないと思う。



………



だから僕は授業で出席を取らない。

勉強する気持ちがないなら、学校に来るだけ時間がもったいない。

コンビニでバイトでもしているほうが、よほど役に立つ。

学校に来て寝ているくらいなら、何か他のことをしているほうがいい。


もちろん、学校に来て寝ていても、僕は怒らない。


 「眠くなるような授業をする奴が悪い」


これは僕の大学医学部の常識。

つまらない授業はみんな寝る。寝るどころか、欠席する。

一度出席して、つまらなかったら、次からは行かない。

(俺だけじゃないよ、みんなそうだよ。)

生徒が先生を評価する厳しい学校。



だから、教える側の立場になると、せっかく授業に来てくれた生徒さんに、眠くならないような内容を考えているのだけど、、、、


人間は手を動かせば眠くならない。

学生にプリントを配って、常にそこに書かせ続ける。

これが最低限の工夫。


あとは、、、難しいね。



………



一連の授業の終盤時期に「小テスト」をする。

形式的にはテストだけど、教科書やプリントなど何を見てもよい。

それでも答えがわからなければ、他人と相談してもよい。



★最初に勉強すべきことは教科書の目次を覚えること


あるテーマが教科書のどこに書いてあったかな、とわかることから勉強が始まる。というかそれで十分。

たとえば、心筋梗塞の問題が出たら、教科書(またはプリント)のどこに書いてあるかを探し出し、その前後には、「狭心症」や「心不全」という項目があり、それらとのつながりを理解する。

学生のうちから、心筋梗塞の全てを理解できるわけがない。わからないことがあった時に、それを調べることさえできれば、あとは人生が助けてくれる。



それでもわからなかったら、友達に聞く。

先生が頭ごなしに怒鳴る声は生徒の耳には入らない。

友達にお願いして、教えてもらったことは、心に残るもんだ。


そうやって友達と会話をすることが「小テスト」の目的。

だって、いまどきの学生さんはメールやラインで「会話」するから、声を出さないでしょ?


医療現場では職員同士の会話は必須。

一人で全部できる奴はいない。(だから米倉ドラマはカス。)

常に他職種の人たちと協力しあって仕事がすすむ。その現場でラインやメールは使えないからね。

「挨拶」して、頭を下げて助けを依頼することができなければ、仕事はできないよ。



………



なので、僕は授業で出席を取らない。遅刻も自由。

定期試験は持ち込み可。他人の解答用紙以外なら何を見てもいい。


しかし、専門学校側から却下。

仕方ない。さすがに、これは僕のわがままかな。



………



大学時代、つまらない授業に出るくらいなら、プールに行く、バイトに行く、デートする。

僕も、同級生も、そんなでしたね。大学もそれがわかっているから出席は取らない。


しかし、世の中には、ラリホーのような授業のくせして、教室の出入り口に鍵をかけて、出席をサラリーマンみたいに厳しくとって、、。そんな大学が多い。僕の知っているF大学(国立)とかG大学(国立)とか。

学生がかわいそうだし、そういう育て方をされると、自分が上になってからもそうやって育てようとするから、たちが悪い。

広島大学(国立)とか、生徒はいいはずなのに、育て方が悪い典型例。

(学生全員を留年扱い)



そんなわけで、自分の子供に対しても、勉強を教えることはあるけれど、


その学問に興味を持たせること、

興味を維持させること、

つまらないと思わせないこと、


だけを考えてます。



結論が違う方向になってしまいました。

お金はありがたいけど、時間を優先して、辞めちゃいました、という話。





[PR]

by akogarehotel | 2017-02-04 14:17 | ただの日常日記 | Comments(5)  

1994. 身辺整理 その1、警察学校 平成29年2月2日(木)

身辺整理 その1、警察学校 平成29年2月2日



諸事情により、今年度で3つの副業から手を引くことになった。

本業に専念しろという圧力、そのほか諸々の理由により。


f0131183_17591245.jpg




そのうちの1つ、警察学校の話。

これまでボカした書き方をしていたことを、ちょっと詳細に。



★用語に多少の間違いがあるかもしれないけど、私は警察マニアではないので、ご容赦ください。たとえば、捜査一課と刑事一課の違いとか。



………



警察学校には「幹部昇任用」の講座というものがある。

毎年夏に、2週間、受験生の夏期講習のような授業を受ける。

この授業を受けることにより、その後の「昇任試験の受験資格」を得られる。


しかし、誰もがこの講座を受講できるわけではない。

県内の各警察署から推薦された1名ずつ、合計20名のみが受講できる。

要するに、受講を推薦される人物は、各署の期待の星で、ここに推薦された時点で昇格が決まっている。

受講時は30歳~40歳の警部補だけど、将来は警部や検視官から、さらに偉くなることが約束されている。(警部補だって、十分立派な肩書きですけど。)



そんなエースの集まりなので、授業の雰囲気は恐い。恐い。

生徒全員が姿勢よく座り、微動だにせず、まさににらみ付けるように授業を受けてくれる。冗談じゃなく、取調室で尋問を受けている気分。

しかも、教室の後ろでは、彼らの上官が、居眠りするような生徒がいないかどうか、にらみを利かせている。(そんな生徒は10年間で一人もいない。)


もちろん、挨拶は半端ない。軍隊みたい。

(実際の軍隊を知らないけど。)

直立不動で、(何といっているのか聞き取れないような)大声で挨拶してくれる。

たぶん「ごくろうさまです」と言っているらしい。



日ごろ、町の交番なんかでは、

 「まじめに仕事しろよ、警察官」

なんて思うことも多々あるが、この雰囲気を見ると、

 「ちゃんとした奴が、いるところには、いる」

と改めて感心し、

 「ま、少しは警察に協力してあげてもいいか」

と思えますね。


なんて、上から目線ですが。



………



僕の担当は、2週間のうちの半日、2コマ180分。

「内因性突然死」という内容。

他には、小児科、産婦人科、法医学などの講義や、警察自らの鑑識、検案などの授業がある。


講師料は、半日で2万円。

ここから警察医会費1万円と源泉徴収2000円が引かれるので、手取り8000円。

医者の副業としては、ありえないくらいに安い。

それでも「名誉職」という扱いなので、働く側も、働かせる側も何も文句を言わないらしい。



俺?名誉なんてものは欲しくないんだけど…

恩師から 「他に頼める人がいないから」と言われたら、即答以外にない。

(それが10年前の話。今は、「暇な医者」がそこそこいるので、こんな名誉職が空職になることはない。)



………



じゃぁ、なんで辞めるんだ?


「本業」だけに専念しろ、という家族などの圧力のほかに、


 ★あまりにも時間に厳しい。



警察は軍隊だから、

 「水曜日の午後1時」

と決めたら、1分どころか、1秒の遅刻も許されない。


当然、5分前行動になるけど、

俺たちの仕事が時間通りに終わるわけないじゃん!

「午前中の仕事」が午後1時までかかるなんていつものこと。

時間通りに警察学校に到着するには、「午前中の仕事」すら休養せざるをえない。本業側から文句が出て当然だね。


警察に確認したところ、「後任の手配」ができるということなので、今年度限りでありがたく辞めさせていただきました。

この10年の間に、法医学に入局する医者がだんだんと増えてきましたからね。



………



辞めると言ったら、記念品を頂いた。

勤続10年以上らしい。

f0131183_18415740.jpg
ゴミにも出せず、

漬物石にしかならないんですけど。


ちなみに、警察職員証というものが配布される。

警察手帳ではなく、ただのIDカードだが、合コンに持っていくと10分くらいは盛り上がる。



………



野球選手が夢だったのは、必ず最後に愛は勝つ人ですが、

僕は、塾の先生が夢だった。

だから、この副業は、それなりに楽しく本気だった。


テーマの「内因性突然死」とは、

f0131183_18281678.jpg

病気で突然死すると、どんな所見があるか、ということですが、


言い換えると、

「死体が発見されたときに、事件ではなく病死と断定するのはこんなとき」

「こんな所見、こんな状況なら病死と判断してよい」



まさかテレビドラマのような世界が真実だと思う人はいないと思うが、

病院外で人が死亡する異状死で、それが殺人事件であるのは、おそらく100分の1以下。

群馬県では異状死が年間500くらい(たぶん)、そのうち殺人事件は?

5件もないでしょう。


テレビのなかでは、死体が発見されれば必ず殺人事件ですが、現実は、ほとんど病死。


とはいえ、殺人事件を見逃すわけにはいかない。

そのためには、名探偵のように現場周辺を捜査することも当然必要だけど、

もしも病死と「断定」できれば、それで「殺人事件」を否定する根拠になる。


ということで、病死と断定するために必要な所見、状況などを、偉そうに警察官にお話する。それが僕の仕事。

ただし、たったの3時間で全てを教えられるわけがないので、いつもプリントを配る。

疾患名とそれに伴うはずの所見、現況、内服薬などの一覧。10ページ弱。

出世した警察官から、

 「いただいたプリントは、いつも現場に持っていって、とても役に立っています」

なんて言われると、お世辞だろうけど、とてもうれしく思います。



つまらなくはない仕事なので、辞めるのも気が引ける。

むしろ、本業をやめて副業だけで生活できるといいのにね。

そんなバカなことが不可能だってことは、100億年承知です。



★ちなみに、同じ内容の講義を一般の方にすることは不可能です。

だって、「糖尿病にみせかければ完全犯罪ができる」なんて教えるわけにはいかないでしょ?






[PR]

by akogarehotel | 2017-02-02 18:28 | ただの日常日記 | Comments(11)  

1987. 日曜診療 平成29年1月13日(金)

日曜診療 平成29年1月13日(金)



たまには、ちょっとまじめな、まともな話。


最近、日曜日に通常診療をする医院が増えてきました。

開業医が不景気になった証拠です。

なかには、中規模の総合病院まで日曜営業しているところもあります。入院施設のある中規模病院の半分弱が経営困難だという噂です。

今年は、1月1日が日曜日(つまり通常営業の日)だったので、元日から「通常営業」の病院もありました。



個人的には、

日曜日に仕事をするくらいなら、モロッコに行ってボランティアする



家族がいるので、日曜日に仕事をしている暇はなく、もしも家族が手を離れたら、アフリカで開業したいですね。



………



というのが本題ではなく、



そんな休日通常営業はまだまだ稀な状況なので、前橋では、内科小児科で当番制の臨時営業をしています。


内科では、休日1日につき、

 当番医(一日営業) 3件

 医師会診療所 昼 1人

 医師会診療所 夜 1人

休日1日あたり5人の当番が必要です。


これを市内の70歳以下の開業医でローテーションします。メンバーは80人くらいいるので、だいたい2ヶ月に1回、徴兵される計算です。

日曜日に仕事なんかしたくないけど、これくらいは我慢しましょう。

研修医のころに比べたら、十分に天国ですから。



しかし、内科と違って、小児科医はもっと劣悪な状況。


小児科の当番は、

 当番医(一日営業) 2件

 医師会診療所 昼 1人

 医師会診療所 夜 1人

休日あたり4人の当番ですが、そもそも市内の小児科の開業医は30人程度です。

診療所(夜)は平日もあるので、1ヶ月に1~2回の徴兵制です。


年末年始はもっとひどい。

1229日から1月4日までの7日間。上記のとおり1日に4つの当番があるので、

 4×7 = 28 (ほぼ30


『 前橋の小児科医は、年末年始に必ず何かしらの当番がある。 』



今回、1231日にご一緒した小児科医さんが言ってました。

 『 去年は1月1日に当たったのに… 』


僕が医学部生なら、小児科医にはなりたくないですね。



………



そんな訳で、去年の1231日に夜間当番が当たったくらいでは、全然文句を言うつもりはなく、むしろ、


以前なら、深夜24時に夜間当番が終わると、そのまま、ジェイソンへ。そして、3時までWCCFを遊べたのに…

今は、セガのサーバー設定のため1時で終了。

夜中も遊ばせろ、セガ!






[PR]

by akogarehotel | 2017-01-13 18:40 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(2)  

1950. 日韓戦・高校新人戦 後記 平成28年11月9日(水)

日韓戦・高校新人戦 後記 平成2811月9日(水)



先日の医務室当番の記憶記録。


日韓戦は、各国の代表が参加。

前橋などという田舎町に、インターハイ優勝、インカレ優勝という日本代表選手がやってきた。申し訳ない。

そんな人たちのレースを、まさに目の前、バンクの中から観戦できたのは本当にありがたいことで、医務室を無料で営業することなんて、全然OKだ。

(ちなみに、有料の場合の相場は、半日4万円。3日間で16万円にもなる。グリーンドームの使用料よりも高額なんじゃない?)



ひとこと感想は、

韓国が意外と強いんですね。

日本の楽勝かと思ったら、そうでもない。韓国競輪ももしかしたら強くなってるの?



………



で、その日本代表選手の皆様のこと、


ま、そうでもないと日本代表にはなれないのだろうが…



(決して悪口ではなく、)

サバサバしているというか、

さめているというか、


個人の都合で途中で帰っちゃう人がいるし、

あるいは、

代表選手の一人が体調不良で倒れて、チームエリア内で寝ていても、あまり気にするそぶりもなく、


完璧に、他人は他人、自分は自分

という雰囲気でしたね。


個人競技だから、他人は仲間ではなく、ライバルですからね。

そういうことに徹していないと、日本代表にはなれないってことでしょう。

(ちょっとさびしいけど)


競輪は個人競技ではないけど、ケイリンは個人競技ですから。



………



一方、

スプリントで牽制中に滑って転んだ高校一年生。


イシケンさんに言わせると「へた、ばか」なわけですが、

擦過傷の手当てをされたあとに、部屋を出るときにしっかりと一礼。

偉いな、おい。


一年生でこれってことは、上級生がしっかりしているということだが、その高校は、


川越工業高校


あの支部長様の出身校ですね。

しかも、お子様が自転車部在学中(同じく一年生)。

お父様が指導しているわけないと思いますが、ちゃんとしたところはちゃんとしていますね。


というような、大人目線、保護者目線での観戦でした。



………



レースのこと。

f0131183_13145513.jpg

ポイントレース24km(高校):

昭和第一(弱虫ペダル関係高校)の選手の圧勝。実力が違いましたね、強い。

2位には前述の川越工業1年生。あれ、強いんじゃん?自転車歴1年だそうです。すごい進化だね。



ポイントレース20km(日韓):

高校とはレベルが違う!

すっげぇっぇぇ速い。

でもその速い流れのなかから、たまに逃げが決まる。つまり6周(2km)逃げる奴がいる。ツインターボを思い出して、声援を送りたくなる。迫力満点でした。

(でも、死ぬ気で逃げて、ゴールした後に脱水で倒れてしまったのが、前述の日本代表選手。そこまで「死ぬ気」になれるのが、やはり実力なんだよね。)



こんなレースを見せ付けられると、自分も走ってみたくなるわけで、

来年の取手で、再び、ポイントレースに出ようかななんて考え始める。

しかし、間違いなく、もっとも危険なレース。

「周回遅れはレース中止」を徹底すればいいのだと思う。



………



f0131183_13144077.jpg

昼食。思いがけず、カレーが食べられてラッキー。


しかし、いつものように高額カレーになった。

↓過去に日韓戦に参加したことのある選手どうしの車券。(防府記念、石川雅望-野原雅也、北都留翼-守澤太志)

当然のゴミ。野原と北都留は1着なのに…

f0131183_13151289.jpg




[PR]

by akogarehotel | 2016-11-09 13:19 | ただの日常日記 | Comments(0)  

1939. やっと回復したと思う、たぶん… 平成28年10月27日(木)

やっと回復したと思う、たぶん… 平成281027日(木)



死ぬかと思った、というのは言いすぎなのか、そうでもないのか。なんて思って過ごしてた。



肺炎が治ったと思ったら、先日、再び、体調不良に陥った。

9月から考えると、1ヶ月以上、微熱と時折の高熱と倦怠感が続いたことになる。そんな状態を、(定義からちょっと外れるかもしれないけど)「不明熱」という。



【不明熱】

微熱と高熱が1ヶ月以上つづき、入院して検査しても原因が全く分からないもの。実際に、その原因は、感染症、悪性腫瘍、膠原病のどれかである。



悪い病気も心配していたけれど、幸いにもそれは杞憂だったらしく、先週末からだんだんと回復してきた。八ヶ岳で熱を出した日から数えると、5週間が過ぎ、やっと99100%の状態になった。


病気になってわかる。

健康ってありがたい。



………



まわりの人間すべてが、「過労」が原因だろ、と指摘する。

はい、がんばりすぎたみたいです。

これからは、手抜きします。仕事も人生も手抜きします。



今週から自転車通勤を始めた。

筋力がかなり落ちているらしい。坂道を登るのがつらい。

しかし、すぐに「練習」を始めるわけにもいかない。「もがき」ができるのはかなり先のことになるだろう。

ロードバイクは1ヶ月以上、触っていない。放置しすぎて、パンクしているかも。


このまま、やめちゃおうか、とも思ったが、なんと、この1ヶ月の間に義父が自転車を始めた!重田サイクルでクロスを買って、利根川を往復しているという。

馴れ合いで、続けることになる、そんな世の中ですね。


しかし、トライアスロンは辞める。

水泳(試合)も引退する。さすがに、年を考えなさい!

自転車は辞めないけど、しばらく「試合」は遠慮します。



………



とすると、、、、ゲーセン生活しか選択肢がない気がするが、それもよし。

ここ数日は、WCCFばかりやってます。


1か月の体調不良のおかげで、体重が2㎏減った。だって、食事が「一人前しか」食べられなかったから。

それが、最近は2人前が普通になった。地味にうれしい。体重が増えるのが、こんなにうれしいなんて。






[PR]

by akogarehotel | 2016-10-27 18:22 | ただの日常日記 | Comments(4)