タグ:卓球 ( 4 ) タグの人気記事

 

2052. 偉そうに、監督っぽいことを 平成29年6月25日(日)

偉そうに、監督っぽいことを 平成29年6月25日(日)



ごめん、競技経験ゼロなのに…

でも、名選手=名監督とは限らないわけだから、許して。



………



日曜日は子供の卓球大会。

今週も団体戦(1チーム、3名)。


わが小野沢クラブからは、4チームが参加。

しかし、コーチが3人しかいない。ということで、


「ジャージを着て腕組みすると、それっぽく見える人」


という理由で、4チームめの「監督っぽいこと」をさせていただきました。

ほんと、ごめん。



………



群馬県年齢別大会(藤岡体育館)。

年齢別といいながら、「中学生以下」のひとくくり。

小学生も中学生も一緒。小学三年生も中学三年生も一緒。


大人も子供も参加なので、ものすごい人数。

f0131183_18583823.jpg

今回の団体戦は「簡易式」。各チーム3名(ABC)として、

 ダブルス ABAB

 シングル CC

 シングル AA

先に2勝したチームの勝利。

(正式な団体戦は、5戦形式。)



………



卓球は面白い。

競輪と同じで、「 強いやつが、必ずしも勝つとは限らない 」。



強い奴が、バシバシとスマッシュを打てば、弱いほうが返せるわけがない。しかし、強い奴のスマッシュがネットに捕まることもよくある。

強い奴が、チャンスボールを何度もスマッシュするが、失敗して失点を繰り返し、勝手に自滅して、勝手に敗北するなんてことが、非常によくある。特に小学生では。


小学生のうちは勝ち負けなんて気にしないで、思いっきりバシバシ叩けばいいと思うが、

「勝ち負けを気にしなきゃいけない勝負」のときは、そこは自重して、


★弱い相手と対戦するときはひたすら我慢。無理にスマッシュしないで、確実に返す。そうすれば、弱い相手が返しきれなくなって、自分が勝てる。


★強い相手には、ひたすら攻撃。ただ返すだけでは打ち返されて負けるのだから、失敗してもいいから攻撃的に打ち返す


だから監督業務の際も、アドバイスは、「ここは我慢」「ここは攻撃」の2つだけ。



★★★



さて試合。

予選リーグ。3チーム総あたりで、首位のみ通過。


僕のチームは、A(小6)、B(小6)、C(小5)の3人。

第一試合の相手は某中学。A(推定中3)、B(中2)、C(中2)。


●ダブルス: ABAB

 1:3 で負け。ダブルスの練習をしているところなんて見たことないからなぁ。見てて勝てる気がしなかった。


○シングル: CC

 3:0 で勝ち。うちのC君(小5)は、本当に「楽しい子」で、得点しても失敗してもニッコリしながらコーチのほうを振り向く。開始当初はドライブを何度も失敗していたが、途中から下回転で丁寧に返すようになり、楽勝。

 監督が言わなくても「我慢」ができる、いい子。



さぁ、最終戦はエース対決。勝ったほうの勝ち。

 シングル: A(小6) 対 A(中3)


相手(中3)は動きが遅く、速い球は返すのが精一杯。

ダブルスでは負けた相手だけど、多分、こちら(小6)のほうが強い。


しかし、

 1セット ×

 2セット ○

 3セット ×

 (3セット先取で勝利)

A君が、緊張して浮き足立っているのが観客全員にもわかる。スマッシュが、ことごとくネット直撃。


こんなとき、「 緊張しているから、もっとリラックスして! 」という言葉ほど意味ないものはない。こんな言葉で解決するなら、医者も警察もいらない。



ここで迷監督のお言葉。

「 お前はバカか?動けない相手にスマッシュして、それをミスして勝手に自滅する気か? 勝ちたいと思ったら、スマッシュ禁止!我慢して、ただ確実に返しとけ! 」



下回転で確実に返す打ち方を「突っつき」という。

相手は「突っつき」しかできない。(動きが遅いのでスマッシュできない。)

こちらは、スマッシュできるけど「突っつき」しかしない。

だから、4セットめからは「突っつき合戦」。

見ている人は、つまらない。でも、「勝たなきゃいけない試合」なんだよ。(モウリーニョ気取り?)



ついでに迷監督の謎言。

「 お前がこのメンバー構成を考えたんだろ?てことは、最後にエース対決になるってわかってたんだろ? 勝ち負けはどうでもいいから、試合を楽しんで来い。」


…決して、どうでもいいなんて思っておりませんが、


すると、ベンチで聞いていたB君、C君からも、

 「 試合を楽しんで! 」

と熱い声援が。彼らのほうが大人だね。



結果は、

我慢の突っつき合戦を制して、

 4セット ○

 5セット ○

3-2で逆転勝利。チーム戦も勝利。


相手の中学生にしてみれば、「勝てそうな試合を負けた」ので、ちょっとかわいそう。ごめんな。

対照的に、うちのチームは大喜び。

内心、もっとも喜んでいるのは監督で間違いない。



そこへ、フラッと現れた、本家小野沢監督、

 『 あんな動けない相手には、バックに速い球を打てばいいじゃない。もうちょっと考えなさい。 』

いや、それはわかっておりますが、はい、、、



………



予選第2試合、某中学チームと対戦。

 ダブルス(AB) 勝ち

 シングル(C) 勝ち

ストレート勝利で、無事に予選通過。



………



決勝トーナメント。

相手は大人??

いえいえ、一応、「中学生以下区分」なので、生物学的には中学3年生。

でも、外見は「大人」。俺より背が高いし、ひげがはえてるし。。。


いい勝負ではあったけれども、

 ダブルス 敗戦

 シングル 敗戦

で敗退。


もちろん、強い相手なので「ガンガンいこうぜ」の指示でした。我慢は不要。

たまに発動した「かいしんのいちげき」を今後の試合に生かせれば、それで十分です。



★★★



ということで、自分の練習。

19日(月) ローラー20km

20日(火) 子供の眼鏡屋

21日(水) 子供のお迎え(大雨のため)

22日(木) 仕事

23日(金) 授業参観

24日(土) ローラー30km

25日(日) 卓球試合


こういう週も仕方ない。







[PR]

by akogarehotel | 2017-06-26 18:58 | 子育てられ | Comments(0)  

2050. 団体競技 平成29年6月11日(日)

団体競技 平成29年6月11日(日)



親バカ日記ではないよ、たぶん。



………



ある小学生の言葉、

『 自分が試合に出られなくても、チームが勝てばそれでいい。 』



どこかの金髪サッカー選手に聞かせてやりたい。

サッカー選手は、試合に出られないとすぐ文句を言う。だから、サッカーが嫌いなんです。代表戦には全く興味がない。

(ところで、今、世界で最大の注目をあびているのが、アーセナルのGK。なぜ放出(泣))



………



『 水泳は団体競技 』

これは、ほぼ全ての水泳部員が認める。

決して、リレーがあるから、という意味ではない。「チーム」として機能した場合に、最大の効果を表すから、などの意味。



『 卓球も団体競技 』

水泳の場合と、ほぼ同じ意味。

卓球の場合、「団体戦」という項目もあるので、当然といえば当然。


卓球の団体戦:

シングル、シングル、ダブルス、シングル、シングル。

の順で5試合行い、先に3勝したチームの勝利。


1チームでメンバーを4人登録できるが、試合には3人出場すればいい。

通常、3人のほうが有利なので、オリンピックなどは4人登録で3人出場の国が多い。

リオオリンピックの日本代表も同じく4人登録法。



………



日曜日。

卓球の群馬県小学生大会。


長女は「チーム小野沢」のメンバー。

6年生3人と、うちの長女(3年生)の4人。

一人だけ低学年で、実力的にも劣る。試合に勝とうと思ったら、外さざるをえない。



準決勝に相当する「薄根」戦ではメンバーから外れていた。

ガッカリしているかと思って、声をかけに行ったら、逆に、(上述)


 「チームが勝てばいいよ」


泣きそうになっちゃったよ、親バカは。

薄根は過去30年で20回以上優勝している王道チーム。ここに勝てば東日本出場だから、メンバー落ちは妥当でしょう。



しかし、監督もやりずらいはず。

親が見に来ているのに、メンバーから外すなんて。

なので、一応、念のため、失礼かとも思ったけど、事前に、


「監督の判断でやってください」


と断っておいた。


小野沢監督は、一言でいうと「やせた安西先生」。

飄々としていて、他人と会話するときでさえも、独り言のように話すので、なかなか返事のタイミングがつかめない。

選手時代は国体3位(全国3位)なんてのもあるらしく、卓球をやっている群馬県民なら知らない人はいないらしい。今は70歳前後?

弟さんは小野沢次男さんという元競輪選手。


小野沢監督は、僕自身が自転車に乗っていることも知っているので、そのアスリート感覚で、「親が来ていようが関係ない」と暗黙の了解があったでしょう。一応、それを確認しておいたということです。



結果的に、薄根に圧勝して、決勝戦へ。



………



決勝戦は「マエタク」。

王者3人が在籍する不動の優勝候補。


長女はシングルに出させてもらったけど敗戦。他の2人も連敗して終了。


でも準優勝。

9月に金沢で開催される東日本大会に参加が決まった。

もちろん、「 みんなで行ける! 」と大喜びの長女。

f0131183_13482271.jpg

ちなみに、マエタクも薄根も、4人登録の3人出場パターン。

なかなか、小学校のうちから精神的に鍛えられますね。



やっぱり親ばか日記でした。






[PR]

by akogarehotel | 2017-06-14 13:47 | 子育てられ | Comments(0)  

2025. 練習日記 誰の? 平成29年4月好日

練習日記 誰の? 平成29年4月好日



まるで、合宿レベルな春休み。


3月

25日(土) 午後~夜

26日(日)  試合(箕郷)

27日(月) 午前、午後~夜

28日(火) 午前

29日(水) 午前、夜

30日(木) 午前、午後~夜

31日(金) 午前、午後、夜


4月

1日(土) 午後~夜

2日(日)  試合(宮城体育館)

3日(月) 午前、午後~夜

4日(火) 午前、

5日(水) 午前、夜

6日(木) 午後~夜

7日(金) 春休み終了


以上、子供2人の卓球日記。

小学生なのによくやるもんだ。

寝る間も惜しんで卓球してる。



こんなに練習したから強くなったのか?と言われたら、、、


弱くはないが…

最近の小学生はバケモノが多くて、、、勝てない相手も多い。

というか、そもそも小学生のうちは、勝つか負けるかなんて、どうでもいいことで、イシケンさんの言うとおり 「しっかり挨拶すること」 のほうが、よっぽど大事。


その「挨拶」ができない、、、

試合に負けると、テンパっちゃって、相手の握手を拒否したりしやがる。もしもイシケンさんが親だったら、2,3発なぐってるか、ラケットを燃やしているか、だろうね。



………



聖地、箕郷(味里みさと)食堂。

f0131183_22372424.jpg

午前中の練習は基本的に箕郷食堂。

食堂で働いている店主さんは、外見からは想像もつかないくらいの卓球の鬼。

卓球理論の鬼。

「こっちへ打てば、こうなって、ああなって…」

自転車乗りには意味不明の暗号。


小野沢さんが卓球の学校なら、箕郷は卓球の家庭教師。

これは伸びるよ。

僕としても、子供を預けて箕郷周回ができるので、日曜日は毎週でもOK



………



試合でよく使われるのが、宮城体育館。

赤城山のふもとにある。

↓体育館から見る前橋方面。

f0131183_22373824.jpg

せっかく赤城へ行くのなら、「お父さんだけ自転車にするね!」。自宅から1時間ちょっと。

f0131183_22370990.jpg

いつもローラーばかりだから、たまに外の空気を吸わないとね。


ハルヒル(および、遠謀ロングライド)まで、あと1ヶ月半。

望ではなく謀。






[PR]

by akogarehotel | 2017-04-07 22:36 | 子育てられ | Comments(5)  

1993. 試合日記、誰の? 平成29年1月29日(日)

試合日記、誰の? 平成29年1月29日(日)



練習したければすればいい、

したくなければしなくていい


そんな風に育てられ、そんな風に後輩を育ててきた。



さすがに大学水泳部には、練習したくない奴ってのは、あまりいなくて、

むしろ、練習が大好きな連中の集まりで、とすると上限者を想定して練習を組むから、どんどんドンドンと厳しい練習になっていって、、、そんな記憶。



ということで、子供のこと。

どうやら卓球をやっているようだけど、と部外者目線で眺めていたら、

結構、練習が好きなようだ。

週6で練習している。唯一、ドラムの練習がある火曜日だけお休み。



………



試合に対しては、


練習してない奴の試合なんて、見なくていい。勝ち負けに興味ない。

仮に勝ったとしても偉くない。運がいいだけ。

練習した奴が、いい結果を出しそうなら、これは見ていてあげないといけない。



今年は、こんなに練習しているんだから、見ていてあげよう。

 …ちょっとだけ。



………



日曜日。

卓球の群馬県大会。

勝つと全国大会へ行けるので、本気の皆様が集まる。


午前中は予選。

グループリーグ。4人のうち2人が決勝トーナメントへ。どこぞのゲームみたいだ。



こんな本気の人たちの集まりで勝てるわけないよ。

、、、、、、、、(^^)


「 お父さんは、ちょっと自転車に乗ってくるね。 」


試合会場は宮城体育館(前橋市)。

赤城神社(三夜沢)のすぐ近く。こんな聖地へ来て、自転車に乗らないで帰るわけにはいかない。

わざわざ、車に自転車を搭載してきた。

f0131183_00090413.jpg

予選が行われている頃、僕だけ坂路アタック!

前日、rosuket師匠に組み立ててもらったばかりのピストでもがきもがき。

赤城山には雪雲がかかっている。

f0131183_00085310.jpg

1時間ほど気持ちよく汗を流して、白星競輪ジャージのまま卓球会場へ。


すると、

 『 予選通過するかもよ 』


なんと、1勝1敗。

ありゃ、ごめん。ということで、次の試合はじっくりと観戦。

(卓球は「うるさい応援」は遠慮される傾向にあります。)


そして、3戦目を 3-1で勝利。グループリーグ2位で予選通過。

想定外の快挙!



決勝トーナメントは別グループの1位と対戦して初戦敗退。

それでもベスト16。


ご存知のとおり、「親バカではない」私ですが、この卓球のことだけは褒めたいですね。

練習して、それなりの結果を出したから。

しかし、本人の目標は3位とのこと。

さすがに、生半可な練習じゃそのレベルには届きませんが、親としては見ているだけで楽しいですね。



もちろん、本日(月曜日)も絶賛練習中。





[PR]

by akogarehotel | 2017-01-31 00:08 | 子育てられ | Comments(2)