タグ:旅行記 ( 269 ) タグの人気記事

 

1940. 広島旅行 平成28年10月9日、10日(日月)

広島旅行 平成2810月9日、10日(日月)



気分は毛利元就甘言。

f0131183_18282370.jpg

体調不良の間に広島へ行ってきた。気分が昂ぶっていたためか、ほとんど苦痛がなかった。



広島。

妻が、子供に一度は見せておきたいから、と。

そもそも、僕自身にとっても初広島。

「はだしのゲン」は読んだけど、広島へ行ったことはなかった。


ちなみに、トリップアドバイザーというお節介サイトの集計によると、

外人に人気の日本観光地の1位が宮島、2位が広島原爆ドーム、3位が京都伏見稲荷。

1位って、富士山じゃないんだ。



………



土曜日の夜、東京に宿泊。

日曜日の朝、7時半の新幹線で広島へ。4時間もかかる。

(僕自身は「乗り鉄」なので、楽しいの一言。子供たちは、マンガとゲームで時間つぶし。)


広島からJRを乗り継いでフェリー乗り場へ。

連休だから?結構な混雑。外人も多いけど、日本人も多い。

15分おきに出航するフェリーがほぼ満員。

f0131183_18275254.jpg

宮島は瀬戸内に浮かぶ小さな島。

フェリーで10分程度。泳いでも渡れる距離かな。

連休のため、島内も当然の混雑。景気がいいのは喜ばしいことです。


20分くらい並んで、宮島参拝。

最近、戦国時代に興味を持ち始めた長男は、それなりにキョロキョロと楽しんでいる様子。

というか、初宮島の俺のほうがウキウキしてるかも。

f0131183_18283987.jpg



………



夕方に広島市内へ。


原爆資料館へ。

先日、オバマ総理が来たことで、地元はかなり盛り上がってる。

オバマさんが折った鶴が、丁寧に飾られていた。

というか、ここにもたくさんの観光客。

宮島に比べると、外人比率が高い。韓国台湾も多いけど、西洋人がとても多い。みなさん、偉いですね。そんなに戦争のことを考えているのですね。


資料館そのものはそんなに大きくはない。

走り抜けるだけなら5分もかからないが、行列がゆっくり進むため、しっかり2時間もかかった。

うちの子供たちは、その行列に文句も言わずに着いてきた。見直した。


展示の内容はHPにあるだろうからそちらを。

原爆が爆発した瞬間、爆心地周辺(数kmの範囲)は瞬間的に300℃くらいになったそうだ。当然、生物は即死でしょうね。

有名な原爆ドームの中にいた人たちも、全員が即死だったそうです。



………



さぁ、夜。「お好み村」へ。

やきそばの入ったお好み焼き、すなわち広島焼き。

f0131183_18285761.jpg

夕方6時半なのに、もうあちこちの店が満員。

店の数自体が、星の数ほどあるのに、そのほとんどに客が溢れている。人気店は、この時間で「売り切れ」の看板が出ている。

活気が溢れるって、こういうこと。



カウンター席しかない店へ、家族4人で。

これまでに関東の「広島焼き」は食べたことがあって、で、本当は、あまり期待していなかったのですが、、、


なんだ、これ!?

やっぱ、地元は違う!

そばが違う、キャベツが違う、焼き方が違う、食べ方が違う。

これが食べられただけで、高いお金を払って、わざわざ広島まで来た甲斐があったというものです。



………


f0131183_18280887.jpg

翌朝、早起きしてお散歩。

f0131183_18274196.jpg

原爆ドーム。

雲ひとつない青空。気持ちいい朝でした。


「乗り鉄」としては、路面電車も必要条件。

f0131183_18272923.jpg


昼の新幹線で広島を出発し、夕方5時に前橋到着。

子供たちの卓球の練習のため。ちょっともったいなくない?




[PR]

by akogarehotel | 2016-10-28 18:31 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

1930. 人生初サッカー観戦 平成28年8月31日(水)

人生初サッカー観戦 平成28年8月31日(水)



f0131183_19201652.jpg


サッカーを観に行ったというより、サッカーファンを観に行ってきた感じ。



………



f0131183_19221755.jpg

ジョンケンさんと、アズーリ・バッジョをトレード。

上記が戦利品。ただの紙切れが、デッキケース(3こ)と、Jリーグのチケットになった。

ということで、そのジョンケンさんとサッカーへ。



J1 ルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)

準々決勝(HA

大宮アルディージャ 対 横浜Fマリノス

Nac5スタジアム(大宮競輪場の隣)

19時キックオフ



………



昼過ぎの電車で大宮へ。

まずは、湘南新宿のグリーン車で乾杯。

そして、大宮に着いて、また乾杯。

f0131183_19204192.jpg

いづみや。

大宮駅前、東口のロータリーにある超有名居酒屋。

午前10時から営業している!というよりも、

昭和20年から営業している!


我々が到着した午後4時の時点で、ほぼ満席。

こんな時間からこの状態って、どんだけ人間のクズがいるのでしょうね。

「それが普通ですよ」とは幸福さん。

「満席」が普通のことなのか。「人間のクズ」が普通のことなのか。

眠くなるほど飲んでから、さぁ、Nac5スタジアムへ。



………



大宮 対 マリノス


スカパーで、セリエとプレミアは何度も観ている。

でも、日本代表には興味ない。

日本対アルゼンチンなら堂々とアルゼンチンを応援する。


と公言している私ですから、上記の2チームに知っている選手などいない。

しいて言えば、故松田直樹選手の母校(前橋育英)から徒歩5分のところに住んでいるので、マリノスを応援したくなっちゃうかも。そういえば、中沢ってDFも知っている(というレベル)。


でも、この雰囲気。

f0131183_19205610.jpg

これは楽しい。まさにお祭り。

これは楽しまないわけにはいかない。「興味ない」とか言っている私でも、この応援を体感できるのは非常に楽しい。

ということで、買っちゃった。チケット代金以上の代物。

f0131183_19202955.jpg

家長昭博。元マジョルカ(リーガ)のFW。フットボリスタを読んでいた頃に、記事のすみっこのほうで見かけたことがある。帰国していたなんて、もちろん知らなかった。


ちなみに、この「セブンイレブンカウンターシート」はテーブル付きの特別席。

ドリンクホルダーがあり、いくらでもビールが飲めてしまう。

それなのに… いづみやのビールのおかげで、2杯しか飲めなかった。。。



………



試合は、大宮のマテウスというブラジル人のゴールで先制。

そのまま、1-0で終わると思ったら、後半、追いつかれて、1-1。


しかし、さらにその後、家長のゴール。2-1で勝利。

HAなので、1-0 と 2-1 では価値が違いすぎるが、まぁ、勝ちは勝ちなので、サポーターさんは大盛り上がり。

試合が終わっても、なかなか帰らない。MOMのマテウスがスタンド前まで来て挨拶したりと、一体感を出そうとお互いが努力してますね。

そうでもしないと、Jリーグ自体が終わっちゃうからね。サポーターが盛り上げてくれるから、僕みたいな一見さん(いちげんさん)でも楽しめる。

(プロ野球も同じ。ライトスタンドに行けば専属の応援盛上団がいますね。)


サポーターなんてフーリガンでしょ、と誤解していたようです。すまない。


そういうわけで、

Tシャツを買った家長昭博の決勝ゴール。


♪イエナガ、アッキィゴーール♪


が、耳から離れません。

でも、なぜか、


♪マリノース、マリノース、Fマリノーーース♪


も耳にこびりついていますけど。



………



とはいえ、


たとえば、MOMのマテウスは1得点してますけど、

それ以外のチャンスで、

敵キーパー不在の誰もいないゴールに打ったロングシュートが、ゴールまで届かないとか。。。。

WCCFでそんなことやったら、間違いなく台を叩くね。


ほかにも、

「 シュート、遅ぇぇよ! 」

と数回、声がかれるほど怒鳴ったし、

家長の決勝ゴールは敵陣での強奪からの得点だし、


Jリーグって、こんなん?


MOMに文句を言うなんて、どんだけ「上から目線」なの?って思いますが、

日頃「WCCFというレベルの高い試合」を見すぎてる弊害ですかね。

そういう意味で、トヨタカップは見てみたい。

(今年はレアルと、南米の知らないチームだから、来年以降でOK。)











[PR]

by akogarehotel | 2016-09-02 19:22 | あちこち旅行記 | Comments(5)  

1928. 夏の苗場 平成28年8月28日(日)

夏の苗場 平成28年8月28日(日)



なぐり書き的な日記。


夏の苗場に行ってきた。

冬は日本一賑わうスキー場。

夏は、、、静かな、静かな、、。

f0131183_12095183.jpg

バブルの時代は、テニスとゴルフさえできれば、夏でもたくさんのお客が集まっていた。

今は、子供を対象にしたイベントを、かなーーーーり努力して、それでもやっとそこそこの集客レベル。

小雨の降る、夏休み最終営業日ということもあるけど、ガラガラでした。


こういう遊びものは、対象が日本人ということもあり中国人は皆無。プリンスの経済が、いかに外国人に依存しているかがわかる。

生粋の「苗場人」の私としては、ちょっと悲しくて、同情します。

一方、うちの子供にしてみれば、「ガラガラ」はもちろん大歓迎。すべての遊具が待ち時間なし。小雨程度なら自転車にも乗れるので何も問題なし。


f0131183_12093049.jpg
f0131183_12091127.jpg

↑このボールは、本来なら水着で入るのだけど、さすがにそれは寒すぎた。

ゴンドラで苗場の山頂(たけのこ山)までも行けますが、雪が残っているほどの寒さだそうで、それも遠慮しておいた。



午後3時過ぎまで遊んで、午後5時に自宅到着。

最近は、帰り道の渋滞もほとんどなくなった。





[PR]

by akogarehotel | 2016-09-02 12:10 | 子育てられ | Comments(0)  

1922. そうだ 京都 行ってきた 平成28年8月9日(火)

そうだ 京都 行ってきた 平成28年8月9日(火)


「そうだ 京都 行こう」につづくコピー第二弾が、

「そうだ 京都は 今だ」だそうです。
ナニコレ?中学生の作品?
第二弾コピーは、

「そうだ 京都 いいね」

以外は、アリエンロッベン。


で、京都に行ってきました。
f0131183_22335323.jpg
すげー、ラウンドワンは100円で4曲設定だよ!


………

子供の自由研究「本能寺の変について」のためです。

1582年早朝、明智光秀が織田信長を討った本能寺へ。
ということで、8日の月曜日に京都に宿泊して、早朝5時、「本能寺跡地」へ。

1582年当時、本能寺は現在の位置にはありませんでした。
元本能寺町の堀川高校近くにあったそうです。
「蛸薬師通小川町通西南角」には、「本能寺跡」という石碑が立っています。


f0131183_22384043.jpg
朝5時に二人で往復30分の散歩。
朝練なんて言葉を知らない長男は、かなり眠そう。散歩から帰って、9時過ぎまで二度寝。

11時、ホテルをチェックアウトしたあとは、今度は現存の本能寺へ。
f0131183_00060784.jpg
一応、こちらにも「信長の墓」というものがあります。
もちろん、遺体や遺骨は存在せず、刀を祀ってあるそうです。
「跡地」では誰も見かけませんでしたが、こちらにはたくさんの観光客が来ています。

f0131183_00065341.jpg
その後は、せっかくだから清水寺へ。

f0131183_00075904.jpg
清水寺は、平日だというのに人口密度が高すぎ。しかも、8割がたが外人。
沖縄、新宿についで、また外国へ来たみたいです。
レンタル着物店が参拝道にあり、わざわざ着替えて歩いている人までいます。日本を好きになってくれるのはうれしいんですけどね。


それにしても暑い。
この日は、日本全国で35℃超。
まじめに観光なんてやってられる気温ではない。清水の坂道で倒れそうになった。
自由研究がすんだら、早々に屋内遊戯施設へ避難。

ということで、ラウンドワンへ。
こんなところまで来て、太鼓やマリオやメダルゲームやドラムで過ごして、夕方の新幹線で帰宅。

朝食:ホテルのバイキング
昼食:食べるの忘れた
夕食:マクドナルド

↑長男との旅行では、よくあるパターン。


そんな京都でのタクシーの会話:

運転手さん 『 群馬から来たの? 群馬といえば、フクシマ、稲村だろ。でも仲が悪いんだよなぁ。え?お客さんはグリーンドームを走ったことがあるの?すごいなぁ。誰か選手と話をしたかい?京都には村上っていう強い選手がいてねぇ、、、おっと、清水寺に着いたよ、気をつけて。 』




[PR]

by akogarehotel | 2016-08-11 00:14 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

1920. 夜11時に歌舞伎町に集合 平成28年8月3日(水)

夜11時に歌舞伎町に集合 平成28年8月3日(水)


沖縄と同じくらいにインターナショナルな歌舞伎町。
24時を過ぎると、さらに人種が混同します。


でも、今日のメインは和やかな「おネズミさま」のお話。


………


8月3日(水)
午前中:通常業務、夏休み明けなので昼食の暇なし
午後2時:子供をつれてハムスター購入。
午後6時:ローラーとシャワー
午後8時半:自宅を出る
午後10時半:新宿歌舞伎町でラーメン
午後11時:歌舞伎町で宴会、AM2時半まで

8月4日(木)
午前3時:上野のホテル到着
午前7時半:上野駅から新幹線
午前中:通常業務、木曜日なので昼食の暇なし
 …
午後8時:ローラー
 …


何があっても、ローラーだけは欠かさない。
まるで、ハムスター。


★★★


どこかの本に書いてあったけど、
・子供にはペット(オススメは犬)を与えるべき
・優しさ、命の大切さ、友達意識、世話の大変さなど、得るものが多い

はげしく同意ですね。
でも、結局、世話をするのは親でしょ?
そんな暇ないよ、
ということで、これまでは、買わずに、飼わずに、我慢させていた。

しかし、夏休み。
長女の「自由研究のネタ」という理由で購入。
子供たち、大喜び。
お父さん、大変。
f0131183_1943359.jpg

ジャンガリアンハムスターという、初心者向けのハムスター。
1匹1300円だから、それほどでもないが、
小屋が5000円、そのほかに、えさ、切りくず、水のみ装置、トイレなどなど、そして「ローラー」も。。。
ま、初期投資は仕方ないとしても、

24時間エアコン完備

まさに、おネズミさま。我が家で一番快適な場所で生息していらっしゃいます。
f0131183_1945566.jpg


…………


そのハムスターのセッティングが終わって、
適度に自分用のローラーを回して、
夜9時、東京へ出発。


夜11時、歌舞伎町に到着。
大学水泳部のシーズン最終試合の打ち上げ。
去年は仙台で男女総合優勝だったが、今年はそれなりの結果。ま、結果に関係なく「シーズンの打ち上げ」なので、部員の皆様は緊張の糸が切れまくってますけどね。


会場は「パセラリゾーツ」。
PM11時からAM5時まで、約80人でフロア貸切。飲み放題で一人6000円。
すごい商売だ。
さすが、眠らない街、新宿。


2時半。
街は眠らないけど、俺は眠い。
元気に騒いでいる部員の皆様を残して、お先に失礼。
路上で黒人の客引き数人をかわしながら、タクシーに乗り、上野へ。
↓真夜中の上野駅。
f0131183_1951944.jpg

外国(モロッコ)みたいで好きな景色です。
(でも、見えないところにはホームレスさんがたくさんいますけどね。)


ビジネスホテルで仮眠して、翌日、というか、当日の仕事復帰。
遊びすぎてます、ごめんなさい。
[PR]

by akogarehotel | 2016-08-05 19:05 | 子育てられ | Comments(2)  

1919. ニモとドリーを探してきました 平成28年8月2日(火)

ニモとドリーを探してきました 平成28年8月2日(火)



f0131183_18333162.jpg

「夏休み」。もう二度と行くことはないと思っていた沖縄に行ってきた。
最高の観光資源を保持しながらも、最低レベルのサービス業が横行する「島」。

いとこが沖縄に住んでいたために、これまで4回も訪れているが、そのたびに不満を持って帰ってくる。
沖縄のホテルには、お客が何を困っているか、何を欲しているかを考えて仕事しているスタッフは、ほんの一握りしかいない。
彼らに、一度でいいから、本土の「温泉旅館」の対応を経験させてあげたい。草津や谷川温泉ではよく聞く「こんなところまで、ようこそいらっしゃいました」なんて言葉を沖縄では聞いたことがない。


しかも、年々、インターナショナル化が進行している。
観光地のアジア人率(日本人以外)が半端ない。今回、ナントカ岬という有名観光地を訪ねたが、そこにいた30人前後の観光客のうち、日本人は我々だけだった(たぶん)。
外国人がいることに文句はないが、マナーの悪い人間がいることに文句がある。
奴らは、順番を守らないし、どこでも自どりするし、撮影アングル内を歩いている人間に文句を言うし、ゴミはそのへんにおいていくし、、


そういう意味では、まだ日本人のマナーって素晴らしい。


………


でも、子供たちに、
「魚の泳いでいる海に行きたい」
と言われれば仕方ない。


ということで、3年ぶりくらいの沖縄。
(ちなみに、前述の沖縄に住んでいた従兄弟は現在は北海道に転居。)


本島の西岸(恩納村)にあるホテル。
f0131183_18333162.jpg

(同じ写真)これはホテルの遊泳エリア内での写真。
長男が水深3mくらいまで潜って撮影。もちろん、素潜り。
写真には写っていないけど、「ドリー」(青い魚)もいます。
f0131183_18562988.jpg



↓これは海底散歩というイベント。
f0131183_18551628.jpg

宇宙人のような装備をして、海底を歩くことができる。数えきれないくらいの魚を目の前で見ることができます、ちょっと息苦しいけど。



そんなわけで、
自転車の練習はできないけど、ひたすら巻き足だけやって真っ黒に日焼けして帰ってきました。

来年?
子供が行きたいというなら考えるけど、
温暖化の影響で、サンゴとニモが残っているかどうか。
[PR]

by akogarehotel | 2016-08-04 18:58 | 子育てられ | Comments(0)  

1914. 赤城山オートキャンプ場(2回め) 平成28年7月16日(土)

赤城山オートキャンプ場(2回め) 平成28年7月16日(土)


連休分の、ひとつめ。
f0131183_0124928.jpg


妻の友達家族と、赤城旧道の入り口にある赤城山オートキャンプ場へ。

【赤城旧道】
三夜沢(みよさわ)町の赤城神社から、赤城小沼までの上り坂。
約10kmで標高差900m弱。
赤城ヒルクライムのコース(県道4号)に比べて、距離が短く、勾配がきつい。脚力に自信のある猛者か、何も知らずに迷い込んだ初心者のどちらかしか走っていない。
ただし、放射能がきついのが欠点。


………


前回、ここに来たのは5月のこと。
暑くて、風が強くて、いい印象がない。

そもそも、赤城界隈はキャンプには適していない。
赤城おろし(北風)が強いし、
標高は前橋とほとんど変わらないから、ものすごく暑い。

なのに、なぜこんなに混んでるのだろう?
一部では人気のキャンプ場だという。県外の車ばかりだった。


………


が、奇跡的に、この連休の「天気が悪かった」!
16日、17日: 小雨程度のくもり
これは最高のキャンプ日和。しかも、ほぼ無風。赤城でこんなことがあるのか?

しかし、
18日: 快晴
最悪な天気。朝からテントの中は30度超。保温性があるテントなので40度を超えていたかもしれない。暑くて目が覚めた。上半身を裸で片づけをしたが、それでも汗がしたたる。
夏の赤城でキャンプは無理でしょ?


………


今回、3家族で。
その共通点は、
1)妻同士が同じ職場
2)子供が小学生
3)夫が長距離(マラソン)が得意

3)について、
Kさんは、高校陸上部で中長距離。
Sさんは、東京マラソンで3時間18分。
俺(10kmを43分)が一番遅い。
陸上の偏差値が高くないか、この集団?

「今度の群馬マラソンにみんなで出ようか」なんて話ができつつある。

f0131183_0142781.jpg

↑Sさんが持参したハンモック。

f0131183_015578.jpg

↑同じくSさんが持参した「ピザ窯」。

f0131183_0153741.jpg

↑「金ちゃんちの焼肉」
焦がすともったいないので、ガスコンロで焼く。

………


今回、初使用した秘密兵器。
f0131183_0133294.jpg

生ビールサーバー。
これはすごい。こういうものを神という。
缶ビールなんか飲んでる場合じゃないよ。
地元の酒屋さんのサービス。10リットルタンクを買うと、1000円でレンタルできる。プレミアモルトが10リットルで6000円だから、それだけで十分に割安。問題は、10リットル飲みきれるかだけど、、、、全然、無問題。一晩でなくなってしまった。。。。あと10リットル欲しかった。


………


ま、せっかく赤城旧道に行くので「おもちゃ」を持っていった。
f0131183_0135462.jpg

これについては、次回へ。
[PR]

by akogarehotel | 2016-07-21 00:16 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

1908. 茨城県民総合体育大会 自転車競技会 平成28年6月26日(日)

茨城県民総合体育大会 自転車競技会 平成28年6月26日(日)





まずは、はったり。
f0131183_14225962.jpg

自転車って、楽しいですね。



茨城県民総合体育大会自転車競技会
取手競輪場


県民以外でも、(ある程度の)素人でも参加できるバンクの競技会。
順天堂大学と取手一高の選手が中心だが、私たちのように「下手の横好き」なグループも複数参加。

競輪場でレースができるなんて、非常に貴重な経験。
車好きな人がサーキットでレースしていいよ、ってのと同じはず。
こんなありがたいことはありません。
(ロードでも参加可能なんていうのは、とてもめずらしいけれども、ロードでのケイリンは危ないと思いますが。)


………


今年は3種目にエントリー。
ケイリンが3走もあったので、ヘトヘトでした。
最後の最後がポイントレースってのも。。。


★1000mタイムトライアル(ロード)
 ギア4.5だぜ、ローラーで時速74kmだぜ。と、いい気になってたら厳しい現実。ピストのベストタイムよりも遅かった。
 1分20秒5
ものすごく恥ずかしいタイムだけど、2位で表彰。ごめん。
f0131183_14244360.jpg



★ケイリン
★予選(5人中2人通過)
 捲くり合戦で歯が立たず、3着。
★敗者復活戦(4人中2人通過)
 S取って先行逃げ切り、1着。気持ちいーー!
★準決勝(6人中3人通過)
 バック2番手から捲くり合戦。順天堂大学生3人がものすごい速さで突き抜けて行く。4着。

↓予選のスタート。最初のレースは緊張する。
f0131183_14253941.jpg

↓敗者復活戦。このまま1周半!
f0131183_14255336.jpg

↓レース後、師匠に自転車を持たせて歩くやつら(^^)
f0131183_1427215.jpg


その師匠さまのレース
f0131183_14274085.jpg


★ポイントレース(16km、40周)
20人での競走。先頭交代を繰り返しながら走り、5周ごとのチェックポイントで加算されるポイントで順位を競う。
イシケンさんから「(先頭交代が)危ないから気をつけて。」と何度も言われていた。先頭交代の風習が理解できないと、他人を落車させてしまうから。


当初、初心者クラスと競技者クラスの2部レースにすると告知されていたが、初心者の参加が少なかったようで、1レースになった。
初心者の私が、現役大学生と同じレース。これ無理ゲ?

↓こんな集団で走行。おれどこ?(20番帽子)
f0131183_1429334.jpg


レースは基本的に時速40kmちょい。
しかし、チェックポイント周回になると大学生の猛ダッシュが炸裂。
当然ちぎれるけど、でも、ペースが戻ったところで、なんとか追いついて、
で、またちぎれて、、
で、離されて、、

5km過ぎで、先頭集団から半周くらい離された。
取手一高の選手二人との3人で先頭交代をしながら追いかけていたが、
20km過ぎに先頭集団に追いつかれて、周回遅れになった。


【ルール】

周回遅れになって「競走意欲がない」と判断されたら、審判が声をかけて降車させられる。そうでないなら続行。


大集団になると、楽に走行できる。大学生と同じ速度で周回を重ねられる。
だから審判から声がかからない(汗)。
しかし、、、こんな私でも、順番で先頭に立たされて、先頭交代をしないといけなくなる。
先頭交代する際は、同じ速度のままバンクの上に駆け上がり、内側をあけて集団を通過させる。疲労がたまってくると、バンクの上に同じ速度では上がれない。先頭を交代できない。


それでも、無理して、外へ避けると、、、、
後続の選手に危ない思いをさせてしまう。

ついに、選手から「危ない!」と声をかけられてしまい、25周めで自己判断で棄権した。
このまま走っていたら、いずれ他人を転ばせてしまう。
(私が棄権した時点で走行者は13人。スタート時点では19人。)


結果的に、DNFにはなったが、、
とても爽快な競技だ。
時速45km弱で、バンクをひたすら走り続ける。走り続けられる。
疲れたと思っても、他人の後ろでしばらく脚をためれば、また元気になる。

だけど、他人への迷惑を考えると、また来年もとは言えない。
少なくとも、大学生と一緒では無理だ。(高校生ならなんとか戦える。)

レース終了後、危ない思いをさせてしまった取手一高の選手に謝りに行ったら、

「そんなことよりも、長い距離を引っ張ってもらってありがとうございました。」

と言われた。
取手一高にはすばらしい指導者がいらっしゃるようですね。

………


この大会には、運営も含めて、選手の方々が多数いらしています。
f0131183_1428381.jpg

鈴木竜士選手(茨城107期、S2)
話題の107期特進組。アベさんのご紹介で一緒に写真を撮ってもらいました。

もう今日はこれだけで十分満足です。


………


一緒に参加した輪友会の皆様、お疲れ様でした。
応援(観戦)だけのために来ていただいた方々、暑い中、お疲れ様でした。
rosuket師匠、いつもありがとうございます。


そして、毎年、この大会を開催してくれる茨城県の競技連盟には本当に感謝しきれないですね。
f0131183_14275512.jpg







 …群馬もやろうよ。でも、33だから危ないのか。
[PR]

by akogarehotel | 2016-06-27 14:32 | 本気のサイクリング | Comments(4)  

1903. ただしい競輪の楽しみ方 平成28年6月18日(土)

ただしい競輪の楽しみ方 平成28年6月18日(土)


いつ来ても、松戸のヨゾラはきれいですね。
f0131183_1842793.jpg



………


更新が滞ってます。
ま、どこの家にでもあるような(家庭)2で、、(←かていのじじょう、と読む)
自転車ばかり乗っているわけにもいかず、
ゲーセンばかり行っているわけにもいかず。
それもまた人生だけど、ブログネタがないという現実。


………


土曜日。
久ぁぁぁっぁぁぁぁぁぁしぶりの競輪。競輪飲み会。
忘年会(グランプリ)をカウントしないなら、もしかして、1年ぶり?
何が言いたいかって、、、予算も1年ぶり!
いくぞ!


お酒の飲めるナイター競輪は、松戸と京王閣だけ。
本日は松戸まで遠征。


まずは新幹線で飲む。
f0131183_18175475.jpg


競輪場に着いて、陣地を広げたら、
f0131183_187441.jpg

明るいうちから飲む。
f0131183_1855958.jpg




で、正しい楽しみ方って、何?

まさか、「予想して」「車券を買って」「当たったら喜ぶ」が、競輪の楽しみ方だと思ってる。
それ、全然間違い。
むしろ、客にそう思わせている施工者の大間違い!
そんなだから、客が消える。


正しい楽しみ方とは、
「まずは飲む」
「適当に車券を買う」
「レース直前まで飲む」
レース中は「叫ぶ」
レース後は「どなる」
  以上、12回くりかえす。


(以下、イシケンさん、ハトポさん、S谷さんには見せられない。)
何を叫ぶ?
何をどなる?

例えば、
「おい、○○! わざわざ群馬から応援に来たぞ!勝てよ。」
と群馬の選手に「応援する」。

そして、もしも、彼がラインから千切れようものなら、
「てめぇ、もう群馬に帰れ!」
と、さらに「熱い応援」を送る。

ただし例外的に、6番車には怒鳴らない。
6番車には何を言ってもダメ、ってことは私自身の経験で痛感している。
(→取手ケイリンの6番車へリンク



この日、一番叫んだのは、
どのレースか忘れたけど、
大本命のライン( 9神奈川-1千葉 )が、ジャンで離れて、なおかつ1が9の内をすくって、4コーナーでは9の捲りを1がブロックする展開。

これで叫ばない奴はいない。
9-1を3000円しか買ってない俺でも、ちょっと遠慮がちに「熱い声援」を送った。

もちろん、1番の選手に向かって、

 『 何やってんだよ、てめぇは! もう帰れ! 』



………


という楽しみ方もあるけれど、、、
他には、、

ご一緒した輪友会の女性お二人は、、
ほとんど車券を買わずに、ニコニコと眺めているだけ。
唯一買った車券は、常日頃応援するオッカケ的選手の100円車券。的中したけど8倍くらい?


たしかに、この日の、私とrosuket師匠の損失(2福沢以上)を考えると、これが、本当に、
「 正しい競輪の楽しみ方 」かもしれない。まじで。(涙)


………


他には、こんな楽しみ方もあるらしいです。
f0131183_1891170.jpg

ちなみに、このホテルからはニワトリの鳴き声も聞こえます。
なに、ここ?


………


8時半の最終レースが終わって帰宅。
11時には自宅に到着。楽しい夜でした。
でも前橋で飲めるようにしてくれれば、松戸まで行かなくて済むのに。
[PR]

by akogarehotel | 2016-06-20 18:09 | 競輪ブログ | Comments(0)  

赤城山オートキャンプ場 平成28年5月7日(土)、8日(日)

赤城山オートキャンプ場 平成28年5月7日(土)、8日(日)


今シーズン3回目のキャンプは、前回から中1日の配分。
…斡旋がつまっていて、ちょっと疲れがたまってます、、、

f0131183_1881042.jpg

子供の幼稚園時代の友達を含めた3家族11人で。
みねさんのお子様も同じ幼稚園、といっても遠すぎる昔のことですね。
f0131183_1884333.jpg


………


7日(土)
僕以外の10人は、午前中に出発。
まともな仕事大好き人間の私は、仕事が終わってからの昼過ぎに単独行動。


午後3時、仕事と昼食を終えて、自転車「ママチャリ」で出発。
赤城山オートキャンプ場は、赤城山の裾野、三夜沢の赤城神社のすぐ近くにある。標高は500m。自宅からは25km弱の距離。予定所要時間は1時間半。

ロードバイクでもいいのだけれど、あえてママチャリクロスで出発。(理由は後述。)


まずは、いつもの天使へ。
ようちえん坂(5%で2km)と、天使(6%で2km)を上って、天使ゴールのセブンイレブンで休憩。前橋市街地の気温が30℃を越えていたけど、山に来ると小雨。ちょうどいいシャワー。

天使からは国道353号をひたすら東へ。上ったり下がったり。
天使から約5km走ると、三夜沢の交差点に着くが、その直前に、、、
f0131183_1873626.jpg

「大崎釣堀」
網野さんちです。赤城山に近いとは聞いていたけど、こんな目立つ場所とは思わなかった。(7月に寄らせてもらいます。)


三夜沢の交差点は左折。
曲がったとたんに「坂」が始まる。
ここが有名な「赤城旧道」。
(説明は下段へ)

f0131183_1871810.jpg

8%前後の坂を1.5kmほど上ると、赤城神社。
この周辺は舗装がよいので、選手の方々がタイヤを引くこともあるらしい。
f0131183_1865547.jpg

右に曲がると、約500mでキャンプ場に到着。
f0131183_1863333.jpg



自転車でキャンプ場に行くってのは、楽しいことです。


f0131183_1861712.jpg



この日は、夕方から、そこそこの強風。
赤城界隈にとっては、日常的な風速だけども、キャンプには不具合。
紙コップが飛ばされて、ワインがこぼれちゃうし、
缶ビールが転がって、中身がこぼれるし、

タープを留めるロープが切れて、金属のペグが飛んでいくし。
といっても、赤城にとっては、あくまでも日常茶飯事、、、

あまりキャンプに適した場所ではないんじゃないの?
(詳しくは後述)


しかし、テントの中に入りさえすれば、風も寒さも関係ないので、子供たちは楽しんでいる。それでOK。


………


8日(日)

朝、たくさんの車と、少しの自転車が、赤城旧道を登っていく。
うらやましいな。
この日は、前橋市長さんも上っていったという。またニアミスですね。

子連れの我々は、グリーンフラワー牧場へ。
近くには、フラワーパークとか、グリーン牧場とか、紛らわしすぎ。
子供たちは、午前中いっぱい、牧場を走り回り、昼食を食べて帰宅。


もちろん、僕は自転車で帰宅。
市街地までは坂道を下るだけだから(当然のように?)自動車よりも早く家に着いた。



練習不足の連休がやっと終わった。



★★★


f0131183_18344964.jpg

赤:赤城県道
ピンク:赤城旧道


赤城旧道
 三夜沢-赤城小沼

 距離15kmくらい?標高差800mくらい?
 中盤以降は勾配10%が、7,8kmつづく。

赤城山ヒルクライムのコースは県道4号。いわゆる「赤城県道」。
そちらの本道に比べて、明らかにスペックアップ。
序盤から急勾配がつづき、キャンプ場の先に長い下りもあるので、そのしわよせがやってくる。中盤以降は勾配10%のカーブが延々と続き、着地してしまったら、(クリートをはめて)再スタートはむずかしい。
センターラインのない一本道。車のすれ違いには神経を使う。舗装もあまりよくないので、下りはむしろ不快。

そんな道へ、なぜ上る。それは「上級者用コース」だから。
上級者の自覚がある人しか上って行かない。
あるいは、コースを全く知らない人。


………


じゃぁ、俺?
「別の理由」があるので、走ることはないと思う。

チェルノブイリにサイクリングには行きたくないから。

キャンプ場はギリギリ許される、というか、本当は行きたくない。諸事情により仕方なく。
とすると、ロードで行ったら、その汚れを取るのがメンドクサイ。ママチャリなら水道の水をかけて天日干しでOK。なので、ロードは温存。


ま、かなり偏った個人的な意見ということで。
でも、お勧めではないのでヒルクライムコースガイドには載せていない。


しかし、そんな情報を知らずに、3年前に途中まで上ってしまった。
そのときは、日没で引き返したのだが、その日記↓
平成25年8月の記事
当時の私には、スタート地点(三夜沢交差点)に着いた時点で、すでに疲労感満載でした。成長したな、俺。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-09 18:08 | あちこち旅行記 | Comments(0)