タグ:旅行記 ( 269 ) タグの人気記事

 

英検のち富士山  平成27年10月11日(日)

英検のち富士山  平成27年10月11日(日)



f0131183_12415990.jpg

忙しかったので、まとめて更新。
「その1」は、他人には全く面白くはないだろう子供日記。


まず日曜日。
今年の夏から通っている英語塾「Mなんとか学院」の方針で、英検4級を受けることになった。
シンジラレナーーイ。
f0131183_12421983.jpg

「This is a pen.」すら訳せないし、曜日を英語で言えないし、
「前置詞」って何?とか言うし、

塾の営利目的がミエミエ。
しかも、塾の宿題が、
『この単語(60個)を3日後までに覚えてきなさい』
とか。。。
こんなむだな勉強してたら英語を嫌いになるから、むしろ塾なんかいかないほうがいいのだが、、前橋には選択肢がないから。


英語ってものは、「公文」のような「軍隊方針」でいい。
ひたすら同じ練習を繰り返して、体にたたきこめばいい。
ただし、繰り返すのは「文章」。バラの単語ではダメ。文章の音読を呪文のように、ひたすら繰り返せば、自然に話せるようになるよ。


時間があれば、僕自身が教えたいけど、本職の仕事があるし。。


と、「将来、予備校の先生になりたい」と思っていて、大学時代に時給5000円の家庭教師をしていた私の個人的なツブヤキ。


………


そんな状態での4級受験。
親は何も期待せず、待ち時間に受験会場(共愛学園)の周辺を散歩。

なんと、徒歩数分でここ。
f0131183_12424571.jpg

受験結果より、レース結果。
顔より、太もも。


★★★


英検の後は、ご褒美的に遊園地へ。

前橋からガラガラの高速道路を通り、2時間で到着。
f0131183_12414157.jpg

富士急ハイランド

「ふじやま」「どどんぱ」などの絶叫ジェットコースターと、トーマスランドで有名。2年前にはセカイノオワリのコンサートも開催されたり、テレビ番組の「逃走中」の収録もあり、子供たちにも名の知れた遊園地。

f0131183_1243335.jpg

↑これは最近できたばかりの「鉄骨番長」というアトラクション。
これって医学的に大丈夫なの?


小学生と一緒なので、絶叫系は遠慮。
子供でも楽しめる乗り物で1日半を過ごした。
f0131183_12432691.jpg

小さなジェットコースターや、バイキング、空中自転車などで遊び、あっという間に時間が過ぎる。
トーマスランドには立体迷路が新設されてる。
f0131183_12434521.jpg



帰りは中央道の大渋滞で、たっぷり4時間以上かかったけど、楽しかったので満足。
八ヶ岳、沖縄、北海道を追い越して、子供たちの「また行きたい場所リスト」の筆頭に上がりましたね。


最後は、「絶望要塞2」というアトラクションの記念写真。
f0131183_12442250.jpg

大笑いしたくなる写真だけど、大人でもハマるアトラクションです。リピーター多数。

(ちなみに、富士急ハイランドから、激坂で有名なあざみラインまでは自転車で30分弱の距離です。)
[PR]

by akogarehotel | 2015-10-15 12:44 | 子育てられ | Comments(0)  

無印良品・津南キャンプ場 平成27年9月20日(日)

無印良品・津南キャンプ場 平成27年9月20日(日)



連休前後が忙しすぎて、ふたつまとめてのアップ。



ひとつめは、今年6回目のキャンプ。
あの無印良品がキャンプ場なんぞを営業している。
f0131183_1302889.jpg


f0131183_1304766.jpg

1区画がとても広い。
隣との境界に草木が生えていて壁になっている。
釣り、レンタルMTBや、イベントがたくさん。

などの理由で、それなりの人気のようだ。



けど、「津南」て、どこにあるか知ってる?
(もちろん、鉄道路線マニアの私は知っていますが、)
長野と新潟の県境。JR飯山線の沿線。
津南から県境を越えて長野側に入ると、栄村。東日本大震災の数日後に起きた「栄村大震災」のあった栄村。

前橋からは、関越道で塩沢石打インターへ。石打から一般道を1時間弱で津南の町並み。そこからさらに、車がすれ違うのも大変な崖っぷちの山道を7kmほど登ったところ、山伏山の麓にキャンプ場がある。
f0131183_1313616.jpg


f0131183_1311886.jpg

↑キャンプ場から見下ろす津南の町。

前橋から2時間半。
こんな不便なところに、連休とはいえよくもこれだけ集まるものだ。
関東ナンバー、北陸ナンバーなどの車で、当然の満室(満サイト)。


………


連休の日曜日。
渋滞を想定して早めに家を出たら、肩透かし。
昼前に着いてしまった。
(関越道の渋滞はどれだけひどくても渋川まで。なぜ、みんな伊香保に行きたがるのでしょうか。)


………


昼食や遊びは、近くの「グリーンピア津南」でも可能。
自炊に疲れたので、昼食は3回ともお世話になった。
f0131183_1315775.jpg

↑どこに行っても釣堀がある。
f0131183_1322036.jpg

↑充実したアスレチックが無料。子供は遊びきれないが、ちょっと危ないものもある。



f0131183_1323742.jpg

↑こちらはキャンプ場の釣り池。
ルアーとフライ専用。
その道の人たちには有名な場所だそうで、釣りだけを目的として来て、キャンプをしないで帰る人もいるという。理解不能。
うちの子供も、友人からルアーを借りて初挑戦。そして惨敗。



昼間は半袖Tシャツで過ごすキャンプ場。
しかし、山伏山の標高は900m。
夜になると、気温10℃。それ相応の装備がないと、ブルブル震えながら朝を待つことになる。


………


キャンプは2泊3日。
さすがに練習は不可能。MTBをレンタルして施設内を数分間サイクリングして終了。
[PR]

by akogarehotel | 2015-09-24 13:02 | 子育てられ | Comments(0)  

渋峠 のち 仙台?! 平成27年8月11日(火)

渋峠 のち 仙台?! 平成27年8月11日(火)


f0131183_19131361.jpg

念願の渋峠自走。
自宅から志賀高原の渋峠まで自転車で行った。
f0131183_19133311.jpg

しかし、その夜、なぜか、、、仙台?
f0131183_19135153.jpg


………


f0131183_1912538.jpg

2年前にロードバイクを買ったときにたてた目標のひとつが『自走渋峠』。
去年、チャレンジしようと思ったが、火山警告で中止。かわりに自走八ヶ岳で我慢した。
今年こそ!
(去年の自走八ヶ岳へリンク


AM03:30 自宅(前橋) 【標高100m】
AM05:30 横川「釜飯 おぎのや」
AM06:30 軽井沢
AM07:30 北軽井沢 【標高1500m】
AM08:30 長野原 【標高700m】
AM09:30 草津温泉
AM12:30 渋峠! 【標高2170m】

走行距離 120km(片道)
単純標高差(上記の引き算) 2870m


………

前日の仕事が押したため、夜10時に就寝。
早起きにも限界あり、3時に起きて、3時半に出発。
もちろん、月夜。
f0131183_1919781.jpg

真っ暗な一般道を安中、松井田方面へ。
国道18号は、トラックが多くて、全然楽しくない。
f0131183_19192443.jpg

妙義山が見える頃、夜が明け始めた。
f0131183_19194248.jpg

5時半。横川の「チェックポイント」で休憩。
f0131183_192014.jpg

横川といえば鉄道ぶんか村。子供が幼稚園のころは数え切れないほど遊びに来た。


横川からは碓氷峠旧道へ。
本当は、諸事情により碓氷バイパスを通りたかったが、あれほどのトラックを見てしまっては、それは無理。
f0131183_19202543.jpg

旧道は舗装が完璧に修復。とても走りやすい。勾配も緩やかなので、まずは軽い準備運動がわり。

6時過ぎ、まだ静かな軽井沢を通過。
目の前に見えるのは浅間山。あの山の向こうが、次の目的地の北軽井沢。
f0131183_19204227.jpg


↓いまや軽井沢といえば、旧軽でもアウトレットでもなく、星のやのハルニレテラス。
f0131183_19205829.jpg

まだ開店前。数時間後には新宿駅みたいな人口密度になる。


中軽井沢から北軽井沢への峠道。名前はない。
常に浅間山を正面に見ながら走る。
f0131183_19213775.jpg

そんな峠道の勾配は、、、
f0131183_1930866.jpg

目をつぶれ!



7時30分。
北軽井沢に到着。
f0131183_19302718.jpg

ランドマークがコンビニってところが、北軽井沢の悲しいところ。
周辺にはおもちゃ王国とか、鬼押し出し園というのもありますが、、そこへ行く道が自転車では通行禁止。。。


ここからは下り坂。
交通量も軽井沢とは別次元の少なさ。快適に滑り降りる。
f0131183_19294960.jpg

北軽井沢からはついに白根山が見える。
f0131183_19215934.jpg

あのてっぺんがゴール。
その前に、眼下の盆地へ降りなければいけない。。。。。


………


8時半。
草津温泉の玄関口、長野原に到着。北軽井沢からは下りきり。
ここからは白根山(渋峠)まで上り坂オンリー。

長野原から草津温泉までは約10km。
序盤は5%前後の、まぁまぁ許せる坂道。
後半に10%が2kmつづく。

そして、そろそろ、暑い。。。。

背中のリュックが重たい。
汗で重たくなってる!
リュックの中まで汗がしみこみ、中のタオルが完全にぬれている。もちろん重たい。リュックそのものも汗を吸い込んで重たい。


ここまでの走行距離と、暑さと、リュックの重さと、お尻の痛さで、
もしかして限界?
時速10km前後で、やっとのこと10%区間をクリア。やっと、やっと草津温泉に到着。
f0131183_19222090.jpg

9時半、草津に到着。


………


これ以上、この重たいリュックを背負って走るわけにはいかない。
ウインドブレーカーとパンク修理セットをコロトンジャージの背中ポケットに押し込む。
それ以外は、持って行かない。
リュックと一緒に、草津温泉バスターミナルのロッカーへ。


背中が軽くなったら、気分も軽い。
お盆で混雑する自動車連中を横目に、渋峠へ向かってスタート。ここからは「ツールド草津」と同じコース。
f0131183_19304950.jpg

「殺生」(ロープウェイ乗り場周辺の地名、正確には殺生が原)を越えると、あちこちに絶景が広がる。
f0131183_19311625.jpg

↑ファイナルファンタジーに似たような景色が出てきた。
f0131183_1934543.jpg

「ガス」が出てきやすいのも、この地域の特徴。むしろ晴れ渡ることのほうが珍しい。
f0131183_19341920.jpg


草津温泉から、途中2ヶ所で休憩しながら、やっとやっと、ついについに、ゴール。
渋峠(志賀高原スキー場)
f0131183_19313317.jpg

国道最高標高地点、という標識よりも、この景色(スキー場)のほうが好きですね。だって、志賀高原(横手山)にしろ、草津万座にしろ、何十回とスキーに来た場所ですから。
初めてリフトに乗ったのも草津スキー場。懐かしい。


………


適度に休憩して下山。
先週よりも交通量が多いので、ちょっと苦労した。

草津温泉まで降りてきて、昼食。
その後、電車まで時間の余裕があったので、せっかくなので温泉に。
f0131183_19315456.jpg

バスターミナルから徒歩5分の入浴施設。タオルつきで900円。

温泉で一息ついたら、もう走りたくなくなった…
もう今日はがんばりすぎた。

という気持ちを奮い立たせて、最後の走り。
草津温泉から長野原まで、1kmののぼりと、9kmの下り。
せっかくお風呂に入ったのに、また汗をかいちゃったよ。
f0131183_19321326.jpg

長野原駅で自転車を収納したら、宴会スタート。

本日の走行距離 150km
ほめてください。。。。


★★★


15時42分 長野原発 特急「くさつ」

  ビールも飲んで、ゆったりと満足感に浸っていたら、、、電話だ。
  携帯電話が鳴った。シバタくん(本名)からだ。


 『大事件です。すぐに仙台に来てください。お金をたくさん持って!』

サトウくん(本名)とシバタくんが口を揃えて言う。
これは大事件だ。

16時40分 特急「くさつ」が新前橋駅に到着。
 すぐに仙台往復の切符を手配し、
 自転車を駅近くの職場に保管し、お金を(たくさん)調達し、
 予備の練習着に着替えて、、
てことで、自宅には帰らずに、

17時30分 新前橋駅から再び電車に。
 新幹線を乗りついで、仙台へ向かう。

午後7時50分 杜の都 仙台へ
f0131183_19135153.jpg

 大都会だな、仙台って。


………


大事件というのは、
大学の水泳部が、

東日本医科学生総合体育大会(水泳部門)で男女とも総合優勝


歴史上、男女そろって総合優勝した大学はひとつもない、僕たちの大学をのぞいては。これは大事件だ。
ついでに前述のサトウくんは、この日のために、わざわざ大阪から来た。
おまけに水泳部顧問のワダ先生(本名)は僕の大学時代の同期だ。
さらに、水泳部は、毎年、わざわざ前橋まで来て合宿をしている。


これは仙台まで行かなきゃいけないだろ、ふつう。
しかも、

朝2時まで宴会だろ、ふつう。
f0131183_1914119.jpg



………


翌朝、というか宴会終了の4時間後。
朝6時、始発の新幹線で前橋へ帰宅。水曜日は仕事だろ、ふつう。


え、俺の仕事が心配?

いやいやいや、前述同期のワダ大先生も、2時まで飲んで6時の始発で一緒に帰って、都内某所で、

『 今日の仕事は胃カメラなんだよね。10件くらいかな。 』
[PR]

by akogarehotel | 2015-08-13 19:22 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

WCCF 第二回ツキノ杯 平成27年8月8日(土)

WCCF 第二回ツキノ杯 平成27年8月8日(土)


「32人も集まりっこないから、規模を縮小したほうがいいんじゃない?」

と言いたいところを我慢していたのだが、、、

なんと定員が埋まったという。
参加していただいた皆様には、ツキノさんに代わってお礼申し上げます。


………


全白。
総合パラ1300まで。


楽しそうな「縛り」です。私自身も参加したかったのですが、土曜日なので無理。二次会から合流しました。


優勝は、ホークスさんの「トリノ縛り」。
パラ1300まで可能なのに、100近く余っているとか。
「異常」ですね。アスタは許すけど、ガランテなんて全然使えない選手だろうし。。。
おめでとうございます。
(間違っていたらごめんなさい。二次会での情報なので、うろ覚えで…)


目を引いたチームは、なんといっても図臼さんの「Ex縛り」。
超高額カードばかり。でも連携が悪い。
わざわざ、お金を出して不便を買うという、これまた意味不明なラッスンゴレライ。
白ベッカムとか、白カカとか、初めて実物を拝見しました。

f0131183_28220.jpg


………



そんな土曜日の午後2時。
仕事が終わってから、新幹線を乗り継いで大阪へ。

夕方6時。淀川花火大会のためにごった返している梅田に到着。
いつものように、地下道で迷子になりながら、6時半、二次会の会場へ。


『ロードバイクを買おうかと思っているんです』

二次会でかけられた最初の一言。
ビックリしました。しかも、その人が、あの「ぬくぬくさん」。

★「ロードバイク購入のご注意」については、記事の最後に、詳しく記載いたします。



二次会。
私自身は、ツキノさんと図臼さん以外は、もちろん初対面。
でも、趣味が共通の「オフ会」。信長と同様に、あっという間に時間が過ぎていく。

↓ツキノ杯の副賞として提供した商品。
f0131183_211816.jpg

高いものもあれば、安いものもあります。
Tシャツの質に関しては「当たりはずれ」があるので、当選された方の苦情は受け付けません。
未開封Exカードには何が入っているのか、私自身も知りません。

呑み足りなくはないけれど、話したりない状態で、二次会が終了。
特に、名刺をいただいたSさん(本名は聞いたけど、HNは知らない)とバディファイトの話をもっとしたかったです。


三次会。
Raiさん(酔っ払いながら口頭で聞いたHNなので、間違っている可能性のほうが高い)のご案内で、なんだか目茶苦茶雰囲気のいいバーへ。キューバリバー(コーラのカクテル)と、アイスクリームと、から揚げがあったので、個人的には完璧と言っていい店。
6人で行ったけど、、、優勝したホークスさん、クリウスさん、Novさん、Raiさん、ツキノさん、と私?(これも、かなーーーり、間違い濃厚でごめんなさい。)
富岡とか、福井とか、神戸とか、ローカルな話題で盛り上がり、ここもあっという間の2時間でした。


4次会。
f0131183_2234471.jpg

セガに戻って、WCCF対戦。
f0131183_2232632.jpg

ツキノさんの全白をあっさりと蹴散らして、気持ちよく終了。


5次回。
当然のラーメン。

梅田駅前のホテルに帰着したのは、1時ごろだったのでしょうか?
真夜中の路上で、「楽しかった」を連呼しているツキノさんが印象的でした。



ホテルから朝の景色。
f0131183_2162827.jpg

いまだに寝ぼけながら、朝食の最中も「楽しかったー」とツキノさん。
まるで子供のようだね。


朝8時半、大阪駅でツキノさんと別れましたが、

私のプレゼントしたロビーニョのTシャツをちゃんと持って帰っているかどうか、非常に心配です。


★★★


2次会の開始直前、やけに落ち着いて「オーラ」のある人から話しかけられた。

『ロードバイクを買いたいと思っている』と。

それが「ぬくぬくさん」と知って、妙に納得。
思いっきり「場慣れ」というか「余裕」を感じました。


で、ロードバイクを買おうと思っている人の背中を、あと一押しするために、

どんなものを買うかよりも、まずはこの3つが大事です。

1)買う店を選ぶ
2)保管場所を考える
3)走る時間を工面する

購入後、いろいろとわからないことが必ず発生します。例えばパンクの対応法や、ディレイラー(ギア)の調整など。それらを気軽に質問できて助けてくれるお店が絶対に必要になります。もちろん、自宅から近いほうが便利です。

自転車は屋根の下に保管することが原則です。もちろん、室内が理想的。たとえば玄関ホールなど。僕自身は職場の「検査室」です。走り終わった後は、毎回タイヤを水拭きして保管しています。

最低でも1週間に2回(30分以上)は走りたい。そうしないと、「たまに走ったときに」すぐに疲れてつまらなくなるから。最低限の練習があるからこそ、自転車が楽しくなります。
また、いわゆる「サイクリングロード」は実はロードバイクには危険であるために、基本的には一般道を走ることをおススメします。一般道が空いている早朝に走りたいです。


あとは補足的に、

4)なるべく早期にビンディングペダルを実装
5)乗り始めてから、だんだんとお金をかけていけばいい

ペダルは踏むだけでは楽しくありません。ビンディングで「引き足」を使うと全く別の乗り物になります。ビンディングは意外と簡単に慣れます。

コンポ(変速ギアやブレーキなどの総称)は、個人的には「なんでもいい」と思っています。もしもレースタイムを追及するなら、まずはタイヤ(ホイール)にお金をかけるべきかと。
と言いながら、私のロードバイクは超贅沢なコンポが着いていますが、、。
いずれにしろ、乗っていくうちに徐々に買い替えていけばいいです。

フレームのメーカーを優先したいという気持ちもわかりますが、
付き合いの深いお店で扱っていないなら、、、、考えてみてください。


ちなみに、私は、

”世話になっている店から勧められたので何も考えずに”

トンプソンというメーカーのバイクに乗っています。



何か質問があれば、ここに書き込んでいただければ、超絶速攻スピード覚醒でお答えさせていただきます。


また、もしも、実際に購入されて、その後、そこそこ乗り込んでいらっしゃるようでしたら、
(アーセナルのユニフォームを着て)そちらまで伺いますので、一緒に走りましょう。



………


日曜日。
朝10時に妻の実家(神戸)に到着。
その後、海水浴へ。
f0131183_2505061.jpg

林崎海水浴場。
ここに来るのは人生2度目。そんな群馬県民も珍しいだろうな。

暑いけれど、群馬よりは「涼しく」感じる。避暑地か??

浮き輪で遊ぶ子供の横で、トライアスロンを想定して練習。
波乗り気分でちょっと楽しい。
海で競泳をするのも、そんには難しくないのかも。


夜7時に神戸を出発。
24時に高崎到着。
あーーーー、眠い。
[PR]

by akogarehotel | 2015-08-10 03:04 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(9)  

3人で、ツールド草津 平成27年8月4日(火)

3人で、ツールド草津 平成27年8月4日(火)



人はなぜ自転車に乗るのか…

がんばったことを誰かに伝えたいから?
走ることによって、何かがかわるかもと期待して?


…何を言ってんの!

そんなの 「おいしいお酒が呑みたいから」 に決まってるでしょ!
f0131183_13381236.jpg

f0131183_13392536.jpg


………


f0131183_13373172.jpg

こんな暑い前橋、というか日本列島に住んでいて、
『おいしいお酒が飲みたくなったので』お友達をお誘いして、ちょっとそこまで行ってきました。

はるかなさん、rosuket師匠、ありがとうございます。



(往路)
AM6:25 新前橋駅 発
AM7:36 長野原草津口 着
AM7:41 JRバス 長野原草津口 発
AM8:10 JRバス 草津温泉ターミナル 着

(復路)
PM2:45 JRバス 草津温泉ターミナル 発
PM3:15 JRバス 長野原草津口 着
PM3:42 特急くさつ 長野原草津口 発
PM4:40 特急くさつ 新前橋駅 着


新前橋駅から始発の電車に乗って草津へ。暑くなる前に走りたいので早朝の出発です。
長野原駅からはバスで草津温泉まで。
f0131183_1340531.jpg

自転車はバス床下のトランクルームに積み込まれます。横に置かないと入りません。スペースの都合で5台くらいが精一杯です。今回は女性が一緒だったので、バスを利用しましたが、常識的には「自走しろ!」かも。


★長野原草津口駅~草津温泉
距離約10km。標高差500m弱。後半に10%区間が2km弱。
準備運動としてはちょうどいいスペックなのですが、、、、
 交通量が多く、路肩が狭い。
あまり楽しいコースではありません。


★草津温泉(草津国際スキー場・いわゆる天狗山)~殺生~白根山
(コースガイドへリンク)
 
天狗山-殺生(ロープウェイ乗り場)
距離5km。勾配は6%前後で、ところどころ10%。路面良好。爽快な林の中。

 殺生-白根山(ロープウェイ山頂駅)
距離9km。勾配は8%前後で、ところどころ10%。路面良好で絶景の連続。
近道をしたいならロープウェイに乗車可能。殺生から白根まで、自転車を分解せずにそのまま乗れます。
f0131183_13403498.jpg


H27、8、4現在、火山情報。
火口付近1kmのみ立入禁止。朝9時から夕方5時までなら道路は通行可能。
白根山ロープウェイは運行中。
残念ながらあのコバルトブルーの火口「湯釜」を見ることはできませんが、自転車バカには何も問題はありません。
f0131183_1343328.jpg

この日は、平日ながら夏休み。そこそこの交通量でした。
バイクや自転車も多数、お見かけします。
f0131183_1345050.jpg



★白根山-渋峠
距離約6km、登ったり下ったり。標高差200mくらい。
途中、万座スキー場近くに激坂があり、上りきったら絶景が広がります。
f0131183_1343396.jpg


★気温
f0131183_1345504.jpg

前橋が35℃。渋峠が22℃。
暑がりな私は、渋峠にいるときはTシャツと半ズボン。下るときに長袖ジャージ1枚を追加。
f0131183_13452366.jpg



★★★


親戚が草津温泉でホテルをやっていることもあり、僕は小学校の頃から毎年、草津で年越しを迎えてました。小学校低学年の頃は草津スキー場で遊び、高学年からは万座スキー場で年に2、3回の「合宿」。GWになると草津も万座も雪がなくなるので、万座に宿泊して、バスで渋峠スキー場まで行ってスキー。
大学時代は「私をスキーに連れてって」。志賀高原には大学の「授業」を含めて10回以上。

なので、この辺りは「庭」感覚です。

渋峠から万座までの道路(帰路)は、山スキーのツアーコースでもある。遭難の名所。三上博史が原田知世を追いかけて滑ったコース。
白根山頂から草津温泉までもスキーコースがありますが、こちらは安全。むしろ初心者向け。小学校の頃に何度も滑った。全長10kmくらい?

殺生から万座三差路までの道路は冬季閉鎖。毎年、通行止めが解除される日にツールド草津が開催されていたのですが、、、噴火可能性のため再開未定。
(万座は、三叉路ではなく「三差路」。最初の誰かが漢字を間違えたんだと思う、絶対に。)


あとは写真集。↓

なんとマンUユニのはるかなさん。
f0131183_134054100.jpg


いつもと同じrosuket師匠。
f0131183_13422476.jpg


師匠、遅いっすよ。
f0131183_13472187.jpg


f0131183_13461721.jpg




あとは、まるでウォーリーを探せ。
f0131183_13465317.jpg

f0131183_13475291.jpg

f0131183_1348750.jpg

f0131183_13481938.jpg

f0131183_13483193.jpg

f0131183_13484991.jpg

f0131183_1349562.jpg

f0131183_13492471.jpg

f0131183_13493948.jpg

[PR]

by akogarehotel | 2015-08-05 13:49 | 本気のサイクリング | Comments(6)  

八ヶ岳「小旅行」 平成27年7月25日(土)~

八ヶ岳「小旅行」 平成27年7月25日(土)~



f0131183_1351573.jpg

仕事を休んで3日間の夏休み。
恒例となりつつある八ヶ岳へ。(去年へリンク

前半はキャンプ場へ宿泊。
今年4回目となるキャンプは、ウッドペッカーキャンプ場。
f0131183_1353251.jpg

清里湖(大門ダム)の近くにある「トイレがもっともきれい」で有名なキャンプ場。1日に5回もトイレ掃除をしている。間違いなく僕の自宅よりもきれいだ。



土曜日。
家族は午前中のうちに出発。
僕は午後2時、仕事が終わってから、電車を乗り継いで、JR清里駅まで。
清里駅からは、レンタルMTB。
1日1500円(安い)。しかし、フロント3枚、リア7枚なのに、フロントディレイラーが動かない。2枚目で固定されたまま。。。タイヤの空気圧もあやしい。明らかに整備不良。だけど、お店の人は優しいし、、、
「お客が少ないから、あまり整備する余裕がない」という清里全体の経済事情のようです。

駅からキャンプ場までは、8%から9%の下り坂。距離は9km。
15分でキャンプ場に到着。
帰り道が心配だね。
f0131183_1355355.jpg



………


翌日は、家族で「登山」?「ハイキング」?「山歩き」?

『自転車でならアルプスも登るが、歩くのは50mだってイヤだ』

有名マンガのセリフですが、正にその通り。
そんな私でも気軽に登れる「飯盛山(めしもりやま)」へ。
清里駅から標高差500m、所要時間2時間の初心者コース。道中、幼稚園の団体ともすれ違った。大人なら文句を言わずに登りなさいということです。
f0131183_138097.jpg


f0131183_1383126.jpg

f0131183_1374094.jpg

噂の”甘食”のような山が飯盛山。
山頂からは富士山も見えます。(写真中央左に雲がかかった山が富士山。)
f0131183_1363017.jpg

f0131183_1365145.jpg

山頂でカップラーメンを食べる、のが「ツウ」らしい。
わざわざ重たい水を運んで、ガスバーナーでお湯を沸かして。
f0131183_1371758.jpg



………


翌日は宿泊地を移動。
家族は自動車で、僕は自転車を駅へ返却しつつ…

来るときには爽快に下った坂道を、今日は登る。8%で9km弱。天使4本ぶんか。
f0131183_139198.jpg

オンボロMTBのクランクが何度もはずれそうになりながら、気温30℃の中を楽しくサイクリング。。。。
駅について、汗ビッショリ。水分と糖分補給はこれ。
f0131183_1393374.jpg

桃がまるごと1個入っていて、600円!

清里駅からはJR小海線に乗って、3駅。小淵沢駅へ。
f0131183_1395526.jpg

乗り鉄コメント:
「ご存知のように」小海線(小諸~佐久平~小淵沢)は国内最高標高を走る電車として有名。また、日本で最初にハイブリッド式車両を導入したのも小海線。「プリウス」よりも、ずっとずっと昔から、ハイブリッド車両が走ってたんですね。
清里駅は標高第二位の駅。最高標高駅はお隣の野辺山駅。野辺山には「SLランド」もあり、電車が好きなくせに自転車のほうが大好きなローディさんたちが多数、押しかけてます。


小淵沢駅からはタクシーでリゾナーレ八ヶ岳へ。
僕がホテルに着くと、すでに子供たちが粘土細工に熱中してた。


………


f0131183_1310257.jpg

「星野リゾート」という会社の発端は、ちょうど10年前にオープンした軽井沢の「星野温泉」。

中軽井沢から北軽井沢へ抜ける道沿いにある有名な「ハルニレテラス」周辺を再開発し、もはや本家の軽井沢駅周辺以上の人気エリアに発展させてしまった会社です。

その星野リゾートが、全国各地の「バブル以降につぶれたホテル」を買い取って「高級リゾート」として再生させています。
北海道のトマムや、箱根の「界」も星野リゾート。伊豆半島だけでも星野グループの施設が4ヶ所もあります。
リゾナーレ八ヶ岳も、昔は「なんちゃら小淵沢」という名前のホテルだったところです。今では予約困難で有名なホテルとなってしまった。そりゃ「小淵沢」よりも「八ヶ岳」だよね。

星野リゾートがあれば、小金を持った人間が集まります。おかげで地域全体が活性化します。小淵沢界隈は、清里駅周辺に比べて、明らかに活気がありますね。
(ちなみに、集まる小金持ちの中には、、、、今回、妻が「倍返しだ!」のご夫婦をホテル内で見かけたそうです。へぇー。僕なら、顔を見ても名前が出てこない自信があります。)



………


ここでもMTBレンタル。
f0131183_13115654.jpg

専門家に外注していて、さすがに整備は万全。「スペシャライズド」なので、軽くてビックリ。タイヤ以外は、ロード並ですね。こんなの初めて見た。
値段は、1日5000円しますが。


そんなMTBで「子供が粘土細工に夢中になっている間に」麦草くらいを目論んでいたのだが、、、、
自分が風邪をひいて、、、、
せっかくの自転車に乗ったのは、わずかに30分程度。
妻が「タクシーよりも高い」と。ごもっとも。



という、あっという間の夏休み。
帰り道は自動車で「いつもの」佐久甲州街道。もはや、このあたりは勝手知ったる我が道。少なくともコンビニの位置はほぼ完璧に把握しちゃったね。
[PR]

by akogarehotel | 2015-07-30 13:12 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

SEKAINOOWARI twilight city 平成27年7月19日(日)

SEKAINOOWARI twilight city 平成27年7月19日(日)

f0131183_1241097.jpg


f0131183_1221380.jpg

いわゆるセカオワに行ってきました。
(サッカー場に入るのはこれが人生初。デカいな、日産スタジアム。)


2日間で14万人を熱中させる彼らですが、ほんの数年前までは羽田空港近くのライブハウスでほそぼそと歌っていただけです。

7,8年前に「眠り姫」をリリースして、それをあの小林克也が大絶賛。
小林克也といえば、私たち世代にとっては神様です。
それ以来、僕もファンになっています。
f0131183_1222521.jpg

クレヨンしんちゃんの主題歌「RPG」で、お子様たちに人気となり、そのお父さん、お母さん世代も取り込んで、去年の紅白が初出場。
もはや、知らない人がいないくらいに成長してしまいました。

そのかわりにコンサートのチケットが入手困難になってしまいましたが、、、

「焼肉のタレごはん」で生活していた彼らが、出世していくのは本当に応援したいですね。

………

彼らが、誰からも慕われる理由は、
コンサートの最後に、マイクを通さない生声で、

「ありがとうございました!」

と深々と頭を下げることでわかります。
サザンのDVDを見ても、いつも桑田佳祐は「ありがとう!またやろうね」って言ってるし。

f0131183_1235856.jpg

f0131183_1224689.jpg

f0131183_1225925.jpg

f0131183_123746.jpg

f0131183_1231631.jpg

f0131183_1232770.jpg

f0131183_1233495.jpg

f0131183_1235061.jpg



…たとえば、代表曲のひとつ「不死鳥」はテンポ112。
これを心の中で歌いながら、ペダルを回すとケイデンス112。
3.33で時速42㎞くらいが維持できます。





★コンサートは5時半開演。しかし、5時半から1時間だけ、よくわかんない外人ラップグループが歌って踊ってました。事務所の都合でしょうが、観客のほとんどは冷たい視線。
しかも何度も「TOKIO!」と言って、盛り上げようとしていたけど、、、、

ここはYOKOHAMA!
東京じゃないの!
[PR]

by akogarehotel | 2015-07-21 12:05 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

取手ケイリン  平成27年6月21日(日)

取手ケイリン  平成27年6月21日(日)


正確には、茨城県民自転車競技大会(TORIPI)というらしい。

(単なる一参加者の日記ブログです。大会結果等を知りたい方は、大会HPへどうぞ。)
(ついでに、今回は、かなり長文失礼。)

f0131183_436111.jpg

取手競輪場で開催されたアマチュアケイリンに参加してきました。

この日のために、
イシケンさんにはミッドナイト開催が終わった直後の真夜中に、僕の自転車の調整をしていただいたり、、
(それって、中央競馬の調教師さんに、日曜の開催終了後の夜中に、うちの犬の散歩を頼むようなものなんですけど、、、)

rosuket師匠には大会前日のタキザワの買い物や当日のピスト調整や、さらには取手競輪場までの運転まで、、

はるかなさんには、当日の写真係りとして、

ヒロサワさんには、、、、、お付き合いいただいて、
f0131183_436302.jpg


みなさまには本当にお世話になりました。ありがとうございました。
また、都内から「やさしい友達」が多数応援に来ていただいて、意外とうれしかったです。
いつもは私も「金網の外」なんですが、「金網の中」ってのも悪くはないですね。
f0131183_437179.jpg

ちなみに、走っている最中には「熱い声援」は少しも聞こえません。
それどころか、ジャンすら聞こえない。最周回なんて、必死で走ってるから、音のない世界なんですね。
てことは、熱い声援は、レースを走り終わったあとに叫ぶべき、ということ。



………


土曜日。
足りない部品がいくつか判明し、パパサンドのラムネサンドを食べながら、あわててタキザワへ。

日曜日。
2時半起床。
4時、師匠宅集合。
rosuket師匠がまだ寝ていたことは秘密にしといて、高速を乗り継いで、
6時、取手競輪場に到着。


ピストを組み立てたり、アップをしたり、と、あっという間に大会気分。
こんな緊張感は大学生以来かも。
f0131183_4372169.jpg

小雨予報のため、妻の自慢の「スノーピーク」のタープ。
役に立ちましたね。


大会参加者は大学生(順天堂)や、高校生(取手一高)が中心。社会人は1割程度。でも、レースは全員一緒。ヒルクライムのように年齢別などという優しい対応はない。

ふと見ると、ローラーをものすごい勢いで回している選手がいる。200回転は出ている。そんな回転数なのに固定ローラーか?と思うくらいに、上体が固定されているが、間違いなく三本ローラーだ。
現S級選手の横山さん(茨城)だそうだ。
って、そういう人が参加するレベルの大会なの?


★★★


私の最初の種目はケイリン。
大学生2人、高校生1人、社会人2人の5人。
2位までが準決勝へ。
f0131183_4373826.jpg

初ケイリンの初スタート。
初ホルダー。初原付誘導。初ライン。
学生時代の水泳のスタートくらい緊張してる。鼻血が出そう。

f0131183_4375611.jpg

転んでも他人に迷惑をかけないように、周回中は最後尾。

ケイリンは5周(2000m)。最初は先頭誘導員(今回は原付バイク)が先頭を走る。残り1周半(600m)で時速50kmまで出したところで、先頭誘導員は内側へ退避する。そこからレースの始まり。ある意味、たった600mの競走。

自宅のローラー練習(ギア3.33)では、楽に走れる速度は時速47kmが上限だったが、今日はギアを上げて3.57、しかもディスクホイール。時速50kmでもむしろ遅いと感じるくらいだ。
これって、いけるんじゃね?

誘導員が退避したあとは、さらにいっそう速度が緩んで、、
ほんとに、これって、いけるんじゃね?
最周ホームで、5番手から、かましを狙ってみた。(バカだね。)
外に出して思いっきり踏んだ。

が、当然、先頭の選手だって合わせて踏む。ラインの速度が急に上がった。
え、うそ?
2番手の選手まで並びかけるのが精一杯。そこで死んだ。終わった。
1コーナーでゲームオーバー。
外にふくれて、イエローラインを越えてしまい、「注意」までもらってしまった。。。。

これって、デビューしたばかりの若手がよくやるやつだよね。
あの脇本だって、何度もやってる(はず)。
当然、レース後に「バカ、帰れ」と熱い声援を受ける。


私の人生初レース。
彼らの気持ちが少しだけ理解できた気がする。

レースは、最後方追走から、ゴール前で社会人選手を一人抜いて4着。「負け戦」へ。


★★★


敗者復活戦。
5人のはずが、一人棄権して4人。
しかも、本来は一人通過のはずが、棄権多数のため二人通過。ラッキー?
高校生一人、社会人3人。
でもって、rosuket師匠と同乗。

師匠 『好きなように走ってください』と。

とりあえず、僕が前を主張、師匠が後、とだけ決めて、スタート。
(この逆はありえないし。)
f0131183_4381993.jpg

誰もS行かず、師匠が先頭。あれれ?ということで、私が師匠の前まで上がって、誘導員バイクの後ろへ。
(赤3番が私。黄5番が師匠。)


← 誘導員-私-rosuket師匠-高校生-社会人さん

の並び。

先ほどレースを一回経験したので、ドキドキはワクワクに変わった。
誘導バイクの後を追走しているだけでも、楽しくて仕方がない。
ジャンが近づくにつれ、誘導バイクの速度が上がっていくことが、むしろ大歓迎だ。

残り1周半。
ジャンとともに(聞こえてないけど鳴ってたはず)時速50kmの誘導バイクが退避した。
先頭に立った瞬間に風を感じるはずだが、、、、
あまり抵抗を感じない。?これって絶好調??

同じペースのまま、同じ速度のまま走り、ホームを通過。
これって、逃げ切れるんじゃない?
f0131183_439627.jpg


f0131183_439181.jpg

↑そこの3人、笑うな!

2コーナー。
絶対に来るはずの高校生の捲りには、2コーナーの下りを使って対抗したい。
なのでちょっと外に踏んだら、、、、外帯線を越えてしまった。

審判さま 『先頭を走っている選手は外帯線を越えてはいけません。競輪とは違うルールです。』(レース後に「注意」を受けました。。。)

そして、張り合うまもなく、高校生にあっさりと捲られてしまった。
が、その後をピッタリと追走できた。
そうなると4コーナーから勝負再開。
コーナー出口から外に出したら、意外と伸びる。
え?もしかして、と思ったが、、、、1/2輪届かずの2着(準決勝へ)。


師匠は、、、、3着。ごめんなさい。



★★★


準決勝。
明らかに別次元。
大学生5人と俺。ムリゲー。
大学生全員カーボンエアロ。俺だけクロモリ競輪フレーム。これは自慢。
f0131183_4394057.jpg

ちょうど、6番車だったので、自前の6番ユニフォーム。オチ狙いしかできないでしょ、この状況。
f0131183_440671.jpg

誘導が退避した瞬間に、ペース激速っ!今までと全然違う。
f0131183_4401872.jpg

最周回2コーナーで千切れて終了。


格言 「6番車に死ねといっても、むだ。車券を買った奴が悪い。」



★★★


ケイリンを3レースもやって、もう疲れたよ。でも最後に4km速度競走。


4km速度競走:
4km(10周)の間に、バックとホームを2回ずつ先頭で通過しなければいけない。その条件を満たした選手のうち、先頭でゴールした人が優勝。条件を満たしていない人どうしでは、着順のまま順位がつく。周回遅れになると失格。

全部で6人しか参加者がいない。(6位までに賞状授与)
失格しなければ表彰状!
失格さえしなければ、、、、


参加者6人の内訳は、大学生4人、高校生一人、私(47歳)。
大学生二人の年齢を足しても、俺のほうが上だろ、きっと。

このメンバーで周回遅れにならないこと、それだけ考えてのスタート。
(最内の1番車が私。本気なのでメダリストのアンダーウェア。)
f0131183_4403472.jpg


号砲直後、全員が猛ダッシュ。
ほぼ全員が最初のバックでの先頭通過を狙う。さらに次のホームも全員が狙う。
大学生レベルの1周ダッシュ。。。。
いきなり50m以上、ちぎれた。
周回遅れ濃厚。

しかし、次(2周め)のバックは各選手の作戦次第になる。
集団のスピードが落ちた。
おっ!ここぞとばかりに、一所懸命踏んだ。ここが勝負どころ。

半周の間になんとか集団に追いついた。キセキ。
このまま付いていければ、周回遅れはない、、、、が、、、、

また、集団のスピードが上がった。。。。

先頭の3人がドカンと飛び出し、離れた4番手が高校生。さらに離れて私が5番手。6番手はずるずる後退。

そのまま周回を重ねるが、4番手、5番手(私)、6番手の選手は、いわゆる「先行状態」。単独走行なので、もろに風の抵抗を受けている。
ここまでほぼ全力に近いスピードで走っているので、もうフラフラなんですけど。


って、見たら「あと6周」(2.4㎞)の掲示だし。。。
まだそんなにあるの?


しかし、前を行く4番手の高校生のスピードがやや遅い気がする。
このまま行けば追いつけそうだ。
『あと一人、追い越せ!』
と、この日、唯一の声援も聞こえてくるし、仕方ない、全力で「引いた」。

踏み足なんて使ってられない。ひたすら引き足で走った。
顔を上げるとつらいから、視線は下のまま。バンクの内帯線だけを見ながら、頭を下げて走った。汗が顔からしたたりおちるのが分かる。ヒルクライムのゴール前で最後のアタックみたいに。


残り2周で、前を行く高校生に追いついた。
やった、勝った、と思ったが、、、、

高校生がバンクの上へあがった。

「前を走れ」という意思表示だ。仕方ない、追いついてヘトヘトだけど、前に出た。一応4位の位置だが、高校生はぴったりマークで着いてくる。
そのまま半周走って、今度はこっちがバンクの上へあがる。

「そろそろ交代してよ」

半周の間、脚をためていた高校生が前に出てくれる。
が、
高校生、回復早い!

そのまま、びゅーんと行っちゃう。20mくらい離される。これでは風よけにはならない。
そして、ラスト1周。あと400m。

待て、このやろ。
3コーナーで、なんだか前に近づいた気がした。空気抵抗が軽くなった気がした。
おっ?
4コーナーで「踏んでみた」。
おっ?
高校生と体が並んだ。
おっ?そういうものなの?

と思ったが、ここからが進まない。
そういうものだね。
並んだ状態のままゴール。もちろん、高校生が「少し」だけ前。
半車身だけ。
「少し」ではなく、「大きな」半車身差。

こういうものだね、「競輪」って。

あと50mあれば差せた、と師匠に言ったら、
『みんなそう言います』と。

そういうもんだね。


ということで、4着争いに負けての5着。
しかし、周回遅れではないので一応の入賞。
f0131183_4405669.jpg



★★★


合計4回もレースができて、ほんっっっとうに疲れたけど、
それ以上に楽しかった。

いつも自分が見ていたことを、実際に体験できて、こんなうれしいことはない。

本当にrosuket師匠には感謝です。


最後は、写真集。
妊婦さんまで応援に来ていただいてありがとうございます。
f0131183_4421358.jpg


f0131183_4422141.jpg


f0131183_4423599.jpg


f0131183_4424542.jpg


f0131183_443429.jpg


f0131183_443141.jpg

[PR]

by akogarehotel | 2015-06-23 04:43 | 本気のサイクリング | Comments(7)  

熱い声援をお願いいたします。 平成27年5月23日(土)

熱い声援をお願いいたします。 平成27年5月23日(土)


悩んだ末に、エントリーした。

リンク(茨城県民総合体育大会)
f0131183_5422873.jpg


………

f0131183_12394631.jpg

哀ーーー、ふるーえる、あいーー
f0131183_12395611.jpg

f0131183_1240611.jpg




土曜日。

コシュのリクエストで決まった中野焼肉オフ。

そのコシュが「子供の運動会があるので欠席。。。」とかいう話はおいといて、


rosuket師匠に勧めていただいた「取手競輪」のケイリン(アマチュアレース)。
6月にあるので一緒に参加しましょうと言われていましたが、

さすがに、危険。
自分だけが落車するのは構わないが、他人を巻き込んでしまっては申し訳ない。
特に、ゴールした後、脚が終わったときに転ぶのがとてもとても心配。


どうしようか悩んでいたのだが、、、


その「中野焼肉オフ」で、、
私のとても優しいやさしい友人たちが、、、

「応援に行って『しね!』って叫んであげる」

と。

それ、いいかも!

「選手の気持ちがわかるでしょ?」

と。

そうかも!


ということで、エントリーしました。


6月21日(日)
取手競輪場(茨城県だけど、水戸よりも、むしろ上野からすぐそこ。)

ケイリン
4㎞速度競争(半周ごとにトップを取らないといけない。)

の2種目にエントリーしました。



たぶん、誰か優しい人が横断幕を作ってくれるとか、くれないとか。


………


で、上のカラオケは、コシュが合流した二次会。

中野の住人の強い希望で、「アニメ縛り」。


もえ あがーーれーーーーー
もえ あがーれーーーーー
[PR]

by akogarehotel | 2015-05-24 12:49 | ただの日常日記 | Comments(4)  

福井へ日帰りサイクリング(その2) 平成27年5月7日(木)

福井へ日帰りサイクリング(その2) 平成27年5月7日(木)



前半までの走行距離 45㎞
後半部分の走行距離 55㎞
合計 100㎞
f0131183_17221150.png


競輪場の高額カレーを食べて、急いで出発。
いや、値段表には600円て書いてあるんですけどね、それ以上に高額な…


競輪場から福井の(小さな)繁華街はすぐそこ。
その中の一軒。
f0131183_17232261.jpg

「樽」というバー。
ここは私たち夫婦が、16年前に結婚式をしたお店。
豪華な披露宴をしたくない、と夫婦で意見が一致したため、繁華街の片隅のこんなお店で、友人だけ40人ほどを招待して、それなりのパーティを。
前述のタカギさんがバンドをやっていて、当日は生演奏とか、ついでに俺のカラオケとか、、、
この日だけは主役でゆるして、と。

不景気の中、まさか、まだ生き残っているとは思ってなかった。よかった、よかった。

f0131183_17285884.jpg

福井市街地は、こんな雰囲気。
街の中心を路面電車の線路がふさいでいるくせに、滅多に走ってこない。。

次の目的地は「松岡町」。
市街地から離れて、山へ向かう。
f0131183_17302857.jpg

この道の先に何があるのでしょう?
あの山のふもとに、、、
f0131183_17304591.jpg

福井医科大学。(現、福井大学医学部)
福井在住時の職場です。
山の中です。
市街地からも車で30分くらい。

学生がよく言うのは、、、
『こんな山奥で、何もすることがないんですよ。本当に何もすることがないから、、、。』
と下ネタへ走ります。


あまりウロウロしていると、不審者と判断されても文句を言えないので、最後の目的地へ。
永平寺へ。

福井大学は元の「松岡町」。有名な黒龍の酒蔵も「松岡町」。
しかし、平成の大合併で、松岡町と永平寺町が合併。
「松岡町」という名前が消えてしまいました。そりゃ、永平寺町という方が有名ですけどねぇ。


福井大学から永平寺までは約8㎞。
そして、本日最後にして、最初の「坂道」。
といっても、せいぜい5%前後ですが。
でも、タカギさんとの待ち合わせ時刻があるので急がないといけない。

ロングライドに出ると、いつも予定がギリギリなので、いつもどこかで「モガキ」が入る。
それもたのし。

永平寺までの8㎞を、時速30㎞弱で休憩なしに走り込み。
ここまで70㎞ほど走ってきているので、ちょっと疲れた。でもたのし。
f0131183_17391313.jpg

これが永平寺。
京都のお寺のような観光地と判断するのはどうかと思うが、
曹洞宗の修行用のお寺。
修行をする僧侶さんたちが、本気で修業をしているところ。
観光地気分で訪れてはいけない気がします。

が、お寺にとっても、福井県にとっても、お客さんが来ることはよいことなので、
ま、あえて細かいことには目をつぶり、「皆様ようこそ」。

入場料500円という自動販売機が、なんとも複雑。

元福井県民として素通りするのは申し訳ないので、500円払って、すぐに外へ。
そして、一応プチヒルクライムだったので、ご褒美。
f0131183_17421963.jpg

(ちなみに、駐車場は民間のものを含めれば十分にありますが、GWではさすがに満車。)

さぁ、あとは福井駅まで15㎞ちょいのラストラン。


………


午後4時半。
f0131183_1747170.jpg

福井駅近くの「極楽湯」。
このタイミングで温泉に入れるって、本当に幸せです。


そして5時すぎ。
ゴールの福井駅へ到着。
f0131183_17481719.jpg

俺の知らないうちに駅が新しくなってる。
新幹線が通ることを想定しているよね。


駅にはすでにタカギさんがお待ちかね。
連休明けで仕事が忙しいところを、「数分だけでも会いたいから」と来てくれました。
泣けるよね、ホント。
さらに、ニシノさんまでやって来た。

僕を含めたこの3人で、「福井県社会人水球チーム」を立ち上げたのが約18年前。
科学技術高校の卒業生を取り込んで、そこそこの人数を集めて、静岡、富山、そして群馬にまで遠征した。
私が会計的なことをしていたので、移動費の高額さにいつも悩んでいた。

懐かしいですねぇ。
「いい大人」じゃないとできないことだと思う。

新幹線のおかげで、15年ぶりにこの3人が再会できた。
本当に北陸新幹線には感謝です。


………


電車の時刻となり、涙の別れ(笑)。

次は水着を持って、2泊くらい予定したいですね。
新幹線があるのだから、それは決して「夢」ではない。



f0131183_17572135.jpg

↑帰りの新幹線。
2時間もあるのだから、ゆっくりと飲める。そして寝る。
[PR]

by akogarehotel | 2015-05-10 17:57 | あちこち旅行記 | Comments(2)