タグ:競輪 ( 211 ) タグの人気記事

 

2058. 祝 飲酒解禁 平成29年7月17日(月祝)

祝 飲酒解禁 平成29717日(月祝)



f0131183_13083079.jpg

本音を言えば、かなり大きな一歩だと思います。

腰の重たい「組織」が、よくぞ動いたもんだ。

f0131183_14460131.png

僕がFBで、さんざん文句を言い続けたからだとは思いません。

他にも、どっかでアピールがあったのでしょう。

競輪ではなく、コンサート開催では飲酒可能だったのだから、ハードルがそれほど高くはなかったはずです。


あとは、客次第。

客のマナー次第。がんばりましょう。



………



ということで、連休の本場開催。

17日の祝日。

家族で「桐生で卓球」をしている合間を縫って、飲みに行ってきた。

f0131183_13100060.jpg

おっちゃんが邪魔。

いい写真が撮れなかったので、おかわり。

f0131183_13094629.jpg

いいねぇ。

やっぱ、競輪場は「酒を飲むところ」だよ。

野球と一緒。サッカーと一緒。


しかし、


 『 テーブル席以外での飲食禁止 』


というビラがあちこちに貼ってある。

飲酒を許可するんだから、礼儀正しくしろよ、

という意思表示でしょうが、


テーブル席以外で飲食するやつって、、、俺、というか幸福グループしかいないだろ?

個人あてのメッセージですか?



10月6日~9日は寛仁親王牌です。



………



車券は1レースだけ。


12R 決勝

 715   地元ライン

 64+39 南関

 28    東北


一番人気は地元ライン。1-7が2倍とか。

南関が4車なのに、それはないんじゃない?

f0131183_13115630.jpg

結果は、3-9 で1300円。

レース後、7番車に向けての熱い声援が静まることはなかったけど、

ちょっとかわいそうだね。

人気かぶりすぎでしょ。1-7とか、買うほうが悪い。



………



帰り。

タクシー乗り場は、閑散として車が来る気配がない。

タクシー会社に電話をしたら、「高校野球で忙しい」と断られた。

仕方ないので、駅まで歩き。まぁ、軽く酔いがさめてよかったけど、


飲酒解禁の次の課題は、タクシー乗り場だね。

施行者さま、よろしくお願いします。





[PR]

by akogarehotel | 2017-07-19 13:08 | 競輪ブログ | Comments(2)  

ニュース速報 平成29年7月15日(土)

ニュース速報

やっと日本が変わり始めた。
f0131183_14460131.png

[PR]

by akogarehotel | 2017-07-15 14:46 | 競輪ブログ | Comments(2)  

2057. 関東選手権という大会 平成29年7月9日(日)

関東選手権という大会 平成29年7月9日(日)



日曜日のお仕事。

グリーンドーム医務室。

f0131183_00232805.jpg

関東選手権:

県別の対抗戦。社会人大学生高校生が、ごちゃまぜで対戦する。若手に経験を積ませる試合とのこと(シミズさん)。



外は気温35℃の炎天下。

でもグリーンドームは冷房完備。

こんな日に屋外で運動したら死んじゃうよ。ドーム万歳。

f0131183_00231062.jpg

しかも、モニターでは小松島記念放映中。

競輪を見ながら仕事をしていい職場があるか??



………



ということで、医務係。

誰も何も起こさなければ、なーーんにも仕事がないのだけれど、そうはいかない。

ケイリン女子で落車。


最終4コーナーで足が終わって、外によれた。これは致命的。

なおかつハンドルから手を離して、ペダルも止めた。

今回が初レースだという。是非もなし。

顔面から落下して、脳震盪と顔面裂傷。救急車搬送。



みなさん、落車しないでください。

審判が許しても、俺が許さない。



………


f0131183_00253237.jpg

ケイリン競走の先頭誘導員は、水島洋一さんという元選手。(上の写真の最内の白い競輪用ヘルメット)

名前、知ってるよね?あまりにも有名すぎる。

誇張なく、20回くらいは予想紙で見て、3回くらいは現地で応援したことがある。


その水島さんの弟が医者だそうで、まずビックリ1。

しかも、専門が神経内科(群馬大学)と聞いて、ビックリ2。

モロ同業者です。神経内科って、医者のなかでもずば抜けて希少種なんです。

神経内科と競輪選手の兄弟が存在しうるってのも驚きです。

水島さん自身は、3年前に「50歳になったので引退した」と。



………



競技としての「ケイリン」は先頭誘導員が時速50kmで走ります。速度を安定させるため、バイクか電動機付自転車を使います。今回は電動機付自転車でしたが、


「電動機なんかなくても時速50kmで誘導できるよ、そりゃ今でも。」

さすが元S級選手です。


「でも、(ギャンブルとしての、通常の)競輪で時速50kmで誘導することはないよね。なぜなら…」

なぜなら…


  「そんなスピード出したら、選手が付いてこれない」



………



ケガの対応以外は自由時間。

有効に使わせていただきました。

f0131183_00245569.jpg

ここどこ?

カメラを引いてみましょう。

f0131183_00251173.jpg

ローラーが9台並んでいる!


そう、選手専用のローラー。レース前後に選手がアップやダウンをするためのローラー。

前橋に来た選手が全員使うローラー。

市田も神山も吉岡も使ったであろうローラー。


特別に許可をいただいて乗らせてもらいました。

仕事に来た甲斐があったね。

これだけで十分。


寸暇を惜しんで、30kmも回せたので、練習も十分です。





[PR]

by akogarehotel | 2017-07-12 00:23 | 競輪ブログ | Comments(0)  

2035. 三国志大戦(今回の対戦相手は…) 平成29年5月9日(火)

三国志大戦(今回の対戦相手は…) 平成29年5月9日(火)



対戦中↓

f0131183_18260186.jpg



………



自分に対して、「親バカ」という言葉は、否定するけど、

「競輪ミーハーファン(死語)」は、受け入れる。


競輪選手(元選手)と一緒に練習するとか、申し訳ないくらいに楽しくて仕方ない。

野球少年が巨人の選手とキャッチボールするとか、

サッカー少年がJリーグの選手と練習するとか、全く同じレベル。


これが、練習ではなく、飲み会となれば、さらに興奮するし、

もしも、ゲーセンとなると…



ということで、早朝のゲーセン。

f0131183_18272325.jpg

伊勢崎レジャーランド。

でかい。とにかくでかい。1階建てなのに、高崎レジャラン2フロア以上のスペースがある。


そして対戦相手は、もちろんイシケンさん。(群馬69期)

f0131183_18260186.jpg

 青板先行:イシケンさん

 生涯一先行:私(ちょっと図々しい名前)


イシケンさんは、三国志1の頃からプレイしていて、遠征先でも選手同士で対戦したという。たいらでは、あの有名な75期プリンスとも対戦したり、旬銀さんとも会ったことがあるって。(すごい!)


ただし、プレイ内容はネタ重視。

そのひとつがこれ↓

f0131183_18270676.png

柵5人の「柵アート」。

5つの柵を使って星型を作り、その中央で流星を舞うのが完成型。

WCCFでいうところの、U1200以上の、いや、以下の …ピー… 。

せっかく貯めた180縁で「小流星」を買ってるし。。。



でも、柵は僕の袁術でぶっ壊してしまい、、。



柵デッキのほかに、「攻城兵しばり」で対戦など、ふざけつくして2時間遊ばせてもらいました。

こんなのが「三国志大戦の正しい遊び方」だと思うし、午前中でなければビールを買いに走っていたところ。



………



そんな三国志の近況。

武力ナンバー2の攻城兵:董襲で呉デッキを組んだが、

1勝6敗 で降格。


さらに、関羽ビ竺と董襲を組んだが、1勝4敗で黄信号。

やばいので、区星暴虐に戻したが、1勝2敗。通算2勝6敗でもうひとつ降格。


攻城兵なんて、やめた!



と思っていたところに、R左治(変化の術、群雄)を引いた。

区星+左治って、楽しそうだな。

負け続けても我慢する力を養うのが、このゲームの真の目的。



………



大ニュース!

f0131183_18265064.jpg

セガとコーエーが和解した?!

だって、馬槍弓の「じゃんけんシステム」を最初に考えたのは、コーエーなんだから。







[PR]

by akogarehotel | 2017-05-12 18:26 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(3)  

2033. 垣間見えたもの 平成29年4月28日(金)

垣間見えたもの 平成29年4月28日(金)



一般的な競輪ファンは、

競輪場で働いている人間に対して、


 お前らが給料もらえるのは、誰のおかげだ?


と、当然のように思っている。


走路補助員にだけでなく、車券売り場のおばちゃん、そして審判に対しても、

「俺たちの車券の売り上げで、給料をもらってるんだろ」と。



………



今回は、そんな「一日中ギャンブルばっかりやっているゴミみたいな奴ら」(褒め言葉)の「超絶・上から目線」を受ける側に立ってみました。

↓走路補助員という仕事

f0131183_22525216.png

数年前に始まった「ミッドナイト競輪」。

夜9時から12時までレースを行う。風営法のために、お客をいれることはできない。

ネット投票でのみ車券が買える。客はパソコン画面から応援する。

全レース7車立て。


こんなつまらない企画で車券が売れるのか?

大声で応援できないなんて、どこが面白いの?


と思われていたが、

実際は、予想以上の売り上げになった。



ミッドナイト開催の売り上げ:1億~1億5000万

ミッドナイト開催の経費:5000万

 … お客が来ないので警備員など不要。経費が圧倒的に安い。


昼間開催FIIの売り上げ:3000万~8000万

昼間開催FIIの経費:8000万



平日の昼間っからギャンブル場へ足を運べる人間と、

夜の隙間にスマホをポチポチできる人間と、

どっちが多いか、そんなのみんなが知ってるからね。


しかも「競合物件」がない。

競馬、オート、ボートともに、ナイター(午後9時まで)はあるけれど、ミッドナイトレースはない。これらが売り上げ好調の理由。

当初は、周辺住民に迷惑であるため、「ドーム式」の競輪場でのみ開催が許可されたが、、、こんだけ売り上げがいいので、いつのまにか、、俺も、俺も!

西武園、奈良、佐世保、、、、青森までも!?

雪国の夜に屋外で自転車に乗れるのか?

(以上、お仕事の合間に、審判員さんが話してくれた。)



とはいえ、、、

やはり、


お客にとって、楽しいのか?

叫ばなくても、楽しいのか?

これでは自転車競技ではなく、完璧に「ギャンブル」。

夜中に小銭をいじくるどこぞの公務員をあてにしている程度でしょ。

もっと太い客が欲しいよね。


残念だけど、無観客試合では「自転車競技」をアピールない。客層はなかなか広がらないだろうなぁ。

とはいえ、目先の売り上げに走らざるをえない競輪界の現状には、十分に同情します。

「ミッドナイト」じゃなくて、「ナイター」に力をいれろ!って、散々怒鳴っているんですけどね。



………



さて、お仕事のお話。


結構大変ですよ、これ。

ひとつのレースが始まって、次のレースの展示が終わるまで、ずっと直立不動。

それを7回(昼間は12回)。

気が遠くなりそうだね。


さらに、毎レースごとにスタート装置を設置。

あれが、重たいのなんの。

落車があったら、急いで駆けつけて、ヘビー級の選手を担架に乗せて、コースの安全確保。バンクを箒で掃除して、と大忙し。

汗かいて、ジャージを脱ぎたいけど、それは無理。

最終日は審判塔などの設備の片付け、そして選手休憩室の掃除。



世の中に、らくな仕事なんてないよ。






[PR]

by akogarehotel | 2017-05-03 22:53 | 競輪ブログ | Comments(4)  

2030. 真夜中のオシゴト 平成29年4月25日(火)

真夜中のオシゴト 平成29年4月25日(火)



今日の夜勤↓

f0131183_13170300.png

(この写真の中に、僕が写っています。)



………



子供がインフルエンザで、本当は仕事どころではないのですが、




「お友達」のマンダ先生が、『 何か仕事を紹介してください 』というので。


マンダ先生は、この道では日本一の「緩和ケア いっぽ」という診療所のメイン医師。

4月に「いっぽ」を休職し、6月から移転開業のため、現在、ややお暇とのこと。

この期間に、「普通ではできない経験がしたい」という。


自転車に乗れば、気軽に浅間外周130kmを走りぬけ、体脂肪は9%。ヒルクライムでは僕にはかなわない、と本人は言うが、実際はわからない。

大学時代はサッカー部で、今でもときどきプレイするとか。


僕が好きそうな人物であることは、間違いないですね。


そのマンダ先生のお付き合いも兼ねて、競輪のお手伝いをしてきました。

f0131183_13163490.jpg

前橋ミッドナイト競輪の「お手伝い係」です。↓どこにいるか、わかりますよね?

f0131183_13170300.png

発走機を出したり、バンクにゴミが落ちていないか確認したり、落車の片付けをしたり、

全レース終了後に設備を収納したり、

選手休憩室の掃除をしたり、


意外と発走機が重くて、バンクの傾斜を押し上げるのが大変でした。毎回、汗びっしょり。

もうすぐ50歳にもなる「新人バイト」なので、周りに迷惑かけてしまっただろうな。ごめんなさい。



………



この日の大事な仕事がもうひとつ。


検車係のイシケンさんに三国志大戦のカードを渡すこと。

1レースが始まる前の暇な時間に、検車場に行って、カードを届けながら三国志談義。すぐ隣のローラーでは、これから出場する選手が本気でウォーミングアップしているなかで、

 『武力8の攻城兵って悪ですよね』とか、

 『魏4枚は苦手なんだよ』とか、

 『SR引いたけど孫尚香だったよ…』とか。

非常に有意義な時間でした。



………



まじめな話。

この年になっても、見たことのないものって、まだまだたくさんある。

転職を勧めるわけじゃないけれど、社会を見渡す努力は維持しないといけない。






[PR]

by akogarehotel | 2017-04-26 13:15 | 競輪ブログ | Comments(2)  

2023. 信長競輪オフ+三国志大戦 平成29年4月1日(土)

信長競輪オフ+三国志大戦 平成29年4月1日(土)



いつものメンバーで、いつもの競輪オフ。

京王閣は選手が近い!

f0131183_00213653.jpg




f0131183_00214644.jpg

いつものコシュ、幸福さん、サイクルさん、ひりゅうくん、と私。


さらに、今回は、

かねてから、「明智光秀に詳しいから」連れて行け、というrosuket師匠も一緒。

いや「信長オフ」と言いつつ、誰も「織田信長」について詳しくないから。たぶん、誰も、信長の死んだ年と年齢すら、答えられないはず。詳しいのは「信長の野望」についてです。

そういう意味では、「義弘」といえば、「京都の人」か「九州の人」か非常に悩ましい人たちです。



さらに、もう一人ゲスト。

なんと、京王閣競輪場のゲート近くで、ばったりと出くわした輪友会のカネコさん。

いつもドームや取手で一緒に走っているお仲間です。

いくら俺でも、競輪場で知り合いに会うなんて、今回が初めて。奇遇。

一緒に宴会へお誘い。



………



パシリのコシュが朝から指定席を取ってくれたので、ゴール前の特観席で優雅に宴会スタート。



信長競輪オフは、いつも同じ。

飲む飲む食べる食べる(下品なことを)話す話す、ときどき予想。


『競輪ってのは当てようと思っちゃダメ。あんな素晴らしいものを観させてもらうのだから、入場料だと思って払ってくるくらいじゃないといけない』


とは、私が記憶している、数少ない父親の言葉の一つ。

ごくまれにいいこと言う。



車券は当然買う。しかし、当たるかどうかはどうでもいい。

楽しく飲んで、楽しく観られればいい。

(今回は、寒さのため室内の特観席。本来なら、スタンド席で、「楽しく応援する」が追加される。)


なので、飲む。食べる。

f0131183_00223362.jpg

キムチ、焼き鳥、おやつは前もって買ってきたもの。おにぎりは競輪場の売店。

f0131183_00294244.jpg

刺身はスーパーで。

f0131183_00222283.jpg

自販機で50円のコーラに、持参した焼酎マシマシ。

コーラ割りが飲めない競輪場は楽しくない。



………



京王閣競輪場は、ちゃんとナイター開催の仕方を分かっている。

f0131183_00230120.jpg

家族連れでも受け入れられるお店が多数。

f0131183_00290299.jpg

京王閣常連のカネコさんがオススメのマーボラーメン600円。

カネコさんが、あまりにもおいしそうに食べていたので、カレーを食べた僕はさらにラーメンも追加した。もう食べすぎ。。。。



そんなわけで、入場料を払ってこようと思ったら、

これまたいつもどおりの「アウェイ絶好調」の法則。

f0131183_00295749.jpg

いわゆるサルでも当たる車券。お金が戻ってきました。

 5五漢-7浦川 で、4倍

ゼロを一つ間違えたな…



そんなわけで、酔っ払いにはあっという間の3時間半。

「競輪って本当に楽しい」ですね。

本当?



………



競輪のあとは、今回の目的のもうひとつ、三国志大戦。


幸福さんと対戦。

私:馬超、関羽、徐庶、びじく

幸福さん:典い、曹彰、ていいく、ぶんぺい、う禁

f0131183_00224808.png

関羽が程イクに反計されまくり… で敗戦。。


でも、たしか、

「俺の城に一発でも入れたら、勝ちってことにしてやる」

って、言ってたよね?じゃぁ、俺の勝だ。



そんなんでいいのか?


いい。



さらに、あれこれトレードしてもらった。

f0131183_00301002.jpg

董卓と関銀塀。


おかげで、区星デッキができた。

そして、1勝。いわゆる開幕乙。

f0131183_00242625.png




最後は、ひりゅう君の優雅な姿勢と指さばき。

f0131183_00223399.jpg

あ、まだ開戦前か。



………



今度は暖かくなったころに、スタンド観戦を予定しましょう。








[PR]

by akogarehotel | 2017-04-04 00:20 | 競輪ブログ | Comments(6)  

1997. 箕郷練習、誰の? 平成29年2月5日(日)

箕郷練習、誰の? 平成29年2月5日(日)



自転車乗りには有名な箕郷周回コースと「みさと食堂」。


「みさと食堂」。

(美沙都と表記する?マルエドラッグ高崎箕郷店の目の前。)

食堂に隣接して卓球場がある。食堂のご主人が、かなりの卓球選手だそうで、食堂経営のかたわら、卓球教室を開いている。

ということで、日曜日は箕郷で長男の卓球練習。


 卓球 → トンカツ のコンボ



………



せっかく箕郷まで行くのなら…俺も。

みさと食堂から箕郷周回コースまで、たった3分の距離。

子供を卓球場に(祖父母と一緒に)預けて、箕郷周回へ。

f0131183_13093622.jpg
f0131183_13094926.jpg

9時半、rosuket師匠とピスト練。

気温4℃なのに、たくさんのローディさんが来ています。

周回コースを1.5周(上半分を2周)走ったあとに、師匠に連れられて「断崖絶壁橋」へ。

f0131183_13092487.jpg

「直線400mの橋。競輪選手がよくもがいています。」と師匠。


あの~

もがくとか言う前に、橋から落ちそうで恐いんですけど、、、。

手すりの高さがあるので、ゆっくり走るぶんには構わないが、スピードを出すと、目の錯覚で、橋が細くなり手すりが低くなる。

ちょっと風が吹いただけで落ちそうな気持ちになる。

恥ずかしながら、ピストにしがみつきながら走った。


あと10回くらい走らないと、この恐さは消えませんね。



それにしても、rosuket師匠は物知りです。

「競輪選手がここで練習してます」という場所を20ヶ所くらい、知ってます。



………



このあたりは、榛名山の中腹。ハルヒルのスタート地点が見渡せます。

f0131183_13100566.jpg

昼なのに雪が降ってきた。

卓球の練習が終わるので、正午にはみさと食堂へ。



………



はからずも、祖父母含めて、家族全員でトンカツ食堂。

そのあとは、日曜日のお約束のヤマダ電機でバディファイト。



私: ピスト→トンカツ→バディファイト

長男: 卓球→トンカツ→バディファイト

安定の三連撃。



いや、長男は、

長男: 卓球→トンカツ→バディファイト→卓球

ループ?!





[PR]

by akogarehotel | 2017-02-08 13:08 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

1990. 前橋ナイター競輪 平成29年1月22日(日)

前橋ナイター競輪 平成29年1月22日(日)



はっきりいって、ひどいな。



FBでさんざん文句を言いましたけど、

あっちは、すぐに埋もれて消えてしまうから、改めてこっちも。



………



f0131183_12483691.jpg

1月212223日。

前橋で初のナイター競輪が開催。

しかも、市田が斡旋。なんと開催リーダー。

f0131183_12484706.jpg

ということで、先日の『走行会の料金』を支払いに行ってきたのですが。。。



【前橋競輪主催者が 「競輪なんてどうでもいいよ」 と考えている件】


土日のナイターなんて言えば、当然のドル箱。

食べたり飲んだりしながら、にぎやかに、楽しくお金を使う場所。

少なくとも、京王閣と松戸はそうだった。


ところが、、前橋は違う。


飲酒どころか、、、

食堂が全部休み。食べ物の販売は一切なし。

飲み物は自販機があるとのことで、場所を教えてもらい、スタンドを半周。たどりついたところで「故障中」。

車券販売窓口は1階のみ。

ご存知のように、ドーム周辺にはコンビニなどない。



夜の8時半まで、食事もしないで車券を買えっていうの?

無料の水で我慢しろってこと?

お酒どころか、コーラも飲めない競輪場なんて、世界中でもここだけだろ。



ゆっくりレースを見て、車券を買う環境ではないから、当然、お客は少ない。

こんな閑散としたナイターも珍しいね。


「施行者がミッドナイトのつもり」というのが正解らしい。

じゃぁ、ミッドナイトにしろよ。

ナイターでやるなよ。客を入れるなよ。



これでは、競輪のマイナスイメージをさらに大きくするだけ。

わざとか?

がんばってる選手がかわいそうだよ。



………



仮に、改善策を考えるとしたら、

(考えたとしても、実行はありえないけど。)


・放送ブースをオープンにする(FM群馬や高崎駅のように)。

・「雑談」でいいので、ずっと放送。

・ゲストなんて適当でいい。引退した選手でもファンは大喜び。サイトウカオルさんやトシイチさんなんて、とても面白い話をしてくれるし。競輪を知らない女優さんは不要。

・現役選手がゲストで来てくれれば、「未確定車券3000円でサイン1枚」(おひとり様1回限り。色紙代は別途50円?)。

・ゲストなんて「適当なこと」を話してくれればいい。街道に行って、どこで何を食べたとか。あいつは練習が嫌いだ、とか。それでお客は喜ぶ。

e-shinbunを印刷して、50円か100円か、できれば無料配布。

・(厳しいだろうけど)バンク走行イベント。レースの合間に走路補助員用の自転車で1周。コースの内側レーンで十分。発走機を使えたら、ファンは涙が出ちゃう。昔、京王閣(?)でやってるのを見たことがあったような、。

・(突拍子もない意見か?)私設応援団、あるいは地元応援団をつくる(雇う)。野球やサッカーのように。声を出すと楽しいもんだよ。

・食堂は必須。無理なら開催しない。



少なくとも、今のままなら二度と行かない。

前橋競輪のために「わざと散財している」俺ですら、二度と行かない。

新幹線を使って、松戸か京王閣に行く。



………



ということで、開催リーダーのお話。

ま、落車休養明けだからね。仕方ない。

その割には走れいていると思うが、素人が言うことではない。


21日、22日は市田のレースだけ怒鳴りに行って、23日は前売り。

f0131183_12494200.jpg
f0131183_12492727.jpg
f0131183_12491563.jpg

ちょっと高額な「走行会の料金」です。

一応、決勝の木暮筒井は当たってるんだよね、100円だけ。



………



そうか!

ハトポさんが選手のサンドイッチを持ってくるついでに、その辺で出店してくれればいいのか!



………



ちなみに、22日は、私自身が「日曜営業」でした。

f0131183_12490230.jpg

インフルエンザ数は、これでも、まだ予想より少ない。

残念だけど、もうちょっと増えるでしょうね。






[PR]

by akogarehotel | 2017-01-24 12:47 | 競輪ブログ | Comments(0)  

1988. 練習日記(誰の?) 平成29年1月15日(日)

練習日記(誰の?) 平成29年1月15日(日)



全国的に大雪ですが、前橋にはグリーンドームという強い味方があります。

f0131183_13161119.jpg




………



本題はここから。


↓練習日記。

1月5日(木) 午後5時~7時★

1月6日(金) 午後7時~9時☆

1月7日(土) 午後2時~9時★

1月8日(日) スキー

1月9日(月) 午後5時~7時★

1月10日(火) なし

1月11日(水) 午後7時~9時☆

1月12日(木) 午後5時~7時★

1月13日(金) 午後7時~9時☆

1月14日(土) 午後2時~9時★

1月15日(日) 1日じゅう練習会

1月16日(月) 午後5時~7時★

1月17日(火) なし

↑僕の練習日記ではありません。これは長男の卓球練習。


すべて、本人の希望。

どこぞの小学生水球チーム以上に練習しているのでは?


★は、いつもの卓球クラブ。ラウンドワンのすぐ近く。

☆は、中学校の体育館(わが母校)で練習。

15日は、長男が選んだ自主練習会。

「練習好き」は遺伝しているようです。

この熱心さは、絶賛ですね。これでは、さすがに「勉強しろ」とは言い難い。



↓ということで、本日は大雪のなか、桐生(正確には「みどり市」)まで行って練習会。

f0131183_13162319.jpg

熱心な親に連れてこられた熱心かもしれない小学生がたくさんいます。



………



一方、僕の練習日記。


1月5日(木) なし

1月6日(金) ローラー

1月7日(土) ローラー

1月8日(日) スキー

1月9日(月) なし

1月10日(火) ローラー 25km

1月11日(水) なし

1月12日(木) ローラー 22km

1月13日(金) ローラー 20km

1月14日(土) ローラー 15km

1月15日(日) 走行会

1月16日(月) ローラー予定

1月17日(火) なし


定期的に「肋骨休暇」が入ります。

そもそも深呼吸すると痛いので、練習にならないんです。

ただし、体重計に乗ると、痛いのを我慢して練習したくなります。



………



ということで、15日の日曜日。

雪で凍結した高速道路を飛ばして、子供を桐生まで送り届ける。

その後、rosuket師匠のインフルエンザの診察をして、グリーンドームへ。



桜井支部長、イシケンさん方々のご尽力により、月1回開催される「走行会」。

選手を目指す高校生に混じって、素人のおじさんが走っていいなんて、本当に申し訳ない。料金を支払わなくていいかわりに、競輪に貢献すればいいのだけど、警備の都合上、走行会の最中には車券を買いにいけない。

後日、あらためて「支払い」にうかがいます。


今回の参加者は20名程度。少ない。

前回(1225日)の3分の1くらいだという。

そのため、周回練習は、ちょっとわがままで速度を上げて走らせてもらった。


最後には、輪友会のカネコさんとスプリント対決。(牽制禁止ルール。)

f0131183_13165086.jpg

1周逃げ切りを狙ったが、差されて敗北。

1コーナーで離してそのまま勝てると思ったのに、カネコさん、年齢なのに強い。


でも、勝ち負け関係なく、すっごく気持ちいいんですよね。

気持ちよくて、肋骨が折れている(たぶん)ことなんて、忘れちゃいます。

そして、夜に後悔する。



練習内容:

10km30周)-ハイペース

10km30周)-hard/easy 3周ごと

スプリント(2周)



………



走行会終了間際の談話、その1:

僕よりも三国志を楽しみにしていたイシケンさんは、大人なので、まだプレイしていないという。


イシケンさん 『 課金ゲーって聞いたけど? 』


そのとおりですね。詳細はブログのとおり。でも、面白いことには間違いないから、ぜひ一度プレイを勧めました。

バンク内で三国志のカードを並べている二人。なかなかある光景ではない。

f0131183_13163590.jpg

(イメージです)


イシケンさん 『 昔は、一万円を全部100円玉にくずして、気合いれて夜8時から朝8時までプレイしたけどね。 』


夜中のゲーセンでイシケンさんを見かけたら、常人では近づきがたいですね。




走行会終了間際の談話、その2:


カオルさん(元S級)は、いつも面白い。

静かーーーな顔で、どんどん内情を暴露してくれる。


小指の件。

『 ○○は、小指がうまくてね。横に並んだ瞬間、ちょんっとやられて、飛ばされちゃうんだよ。 でもお互いさまだからね。 』


恐い人がたくさんいます。





[PR]

by akogarehotel | 2017-01-16 13:15 | 本気のサイクリング | Comments(0)