タグ:育児 ( 531 ) タグの人気記事

 

1985. たんばらスキーパーク 平成29年1月8日(日)

たんばらスキーパーク 平成29年1月8日(日)



その前に、


12月30日 練習なし

12月31日 練習なし

1月1日 スキー

1月2日 スキー

1月3日 スキー

1月4日 練習なし

1月5日 練習なし

1月6日 ローラー 5km

1月7日 ローラー 25km

1月8日 スキー

1月9日 練習なし

1月10日 ローラー 20㎞


子供冬休みにつき、練習量低下中。


しかし、ローラーに乗ると、意外と肋骨が痛くて、、、

やめておいた方が良いのかも。



………




f0131183_07402705.jpg

『お父さん、骨折したの?でも大丈夫でしょ、自転車に乗れるんだから。』



骨折(推定)が治る間もなく、シーズン4日目のスキー。

肋骨バンドのおかげで、体をひねらなければ痛みはない。


「転ばなければ、どうということはない!」


が、ボード用のフリーライドに挑戦して、見事に転倒。

前回と同じ右胸を強打。しばらく、息ができないくらいだった。

来週の走行会のために、しばらく安静にしておかないといけない。



………



たんばらスキーパーク(沼田)


「スキー」パークと言いながら、ボーダー率が8割以上。

でも、横方向に猛スピードのエセボーダーはほとんどいないので、混雑していてもあまり危険感を感じなかった。


沼田インターから18km

都心から一番近い、そこそこのスキー場。なので、そこそこの混雑。

ゲレンデも一枚バーン主体なので、人気があるのも納得。

リフトの待ち時間は10分から15分。ギリギリ許容範囲内。連休だから仕方ない。



………



6年前に一度来たことがある(当時のブログへリンク)。

同じく、成人式の連休。そのときは、子供はスキーすら持たずに、ひたすら雪山で遊ぶだけ。

ずいぶん成長したもんだ。

f0131183_07403431.jpg

へたくそなボーゲンだけど、勝手に滑っていってくれる。

f0131183_07404124.jpg

午前中は晴れ。

沼田から見る赤城山(裏赤城)。

午後から曇って寒くなってた。

リフトの待ち時間が長いと寒くなるの法則。

それでも閉店の午後4時まで滑って帰宅。

この時間だと沼田の渋滞も軽いので、都内に帰るとしてもそれなりの時刻に着ける。それが人気の理由でしょうね。







[PR]

by akogarehotel | 2017-01-11 07:44 | 子育てられ | Comments(2)  

1981. 志賀高原焼額山スキー場 平成29年1月1日(日)

志賀高原焼額山スキー場 平成29年1月1日(日)



あけましておめでとうございます

f0131183_18484679.jpg

年末31日に夜勤だったため、今年のお正月は近いところへ。


志賀高原スキー場。

個人的には、国内最高のスキー場。

雪質、コース幅、コース種類、リフトゴンドラ、全ての設定が最高値です。そりゃ、オリンピックを開催した場所ですからね。


しかし、宿泊施設は悲しい状態。

スキーバブル時代の詰め込みホテルのまま。狭い、ゴミゴミしている、遊興施設がない。


でも、それって、「スキーが大好きな人」にはどうでもいいことですよね?

スキーさえできれば、それでいい、という人が集まる場所。それが志賀高原。



………



30年前、大学の体育の授業で初めて来た。

大学は都内にあるが、選択式で「スキー合宿」を選ぶことができる。

さすが金持ち大学だな、と思ったが、300人くらいが参加して、合宿所風の畳部屋にザコ寝。

楽しかったことには間違いない。



………



みんなが知っているロードバイクの聖地「渋峠」も志賀高原スキー場の一部。

標高2100m


道路は当然カチンコチン。そのため、「タイヤチェーン必須」。

4輪駆動以外は、チェーンを装着していないと、スタッドレスでも通行禁止。検問所で止められてしまう。


志賀白馬妙高あたりへ、チェーンを持たずにスキーに行くなんて信じられないのですが、

たまに、信じられない車が検問で止められてます。一応、近くで販売しているらしいけど、自分で用意しておくべきだ。

ちなみに、チェーンを持たずに突入して登れなくなって、レッカー車で強制送還されている車に遭遇した。迷惑だね。



そのためか、意外にも外人率が低かった。

その反動か、関西人率が異様に高かった。



★★★



1231

仕事をしながら年越しを迎えたのは15年ぶり。

前回は「2000年問題」で病院待機。2000年の正月と、2001年の正月以来。

そもそも、研修医のころは、ほぼ毎年、11日は絶賛勤務中でしたけどね。唯一、休日をもらえた年は、フリー雀荘で新年を迎えた記憶。



1月1日。

0時までの仕事を終えて、吉野家へ。ちょっと恥ずかしい。

帰宅して眠ったのは、AM2時。(リバプールの試合を生放送してるし…)


AM7時、自宅を出発。

AM10時、志賀高原到着。渋滞が全くなく、チェーン装着を含めて3時間。近い!

絶好の天気なので、すぐ滑り始めた。

f0131183_18483262.jpg



上信越エリアのスキー場で「晴れ」は本当に珍しい。貴重な晴れ。

f0131183_18502348.jpg

子供二人は、そこそこ上達してくれた。焼額山のゴンドラを怖がらずに降りてくる。

おかげで、勝手に滑らせておけばいい。ずいぶんとラクになった。

f0131183_18480984.jpg

子供たちを妻に預けて、一人だけ上級コースへ。

一之瀬正面の最上部。30度弱の1枚バーン。なかなかあるものではない。

「おれって、うまくね?」と鼻を高くして滑ってたら、ちょっと転倒。恥ずかしい。

そのあとから、なんだか胸が痛い。(結果は後述。)



………



宿泊はプリンス。

プリンスといっても、志賀高原は別格。「ビジネスホテルより狭い」とか口コミ。

f0131183_18482051.jpg

6畳の空間にベッド4つ。部屋には風呂なし。

これはこれで、合宿みたいで楽しい。



………



1月3日。天気は雪。


昼過ぎに志賀高原を出発。

なぜか渋滞がなく、チェーンをはずす時間を含めて3時間で前橋へ。

便利!


片道3時間で最高のゲレンデに行けるのなら、日帰りでもいい。

でも、問題は天候。こんなに晴れることは、通常ありえない。

天気予報をにらみながら、また行きたい。



………



1月5日の病状。

自己診断は肋骨骨折。転んだときに、ストックか何かで胸を押してしまったらしい。

ま、笑いとばしてOK

f0131183_18511951.jpg

自転車には乗れるので、何も問題ない。






[PR]

by akogarehotel | 2017-01-05 18:47 | 子育てられ | Comments(10)  

1977. お父さんのためのバディファイト講座 その何回目? 平成28年12月25日(日)

お父さんのためのバディファイト講座 その何回目? 平成281225日(日)



その前に、

小学生のあいだで圧倒的なマジョリティーを占めている「デュエマ」を子供と一緒に始めてみたけど、、、、、あまり面白いとは思えない。

人気があるのが不思議だ。



………



クリスマスの日曜日。

池袋サンシャインでバディファイトイベント。


去年の冬イベントはハズレだった。

秋葉原で声優さんがいて大混雑だった。


今年の夏イベントは大ハズレだった。

イオンで狭すぎて、暑すぎて。


だけど、今回はよかったですね。

サンシャインと言う選択が正解でしょう。十分に広い!

f0131183_19413285.jpg

来場者数2000人。

うちの子供を含めて、ひたすらカードゲームを対戦してた。



………



今回初のコーナー、「塗り絵」。

自分専用のオリジナルカードが作れる。カード裏面は正式なものと同じ。公式戦以外なら問題なく使用できる。

f0131183_19421739.jpg

子供たちが、ゲームの休憩がわりに塗り絵にいそしむ。

付き添っているお父さんたちも、一緒に塗り絵をしている。意外と平均年齢が高い。

私の作品↓

2枚めの写真は、メーカーが想定している図柄。

そんなの関係なく、「自分色」に塗り上げる。

f0131183_19420720.jpg

f0131183_19414538.jpg

受付のおねえさんに「きれいなレインボーですね」とお褒めいただいたけど、

虹ではなく競輪です、とは言えなかった。



………



毎回のことだが、子供たちは朝9時から午後4時まで、ひたすらカードゲーム。

特に今回は、前橋からもお友達親子が参加していたので、会場内をあちこち移動しながら楽しんでいたようです。

お昼ごはんは、会場の廊下でマクドナルド。食べに行く時間ももったいないから。



………


あとがき、ぼそっと。


全ての「カードゲーム」に共通のことですが、カードの能力はどんどんとインフレ化していく。

1ヶ月ごとに新しいカードが発売され、新しいカードは強いけど、古いカードは弱い。


公式戦では新しいカード(デッキ)が猛威を振るう。

具体的には、今回はツヴァイかジェムクローン。今年のGWの頃に主流だったアインやヤミゲドウは、もうあまり見かけない。


毎月毎月、新しくて強いクリロナが発売されていくようなもの。

当然、売り上げ目的。

小学生は何も考えずに、新しいものを欲しがる。

子供の思考回路ならそれで仕方ないし、

ある程度、メーカーさんが儲かってもらわないと、子供も楽しくないし、


でも、どこかで歯止めが欲しいね。

もちろん、僕は1年前に流行したカードしか使ってませんけどね。





[PR]

by akogarehotel | 2016-12-26 19:44 | 子育てられ | Comments(0)  

1976. 慌てんぼうのクリスマス 平成28年12月23日(木)

慌てんぼうのクリスマス 平成281223日(木)



「あわてんぼう」ならOK。忘れんぼうじゃ、悲しい。



………



お子様3人といっしょに、ちょっと早いクリスマス会。

ご本人のご希望で、少しだけ写真を。



自転車で、公園+駄菓子屋周回。

ラインがちぎれがちです。しっかり追走しなさい。

f0131183_14000815.jpg

ちなみに、監督(私)は徒歩、というかランニング。

こんな寒い日に、汗ビッショリですね、と駄菓子屋さんに言われる。



昼は、ファミレス。

夜は、宅配寿しなどなど。


手作りビスケットに絵描き。

f0131183_13594787.jpg


自家製ケーキ。

サンタの形をした砂糖菓子。

子供たちは、奪い合いなんだけど、実はあまりおいしくない。奪いあったたくせに必ず残す。

奪い合うのがわかっているので、人数分用意しているのに…

f0131183_13595790.jpg



………



ということで、祭日はサンタ業務で終了。

しかし、僕にもサンタさんが来ていたようです。

f0131183_14001951.jpg

ご希望の方へどうぞ。

新バージョンの白カードと交換でいいです。ご連絡ください。

ただし、明日、25日(日)に池袋に行って売ってしまうかもしれないので、お早めにご連絡ください。


来年3月5日(日)に大阪で開催されるツキノ杯の賞品として提供いたします。

ツキノ杯は、全白、国縛りです。

ふるって、ご参加ください。


おれ?

もちろん、「U1200」かつ「本拠地和歌山」の全白アルゼンチンで参加します。




[PR]

by akogarehotel | 2016-12-24 14:01 | 子育てられ | Comments(3)  

1974. 赤城山オートキャンプ場 平成28年12月18日(日)

赤城山オートキャンプ場 平成281218日(日)



f0131183_18384679.jpg

赤城旧道入り口にあるキャンプ場。

畜産試験場と同じ標高。

夜間は氷点下な状況で、テントに寝袋で眠る。

ただし、電源が使えるので、ホットカーペットと電気ストーブがフル稼働。


いわゆる、「 電気と水道があれば、サバイバルできます! 」



………



17日(土)

仕事が終わってから出発。5時過ぎに到着。もう真っ暗。

家族と友人が先に行ってテントを設営してくれている。ありがとう。

子供たちは、寒い中、ダウンを着てまでベイブレード。

f0131183_18341410.jpg

夜中。想定外の暴風。

テントが飛ばされそうになったので、慌てて縮小。

赤城なんだから、風が強いのは日常茶飯事だけど、ここまで?



18日(日)

一転して、無風快晴。

遊び日和。

子供たちの希望で釣りへ。餌釣りではなく、ルアーフィッシング。

僕は釣りは全くの素人だが、同行したキシさんがクロウト。子供たちに一から教えてくれる。子供から尊敬のまなざし。

当初、『大崎釣堀』(「あ」の人のご親戚)を予定していたが、「会員制」とのこと。しかも、もう会員募集は締め切りだそうで。ずいぶん、人気なんですね。

仕方ないので、そのすぐお隣の「落合釣堀」へ。

(このへんにはたくさん釣堀がある。)

f0131183_18390192.jpg

赤城山のふもとで、寒々と釣り。

子供たちは楽しそうだけど、絡まった糸を直すのは大人の仕事。おい!

3時間の間に、各人が1匹ずつ釣り上げた。

40cmの岩魚もつれて、みんな満足。

f0131183_18383486.jpg

ここの釣堀は1日に何回か、魚を補充してくれる。他に比較して釣りやすいらしい。

また来年も来よう、と予定が決まってしまった。






[PR]

by akogarehotel | 2016-12-19 18:37 | 子育てられ | Comments(2)  

1961. 発走の転換 平成28年11月28日(月)

発走の転換 平成28年11月28日(月)


誤字みたいなもんだ。


そろそろ発想の転換が必要。

★練習したいのに、忙しいから練習できない。

 →→→ ストレスがたまる


でも、

★メンドクセーから練習しない。

 →→→ 無問題



★★★


結果的に、練習する時間がなく、せいぜい1時間弱の休憩時間をゲーセンで過ごす。

結果的に、同じことをするのなら、精神衛生上、好ましいほうを選ぼう。

…… さて、そう思い込むことができるか。


少なくとも、事務所が新築されて以来、ありがたいことにお客さんが多くなりました。
新しい建物だと、皆さま、うれしいのでしょうか。

古い建物がもう限界で、そのうち崩れ落ちるから、仕方なく移転した、というのが真実なんですが。



★★★


グチばかりで終わると恥ずかしいので、まとめネタ。


対照的に、子供は熱心に卓球の練習をしている。
土曜日は、午後2時から9時すぎまで!?

お世話になっている卓球の先生は、以前にも書きましたが、群馬では一時代を築いた人らしい。
トロフィーが本当に数えきれない。
すべてのトロフィーの上に、卓球をしている人形がついているのには笑えますが。
f0131183_20124583.jpg


↓そんな卓球場で見かけた宝物、その1。
僕が生まれる前です。卓球の先生の弟さんです。群馬26期。
f0131183_20131454.jpg


↓その2。
リオオリンピックよりも前に書いてもらったようです。
f0131183_20123004.jpg

ほかに、丹羽コウキさんの若いころのサインもあります。普通に漢字で「丹羽こうき」と書いてある署名みたいなもの。今は、いわゆる「サイン」になっているので、かなりの貴重品では?(恥ずかしいので写真はなし。)


★★★


500円と1時間弱の時間があれば、wccfは可能。
ということで、キャンペーンが35口となりましたが、昨夜ギリでネットを確認したら、すでに表示されなくなってます。

これって、集計してくれるのでしょうか?

システムダウンとか?


キャンペーンが終わったので、ペースを半分くらいに落としましょう。























[PR]

by akogarehotel | 2016-11-28 20:15 | ただの日常日記 | Comments(2)  

1956. 小学生の持久走練習 平成28年11月17日(金)

小学生の持久走練習 平成281117日(金)



…そりゃ、確かに、僕はトライアスロンの種目のなかでも、ランが一番苦手で一番嫌いだけどさぁ。



小学校で持久走大会がある。

距離はたったの1200m


学校では体育の時間にその練習をやっているそうで、毎回「着順」が発表される。

うちの長男の順位は、45番(75人中)。



なんだ、それ?


と一瞬思ったが、でも、子供のことは子供のこと。遅かろうが速かろうが、それは子供自身で考える。

考えろ。


という方針だったのだが、

先週、長男が怒られることをした。

お小遣い半年分を許可なく一度に使いきってしまった。


「 罰として、毎朝マラソン! 」


という当然の流れ。

1週間の親子早朝ランニングが決定。



★★★



『 マラソンすると太ももが疲れる。 』

と長男が言う。

これでは早く走れるわけがない。


『 息が苦しくなる。 』

が正解。

太もも他の筋肉疲労を感じるようでは、明らかに走り方の間違い。



結論から言うと、正しい長距離の走り方は、


★お尻の位置をなるべく高く維持して走る。

★小幅で走る。

★一番意識すべきは腹筋。

★その結果、上体は前かがみでもなく、後方にそるでもなく、まっすぐ。

★背伸びをするような感覚。ただし爪先立ちは絶対にダメ。

 → 常に腹筋を使い、おなかをへっこませて走る。これで、大腿よりもハムストリングを使いやすくなる。結果的に大臀筋を使い、かかとがしっかりと地面を押しているとよいが、それを意識しすぎるとかかとから着地しやすくなってしまうので注意。

 ひざ関節の曲げ伸ばしをなるべく少なくする。当然、歩幅は小さくなる。スピードを上げたいなら、歩幅を広くするのではなく、回転数をあげる。

 要するに、すべて自転車と同じ。踏み足は短距離走なので、疲れて当然。


★呼吸は2回すって、2回はく。スースー、ハーハーの繰り返し。

 (こんな当然なことができてなかったりする。)


小学生なんて、

前傾で、腰の位置を低くして、膝を曲げて、飛び跳ねるような大きな歩幅で走ってる。これじゃ、長距離はもたない。



………



という練習を5日間やった。

再び、練習会があったそうだが、

 45位


世の中、そんなに簡単ではない。。。


(ということで、たった2kmだけど、子供と一緒に走っている。肺炎事件からやっと復活してきました。2kmなんて準備運動にもならないけど。)




[PR]

by akogarehotel | 2016-11-18 18:25 | 子育てられ | Comments(2)  

1953. この映画を見る? デスノートLNW 平成28年11月13日(日)

この映画を見る? デスノートLNW 平成281113日(日)



親ばか日記


日曜日、6時半に起きて、

 → 朝ランニング

 → 卓球練習

 → ラーメン屋

 → カードゲームイベント

 → マクドナルド

 → ゲーセン(太鼓、マリオカート)

 → 映画(デスノート)

 → ピザ


これは長男の行動記録。

ずいぶんと中身の濃い一日。「勉強」という単語がひとつもない。


この日は、僕も同じ行動。朝から夜まで長男をピッタリマーク。

食事も遊びも全部一緒。たまには、こんな日があってもいいんじゃない?



………



で、映画のお話。

 デスノートの第二弾

(正式な名称をいれると余計なヒット数が増えるので。)

f0131183_18463988.png

一言でいうと、前作が偉大すぎた。

前作(映画)というか、初代コミックが偉大すぎた。


デスノートを少年ジャンプで初めて読んだときのあの興奮は今でも覚えている。

複雑な謎解きで、しかも絵がうまい。作家さんのデビュー作だと記憶しているが、まさに神に近いマンガ家さんだと思った。

その第一作を越えろってほうが無理だ。


前作が100点満点。

今作が98点。


むしろ、前作を知らない人のほうが感動が大きいのでは?

(ただし、デスノートの「ルール」を知らないと話の意味が分からない。今作のなかに、要所要所で説明が入っているが、それだけでは分からないかも。)



ちなみに、デスノートを全く知らない、うちの妻は、まだ2作めも見ていないが、


『 どんどん人が死ぬ映画でしょ?殺し合いの映画? 』


というイメージらしい。完全に広告業界のミス。

確かに、バイオレンス的な映像はあるが、全く正反対の映画。

頭を使ってクイズを解いていく映画。暴力に訴えたら負けという映画。

推理小説とは、また違うなぞを解いていく映画。



もしもデスノートを知らないのなら、

まずは初代コミック(集英社)を読むことをオススメします。第一作のDVDでは細かい点が省かれすぎている。



………



親子二人で、ぐうたらに過ごした一日ですけど、もちろん楽しかったですね。まさに自分の複製と一緒にいるような感覚。

そういえば、僕が社会人になりたてのころ、父親を東京競馬場に連れて行ってやったことがある。早朝6時に競馬場について、3時間並んで指定席に座った。そんな苦行に近い観戦日程だったけど、父親がやけに楽しそうにしていたな、という記憶。


結構な親孝行だったね。なんかもらってもいいよね。




[PR]

by akogarehotel | 2016-11-14 18:46 | 子育てられ | Comments(0)  

1952. お父さんのためのバディファイト講座 平成28年11月11日(金)

お父さんのためのバディファイト講座 平成281111日(金)



f0131183_19054917.jpg

子供から「遊ぼう」って言われて、

「ごめん、忙しい」はありえない。


子供から、「DSで遊ぼう」って言われたら(または類似の電子的ゲーム)、

「そんなもんで遊ぶんじゃない」と断る。

 …ということが、うちの子供には分かっているので、そもそもそんなことを言ってこない。


子供から「将棋しよう」と言われたら、おそらくほぼ全ての日本人は喜ぶ。


じゃぁ、子供から「バディファイトしよう」(または類似のトランプ風カードゲーム)と言われたら?


頭が退化する電子ゲームではなく、

むしろ、頭を育てるカードゲームなら大歓迎で間違いない。

そんなときに、「ごめん、ルールがわからない」なんて答えるのは、子供の知的成長を止めることと同義語。



………



バディファイトは発売3年のカードゲーム。


この分野では王道の「デュエマ」「遊戯王」に比べるとまだまだ人口が少ないが、

ルールが最も簡単なのではないでしょうか(推定)。

これまでに子供と「ポケモンカードゲーム」「三国志大戦」を遊んだが、煩雑すぎて長くは続かなかった。


さらに、デュエマに比べると、カードの「文字が大きい」。

これ、すごく大事。僕のまわりのお父さん全員が「デュエマは文字が見えない」と訴えます。



………



【ルール】

自分で自由に選んだ50枚(またはそれ以上)のカードを使って、

相手と1対1で勝負。

先に10点とったほうの勝ち。


カードの種類は、「モンスター」と「魔法(およびアイテム)」。

モンスター25枚、魔法25枚といように組み合わせる。


カードには『ワールド』という分類がある。三国志の魏、呉、蜀みたいなもの。

50枚は、同一の『ワールド』から選ばないといけない。

対戦相手同士が同じワールドであっても、なくてもよい。蜀対蜀とか、魏対蜀とか。


1ゲームは10分前後。

1対1が基本だが、最近、2対2の対戦も流行りはじめている。


50枚がセットになっているスターターが、500円~1000円。

5枚ずつバラになっている拡張パックが、200円前後。中身がわからないので、くじ引き感覚。当然、レアなカードは強い。

どうしても必要なカードは、カードショップなどで購入する。安いカードは1枚20円だが、レアカードの中には5000円以上の値段がついているものもある。



………



このゲームの唯一かもしれない欠点が、メーカーが若いということ。


年に数回、大きなイベントが企画されるが、来場者の満足度は明らかに低い。

毎年GWに有明で行われるもの以外は、ただ混雑するだけ。苦痛でしかない。それでも、子供が行きたいというので仕方なく引率する。

次回は、1225日の池袋。どうみても人口密度が高そうだ。



メーカーとは別に、販売店もがんばっている。

毎週末に、あちこちで「対戦会」が開かれている。我々親子の「ホーム」はヤマダデンキ。いつも、店員さんの気配りをひしひしと感じる。

そこには20人前後しか集まらないけれど、リピーターがたくさん。小学生プレイヤーと大人プレイヤーが、世代を越えて、友達のように仲良く遊んでる。ほほえましいね。

もちろん、僕も、親として一緒に参加するわけで、参加者同士で「知った顔」。名前もしらないけど、仲良くなってます。信長のオフ会みたいだ。

(次の予定が、1113日の午後1時。グリーンドーム走行会とぴったり同時開催。)



………



『ワールド』は10種類以上存在する。子供は「次はどれにしようか」なんて選ぶことから楽しんでいるが、大人はそこまでは付き合えない。


「お父さんはいつも『ヒーローワールド』か『レジェンド』だけだからね」



★ヒーローワールド、カルテットファイブデッキ

 … 「ウケねらい」なヒーローワールドの中でも、さらに「オヤジギャグ的」で、なおかつマイナーな「カルテットファイブ」。ほぼ全てがノーマルカードなので、各20円程度で購入可能。(「タウゼント」がちょっと高いかな。)

f0131183_19060557.jpg

↑メインカードは「全員出動カルテットファイブ」。

ドロップゾーン(捨て牌、負けカード置き場)にカルテットファイブが9種類あると、敵の全カードを破壊してさらに5点。10点とれば勝つうちの5点なのだが、そもそもカルテットファイブが全部で13種類しか存在しない。

要するにギャンブル性満載で、当たればデカイが、なかなか当たらない、というか、今まで当たったことがあるか?

f0131183_18353968.jpg

↑これはヒーローワールドの中で間違いなく最強候補の「ディジエム」。守備力7000ということは、7000以下の攻撃ではダメージを受けない(得点を与えない)。なぜか安いし、あまり見かけない。

f0131183_19053622.jpg
名物カード「実は生きていた!」

↑ヒーローは、死んでも生き返るもの。相手に10点取られたときに、1点状態で復活できる。

ゲームセット!と思ったら、「まだまだぁ!」と盛り上がる。


親としては、勝つ必要がなく、場が盛り上がればそれでいいんでね。



………



スターター(スタートデッキ)の目的はルールを覚えること。

初めて買うなら、基本的な「ドラゴンワールド」がよい。「カタナワールド」と「スタードラゴンワールド」は、初心者には難しい。

通常のスターターが500円なのに、「アジダハーカ」のスタートデッキは3000円。スネオ用。もちろん、強い。

ただし、どんなワールドでも、満足いくデッキにするためには買い足しが必要。スターターだけでは不十分です。


家族そろってカルタでもするか、と同じ感覚で、親子でバディファイトでもするか、という位置関係なので、マイナス要素はまったくないと思います。





[PR]

by akogarehotel | 2016-11-11 19:07 | 子育てられ | Comments(0)  

1943.  答えは、モーツァルト 平成28年10月30日(日)

答えは、モーツァルト 平成281030日(日)



日曜日は「こどもの日」。親ばか日記。


今日は、我が家でお友達の誕生会。

おめでとう。

f0131183_18220549.jpg

誕生日を迎えるのは一人だけど、チョコレートプレートは3枚。平等じゃないと喧嘩になるから。

しかし、そこまでしているのに、「イチゴが1つしかない」と言うか!



………



朝から、トイザラス、ゲーセン、ココス、カラオケ、公園。

しっかり夕暮れまで。

トイザらスは、もうクリスマス準備の親がたくさん集合していました。



ということで、カラオケ。

近所の「シダックス」が閉店して、居ぬきで「ばんばん」になった。

値段が3分の1以下だ、すごいな。

f0131183_18223070.jpg

親ばかとしては、子供のことを考えて選曲。

アナ雪、タッチ、プリキュア、ドラえもん、妖怪などの他には、

↓当然のセカオワ。

f0131183_18225875.jpg

↓古いけど、まだまだ楽しんでくれる歌。

f0131183_18221650.jpg

↓そして、これがうちの子供のマイブーム。

f0131183_18224380.jpg

↑まさか知らないなんて恥ずかしいですよ。

間違いなく、それは年齢のせいでしょう。

【問題】この曲の作曲は誰?


(→この曲へリンク)



カラオケ店から自宅までは、歩いて15分。

子供たちと一緒に、北風の中を軽くランニング。

体調不良以来、初ランニング。


おなかが、、、、、重たい、、。


疲れた、というか、WCCFができないことが一番「疲れた」のかも。

明日はやるぞ!





[PR]

by akogarehotel | 2016-10-31 18:24 | 子育てられ | Comments(7)