タグ:自転車 ( 339 ) タグの人気記事

 

ハルヒル 平成28年5月22日(日)

ハルヒル 平成28年5月22日(日)


参加した皆様、お疲れ様でした。
僕は参加していないのですが、かわりに、僕の友人の、シャアこと、キャスバル・ダイクンさんが走ってきました。
f0131183_13143512.jpg



………
(以下、シャアさんから聞いたこと。)


AM5時半に駐車場到着。車内で「お化粧」。
f0131183_13145994.jpg

前日のうちに荷物を預けてあるので、ゆっくりと行動できる。素晴らしいサービスですね。
5時50分、駐車場の誘導員さんに笑われながら、体育館へ向けて出発。

あいかわらずスタート地点は人口密度が高くなってます。
増えすぎた人口は宇宙へ分散しましょう。
f0131183_13152955.jpg



3000番台(3ウェーブ)でスタート。
実は、マスクの視界が悪く、ブーツカバーのためクリートも装着しにくい。スタートでふらついて他人に迷惑をかけそうだったので、グループの最後尾からスタート。

神社までは爽快。3倍速。
神社から先は壁。恥ずかしいくらいの速度。

ゴールが近くなったころ、ツールドフランスのようにカンカンカンと鐘を鳴らしている人がいる。
てっきり、そこがゴールだと思った。
その鐘に向かって、最後の力で思い切り踏んだ。出し切った!

と思ったら、ゴールはまだ先。カーブがあと2つもある。。。。
もちろん、もう足ないよ。
笑われるくらいに、ノロノロでヘロヘロになってゴールした。

52分18秒
目標から2分オチ。


ちなみに、その紛らわしい鐘の主は、あのマンダ先生だそうだ。
もうっ!
(試走をしない俺が悪い?)


f0131183_1316071.jpg

f0131183_1316201.jpg


………


rosuket師匠も言っていますが、
ハルヒルは「市民参加の大会」として素晴らしい。誰でもが気軽に参加して楽しめるイベントだ、と。
(一方、あれは?)

コスプレさんもそこそこ参加しています。
「ミッキーマウス」さんと「ミニーマウス」さんにはレース中に千切られました。特に、ミニーさんはメチャクチャ早い。
スタート前に、わざわざ挨拶に来てくれたのですが、真っ黒に日焼けして、足の筋肉もガッツリとついていました。レース後に、ミニーさんの友人という人と話をしたけど、おそらく40分ちょいでゴールしているらしい。


もちろん、キクミミさんも参加していましたが、人気者のため近づけず、ちゃんと挨拶できなかった。ごめんなさい。


来年は、コスプレ好きの自転車乗りとして有名なマンダ先生が、何かやってくれると期待しましょう。


………


ハルヒルは地元密着型。
近隣に住んでいる方々が、家族総出で交通整理や応援にきてくれる。レース後の下山でさえも、熱心に手を振ってくれる。
そんな人たちが、「シャア」を見ると喜んでくれるんですよね(多分)。
まずは親世代が気づいて、その子供たちが(シャアを知らないけれど、何かのヒーローと思って)手を振ってくれる。
それで十分です。
僕も、来年は「シャアらしい手の振り方」を勉強して参加します。


ところで、
走りながら、「シャア!」という声はたくさん聞こえましたが、

 「あ!あれ!、、なんだっけ。」

と叫んだ人!
勉強してください!


………


午後からは、例年通り打ち上げ。
f0131183_13164627.jpg

はるかなさん、rosuket師匠、ウチダさん、カンベさん、そしてハルヒルを走っていないのに、打ち上げだけ参加のハトポさん。


前橋の気温は30℃越え。
ハルヒルよりも、帰り道の運転のほうが暑くて、汗をかいた。
そのぶん、ビールがうまいのも当然のこと。



来年は、私の職場で「みんなでやろう」という意見もあります。何を?

ちなみに、私、人生で2回だけ、女装したことがあります。
え、聞いてない?


f0131183_13172210.jpg

ヘルメットを制作していただいたウチダさんと記念写真。


 → その2へつづく


[PR]

by akogarehotel | 2016-05-23 13:17 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

シャア専用ロードバイク出撃準備完了 平成28年5月20日(金)

シャア専用ロードバイク出撃準備完了 平成28年5月20日(金)


ズゴックといえば、六角形のコックピット。
f0131183_1462923.jpg


頭部に6連装ミサイルも装備。
f0131183_1444672.jpg


魚雷装着。
f0131183_1442535.jpg

(一説には、魚雷ではなく水中エンジンとも。ただし、ハイゴックのものは魚雷であることを確認。)

↓アイアンネイルはデュラエース。
f0131183_144382.jpg


ついでにシャア専用サドルバッグ。
f0131183_1434378.jpg

レース中に携帯電話をしまいます。
そういえば、ガンダムに「携帯電話」って出てきませんね。宇宙に行ける時代なのに。


では、ジャブローに向かって出撃!
f0131183_1432367.jpg

いえ、目的地はハルナです、群馬県のジャングル。


………


練習日記。

15(日) ラン6km
16(月) ローラー(5%負荷15km)
17(火) ラン6km、ママチャリ天使ダンシング
18(水) ラン3km +【整体】
19(木) ローラー(負荷なし15km)
20(金) 【整体】+ローラー(負荷なし10km)

17日まで、思い切り体をいじめた。ランはダッシュ含み、ローラーも猛回転。
18日も一叩きする予定だったけど、子供が熱を出してしまい、予定縮小。
その後は、温存療法。
大学時代の試合直前のときのようだ。


ということで、何度もお世話になっております↓。
f0131183_143152.jpg


整体の先生のお話、
『先日、アイアンマラソン(118km)に参加するという人が、レース直前ということで、毎日整体にやって来た。練習で走ったあとにほぐすと、効果的な練習ができるから、と。』


確かに、毎日通うと効果的かもしれないね。
というか、アイアンマラソンとか、おかしいでしょ、それ。
(僕はランニングが大嫌いです。)
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-21 14:06 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

ステンドグラス時計(DENKOUBOU) 平成28年5月17日(火)

ステンドグラス時計(DENKOUBOU) 平成28年5月17日(火)



先日、八ヶ岳で作製した時計が届いた。
f0131183_12385100.jpg

リゾナーレ八ヶ岳内にある「DENKOUBOU」。
自分でデザインを考えて、ステンドグラス用のガラスを自由に配置する。
あとは、工房で職人さんが時計に仕上げてくれる。時計以外にも電気スタンドやコンセントライト、オブジェなどでもよい。
妖怪やネズミ系のキャラなど、何でも作ることができる。
f0131183_12382365.jpg

この職人さんのお子様がサッカー少年で、バロテッリが好きとのこと。
たまたま、僕がバロテッリのシャツで訪れたこともあり、気が合ってしまい、こちらもかなり自分勝手なデザインをお願いすることができた。

日本国内で「バロテッリ好き」が遭遇する確率って、どのくらいでしょうね?



ま、そういうわけで、職場に飾る時計を作りに行ったのだから、宿泊代は当然経費。家族全員で泊まったけど、「時計は何色にする?」なんて3分ほど「会議」したので、当然の「会議代」ですね。
往復の費用は、さすがに公用車では申し訳ない。自転車で行きました。その自転車代金だけ請求させてください。所詮、軽自動車よりちょっとだけ高額なだけですよ、ちょっとだけ。

しつこいな、俺も。


………


ハルヒルまで1週間を切ったので、カーボローディング。
ハトポさんで、めちゃくちゃサービスしていただきました。
f0131183_12384472.jpg

全部のカロリー?
知りたくもないね。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-18 12:38 | ただの日常日記 | Comments(0)  

一応、「Xデー」につき 平成28年5月13日(金)

一応、「Xデー」につき 平成28年5月13日(金)



今日のポエムは雲ひとつない青空。
f0131183_17565542.jpg



13日の金曜日がXデーなので、一応、書いておく。
Xデー、つまり、今日から赤城山ヒルクライム(協賛枠)のエントリーが開始!
私は、これまで、協賛枠(1万円寄付)でエントリーしていました。
ま、前橋の自転車事業に少しでも貢献できれば、1万円くらいなら安いもんです。自転車の金額に比べれば…


なのですが、
今年はエントリーしません。


理由はたくさんありますが、決して、
『 コスプレ禁止とか信じられねぇ 』
という短絡的なものではありません。


私の尊敬する某自転車コスプレイヤーさんが、
「 コスプレ禁止のため赤城不参加 」
とツイートしたところ、リツイートの嵐になってます。

その彼(彼女?)に赤城のコスプレ禁止状況を伝えたのが、僕だから。
情報源のたくさんあるお方なので、私からの情報だけで判断したとは決して断言できないが、彼を不参加に大きく傾かせたことは間違いない。
とすると、義理として、私だけが参加するわけにはいかない。コスプレだろうが、そうでなかろうが。

もしも、万が一、直前になって「やっぱりコスプレ解禁」なんてことになったら、謝っても謝りきれないし。

ということで、今年はエントリーしないことにしました。いずれにしろ、普通に満員御礼になるだろうから、前橋市としては何も問題ないわけでしょうが。


………


(ハルヒルに向けて)練習日記。

ハルヒルは22日。
直前の水曜日(18日)まで、思いっきり「絞り込む」。
その18日に整体に行って、準備終了。ちょっとギリギリだね。GWのせいです。


★しぼり、その1、
10日(火)
開館時刻とともに大渡体育館へ。
ラン10km。
 6km(時速15km)+インターバル1km(時速12km、時速16km)×3

走り終わったあとも含めて、ポカリ1リットル消費。
さらに、その後は、専門学校まで自転車移動(30分)。その道中も汗っかき。
1日で10リットルくらいの汗をかいたかも。汚いな。


★しぼり、その2
11日(水)
ローラー 5%負荷 距離20km
時速24kmから28kmで、1時間弱の「もがき」。
汗ビッショリ。当然のポカリ2本。

ハルヒルも同じく1時間弱だから、ポカリを2本持っていくべきか?


★休養
12日(木)
さすがに疲れてる。
WCCFで、飲酒インテルツェーして、練習なし。
ウインガーの条件として、「パスを受け止められる人」というのがあると思うのですが、それが「全体フラグ」なのか「個人の能力」なのか。


★しぼり、その3
13日(金)
今日はバディファイトにとっても「Xデー」。
f0131183_17572539.jpg

新拡張パックの発売日。大人買いの2ボックス。

『 全ワールドに必殺モンスターだってよ?! 』
意味が分からない人は、、、、、、素振り100回。


ポエム(上記写真)を経由して、荒牧の「ゲーセン風カードショップ」へ。
いわゆる深夜営業のWCCFですが、あくまでも「ゲーセン風」ですから。
WCCFとバディファイト完備なので、いつもお世話になってます。


というか、前橋の気温27℃。
「しぼる」どころか、ひからびちゃうよ。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-13 17:57 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山オートキャンプ場 平成28年5月7日(土)、8日(日)

赤城山オートキャンプ場 平成28年5月7日(土)、8日(日)


今シーズン3回目のキャンプは、前回から中1日の配分。
…斡旋がつまっていて、ちょっと疲れがたまってます、、、

f0131183_1881042.jpg

子供の幼稚園時代の友達を含めた3家族11人で。
みねさんのお子様も同じ幼稚園、といっても遠すぎる昔のことですね。
f0131183_1884333.jpg


………


7日(土)
僕以外の10人は、午前中に出発。
まともな仕事大好き人間の私は、仕事が終わってからの昼過ぎに単独行動。


午後3時、仕事と昼食を終えて、自転車「ママチャリ」で出発。
赤城山オートキャンプ場は、赤城山の裾野、三夜沢の赤城神社のすぐ近くにある。標高は500m。自宅からは25km弱の距離。予定所要時間は1時間半。

ロードバイクでもいいのだけれど、あえてママチャリクロスで出発。(理由は後述。)


まずは、いつもの天使へ。
ようちえん坂(5%で2km)と、天使(6%で2km)を上って、天使ゴールのセブンイレブンで休憩。前橋市街地の気温が30℃を越えていたけど、山に来ると小雨。ちょうどいいシャワー。

天使からは国道353号をひたすら東へ。上ったり下がったり。
天使から約5km走ると、三夜沢の交差点に着くが、その直前に、、、
f0131183_1873626.jpg

「大崎釣堀」
網野さんちです。赤城山に近いとは聞いていたけど、こんな目立つ場所とは思わなかった。(7月に寄らせてもらいます。)


三夜沢の交差点は左折。
曲がったとたんに「坂」が始まる。
ここが有名な「赤城旧道」。
(説明は下段へ)

f0131183_1871810.jpg

8%前後の坂を1.5kmほど上ると、赤城神社。
この周辺は舗装がよいので、選手の方々がタイヤを引くこともあるらしい。
f0131183_1865547.jpg

右に曲がると、約500mでキャンプ場に到着。
f0131183_1863333.jpg



自転車でキャンプ場に行くってのは、楽しいことです。


f0131183_1861712.jpg



この日は、夕方から、そこそこの強風。
赤城界隈にとっては、日常的な風速だけども、キャンプには不具合。
紙コップが飛ばされて、ワインがこぼれちゃうし、
缶ビールが転がって、中身がこぼれるし、

タープを留めるロープが切れて、金属のペグが飛んでいくし。
といっても、赤城にとっては、あくまでも日常茶飯事、、、

あまりキャンプに適した場所ではないんじゃないの?
(詳しくは後述)


しかし、テントの中に入りさえすれば、風も寒さも関係ないので、子供たちは楽しんでいる。それでOK。


………


8日(日)

朝、たくさんの車と、少しの自転車が、赤城旧道を登っていく。
うらやましいな。
この日は、前橋市長さんも上っていったという。またニアミスですね。

子連れの我々は、グリーンフラワー牧場へ。
近くには、フラワーパークとか、グリーン牧場とか、紛らわしすぎ。
子供たちは、午前中いっぱい、牧場を走り回り、昼食を食べて帰宅。


もちろん、僕は自転車で帰宅。
市街地までは坂道を下るだけだから(当然のように?)自動車よりも早く家に着いた。



練習不足の連休がやっと終わった。



★★★


f0131183_18344964.jpg

赤:赤城県道
ピンク:赤城旧道


赤城旧道
 三夜沢-赤城小沼

 距離15kmくらい?標高差800mくらい?
 中盤以降は勾配10%が、7,8kmつづく。

赤城山ヒルクライムのコースは県道4号。いわゆる「赤城県道」。
そちらの本道に比べて、明らかにスペックアップ。
序盤から急勾配がつづき、キャンプ場の先に長い下りもあるので、そのしわよせがやってくる。中盤以降は勾配10%のカーブが延々と続き、着地してしまったら、(クリートをはめて)再スタートはむずかしい。
センターラインのない一本道。車のすれ違いには神経を使う。舗装もあまりよくないので、下りはむしろ不快。

そんな道へ、なぜ上る。それは「上級者用コース」だから。
上級者の自覚がある人しか上って行かない。
あるいは、コースを全く知らない人。


………


じゃぁ、俺?
「別の理由」があるので、走ることはないと思う。

チェルノブイリにサイクリングには行きたくないから。

キャンプ場はギリギリ許される、というか、本当は行きたくない。諸事情により仕方なく。
とすると、ロードで行ったら、その汚れを取るのがメンドクサイ。ママチャリなら水道の水をかけて天日干しでOK。なので、ロードは温存。


ま、かなり偏った個人的な意見ということで。
でも、お勧めではないのでヒルクライムコースガイドには載せていない。


しかし、そんな情報を知らずに、3年前に途中まで上ってしまった。
そのときは、日没で引き返したのだが、その日記↓
平成25年8月の記事
当時の私には、スタート地点(三夜沢交差点)に着いた時点で、すでに疲労感満載でした。成長したな、俺。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-09 18:08 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

北軽井沢スィートグラス、もう何回目? 平成28年5月4日、5日

北軽井沢スィートグラス、もう何回目? 平成28年5月4日、5日


今年2回目のキャンプ。
今年は初めてのスウィートグラス。


ハトポさん(一応HN。元競輪選手。)が、
「 家族でキャンプに行きたい 」というので、ご一緒しました。
スウィートグラスでは元選手の山崎ゆうやさんも働いています。


GWといえども、軽井沢の早朝は真冬並に冷え込む。ハトポさんが、キャンプは全くの初めてで、幼稚園児も一緒なので、初心者にも優しいコテージタイプにした。特別会員の威力を使って、がんばって予約を確保した。
(「ハトポ」とはサンドイッチ屋さんの名前。似ているけど、コジマ社長とは関係ありません。)


カントリーキャビン。私の家族用。
f0131183_13551858.jpg

定員6人。電源あり。
広い室内に薪ストーブ兼用の調理台(オーブン)あり。
ピザを焦がさずに焼ける。これは素晴らしい!
しかし、煙突がつまり気味?火力を上げると接続部分から煙が漏れる。。。
おかげで室内が煙だらけ。しかも、夜中にCO警報が鳴った!
ストーブを消して寝たけど、寒くはなかった。
デッキではもちろんBBQ可能。風除けシェードあり。


こちらは、ツリーハウス。ハトポさん一家用。
f0131183_1355457.jpg

定員5人。
電源あり。室内クッションの上に寝袋で寝る。薪ストーブ、BBQデッキあり。1階部分にブランコあり。
室内の広さに比べると薪ストーブの火力が大きい。
「 暑すぎて眠れませんでした 」と。
ごめんなさい。


………


5月4日、朝9時、前橋出発。
渋川から日陰を通り、渋滞なく、11時前に北軽井沢に到着。

昼食後、スウィートグラスへ。
子供たち(総勢5人)がトレジャーハンティングなるイベントに参加している間に、お父さん二人して、「昼からるーびー」。
f0131183_1356753.jpg

テントを設営しなくていいから、ラク。ビールもたくさん飲めちゃうよ。


スウィートグラスには子供用の遊び場が多数。
子供たちを飽きさせないのも、人気の理由かもしれない。
f0131183_1356357.jpg

f0131183_13565494.jpg


なかでも一番人気はトランポリン。
f0131183_13571561.jpg

ただ飛び跳ねるだけなのに。子供って、不思議だ。
そして、いつの間にかお互いに仲良くなってる。不思議だ。
(トランポリンの予約は当日の朝8時から。5月5日は、6時半に並んだら3番だった。寒い中、8時まで、1時間半もがんばったよ。5月4日はキャンプ場に到着した11時の時点で、まだ夕方ぶんに空きがあった。ラッキー。)



金ちゃんちの焼肉と、焼きたてピザなど食べて、就寝。



………


5月5日(木)

朝食は、「ハトポ特製チョコバナナジャムサンド」
f0131183_13574364.jpg

いただきます。



トランポリン、バッジ作りなどのあとに、「人間牧場」へ。

「人間牧場」という名の釣堀。
スウィートグラスから徒歩5分。
名前から想像できるように、なかなか思想の強い人が経営している。
f0131183_13542944.jpg

どんな思想だろうと、子供たちは釣りができれば喜ぶ。何も問題なし。

唯一の問題は、、、、
去年、ここで「ヒメマス(1尾2000円)」を釣った長男が、今年もそれを釣りたいと言って粘っているが、なかなか釣れない。。。1時間たっても釣れず。
見かねたハトポさんが、特製の餌(リアル芋虫)を草むらから拾ってきて取り付けてくれた。すると、あっさりと釣り上げ!
ありがとうございます。助かった。

釣った魚はその場で塩焼き。
f0131183_1354513.jpg

子供たちは、自分の釣った魚なら、多少の骨や内臓でも文句を言わずに食べてしまう。



温泉に入って、渋滞もなく、午後5時に前橋に到着。
近くて便利だね、群馬(北軽井沢)って。

次回は、自転車で行きましょう、ハトポさん!


スウィートグラス目次
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-07 13:57 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

連休唯一の練習日記 平成28年5月2日、3日

連休唯一の練習日記 平成28年5月2日、3日


月曜日の練習はこれ↓
ワットバイク。
f0131183_19281718.jpg

サンドイッチ屋さん「ハトポ」のイベント。
100mダッシュで最高時速を店長さんと競い、勝てば、ムフフ、、、

って、店長さんって、元選手ですから!
ということで勝負の結果は、

私:時速65km
ハトポさん(一応HN):時速72km

わたしまけましたわ
腐っても、ではなく、まだまだ腐ってませんね。


対決の後、桜井さん(現選手)から「 しばらく使ってていいよ 」と。
ワットバイクで練習してっていいよ、とのこと。
しかし、このワットバイクは、通常はドームに置いてあり、競輪選手が練習に使うはずのもの。間違えて壊してしまっては謝りきれないので、ちょっと遠慮がちに、

ケイデンス120(時速42kmくらい)で5分間、回してみた。
ペダリングの状態がモニターに表示される。左右のバランスや、踏み引きのロスがわかる。

これは楽しい道具ですな。
とはいえ、桜井さん自身が、「 欲しいけど、買えない。 」と。
値段を聞くのは遠慮しました。



その後、夕方、自宅でローラーを負荷かけて15分。
連休中の練習はこれだけ。たったこれだけ。


………


5月3日(火)
長女のバレエの発表会。
f0131183_19285262.jpg

で、ジゼルって何?

「 セレブだねぇ 」と言われても何も反論できない。
本当にお金がかかる。発表会出演料と貸衣装代金で○○○!


市長さんの娘さんも出演していたそうです。だから警備がうるさかったのですね。でももっと有名人なら、福島正幸さんのお孫さん(二人)も出演していました。どこかに、ご本人もいらしたのでしょうか。

え、福島正幸を知らない?
→リンクへ
そんな奴は、今すぐ自転車を降りろ!(^^)
わがまま餃子と、かたわらまんじゅうは、選手引退後のお話です。
[PR]

by akogarehotel | 2016-05-06 19:29 | 子育てられ | Comments(2)  

ピストで「楽しい練習」 平成28年4月24日(日)

ピストで「楽しい練習」 平成28年4月24日(日)



今日は、こんな練習↓
f0131183_12423447.jpg

f0131183_12425251.jpg


伊勢崎地区の選手の方々が行う練習のひとつで、「島村もがき」。
1300mの直線道路。
 「あの先に見える信号の手前までもがいてください。」
f0131183_12431192.jpg

 え?信号なんて見えませんけど。。。。
 
途中まではバイク誘導。
バイクの番手マークで時速40kmから50kmまで上げてもらう。(本日は向かい風のため時速40km。シロウトにはこれで限界。)
中間地点でバイクが減速。そこを外から捲って、ゴールまで全力疾走。

って、ゴールが見えないくらい先にあるんですけど。

これは、やってみないとわからない。
単なる1000mダッシュではない。
1本やると、2本目が恐くなる。


1本目:人生初、ラインの3番手で追走。
やばい、チギレそう。。。
時速50kmの誘導は取手ケイリンで経験済みのはずなのに。少しでも車間があくと、風の抵抗が突然強くなる。追走一杯。

2本目:ラインの順番変えて、バイクじか付け。
先ほどの教訓から、超ピッタリマーク。
お、今度はスンナリ追走できるじゃん、余裕じゃん、となめながら、
捲りに出た瞬間に、ドカーーーー!とまさに「空気の壁」。そこからは100mももたない。。。

3本目:単走。
バイクマークから捲りにでて、今度は「壁」上等。
2本目よりは多少長くもがけたと思ったら、バイクの捲り返し。
そこに飛びついて、なんとか追走して、、、一杯いっぱい。

4本目:捲り返して差しかえし
バイク誘導を捲って、もがいて、壁にぶつかって、
バイクの捲り返しに飛びついて、追走して、さらに差しかえす。
文章だけ見ればかっこいいけど、内容はそれなりのシロウト。


所詮、30秒か40秒の「もがき」なんだけど、こんな密度の濃い練習は初めてです。
4本で終了。4本で十分。


ちなみに、今日の練習は「新ヘルメット」のデビュー。
f0131183_12433312.jpg



………


練習後にBBQ。
(写真は自粛)
元競輪選手の斎藤薫さんも一緒に。
群馬の69期で、イシケンさんの同期生です。
で、イシケンさんとは対称的に、こんなに静かで選手をやれたのだろうかと心配してしまうくらいに落ち着いて物静かな方です。ただし、その静かな口調で、非常に興味深い話をたくさんしていただけましたが。



ご参加の皆様、お疲れ様でした。
イシケンさん、いつもありがとうございます。


………


でもって、翌日(月曜日)。
足全体が重くて痛くてつらい、、、、いわゆる「CPKが高そう」な感覚。
今日はもう何もしたくない…

通常の長距離練習だと疲れなんて全然残らないのに。
昨日は「たった4本」のもがきなのに、草津に行ったときのように疲れが残ってる。

それなりの指導者のもとにそれなりの練習をすれば、たったの4本でも、しっかりと「パワー練習」ができるってことですね。
競輪選手になろうと思ったら、この練習を毎日繰り返さないといけないのだから、あの人たちは本当にすごいです。


………


一応、練習日記。
17日(日) 八ヶ岳まったり温泉
18日(月) ローラー 30km
19日(火) ママチャリサイクリング 40km(通勤)
20日(水) ローラー6%負荷 15km
21日(木) ローラー6%負荷、10km
22日(金) 水泳1700
23日(土) ローラー6%負荷、7km
24日(日) ピスト島村もがき

1週間に1日は「オフ」を取ると決めている。結果的に17日がオフ。
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-25 12:43 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山ヒルクライムについて 平成28年4月24日(日)

赤城山ヒルクライムについて(最終) 平成28年4月24日(日)


そういえば、今年から「絵」がかわりましたね。
f0131183_6385355.png

去年までのイラストは、ちょっと初心者さんという評判?
今年は一気にビッグネームの登場です。


で、なぜ石渡治さんか。

ご存知の人のほうが多いと思うけど、一応、確認。


★★★


赤城山ヒルクライムは別名「高千穂遙記念」。

高千穂遥さんの小説「ヒルクライマー」の中で、前橋から赤城山山頂までの架空のレースが登場した。

 『 市街地の道路を閉鎖して、そんなレースやっちゃっていいのかよ 』

とは、作品内の登場者のコメント。

そんなことは関係なく、、、
数年後、その架空のレースが現実化したのが、現在の赤城山ヒルクライム。
なので、毎年、高千穂遥さんがゲストとしてやってきてくれている。


高千穂遥さんの作品といえば、ほかには「グランプリ」。
f0131183_6474637.jpg

もちろん、競輪グランプリを題材にした小説。

この小説が縁で、石渡治さんや新田康仁さん(いわゆる赤い彗星のシャア!)と親交があるとのこと。

そして、このお二人もまた、毎年赤城山ヒルクライムに来ていただいている。


★★★


石渡治といえば、、、

昭和の時代ならば「火の玉ボーイ」とか「B・B」といってもいいけれど、現在は、
f0131183_6541226.jpg

「Odds」
(説明不要でしょうが)ロードレーサから競輪へ転向する主人公のマンガです。
赤城山ヒルクライムのパンフレットを見て、「リンタロウ」の名前が出てこないなんて、そんな人は参加しちゃダメでしょ。


要するに「競輪マンガ」のイラストが、パンフレット表紙を飾っている。


★じゃぁ、なんで競輪とコラボしないのさ!

せっかくグリーンドーム(競輪場)の近くで、こんなに集客力のあるイベントが開かれるというのに、「競輪」は蚊帳の外なの?
これまで毎年、ヒルクライムを盛り上げるために、競輪選手の方々も参加しているのに、逆に、競輪を宣伝してあげようという方向にはならないのでしょうか。


確かに、おととし(平成26年)はイシケンさんもご尽力いただいて、ドーム走行会が開催された。でも、あれは明らかな宣伝不足。ちょっと失敗したからって、もうオシマイ?
もっと、何かできないものかな?


ありきたりの「未確定車券ガラポン」でもいいよ、つまんないけど。
もっと宣伝して、サクラでも集めて、ピスト試乗会をもう一度やってもいいんじゃない?
例の「画面付き固定ローラー」で「競輪選手と200m対決!」なんて子供が喜びます。
子供を呼ぶなら、子供自転車でバンク1周(内帯線のさらに内側)でも十分です。
選手のサイン会(翌日ヒルクライムに参加)なら、俺は行く!でも、新田さんは合同庁舎でのイベントで仕方ない。
少なくとも、合同庁舎からドームまでの案内板くらい立てようよ。で、ドーム前にはロード専用の駐輪場。


前日のクリテリウムでは、ドームのすぐ横を通るのだから、今からでも遅くない、何かやれ。


だって、今年は10月に前橋で寛仁親王牌(G1)が開催されるんじゃ?



ちなみに、僕の長男の名前と、石渡治さんは何も関係ありません。



★★★


次は、

「高千穂遥」といえば、

誰もが知っている「ダーティペア」。
(ナニソレ?と思った人も、赤城参加禁止)
f0131183_7124169.png


高千穂さんの名を世に広めるきっかけとなった、今でいうなら、まさに「アニオタ」的マンガ。

これでも、コスプレ禁止にしちゃうの?
(ま、それはそれで仕方ないですけどね。)


でもって、
「新田康仁(静岡74期)」といえば、
f0131183_717468.png

→ブログへリンク


シャアの本家様です。

これでも、コスプレ禁止にしちゃうの?
(ま、それはそれで仕方ないですけどね。)


………


さて、エントリー日が5月18日(水)午後8時と決まりました。

申し込むべきかどうしようか。
運動会と重なる可能性が濃厚。しかし、決定ではない。
エントリーしておいて欠席するのでは、エントリー漏れしてしまう人たちに失礼なので。
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-24 07:18 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

赤城山ヒルクライムがコスプレ禁止の件(続報) 平成28年4月20日(水)

赤城山ヒルクライムがコスプレ禁止の件(続報) 平成28年4月20日(水)


「警察からの命令でコスプレ禁止」とのことでしたが、

今日、某警察某部署の人とお話しする機会があったので、(通りすがりの方のご意見どおりに)非常に腰を低くして、尋ねてみました。


、、、赤城山ヒルクライムが、「警察の命令によりコスプレ禁止」っていうんだけど、それ本当なん?


………


某県警某捜査1課のかたによると、、、

(前橋警察署交通課に確認したところ)
『赤城山ヒルクライムの実行委員の○○さんと話し合いの上、安全性を考えて「自粛するように」と決定しました。ただし、制限する法律があるわけではないので、「禁止」ではないはずです。』

さらに、

『マラソンのようにただ走るのならよいのですが、自転車ではいろいろと危険性がついてまわります。衣装がチェーンに引っかかったり、かぶりもので視界が狭くなったり。それでも、もしも事故が起きてしまった場合は、選手個人ではなく実行委員会の責任になります。大きな事故ならば次回開催が中止になる可能性もある。なので、自転車の大会としてはコスプレは許可しがたい。』

とのこと。

『つい先日の前橋渋川マラソンでも「着ぐるみの人」がいましたが、それらについては特に問題視はしていない。』
と。


非常に納得がいくお返事です。
 「ふざけてる」から「禁止」  ではなくて、
 「危ない」から「自粛要請」  ですね。


上記実行委員の○○さんともお知り合いなので、
警察側の意見を受けて、実行委員会がどう対処したかも想像できます。

いくつかのマイナス要素を考慮しても、
 「危ない」から「禁止」 となってしまったのでしょうね。仕方ない。


………


結論。
赤城山ヒルクライムは安全確保の観点からコスプレは自粛要請。
しかし、禁止ではないので強行出場は不可能ではない。


………


とはいえ、強行出場する価値があるとも思えない。
もしも出場するなら、競輪ユニフォーム+競輪ヘルメットでしょうか。
いわゆる「安全なコスプレ」。さらにプロテクターも着けちゃおうか(^^)どれだけ落車しても大丈夫なコスプレ。


しかし、運動会と水球試合とのダブルブッキングが最大の懸念なんですが。




お答えいただいた関係者の方々、ありがとうございました。

m(_ _)m
[PR]

by akogarehotel | 2016-04-20 14:08 | 本気のサイクリング | Comments(4)