2172. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(16) 僕らが旅に出る理由

「モロッコ格安新婚旅行1999」(16) 僕らが旅に出る理由



オザケンの歌ですよ。



………



予定もたてず、予約もせず、海外旅行に行くなんて、

まるで、竹槍で弓部隊に突っ込むようなもんだと、勘違いしていた。


こんなに楽しい冒険は、なかなかできるものじゃない。

こんなワクワクした経験は、人生でそうそうあるものじゃなかった。


その理由は、

「その場しのぎでも、意外とどうにかなる」という自暴自棄なものではないし、

「トラブルに遭遇したとき、どう対処するか」という修行的なものでもない。



そんなどうでもいい理由とは、全然違う。



ホテルを探すために、現地の人と接する。

移動手段がないから、現地で探索する。

食べ物を探して、そこらの路地裏へ迷い込む。

そして、人と出会い、人と「会話」する。


そうすれば、

宗教の違いに驚くこともあるし(こんなのは蛇足)、

自分とは違った価値観で生きている人間を目の当たりにするし、


でも、その中に共通点を見出すこともあるし、

敵対したまま敵で終わる人間もいれば、実は味方になる人間もいるし、、、


自分より優れている人間に出会うこともあれば、

自分より劣っている人間に会うこともあるかもしれないし(滅多にない)、、

自分より努力している人間、特に子供に出会うこともあれば、

努力のかけらもしていない人間、特に大人に出会うことも多々あるし、、。


たくさんの見えていないものが見えてきた。

他人が自分のことをどう思っているかも感じ取れる。

小さい意味では、目の前の外人が、僕のことをどう思っているのか。敵なのか、味方なのか。

大きな意味では、この国が日本のことをどう思っているのか。敵国なのか、味方なのか。



ツアー旅行を完全否定するつもりはない。

それはそれで、初心者用のとっかかりとして重要。プレシーズンマッチみたいに。


でも、自由旅行になれば、ツアー旅行の100倍以上のものが見えてくる。



と、まあ、

いちいち、こんなこと言わなくても、行ったことのある人にはすぐにわかる。

行ったことのない人には、残念だけど、全然わからないかもしれない。


f0131183_00040149.jpg


………



この新婚旅行を契機に、僕らは自由旅行にハマってしまい、

 モロッコ

 ミャンマー

 カンボジア

 モロッコ

 ウズベキスタン

 ミャンマー

と毎年1回、旅に出かけた。


夫婦ともに、休暇をとりずらい仕事をしているが、頭を下げてなんとかしてでも出かける価値はあった。


モロッコには2回行った。

どうしても、オマールにまた会いたくなったから。そのオマールが、僕らのことを忘れていなかったのが、とてもうれしかった。


↓場違い感満載のムラサキのターバンを巻いた僕と、オマール。

 「外人が浴衣を着ても似合わないよな」


f0131183_00025195.jpg

しかし、ミャンマーの2度目の旅行を最後に、もう海外へは行っていない。

その理由は、子供が生まれたからではなく、

ミャンマー旅行のときにデング熱に感染したから。


調子に乗って、農村部へ無防備に出かけてしまった。デング出血熱ではないので、死ぬことはなかったが、

楽しいからといって気軽に旅行するべきではないと反省した。



現在、テロの情報はかなり詳しく報道されているが、「病気(感染症)」のことはほとんど知られていない。

しかし、鳥インフルエンザ(超高病原性、感染したら死ぬ)が、中国、エジプト、サウジアラビアで流行しているのは間違いないし、東南アジアのどこかにSARSがいてもおかしくない。収束したはずのエボラ出血熱は、再びアフリカで流行中だし、アメリカでさえ、西ナイル脳炎という病気がある。


残念ながら、子供をつれて気軽に行ける場所は、なかなかない。

今は我慢。子供が大きくなるまで待ちましょう。



………



かわいい子には旅をさせろ

これは名言過ぎる名言だね。


f0131183_00042014.jpg

(ミャンマー旅行記へ続こうかと思ったけど、いい具合でまとまったので、しばらくお休みします。)






[PR]

# by akogarehotel | 2018-06-23 00:02 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

2171. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(15) 帰還

「モロッコ格安新婚旅行1999」(15) 帰還



砂漠での楽しい二日間が終わった。たったの二日間だった。


f0131183_00185560.jpg


帰り道の写真。

町々にある市場。さりげなく撮った写真。店の人に話しかけたかったけど、なんだか失礼と思って遠慮した。


f0131183_00180435.jpg


帰り道にある観光地、トドラ谷。

オマールが気を利かせて、寄り道してくれた。

観光客に混じって、地元民とヤギが歩く。自分の体積の倍以上の草を背負っているヤギ。


f0131183_00183600.jpg



夕方、ワルザザートへ到着。

なんだか懐かしい。


ホテルロイヤルのモハンマド兄ちゃんがキープしておいてくれた部屋へ。

久しぶりにシャワーを浴びて、久しぶりに大の字で寝る。



………



翌朝、まだ暗いうち、

オマールにもう少しだけ、ご足労。

ホテルからワルザザート空港へ。


f0131183_00174909.jpg

ワルザザート空港

航空機は、観光客と、ごく一部の金持ちしか利用できない。当然、乗降客も多くはない。

この当時、ワルザザート空港からは、カサブランカ行きが週に3本あるだけ。

「日本に行きたいけど、俺達には飛行機代がない。」 というオマールの言葉が悲しい。


f0131183_00182220.jpg

しかも、こんな小型飛行機。

ワルザザートは、これで済んでしまうレベルの町ということ。

ちなみに、RAMとは、ロイヤルエアーモロッコ(モロッコ王国航空)の略。




感慨にひたりながら、ワルザザートを後にする。

RPGのように5日間かけて移動した距離は、たった1時間の飛行で終了。

「スタート」の地、カサブランカに舞い戻った。



………



カサブランカでは、オマールが予約してくれた海岸沿いのホテルに1泊。

なにもかも気が利く奴です。


f0131183_00190905.jpg


砂浜では、子供たちがサッカーに興じている。

アフリカらしい。



………



翌日、もう慣れたもので、電車に乗ってカサブランカ国際空港へ。

パリを経由して、成田へ帰国した。



パリで、成田行きが欠航になってあせったり、空港のフランス料理店で冷たくされて怒ったりしたけど、

モロッコ内のできことに比べれば、些細過ぎる出来事なので、詳細は省略。







[PR]

# by akogarehotel | 2018-06-21 00:15 | あちこち旅行記 | Comments(0)