2188. 卓球市民大会(前橋、高崎)  平成30年10月7日、8日

卓球市民大会(前橋、高崎)  平成30年10月



体育の日は大会めじろおし。

おかげで、グリーンドームには行けません。

せっかく招待されているのに。せっかく、せっかく…



………



10月7日 前橋市民大会


小学生から大人、というか高齢者までを、一日で片付けてしまうマンモス大会。

待ち時間が長い。2時間待ちなんて普通。


去年、兄妹そろって優勝した。そのため、今年は「クラス」が上がります。

 長男:去年、中学1年優勝 → 今年は中学2年の部

 長女:去年、小学生優勝 → 今年は中学1年の部



長男は第4シード。

しかし、ベスト16で敗退。「イボ」の敵に、ドライブを全て封殺されてしまった。

相性が悪いので仕方ないが、当然、本人は超ガッカリ。



長女は第2シード。

第3シードが強敵で、勝てるかどうか心配していたけど、3-0の楽勝。

決勝は第1シードの選手に負けて、予定どおりの準優勝。



ちなみに、ハトポさんの長男も出場。

中学2年の部で第7シード。

決勝トーナメントの緒戦で、ノーシードの隠れ強力選手と対戦。激戦の末、3-2で勝利。誰もが想定外。よく勝った。

その後、準々決勝で第2シードに負けて、ベスト8。



………



10月8日 高崎市民大会

(高崎市に住んでいるか、市内の学校に通学しているか、市内の卓球教室に通っているか、が参加条件。)


前橋大会に比べて、参加者が2倍以上。中学1年男子だけでも140人が参加。

しかし、中学部門だけ会場と日程が別。試合の待ち時間がほとんどない。観戦者も気を抜く暇がない。


長男は中学1年の部で、堂々の第1シード。

(高崎の中学1年は弱小世代として有名。一方、小6と中2は激強。)


すべて3-0で勝って、準決勝へ。

準決勝の相手は、大人のような体格のT君(第4シード)。なにこいつ?と思ったけど、意外と鮮やかに、ここも3-0で勝利して決勝戦へ。


さて、決勝戦の相手は、、、?



………



第2シードは、S中学のK君。

小学校のときから何度も試合で顔を合わせているお友達。好青年なので、僕は大好き。

細い手足で強力なドライブとスマッシュ。

この日は絶好調の様子。全て3-0で準決勝へ。


第6シードのM君は、長男と同じ学校。

実は、隠れ1位の実力者。小学校では、県のベスト4。

長男はベスト8、K君はランク外なので、M君は格上。S1とS2くらいの大きな差。

M君は、中学入学と同時に卓球を辞めていた。

しかし、うれしいことに、この夏に復活してくれて、この試合が中学のデビュー戦。なのでシード順位が低い。ドラえもんのような体型で、全然強そうに見えないのに、正確なつっつきと、どんな早いスマッシュも正確に返すバックハンド。


準決勝は、M君 対 K君。

超接戦。激戦。ほぼ全てのセットが9-9になりながら、


3-1 でM君の勝利!


………


決勝戦は同校対決。

オレンジ色の同じユニフォーム同士の対戦。

f0131183_13255534.jpg

長男 対 M君

1セット目が、デュースの末、12-14 でM君。

その数字が象徴する接戦。どちらかが2点リードすることがほとんどない。


結果は、1-3 でM君の優勝。

長男は準優勝。


f0131183_13262654.jpg


準優勝で十分。

M君にデュースに持ち込めるということは、県ベスト4上がりの選手にも十分に対抗できるということ。



………



こんな選手が2人もいれば、この学校はよほど強いのでは?

ところが、悲しいことに、男子部員が3人しかいない…


中学では、6人いないと団体戦に出場できない。

高崎で唯一、入学試験のある中学です。

受験をクリアすれば、県外でもOKです。誰か入学してくれませんか?本気です。


最近は小学生の試合に行って、受験してくれそうな子供を捜し続けている毎日です。



………



長女の賞状。


f0131183_13261052.jpg

たくさんありすぎる。

賞状と一緒に銀メダルをもらって、


長女 『 やったぁ、これで3色そろった!』

(去年の金メダルと、団体戦の銅メダル)


今年は、2位狙いだったそうです。





[PR]

# by akogarehotel | 2018-10-10 13:28 | 子育てられ | Comments(0)  

2187. 寛仁親王牌 平成30年10月5日(金)

寛仁親王牌 平成3010月5日(金)



こんなところから高みの見物をさせてもらってます。

グリーンドーム来賓席。(ホーム側最上階)

f0131183_12505863.jpg

各種自転車競技の医務室を担当しているためでしょうか、人間関係の賜物でしょうか、僕の人格のなせる技でしょうか。

ありがたいことに、来賓席にご招待を頂きました。


不本意ではありますが、平日の昼間、

 「来い」と言われたので、仕方なく、行ってきました。

来いと言われたので仕方ありません。


こんな時刻にギャンブル場の来賓席にいる人間なんて、まともな奴がいるわけない。

ある程度の妄想こみで言うと、

上下スーツの893系の人か、来年の寛仁は生きているかわかないよぼよぼの爺ちゃんのどっちかしかいません。


僕?

ジャージにTシャツという自転車乗り。

バンクにはさんざん自転車が目立つのに、来賓席では浮いてます。まわりからの視線が熱くて冷たいです。



………



来賓席には、競輪新聞と昼食券(600円ぶん)もセット。無駄な予算だ。

f0131183_12511680.jpg

いつものカレーを食べに、下界まで降りてきました。

天上のソファよりも、カレー屋のベンチのほうが落ち着きます。



………



来賓席はもちろん無料ですが、そこはそれ。

「善意」としての入場料を払いましょう。


f0131183_12513434.jpg

久しぶりに、1つのレースに5000円突っ込んだ。

中山競馬場の特観席代金のつもりで。


すると、、

倍返しだ!


15000円、戻ってきてしまいました。

仕方ない、明日返却に行ってきます。

仕方ない。



………



そんなわけで、福井の、いや日本の偉人、脇本ゆうたの強さと、一般凡人の落車だけが目だった寛仁親王牌でしたね。



落車が多すぎて、石井さんは残業ばかりだったそうです。

仕事帰りのイシイさんと、ラウンドワンの三国志で待ち合わせをしたのですが、


 『 (落車した自転車の)タイヤ張りが終わりません… 』


なメールばかりで、ラウンドワンに来れたのは最終日(8日)だけでした。



そんなイシイさんに見せたかった動画のリンクへ↓

 攻城兵 沈瑩

 攻城兵 沈瑩-その2

 攻城兵 区星






[PR]

# by akogarehotel | 2018-10-09 12:35 | 競輪ブログ | Comments(0)