車坂峠ヒルクライム(その3)…考察と反省 平成26年5月15日(木)

車坂峠ヒルクライム(その3)…考察と反省 平成26年5月15日(木)


なんだか進化している気がする、、、
「進化」なんて子供が大好きな単語ですが、、
気のせいでもいいんだけどね。でも数字が出てるから。



ツールド八ヶ岳のタイムが、1時間28分17秒(29位)
車坂ヒルクライムのタイムが、55分20秒(31位)

たとえば、同じレースに参加したIさん(48歳)のタイム、
八ヶ岳 1時間22分32秒(16位)(+5分45秒)
車坂峠 54分54秒(28位)(+26秒)

八ヶ岳で5分以上離された人の背中が見えるようになった!?
たぶん、車坂では道中、ずっと一緒に走っていた人だと思う。29番カーブ前後で離されてしまった。

たとえば、別のKさん(46歳)のタイム
八ヶ岳 1時間24分27秒(23位)(+3分50秒)
車坂峠 58分46秒(52位)(-3分26秒)
Kさんが車坂では不調だったらしいけど、大きく逆転したわけだからね。


でも、こんな人もいる。Nさん(40歳)。
八ヶ岳 1時間25分38秒 (+2分39秒)
車坂峠 54分22秒(26位)(+58秒)
八ヶ岳よりはわずかに差を縮めた感じだが、それでも車坂で1分も離されてしまった。



………

ツールド八ヶ岳までは、ママチャリで大鳥居を往復する練習。
ロードバイクを出動させるのがメンドクサイので、ママチャリで踏み足だけでも練習すればいいかな?的に。
および、三本ローラーで引き足とスタミナ練習。

しかし、八ヶ岳以降は、ロードで天使練習(赤城)。
毎日2km、6%をタイムアタック。天使までの往復は大ギア規制。
引き足パワーとスタミナの練習。
これを3週間続けた。
このへんが、車坂峠でプチ進化した理由じゃないでしょうか?

てことは、赤城までにメガ進化するために、ひたすら天使コースでもがきまくれ!と。


………

5月13日(火)
仕事帰りにママチャリで天使へ。
f0131183_19514743.jpg

約1ヶ月前に初めて来たときは、ママチャリで8分30秒。

しかし、今日は、
車坂峠の疲れが取れてない。
踏み足がだるーーーい。
こりゃ、タイムを見るのが恐いな、と思っていたら、、、

 6分56秒!

ママチャリで7分を切った。
このペースで走れば、赤城ヒルクライムをママチャリで1時間10分で登れることになる。(いやいや、それはオボカタさんもびっくりの計算式。)


………


もう1つ進化。

車坂のレース写真がネットで販売されている。
f0131183_19511972.jpg

(転載禁止ですが、実物を購入して郵送待ちなので許してください。)
随分と不恰好な恥ずかしい写真です。
思いっきり前傾姿勢で、まるで競輪のよう。

そりゃ、仕方ないよ。
だって、俺の自転車の教科書は競輪なんだから。
こんだけ競輪を見て育ったら、乗り方も競輪になる。

だけど、こんな前傾姿勢では、引き足もできない、踏み足ばかり使う、腰が痛い、いいことまるでなし。

実は、この前傾姿勢は、三本ローラーの欠点なんだよね。
三本ローラーばかりやっていると、ケイデンスを稼ぐため、自然自然に前傾になっちゃうんだよ。


………

ということで、姿勢を考えよう。
後輪に体重を乗せなきゃいけないのは分かっている。だから、これまではサドルを後方へ下げていた。
けれど、、、、?
ハンドルが遠くなれば、遠いところへ手を伸ばすのだから、前傾姿勢になって当然じゃね?逆だろ?

今日、サドルを前へ移動させてみた。ついでに少し高くした。
そしたら、、、、激変!

引き足の具合が全然違う!
グイっ、グイっ、という感じで「引ける」。


そして、今日の天使コース。
決してダッシュしたわけではなく、2本目を見据えて引き足重視で登ってみたら…

5分39秒 ベストタイム更新


進化だろ、これ?
なんか楽しい。

…もしも、赤城に申し込めたら、、、、
メガ進化するには「道具」も必要だ。これは、ポケモンも妖怪も共通事項。
「道具」ねぇ。。。



ヒルクライムって、いいね。




その2へもどる

by akogarehotel | 2014-05-16 19:51 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 放射能に対するおいしんぼと福島... 12-13WCCF日記 立ち上... >>