人気ブログランキング |

2108. 受験戦争今昔(6) 『都の 西北ぅ~』 平成30年1月

受験戦争今昔(6) 『都の 西北ぅ~』 平成30年1月



昔、「SANYO」という電機メーカーがあったのをご存知ですか?

バブル以降にどこかに吸収されたようですが。


そこの社長一族のイウエさんが、僕の親とお友達。そして、子供が僕と同い年。

当然、親同士は見栄のツッパリ合い。


中学3年のとき、

その同い年のイウエ君が、某高校を受験するという。


「お前も、その高校を受けろ」

なんじゃ、そりゃ。



………



中学3年の私。

受験は、前橋高校の一択。

神童の僕は、当然、合格間違いなし。左手で受験しても、落ちるはずがない。

唯一の懸念は、油断して全然勉強しなくなることだけ。



そこで、僕の親が取った作戦は、「一番の成績で合格したら賞品」。

優勝賞品はラジカセ。まさに、のどから手が出る品物。欲しい!

親の意図通りに、完璧ににんじんに釣られた。

(そもそも、どうやって「1番の成績」かどうかわかるのか、当時の僕は何も疑っていなかった。わかるところにはわかるんだよね。それは大人の事情。)



………



そして、「にんじん」とともに、実行されたのが「あわせ馬」。


 「イウエ君と同じ高校を受験して、イウエ君に勝て」


この頃の、親の作戦には完璧に同意する。

小学生中学生なんて、競走馬と全く同じ。

どんな練習をして、どうやって試合に臨むかを理解している子供はほとんどいない。それは、スポーツでも、受験という「競技」でも全く同じ。

優秀なコーチが、選手をその気にさせて、ちょうどいいタイミングで試合を迎えさせる。そのためには、にんじんでもご褒美でも、使えるものは全て使えばいい。



ということで、

「あいつに勝て」とライバルを設定されて、優勝賞品も飾られて、

夏休み以降の僕の「勉強モチベーション」は高値安定だった。

この点、秋冬に練習がなくなる水泳部ってのは、きわめて有利だ。

(だから、水泳部は頭がいい?)



………



長くなってしまったので、イウエ君の話は次回へ。






by akogarehotel | 2018-01-29 18:51 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2109. 受験戦争今昔(緊急... 2107. 受験戦争今昔(5)... >>