2121. 受験戦争今昔(あとがき) 『品のいい大学のこと』

受験戦争今昔(あとがき) 『品のいい大学のこと』



長文失礼。

興味のない人は無視してください。

芦田マナのファンならどうぞ。




「品のいい大学」の医学部の定員は100人。

そのうち、60人が一般受験生。「外部」という。

残りの40人が付属高校からの進級。「内部」という。


40人の内部生のうち、

 慶応義塾高校 28人

 慶応女子高校 4人

 慶応湘南高校(神奈川) 2?

 慶応志木高校(埼玉) 4?

 ニューヨーク高校(海外) 1?



慶応義塾高校は、「嵐」のナントカ君が通っていた男子高校。いわゆる「慶応高校」。神奈川県の日吉という町にある。マンモス高校で、1学年は24クラス(45人)くらい。

そのうちの28人しか、医学部には進学できない。クラスで一人だけ。


進級の判別方法は、高校3年間の「通知表」による。

音楽、体育、美術を含めた、全ての教科の通知表を20段階で数字にして、3年間の平均値が高い順に医学部へ進学できる。


数学の1点と、体育の1点が同じ価値ってのは、はてしなく納得がいかないが、

当人たちによると、


『医学部希望を表明していると、美術音楽体育の先生がいい点数をくれる』


とのこと。それはそれで、問題じゃないの?とは思うが、

いずれにしろ、

高校1年のときから「いい子」にしていないと医学部へ進級できない。しかも、クラスで一人だけなので、1年生のころからライバル意識がぶつかり合う。

俺には無理… 絶対に無理。




さらに厳しいのは女子。

慶応女子高は6クラスくらい。そのうち4人なので、クラスで1番でも医学部へ進学できない。元来、女子は男子よりも優秀だから、より一層難しい。

とすると、中学生の頃から、ライバルと意地の張り合いと思われるが、意外と皆様はお互いに仲がよいようだ。そして、当然に、医学部に進学してくるような女子は、キレキレの秀才ぞろい。その反面、外見は多種多様。

ちなみに、昭和の時代の慶応女子校は超ミニのタイトスカートで有名でした。


某有名子役女優さんが、こちらの中学に入学したそうです。医者になりたいらしいですが、むしろ他の学校に行くべきでしょう。どんなに成績が良くても、出席日数が少ない生徒が医学部に進学したら、まわりじゅう敵だらけになります。



………



一方、外部生は、受験のエキスパート。

理数系の超難問を「大好き」と言えるヘンタイばかり。

東大理Iは受かるが、理IIIは受からないという、微妙な立ち位置。

ほとんどが関東~東日本出身。関西は1学年に5,6人。

各地の有名高校から一人ずつ、という具合の合格者。なので、出身高校を見れば、全国受験レベルの風潮がわかる。

群馬県は前橋高校だけ(過去30年)。隣の市の高校は、総理大臣が出て、新幹線が停車するくせに、合格ゼロ。へーん。



現役と浪人生は、半分半分。

僕の頃の、最大勢力は「駿台予備校」。現役浪人含めて、入学者の半分くらいが「駿台卒業」でした。高校別にすると、各校一人くらいだけど、駿台予備校の理3アルファクラスからは、10人以上が合格(当時)。


外部生の半分以上が、Z会(通信添削)の会員。入学後3ヶ月くらいは、ペンネームや問題の難しさの話題で盛り上がれる。



外部から入学する女子は6人だけ(当時)。

男子のほうが成績がよいのか、

それとも、(東大の噂のように)男子を優先して合格させているのかは、不明。

模試の成績からすると、たぶん、何も操作していないと思いますが。



(女子も含めて)外見上、いかにも勉強ばかりしている生徒は1割くらい。ほとんどの同級生が、楽器、スポーツ、あるいは「おしゃれ」「放蕩」など、何かしらの特技を持っている。

外見でいうなら、群馬出身で浪人歴のない僕は、まるで、


 「田舎から出てきたばかりの、勉強しかできない眼鏡の学生」


でしたね。



★★★



医学部には、医学部だけの「部活(体育会)」があります。

全学部生が加入する「通常の体育会」は、基本的に毎日24時間以上練習にあけくれています。彼らには、「学校の授業」ってものが存在しませんから。

しかし、医学部は、「最低限の授業」がある。通常の体育会に入ることは物理的に不可能です。留年しても不可能です。

なので、医学部だけ別の組織として「医学部体育会」が存在します。医学部水泳部とか、医学部野球部とか。


もちろん、レベルは通常の運動部にくらべて、ガクーーーーと下がりますが、練習意欲と練習時間だけは、通常の運動部に非常に近くなっています。



医学部運動部は全国の全ての医科大学に存在します。が、それらに対する学生の意識は、各大学によってまちまちです。


慶応

 ほぼ全ての生徒が、なにかしらの運動部に入ります。どんな運動オンチでも、どこかに所属しています。無所属は、100人中、1人か2人。一方、


東大医学部「あんなもん、マジメにやってるって、笑っちゃう?」

 ごく一部の生徒を除いて、基本的に運動部には入らないそうです。天才の考えることは常識を超えています。


福井や群馬などは、半々だそうです。



………



それが目的ではありませんが、医学部運動部に入ることにより、非常に堅固な縦のつながりができます。


縦のつながりは、医学の世界でも特に重要で、たとえば、

大学病院で働いているときに、あの科の偉い先生は同じ部出身というだけで、お互いに「異様な」親近感がわきます。当然、困ったときの助けになります。


「私失敗しませんから」などとほざく医者は、世の中に一人も存在しません。

誰かの助けを借りないと、たとえスーパードクターKでも「失敗します」。縦のつながりは、この業界では「失敗しないために」とても重要で、それを構築してくれるのが運動部なんです。

だから、運動部が新入生を勧誘するときに誘う甘い言葉が、


『うちの部は、歴史が古いから、あの教授とか、あの院長とか、あの医師会長とか、みんなOBなんだよ。』


野球部のように由緒ある運動部が良く使う常套句です。



………



まぁ、運動部に入るかわりに、それ以上のものをやってる!と言えれば、それで十分です。何かがやれる能力と環境があればね。

おそらく東大は、そういう意識なのでしょう。


(あとがき後半へつづく)







[PR]

by akogarehotel | 2018-02-08 18:31 | 子育てられ | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2122. 受験戦争今昔(あと... 2120. 受験戦争今昔(14... >>