2126. この本を読め 『三国演義 全6巻』安能務 

この本を読め 『三国演義 全6巻』安能務 



ちなみに、区星はもう負け組。5品になって、1勝2敗。

そう甘くはないな。

呂布と管亥がおもしろいくらいに焼かれます。

カクが孤軍奮闘というおかしな状況が発生してる。



………



久しぶりに「読め」。

興味深い本だと思います。

f0131183_12521332.jpg

数ヶ月前、吉川英次の三国志を再読し始めたら、意外とつまらなかった。子供の頃は神様のように思っていたのに。

そんな折に、愛知県の信長マニアさんからオススメされたのが、この「安能務」の「三国演義」。


何が驚いたっていうと、


 真実はひとつではない!



曹操が英雄で、呂布が豪傑で、張飛が酒癖が悪くて、

劉備が天然の人情家で、孔明が天才。


これが本当なのかウソなのか、誰にもわかるわけないじゃん。今から1800年も前の話だよ。彼らが本当に存在したかどうかさえ疑わしいよ。

ということで、


作者によって、人物の描き方が変わるんだなと痛感させられた作品。


でもって、


基本的に、登場人物全て、要するに「中国人全て」が悪人。

権力のために人を殺し、人を疑い、誹謗中傷の嵐。

昨日の仲間は、今日の敵。

権力を握った人間は、何でもやりたい放題。



とてもじゃないけど、三国志って、子供に読ませるべき本ではない。

吉川三国志とは全く別物の作品、ということで、非常に面白く、ワクワクしながら読みました。

孔明が死んだ後の経過が長いのもうれしい。魏がクーデターで消滅して晋になり、蜀と呉が滅亡するところまで続く。あまり知られていない部分ですね。どす黒い話が延々と続きます。もはや「ヒーロー」なんて人物は一人も出現しません。



………



ところで、

あまり書かれていないことなのですが、


三国志当時の中国(西暦200年)って、奴隷制度まっさかりなんですね。

兵隊はほとんどが奴隷。

どっかから連れてこられて命令されて戦う。忠義なんてかけらもないから、負けそうになったらすぐ逃げる。

逃げたら生活できないから、またどこかの軍隊に戻ってくる。

給料がもらえればどこでもいいし、給料がもらえないなら逃げていく。

基本的に彼らに家族はない。


ホント、中国って、いやーーーーな国です。



★★★



さて、次は何を読もうか。

実は、「論語」と「学問のススメ」を読み始めています。いまさらじろー。







[PR]

by akogarehotel | 2018-02-16 12:49 | この本を読め | Comments(2)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2018-02-17 16:49 x
今読んでますが・・・・・・・・・

いや、面白くないわけじゃないんですよ。
面白いんですが・・・・・

枕元で読んでると、すぐ眠くなっちゃって(笑)
まだ董卓も死んでません(笑)
Commented by akogarehotel at 2018-02-18 22:29
ツキノさん

睡眠薬がわりですか(^^)

不要なら、ブックオフに売っちゃってください。
人それぞれですね。
名前
URL
削除用パスワード

<< リンクテスト 三国志大戦4 区星 2125. 三国志大戦4 「 ... >>