2131. あちこち旅行記「のぼるはるなのきゃんぷむら」 平成30年2月

あちこち旅行記「のぼるはるなのきゃんぷむら」 平成30年2月



誰もが知っている世界的に有名な上毛カルタ。その『の』は、

 のぼる榛名のキャンプ村

f0131183_13564726.png


つまり、榛名といえばキャンプ村、キャンプといえば榛名、と世界が認めている。




………



中学1年のとき、

またまた、焼肉屋の金ちゃんたちと旅に出た。しかも、今度は、


 「 夏休みに、キャンプ行こうぜ 」


と、子供としてはかなり無謀なご意見。



メンバーは、金ちゃんと、ノボルとタダシと、僕の4人。

ノボルとタダシは、小学校時代に東京から転校してきた双子。スポーツ万能。


さすがにテントを張るのは無謀と判断し、ガイドブックを買って、コテージタイプのキャンプ場を探す。(そもそもテントなんて持ってないし。)

前橋から近くて、「風紀のよさそうな場所」を探した。

榛名湖なら、渋川からバスで伊香保温泉を経由して、2時間くらいで行ける。イニシャルナントカで有名な伊香保界隈の道路は、当時からも走り屋さんたちに人気だったが、まぁギリギリ許されそうだろう。

榛名湖畔のキャンプ場を、中学生の子供が偉そうに電話で予約をした。



もちろん、親には、

 「キャンプ行くから、お金ちょうだい」

の一言だけ。



………



キャンプの数日前から、自宅に集まって荷物の相談など。


2泊3日ぶんの食事メニューをすべて決めておいて、それに必要な材料を買い込む。二日目の昼が王道のカレー。二日目の夜以降は缶詰だけ。冷蔵庫はないから。


キャンプ用品店で飯盒を買い、庭で炊飯の練習。本を読みながら火加減を調節。というか、庭で子供だけで焚き火って、大丈夫か?

今やれ、と言われても、できる自信がないが、当時は難なくご飯を炊くことができた。子供の行動力は褒められる。



………



出発日。

電車とバスで、伊香保温泉を通り越して、榛名湖へ。

友達同士で、しかも、子供たちだけの旅行。

楽しくないわけがない。


ノボルが「荷物が重い」って文句を言っていたのを覚えている。

お前の運動能力なら、それくらいがんばれ。



子供は夏休みだけど、世間は平日。

榛名湖はそれほど混んでない。バンガローも駐車場も、空きが目立つ。

バンガローの事務所で手続きして、ゴミやトイレの場所を聞いて、お風呂は近くの日帰り入浴施設を教えてもらって、。


バンガローは8畳の掘っ立て小屋。電源なし。トイレ、炊事場は共同。


食事で困った記憶がほとんどない。

飯盒炊飯は、ちょっとくらい焦がしたかもしれないが、ほぼ問題なし。

二日目に作ったカレーは、皆様の予想通りに、水を入れすぎてスープになってしまった。売店でカレールーを買って投入したら、超大量になって逆にうれしかった。

三日目の朝は納豆を食べたはずだが、冷蔵庫のない夏のキャンプで、前橋から持って行った納豆が安全であるという証明ができた。

もしも、何も食べるものがなければ榛名湖のドライブインで食べればいい、と思っていたが、結果的に食事は全て自給自足できた。

これもひとえに、僕個人の企画力の賜物ですね。

ちなみに、バーベキューはしていない。あんなの、ゴミが出て片付けるのが大変で、その割りに満足感がない。完璧な火力管理がない場合、やる価値がない。



お風呂も楽しかったなぁ。

バンガローから、真っ暗な道を15分くらい歩いて、どこだか知らない入浴施設へ。

騒ぎながら、お風呂に入って、また真っ暗な道を騒ぎながら帰る。



しかし、真夜中になると、急激に気温が低下した。山につき当然。

毛布を余分に借りておいたが、それでも足りずに、4人でくっつきながら眠った記憶。



当時(昭和55年頃)は、子供だけでこんなことができた。今は難しい。

幸せな時代でしたね。



………



自由時間は、何して遊ぶ?

榛名湖なんだから、ボートとかロープウェイとか山登りとか?

そんな教科書みたいなことをするわけない。



そこは、ドライブイン様にお世話になる。

当然のゲームコーナー。

子供同士だから、何から何まで自由で天国。

ちなみに、俺よりも、ノボルとタダシのほうがゲームが好きで、うまい。

ボートに乗っても数百円。ゲームは100円。

ゲームのほうが長持ちする。当然、ゲーム優先。

かなり長時間、榛名湖畔のドライブインにたむろしていた記憶がある。むしろ風紀を悪くさせているのは俺たちだったか?


楽しく遊んでいると、なんと、うちの父親がやってきた。

心配なので、見に来たらしい。自宅から車なら1時間で来れてしまうから。

で、むしろゲーセンで遊んでいるのを見て、ほっとしたらしく、ご丁寧にお小遣いを配って帰って行った。ありがとう。これで、さらに遊べるぞ!


そのドライブインでひたすら遊びまくったのが「ディグダグ」。

この絵を見ると、今でもあのキャンプを思い出す。

f0131183_13563293.png



………



楽しい2泊3日は、あっという間に終了。


帰り道。

4人のバス代よりも、タクシー代のほうが安いことが判明。

なんと、榛名湖から伊香保温泉までタクシー。

その車内で、みんな熟睡。楽しかった証明。



………



電車とバス乗り継ぎ

宿泊あり

寝具不明

入浴不明

火を使って自炊

湖で遊ぶ

ゲーセン

どれひとつでも、今、子供たちだけではさせてやれない。

本当に、あの頃は幸せでした。


子供に、もっと冒険させてやるべきなんだろうなぁ…








[PR]

by akogarehotel | 2018-02-27 13:55 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2018-02-27 20:41 x
禿同。
私も、中学時代、仲の良かった友人5人と、自転車で
みさき公園まで行ってテント張った事があります。
で、テント内でみんなでマージャンしてました(笑)

うちの父がマージャン好きで、自宅でよく父の友人とマージャンやってるの後ろでみてて、覚えましたね。
楽しかったなぁ。
カレーなのに、友人がお米忘れて、カレー(だけ)食べたのも
いい思い出です。

確かに今それを親としてやらせられるかと言えば、
勇気いりますね。
まぁうちは娘なんで余計そう思うのですが。
Commented by akogarehotel at 2018-02-28 15:47
ツキノさん

僕とほとんど同じ環境ですね。
僕は子供の頃、父親の膝の上で麻雀を見ていて、

聖徳太子って飛ぶんだぁ

と認識しました。
自転車でキャンプ場ってことは、実は意外とロードバイクに興味がありますね?ぬくぬくさんがうらやましいのでは?

名前
URL
削除用パスワード

<< 2132. あちこち旅行記 「... 2130. あちこち旅行記「放... >>