2167. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(13) 砂のホテル

「モロッコ格安新婚旅行1999」(13) 砂のホテル



砂漠で夜を過ごしたい場合、方法は2つ。



ひとつは、テントを背負って、ラクダに乗る砂漠ツアー。

夜になったら、テントか寝袋で就寝。水を持参し、食事は自炊。トイレは砂の上。



さすがに、これは敷居が高い。

もうひとつの方法が砂漠のホテル。

f0131183_01015451.jpg

砂浜の上に建物は建てられない。

岩漠の上にしか建てられないので、砂漠と岩漠の境界線上に数軒の宿が並んでいる。一応「ホテル」と呼ばれるているが…



私たちのサハラの宿 「オーべルージュ ラバラカ」





f0131183_00445434.jpg

↑「ホテル玄関」


f0131183_00443781.jpg

↑各部屋への入り口

壁は石だか砂だか、そんなものでできている。こするとくずれてくる。

天井には大きな木材が数本渡してあり、そこに木の枝や葉っぱを乗せて、屋根がわりになっている。

雨が降れば、雨漏りどころか、ビショビショになりそうだし、砂の壁は解けてしまいそうだが、もちろん、雨なんか降るわけがない。

しかし、雨は降らなくても、虫はいる。すきまだらけの屋根は、虫にとっても出入り自由。あまり見たくない生き物が、ちょこちょこと動き回っている。

多分、さそりではない、多分。



生活するうえで心配なのは、水と電気。

ホテル脇にある大きな水タンクが僕らの命綱。

でも清潔ではないから、飲み水には使えない。煮立てて料理にするか、最低限のシャワーと手洗い用。うがいも危険。

飲み水は、自分で用意しないといけない。1日1リットル。2人で2泊3日で6リットルを持参した。もしもこぼしたら死ぬよ、と思わないといけない貴重な水。



電気は自家発電。

ホテルの外にあるガソリン発電機がぶんぶんと回っている。一応、アラブ地域なので、ロシアとは違い、ガソリンは豊富なようだ。

ただし、無駄遣いはダメ。電気はあくまでも、調理や緊急用。照明には使わない。昼間は太陽。日が沈めば、ろうそく。当然、テレビやラジオはない。もちろん、必要とも思わない。



ホテルの部屋。

↓部屋の入り口から。

f0131183_00453746.jpg


約8畳の一間。トイレなし、水道なし。

天井に裸電球が1個ぶらさがっているが、夜12時で消える。

床と壁は、外と同じ石と砂。多少の虫には我慢が必要。さそりじゃなきゃ、許す。

↓室内のようす。

f0131183_00450811.jpg


シャワーは、冷たい水。

しかし、冷たかろうが、水があるだけで感謝しないといけない。こんな砂漠の真ん中で、シャワーを浴びるなんて、申し訳ない。

こたつに入って、カキ氷を食べるようなもんだ。


トイレは溜め式。ただし、汲み取りに来てくれるのか不明。砂地だから、そのまま地球に吸い込まれていくのかもしれない。くさくて、あまり観察できなかった。



宿泊料は1泊200円。

食事は別料金で1食200円。アルコールなし、売店なし、お菓子なし、自動販売機なし、飲料水なし。

↓ある日の朝食、二人分。

f0131183_00455569.jpg


ラマダン中は朝食と昼食なし。

しっかりと準備していかないと、餓死するよ。



ラマダン(断食月):

太陽が出ている間は飲食禁止。水を飲むことも、つばをのむことも禁止。一ヶ月つづく。病人と旅行者は免除。リバプールのFWモハメド・サラー(エジプト人)はチャンピオンズリーグ決勝当日がラマダンにあたり、断食をしていたという。(結果は、セルジオラモスの攻撃を受けて鎖骨骨折。競輪かよ。)



………


↓ホテルのロビー兼食堂兼集会所

f0131183_00452285.jpg




僕らは、この新婚旅行で、ここに2泊した。







[PR]

by akogarehotel | 2018-06-03 00:43 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2018-06-03 20:26 x
一言・・・・・・・・・


「タフっすね」
Commented by akogarehotel at 2018-06-05 00:30
ツキノさん

褒めてくれて、ありがとね。

楽しいところですよ。
名前
URL
削除用パスワード

<< 2168. 備忘録日記 平成3... 2166. 「モロッコ格安新婚... >>