2171. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(15) 帰還

「モロッコ格安新婚旅行1999」(15) 帰還



砂漠での楽しい二日間が終わった。たったの二日間だった。


f0131183_00185560.jpg


帰り道の写真。

町々にある市場。さりげなく撮った写真。店の人に話しかけたかったけど、なんだか失礼と思って遠慮した。


f0131183_00180435.jpg


帰り道にある観光地、トドラ谷。

オマールが気を利かせて、寄り道してくれた。

観光客に混じって、地元民とヤギが歩く。自分の体積の倍以上の草を背負っているヤギ。


f0131183_00183600.jpg



夕方、ワルザザートへ到着。

なんだか懐かしい。


ホテルロイヤルのモハンマド兄ちゃんがキープしておいてくれた部屋へ。

久しぶりにシャワーを浴びて、久しぶりに大の字で寝る。



………



翌朝、まだ暗いうち、

オマールにもう少しだけ、ご足労。

ホテルからワルザザート空港へ。


f0131183_00174909.jpg

ワルザザート空港

航空機は、観光客と、ごく一部の金持ちしか利用できない。当然、乗降客も多くはない。

この当時、ワルザザート空港からは、カサブランカ行きが週に3本あるだけ。

「日本に行きたいけど、俺達には飛行機代がない。」 というオマールの言葉が悲しい。


f0131183_00182220.jpg

しかも、こんな小型飛行機。

ワルザザートは、これで済んでしまうレベルの町ということ。

ちなみに、RAMとは、ロイヤルエアーモロッコ(モロッコ王国航空)の略。




感慨にひたりながら、ワルザザートを後にする。

RPGのように5日間かけて移動した距離は、たった1時間の飛行で終了。

「スタート」の地、カサブランカに舞い戻った。



………



カサブランカでは、オマールが予約してくれた海岸沿いのホテルに1泊。

なにもかも気が利く奴です。


f0131183_00190905.jpg


砂浜では、子供たちがサッカーに興じている。

アフリカらしい。



………



翌日、もう慣れたもので、電車に乗ってカサブランカ国際空港へ。

パリを経由して、成田へ帰国した。



パリで、成田行きが欠航になってあせったり、空港のフランス料理店で冷たくされて怒ったりしたけど、

モロッコ内のできことに比べれば、些細過ぎる出来事なので、詳細は省略。







[PR]

by akogarehotel | 2018-06-21 00:15 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2172. 「モロッコ格安新婚... 2170. 『空前絶後の~、や... >>