2174. 「最低評価」のデビュー戦 平成30年7月8日(日)

「最低評価」のデビュー戦 平成30年7月8日(日)



長男の試合結果なんて、ほとんど気にしたことがないのだけれど、今回ばかりはとてもうれしかったので。



………



長男が、中学公式戦デビュー。(夏の中体連、高崎市)



その組み合わせ。

第1シードのシード下という「最弱」の烙印。


青枠が第1シード。赤枠がうちの子供。

f0131183_20052888.jpg

しかし、。



………


中学生の卓球事情を初めて体感してきました。

映画「ピンポン」のように、超体育会系なんですね。驚いた。


部員数が30人、40人という学校がたくさんある。しかし、試合に出られるのはレギュラーだけ。この日は、ダブルスの試合。各校6組(12人)しか出場できない。

試合に出られない部員は、ユニフォームではなく、学校の体育着を着てスタンドで応援する。しかも、試合中は直立不動のまま。ユニフォームを着て、試合コートに降りられるのはレギュラーだけ。高校野球のように、ユニフォームは名誉の代物のようだ。


f0131183_20035627.jpg

うちの長男は、バリバリのピカピカの1年生。しかも、地域移籍(前橋→高崎)なので、協会に試合データが全くない。「最弱評価」となって当然。



………



初戦の最弱同士の戦いは楽勝。

さぁ、第1シードと対戦。


1セットめ、

9-9 の同点から、敵が連続サーブミス。棚ボタ。


2セットめ、

デュースになるも、14-12 でセットを取る。


これで、ほぼ試合終了。

中学卓球は5セットマッチ。先に3セット取ったら勝ち。

第1シードの人間が、先に2セットを落として、平常心でいられるはずがない。



3セットめは、こちらの大振りもあり、取られたが、

4セットめを順当に取って、ゲームセット。



第1シードを、3-1で破ってしまった。

まさか勝てるとは思わなかった。


最弱評価をしたプログラム委員を見返してやれたし、足が震えるくらいに興奮した。

まわりから、「あれ、誰?」という声が聞こえて、くすぐったかった。



………



その後も、順調に勝ちあがったが、結果的にはベスト8。


第1シードを破ったんだから優勝じゃね?とはいかない。卓球とは「運」に左右されるスポーツで、その「運」を最大限に使いきってしまったから。

しかし、この結果を踏まえて、次からは、もう少し楽な位置にシードされることになる。今回は、それだけで十分だ。



優勝候補を相手に、我が子の新人6番車が逃げ切って1着。そんな感じですね。






[PR]

by akogarehotel | 2018-07-09 20:02 | 子育てられ | Comments(2)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2018-07-15 17:54 x
ジャイアントキリングは気持ちいいですよね。
私も去年の店舗大会で初めて味わいました。

軍団系の強い方が、どこの馬の骨か分からんおっさんに
敗れ去っていく構図。
「・・・だれやねんあいつ」という声が、実際には聞こえてないんですが、空耳で聞こえてきます(笑)
加えてこちらのエースがクリスティアーノ・ドニやったからね。
「ドニって誰?」って、これは実際に聞こえました。
めっちゃ気持ちよかったです。

長男さんのこれからも活躍が楽しみですね。
Commented by akogarehotel at 2018-07-17 14:21
ツキノさん

ありがとう。
まさに、そんな感じ。

でも、その後、シングルはあっさりと敗退しました。
一度でもいいから、楽しめればそれでいいかな。
名前
URL
削除用パスワード

<< 2175. この本を読む? 『... 2173. パス回しと真珠湾攻... >>