2182. TOTO tribute ライブ 平成30年9月8日(土)

TOTO tribute ライブ 平成30年9月8日(土)



福井の友人が、

「東京じゃないのに東京だと言い張る街」小岩でライブをするというので、rosuket師匠と一緒に、聴きに行ってきました。


f0131183_15093851.jpg


TOTOをモチーフにしたバンド5組によるライブ。

知っている人は知っているとおり、TOTOのドラムはバケモノレベル。それをこなすバンドなので、皆様、神のレベルに達しています。セミプロと言っては失礼。ライブが赤字にならないのだから、プロといっても過言ではない。中には、仕事を辞めて、自分でライブハウスをやっている人もいるそうです。




TAKAGIさんのバンド「INAX」。

f0131183_15092009.jpg
f0131183_15092922.jpg

TAKAGIさんとは、去年の福井旅行のときに、あの野原さんの店「ノア」で飲んで以来、ちょうど一年ぶり。

バンド名の由来は、「TOTOじゃなければ、INAX」です。

ドラムは「白髪のおじいちゃん」(失礼)なんですが、これがまた、外見からくる想像を軽く吹き飛ばすような手足の動きで、、実は55歳だそうで。




こちらは、FYBというバンド。

f0131183_15090269.jpg

外見のとおり、ボーカルがセミプロですが、実は左奥のベースの人が超場慣れした風格。プロと名乗っても、全く違和感がない。



最後は、fahrenhaitというバンド。

f0131183_15085304.jpg

トリで出るので、説明は不要。

右はギター。相当の自信がないと、この頭はできない。

ドラマーはソロでも活動しているそうで、ジャズも叩くらしい。ひたすら手足を見ていたけど、早すぎて、16ビートなのか8ビートなのかも見えなかった。

 「早い、早すぎる、3倍速か?!」


最後はアンコールにこたえて、「アフリカ」の合奏合唱。

いい演出です。

f0131183_15084514.jpg

こんなライブを見たら、自分も練習したくてたまらない?かと思いきや、

ちょっと格差を感じすぎて、悲しくなってしまうくらいでした。



………



ライブの後は、rosuket師匠と小岩界隈へ。

予想通りの異国。

タイ料理店が、タイ人の客だけで満席になる。狭い店ではないのに。

街中には、ありがちなホテルが数軒。今のネット社会に、これだけのホテルが残存できるというのは、非常に素晴らしい町である証拠。

ホテルの隣にある医院は、堂々と「性病科」の看板を掲げてます。


f0131183_15094580.jpg


タイ料理店が満席だったので、近くのホルモン屋へ。

2人で3杯ずつ飲んで、たらふく食べて、一人3000円。東京の値段ではない。



………



f0131183_15090921.jpg

TAKAGIさんとは、20年前に福井に住んでいた頃からのお付き合い。

お互い、水泳部出身で、試合のたびに2バタ対決を挑んでました。僕の無理矢理のお願いで、水球にも挑戦してもらいました。





[PR]

by akogarehotel | 2018-09-10 17:20 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2183. 福井県の水球事情(... 2181. 自走で八ヶ岳に行っ... >>