2185. サイクルドクターという「お仕事」 平成30年9月25日(火)

サイクルドクターという「お仕事」 平成30年9月25日(火)



その前に、卓球の試合の結果:

前橋市予選では、ハトポさん(元選手、現ただの人)のお子様が無事にベスト4で通過。

準々決勝まで1セットも落とさずに来たのですが、準決勝で負けてしまった。


うちの子が、「その子には、去年、3-0で勝ったよ」と。

また上から目線。



桐生市予選では、ハトポさんの甥のリズム君(元けん玉の日本チャンピオン、現卓球部)も無事に予選通過。

なんだか県大会が楽しみです。(県大会で勝ち進むことは想定外。みんなに会えることが楽しみ。)



………



そんな前橋予選の当日、赤城山までサイクリングに行ってきた。

f0131183_20304736.jpg


 赤城山ヒルクライムサイクルドクター練習会

(文法的にはサイクリングドクターが正しいと思うのですが)


今週末(9月30日)の赤城山ヒルクライムに向けて、

練習会といっても参加者は2人だけ。

僕と、G大学病院医局長のSさん。


S先生とはパパ友。子供が中学の同級生。

S先生は中学時代が陸上(高飛び)、高校は勉強(きりとも)、大学は野球、社会人でフルマラソン、とスポーツが好きのようだったので、自転車を勧めてみた。

すると、即座にロードバイクと三本ローラーを購入した。


とはいえ、それが2ヶ月前。自転車歴2ヶ月での初ヒルクライム。

しかし、すでに三本ローラーを乗りこなしているので、余計な心配は無用。

2ヶ月の「初心者」とは思えない登り方でした。1時間半を切るか切らないかというくらいでしょうか。



【サイクルドクター】


選手と一緒にレースに参加して、何かがあれば駆けつけて医療業務を行う。

ただし、実際は「広告塔」です。

一般参加者同様にレースをするのですから、AEDどころか、応急処置道具さえ携行しません。残念だけど、十分には対応できない。

「こういう対策もしているよ」とアピールするだけです。


主催者様としては、「医者なら誰でも歓迎」のようですが、おそらく3000人の参加者のなかに15人くらいは医者がいるでしょうね。

来年は、検車係の経験もあるM先生も担当する予定です。



★★★



医務室ネタつづきで。


数日前、福井国体(自転車競技)の医務室を依頼していただきました。

しかし、25日(火)~28日(金)。

普通に仕事がある。せめてもう少し前に言ってくれれば、仕事をずらせたのに…

市田太田ジュニアの戦いを目の前で見られるチャンスだっただけに、非常に残念です。本当に、仕事を放り投げて駆けつけたいくらいだ。





[PR]

by akogarehotel | 2018-09-27 15:22 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2186. 台風のため赤城ヒル... 2184. 練習すればするだけ... >>