2186. 台風のため赤城ヒルクライムは中止 平成30年9月30日(日)

台風のため赤城ヒルクライムは中止 平成30年9月30日(日)



9月29日(土)


雨のなか、前橋クリテリウムが開催。

よくも、こんな危ないレースができますね。さすが、プロです。

(プロじゃない人は、やっちゃダメ)


爆走する自転車の群れを眺めながら、ヒルクライム受付会場のグリーンドームへ。

すると、ちょうど、「明日の赤城ヒルクライムは中止です」と決まったところだ。



(今回は主催側の立場なので)

一所懸命練習して、気合十分でやってきた方々には本当に申し訳ありません。

でも、この雨(と風)では、明日は、登れても、降りられない。

雨風の中、全参加者と頂上で働くボランティアを無事に下山させることは非常に困難と思われます。ごめんなさい。


f0131183_01010140.jpg

せっかく、ドームに来たので、当然の寄り道。


というか、

ヒルクライム受付周辺には、「競輪発売中」の一文字もない!


宣伝しちゃいけないルールなの?

それは言い換えると、

売り上げを上げちゃいけないルールだ!



f0131183_01013306.jpg

ゼッケンにちなんで、全レースに 1-9 9-1 を買って、当然、撃沈。



………



30日(日)


ヒルクライムが中止になっても、次の予定がある。


群馬県選手権(水球)


群馬県内の全10チームが集まる、年に1回のお祭り。

全高校に「OBチーム」が存在するので、まさに同窓会みたいなもの。


f0131183_01011796.jpg

個人的には、「水球はもう無理」。

トライアスロンはできても、水球はできないと、すでに悟りの境地。

今日は、前橋高校チームの監督として会場へ来たつもり。


しかし、

しかし!


前橋高校OBチームが全然来ない。



朝の第一試合にメンバーが集まらない。

試合開始10分前になって、やっと7人。(水球は7人)

セコ君とか来てねーし。(赤城ヒルには超本気のエントリー。てことは、朝6時から暇になってるはず。)


練習ゼロの状態で、第一試合にフル出場。

相手は、「小学生チーム」。


前橋高校OB(大人) 対 群馬ジュニア小学生


楽勝?なわけなくて、実は群馬ジュニアは、先日、全国で準優勝した。

しかも、大人対子供だと、審判の笛が「超・露骨」。いわゆるな奈良判定。


(ちなみに、審判はユーシ君。そこに前橋高校OBがいるんかい?!身内に厳しく、他人に優しい。大人に厳しく、子供に優しいユーシ君。)


本当に最初のワンプレイで退場(退水)になってしまいました…

(水球の退場は20秒間)


結果は、3:5 で負け。


子供たちが、水球を楽しいと思ってくれてばそれでいいんです。

それが大人の役目です。



第二試合以降は、メンバーが到着して、やっと監督(観客)に専念。

楽しい「同窓会」でした。

来年も当然、出場する気はありません。OBが時間通りに集まることを期待します。



………


赤城のかわりに、西武園にエントリーしました。

僕らのスーパースター、太田真一さん(くん?)の主催するレースです。

f0131183_01014240.jpg






[PR]

by akogarehotel | 2018-10-04 18:45 | ただの日常日記 | Comments(0)  

名前
URL
削除用パスワード

<< 2187. 寛仁親王牌 平成3... 2185. サイクルドクターと... >>