人気ブログランキング |

2203. 税務署のほうから来た人 平成31年1月31日(木)

税務署のほうから来た人 平成31年1月31日(木)



400万縁

(まだ正確な金額は決定されていませんが)



15年くらい前に続いて、2度目の「マルサ」。

そして、15年前と同じく、400万ほど逝かれました…



15年前は医院の名義変更のゴタゴタ。

今回は新築に関するエトセトラ。

経費として計上した金額のうち、1000万円ぶん(3年間)を経費として認めないといわれ、

1000万円の所得が増えてしまい、

1000万に対する所得税、約400万円が請求されました。


経費として認めるか、認めないかは、税務署の気持ち次第。

あいつらのやり放題。

今頃になって、「それはダメです」と言われたって、こっちは何も言い返せない。

いわゆる「解釈の違い」なのに、意見が割れたら、勝つのはお役所。

やくにんしね ぜいむしょしね にほんしね



………



『大学のOB会の費用は経費として認めない』


医者の世界で、出身大学は派閥を意味し、OB会や同窓会は、派閥の会合を意味する。完璧に仕事上の付き合い。なんのために、OB会事務局をやってやってると思うんだよ。

そんなことも知らないくせに。



『福井県水球連盟への寄付は、いきすぎ』

『福井に縁もなく、すでに慶応大学に多額の寄付をしている。福井への寄付は認められない』


お前ら、そんなに偉いの?

俺と福井水球の関係を調べもせずに、よくもいけしゃあしゃあと。

(福井新聞に特集されたことがあります。)



マルサって奴は、自分の常識が世界水準だと勘違いしている非常識人間で、

でも、うちの件のように数百万で持っていくと、栄転だとか、

ほんと、税金なんて払うほうが馬鹿馬鹿しい。



★★★



ということで、

今年の目標 『 納税ゼロ、所得税ゼロ 』

要するに、赤字に転落すればいいんです。十分に「経費」をかけて。


めざせますぞえ



そのために、早くも、いくつものプランをスタートさせました。



① 卓球チームスポンサー

 某卓球チーム(アマチュア)のスポンサーとなり、チームシャツに「広告」を入れさせてもらいます。その見返りに、そのシャツを着て出場する選手に必要な備品(道具)を提供します。

 卓球って、意外とお金がかかるんです。ラケットのラバーの交換は1回1万円。シロウト選手でも、年に3,4回は交換します。ラケットそのものも買い換えるし、ウェアはいくつも必要になるし、


 そうそう、このチームにはうちの子も参加しています。

 その選手が何かの大会で優勝でもしたら、スポンサーとして祝勝会くらい開催します。ま、負けても慰労会を。うちの子は、年に数回は優勝してくれるんだよね。だいたい、その後は、焼肉(金ちゃんち)なわけで。



② 群馬自転車競技連盟にかなり協賛

 連盟が開催するレースの優勝賞品のジャージ、Tシャツに「広告」を入れさせてもらいます。その見返りに、連盟が必要としている備品を提供。例えば、選手強化のために必要なホイールなど。ちょっと高いけど、ま、どうせ経費ですから。

レースの優勝賞品も提供いたします。その一例は次のブログに。なかなか自分が手にすることにはなりませんね。


ちなみに、群馬県自転車競技連盟の打ち上げや宴会費は、僕が接待費として計上させていただきます。

「ごちそうさまです、飲み屋の領収書なら、いつでも用意します」と連盟の人。さすが体育会系。



③ 運動療法の施設を増築

血圧、コレステロール、糖尿病、肥満の患者さんには、運動療法が必要です。教科書の一番最初に書いてあります。特に、有酸素運動が必要です。

当院では、小さな体育館を建築し、その中に自転車、ローラー、エアロバイク、パワーマックス、ランニングマシーンなどを設置し、運動療法を行うことにします。患者さん以外でも、利用可能です。


設置した道具に不備や欠陥がないか、僕自身が常にしっかりと確実にテストしておきます。ご安心ください。


自転車の運動には細かい注意が必要です。これらを詳しく知る人、例えば元競輪選手のようなかたに、いろいろと教えてもらわないといけません。もちろん、それらの人と会食する場合、当然、接待費となります。

なかには、ゲームセンターでの接待を要求する奇特な元選手さまもいらっしゃいます。その場合、、、?どうしましょ。

ゲーム筐体からは、領収書が発行されません。


残念ですが、スイミングプールを造るお金はありません。



④ 高齢者のための卓球コミュニティ

運動不足になりがちな高齢者のために、卓球施設を作ります。

卓球って、どんな高齢のおじいちゃん、おばあちゃんでも、意外とプレイできるんです。わざわざ卓球をやりに来ることによって、高齢者の足腰が強化されます。

もちろん、そのために卓球台や練習ネット、練習マシーンなど完璧に装備します。


そうそう、うちの子供は卓球部です。



⑤競輪選手の胸に広告

と思ったのですが、100万単位なので挫折しました。

「企業じゃないと無理だよ」と某選手会長さまに言われました。



⑥青山医院自転車部

弱虫ペダルサイクリングチームみたいで、かっこいいね。

HP上部にあるような、「広告」の入ったジャージを着て、レースに参加してもらいます。

f0131183_19035544.jpg

レース参加費は、当然、広告費。

レース終了後に選手をいたわるための会食は、当然、接待費。



⑦ サイクリングドクター

数年前から、前橋渋川マラソン(42km)、赤城山ヒルクライム(20km)の伴走ドクターを担当しています。

参加者と一緒に(自転車で)走り、何かがあれば、救護をします。

そのための自転車は、もちろん、経費です。


だけど、42kmって、長いよなぁ。

僕の脚力では、フルカーボンのデュラエースでないと、そんな距離は完走できません。




もっとないかな。

これまで、いかに経費計上が少なかったのかが、わかった。

(ホント、遠慮していただけなんですけどね。これからは、本気出します。)






by akogarehotel | 2019-02-04 19:02 | ただの日常日記 | Comments(2)  

Commented by マサノリ・ツキノ at 2019-02-07 20:55 x
(笑)
体育館に笑いました。そうですよね。運動療法。大事ですよね。
施設が問題なく使用できるか点検も必要ですよね。


ps・当方、サラリーマンなので、税金は問答無用に徴収されますからあまり深く考えたことはないけど・・・
自営業の方は大変だなぁ。
Commented by akogarehotel at 2019-02-09 14:56
ツキノさん

体育館といっても、小さな小屋です。
それでも結構お金がかかるんですけどね。

待合室にゲーセンを作るってのも、不可能ではないかもしれません。やらないけど。
名前
URL
削除用パスワード

<< 2204. ぐんまトラックカッ... とりあえず、走行会のお知らせ >>