人気ブログランキング |

2230. わずかに悲しい日 5月26日(日)

わずかに悲しい日 5月26日(日)



いろんなことに比べれば、この程度のことで「悲しい」なんて言っちゃいられないんだけど、

ちょっとガッカリした。



………



25日の土曜日。


朝、起きたときからなんだか筋肉痛。練習しすぎかな?と思っていたが、

昼、本格的に全身が痛い。

そういえば寒い。5月なのに、猛暑だといっている日なのに。


この時点で「あきらめ」決定。

体温は36.9℃だけど、さすがに「未来」が予測できる。


翌日(26日、日曜日)の

 マスターズ水泳 欠場決定

 ドラム発表会 欠席決定



………



土曜日(25日)

午後3時、体温37.4℃。


まだ、こんなもんじゃないだろう、と思いながら、関係各所へ連絡した。

「すいません、明日、お休みさせてください」


聴きに来てくれるはずだったハトポさんやロスケさん。ピアノの伴奏をお願いしていた先生。プールのコーチ。

一番の心配は、水泳大会のリレー。代わりがいないなら強行出場のつもりだったが、なんとか大丈夫。


水泳大会に出場する選手のみなさん

 「お前ら、順位をひとつ、得したな。俺はメダルを2つ、損した」



………



ドラム発表会にあわせて、子供の「ピアノ発表会」もある。

それが聴けないのも残念。



でも、実は、それほどでもないけど。

『お父さん、来なくていいよ』って長女も言うし。



………



この日のために、結構、練習した。

ドラムはせいぜい30分だけど、毎日。

水泳はプールの開いている週4日間。バタフライだけで毎日2000m泳いだ。


それがムダになったかと思うと、本当は、煮えくり返るほどくやしい。


でも、人生のうちでは、ほんの小さな山に過ぎない。

山じゃない、谷か。


f0131183_12503418.jpg


土曜日の午後から点滴を始めて、夜までに2リットル。

午後3時の時点では体温37℃だったけど、予定通り、夜には39℃になった。

元気だったうちにポカリを4リットル飲んでおいたのも功を奏し、夜中のうちにビッショリと汗をかいて、


翌朝(日曜日)には37℃。

「超回復」したけど、感染の可能性があるから、公の場には出られない。


一人、隔離されて過ごした日曜日。







by akogarehotel | 2019-05-27 18:46 | ただの日常日記 | Comments(2)  

Commented by 月野正則 at 2019-06-01 18:16 x
あらま、お気の毒…
まあ、人生まだまだこれからですから。
って、もう治ったかな?
Commented by akogarehotel at 2019-06-03 20:00
ツキノさん

御心配ありがとう。
もう元気になりました。

でも、結構本気で準備していたので、かなーーり残念です。
ま、小さなことですけどね。

次は、7月のトライアスロンに向けて、また本気で準備します。
名前
URL
削除用パスワード

<< 2231. イングランド人の文... 2229. テトラスロン(トラ... >>