人気ブログランキング |

2245.東京小旅行 令1年7月16日(火)

東京小旅行 令1年7月16日(火)



連休明けに、半休をもらいました。


ひりゅう君の就職祝いと、網野さんに薬を届けるという名目の東京旅行。

「ひりゅう君」なんて、まるで中学生のように呼ばれているけど、すでに結婚して一児の父。もう30を越えているはず。


ひりゅう君と知り合ったのは、彼が高校生で、僕が30代の頃。

競輪と信長を中毒的に愛する30過ぎのオヤジ集団のなかに、一人だけ「子供」が混じっていた。しかし、礼儀正しく、当たりも丁寧なので、オヤジの中に入っても迷惑感など全くなかった。

そして、今でも、僕らからは「子供」みたいに可愛がられている存在。(たぶん)


今回は、ちょっとした就職祝いということで集まったけど、なんでもいいから、集まって飲む口実が欲しかっただけ。おっさん6人が集合。



………



火曜日。

午前の仕事が終わって、水泳練習を済ませて、急いで新幹線へ。

待ち合わせは、7時に新橋だけど、その前に行かないといけな場所がある。



夕方5時半、信濃町に到着。

信濃町といえば慶応病院、ではなくて、メーヤウカレー。


「三田の二郎、四谷のメーヤウ」と呼ばれる、銀河系で一番うまい「カレーっぽい食べ物」。

まじめに言うと、タイ風カレー。

店主さんがタイに何度も修行と買い付けに行って開発した辛口カレー。約30年前の開店当時から行列のできる有名店。この味は、他の店では真似できない。


信濃町に住んでいたころは、週7くらいは食べてた。それが、今は年に1,2回。

禁断症状が出てます。


f0131183_01111030.jpg


まずは、マイナス1次会。タイビールで、一人で乾杯。



………



新橋へ移動。


集合時間より30分も早く着いてしまった。

同じく、早く着いたコシュが、『どっかで飲んでから行こう』と。


たった30分で飲むのかい?

それができるのが「新橋」の素晴らしいところ。あちこちに、「ちょっと呑み」の店がある。

地下街を探索して行き着いたのが、明石専門店。2人で、ゼロ次会。

「明石焼き」なるものを初めて食べた。

こんなにおいしいとは知らなかった。

え?僕の妻は明石出身で、明石には20回くらい行ったことがありますけどね。

そういうもんです。


f0131183_01111824.jpg



………



7時から、やっと一次会。

中華料理の玲玲(だったかな?)の3号店。新橋の主に言わせると、超人気店らしい。

狭くて窮屈な店だったけど、もちろん、人気通りの店でした。

メンドクサイので写真はなし。



………



めずらしく、2次会はカラオケ。

いつもは永遠に飲み続ける奴らなんだけど。もちろん、カラオケでも飲み続けることはできますが…

情熱の薔薇とか、哀戦士とか、忍者ロックとか、1993とか、マンピーとか、

決して他人には聴かせたくない歌を合唱。


f0131183_01113662.jpg


いつもどおりに終電の新幹線で帰宅。

飲みすぎたので、翌日の練習はお休み。ここまで飲むのはめずらしい。







by akogarehotel | 2019-07-24 13:04 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

Commented by 月野正則 at 2019-07-26 22:48 x
ひりゅうくんの就職祝い?
・・・・・

まぁ、ウチの長女も、お嬢様育ちが災いしてか半年経たずに
「家事手伝い」なので多くは語りません(笑)

確かひりゅう君とは1度だけ有った事がある記憶が。
思えば信長やってた頃が一番楽しかったなぁ(遠い目)
Commented by akogarehotel at 2019-07-27 07:38
ツキノさん

正確には転職祝いです。
ま、細かいことは誰も気にせず、理由をつけて集まろうということです。

「やってたころ」?

今もやってますよ。
ちょうど、昨日、全国に登録して、今朝、ドラフト発表。
1,2,3位そのままで、信長、堀発掘、酒井抜擢。具足、軍配、鞍。
たぶん、2人か3人のマップです。


名前
URL
削除用パスワード

<< 2246. セカオワ朱鷺メッセ... 2244. ぜいたくな空間 令... >>