2018年 03月 14日 ( 1 )

 

2135. ぐんまトラックカップ第3戦 平成30年3月10日(土)、11日(日) 

ぐんまトラックカップ第3戦 平成30年3月10日(土)、11日(日) 



どうやら、僕には死神が取りついているようです。

あるいは、妖怪「自転車落とし」。



………


f0131183_20070471.jpg

今日の仕事はグリーンドームで、ぐんまトラックカップの医務室担当。


高校生部門と社会人部門に分かれて、一人の選手が全種目を走る「オムニアム」という形式の大会。総合得点で優勝者が決まります。

3月なので高校3年生はお休み。1年生と2年生の「やや初心者」が中心。(だから落ちるんです。)

一方、社会人部門は本気の方々が多数。もうちょっとレベルが下がると、僕みたいなものも気軽に参加できるのでうれしいのですが。

(次回から、二日間のうちの片方だけの参加でもOK。とすると「誰でも参加できるよ」ということで、参加者が増えて底辺が広がることを期待します。)



高校生の競輪。危ないので少人数制。

f0131183_20055837.jpg


輪友会からは、カネコさんだけの参加。

↓競輪で突っ張り先行に入る。ちなみに、先頭誘導員は元S級選手のマツシマさん。

f0131183_20053142.jpg



高校生部門の優勝は、選手のご子息くん(高校1年)。前回につづいての連続優勝。もしかして、将来が期待できますか?車券を買えますか?

f0131183_20054699.jpg


大人部門の優勝は、大本命のSさん。前橋市在住、40代、もちろん元選手。まさに老いて益々盛ん。赤城ヒルクライムであと7秒まで追いついたのは、今や遠い幻。現時点では比べるのも失礼。

f0131183_20065027.jpg




………



カルテ:


今回も、初日スクラッチで鎖骨骨折。二日目ポイントレースで擦過傷。

ともに高校生。

技術よりは、経験が少ないので落ちるのでしょうね。こればかりは仕方ない。

しかし、これで勤務機会連続4試合で救急車出動。

無事ですまない記録を更新中。



………



今回、友人(医者)がピストに初挑戦。

フラットハンドルのロード(?)しか乗ったことがなく、ビンディングすら知らない。

陸上部。マラソン好き。某大学病院の医局長。


主催者さまが快 く「好きなだけ走ってていいよ」 と。

最初は、「芝生エリア」でウロチョロしていただけだけど、すぐにバンクへ。

f0131183_20063012.jpg

 『 コーナーの角度に驚いた。 』


と、当然の感想。しかし、すぐに、臆することなく「1周ダッシュ」。


 『 足がパンパン。。 』


とか言ってるけど、陸上部出身なので無視。


 『 こんな楽しいものが人生に存在したとは思わなかった。 』と


間違いなく、予想通りに、のめりこんでくれた。



問題は、仕事が忙し過ぎること。それさえ解決すれば、すぐにイシケンさんのお店へ行くと思います。

ちなみに、この友人はグリーンドームから徒歩数分の距離に住んでいるくせに、競輪を知らない。競輪場に来たのも、「自転車レース」を見たのも、今日が初めて。その感想は、


『 見ているだけで楽しい。 』


と、ポイントレースに熱心に見入っていた。

ギャンブルとしての競輪なら足が向かないけど、スポーツとしての自転車競技ならのめりこむ。そんな人種がたくさん存在すると思う。せっかくオリンピックがあるのだから、競輪業界はもっとスポーツ感をアピールすればいいのに。



………



大会二日目は昼過ぎに終了。


お弁当をもらったので、「テーブル席(18禁)」へ。

バンク内は片付けが終わったので、座る場所もないし。

f0131183_20051547.jpg



じゃぁ、当然の玉野。

当たるレースは当たったんだけどね。

f0131183_20061458.jpg

↑マークを間違えた。単位を「万」ではなく「百」にしちゃったよ。


三谷が強いのは分かっているし、三谷から買ったけど、鳥取は買わない。だって、鳥取じゃなくて取鳥だから。


そもそも、もろはしがかったじてんでかえろうかとおもった。






[PR]

by akogarehotel | 2018-03-14 20:04 | 本気のサイクリング | Comments(2)