2018年 04月 30日 ( 1 )

 

2158. 前橋市民大会(卓球、春季) 平成30年4月29日(日)

前橋市民大会(卓球、春季) 平成30年4月29日(日)



決して、自慢ではなく。



世の中には、少なくとも2通りの「選手」がいる。

「アスリート」といってもいいかもしれないけど、ちょっとそれはハナタカすぎ。



………



昨日、卓球大会があり、子供たちの成績は↓

f0131183_19083528.jpg

試合区分は「中学3年生以下」と「中学2年生以下」の2通り。

「○年生以下」というのは、文字通り○年生以下なので、小学生も幼稚園児も含まれる。



長男は中学1年生。

「中学2年生以下男子」に出場。

実は、去年の秋のこの大会で優勝している(当時は小学生)ので、なんと第1シード。

しかし、第4シードに隠れスターが参加していた。小学5年生だけど、現時点で県内小学生大会で負け知らず。全国にも通用する選手。

長男は、準決勝で彼と対戦し、余裕の敗退。3位。まぁ、予定通り。



一方、長女は小学生。

同じく「中学2年生以下女子」に出場。

去年の大会には参加していない。ノーシード。


しかし、怒涛の快進撃。

準々決勝で第2シードの選手を撃破。準決勝では小学6年の有名選手を撃破。

この2戦は、ともにフルセット。何度も劣勢になりながらも、タイヤ差の勝利。


決勝は、男子と同じく全国レベルの小学生と対戦して、敗戦。これは仕方ない。

でも、まさかの準優勝。



二人とも同じような結果だけど、「選手」の中身は全然違う。



………



長男は、「練習貧乏」。

練習はものすごく強い。

コーチの無限に続く球出しを、かなり正確に打ち返して、長時間サイクルを続けられる。サーブは得意で、ドライブもそこそこ威力がある。


なのに、試合は弱い。

自分より強い選手には、絶対に勝てない。

明らかに弱い選手に、時々負けたりする。


ちょっと相手に先行されると、もうあたふたし始める。

そして、ミスミスミスの連発。無理矢理なスマッシュ。

ミスが続くと、「マッケンロー」のように不機嫌になり、ラケットを叩きつける。


試合パターンも単純で、すべての球を「全力攻撃」する。

要するに、頭を使っていない。


精神力が弱く、頭も使えないなら、試合で勝てるわけがない。

唯一、(僕と同じで)練習が好きで、練習濃度が濃いおかげで、現在の位置を維持できている。



対策は簡単、なはず。。。

精神力は練習がカバーする。ひたすら練習するしかない。十分に練習すれば、緊張も興奮もしない。そういう意味では、まだ練習が足りない。


試合パターンは、理解力が足りないのか?

 「攻撃」「攻撃」「攻撃!」「攻撃!」「攻撃」「攻撃」「攻撃!」「攻撃!!」…

の繰り返しでは勝てない。


 「防御」「防御」「防御」「攻撃!!」

で勝てる。


と何度も言っているんだけど、「防御」という打ち方が全然できてない。

そういう意味でも、練習が足りないな。

地力(自力)は着いているので、あとは覚醒するだけなんだけど、

それは、いつ?



………



長女は、「試合器用」

僕の子供とは思えないくらいに、練習が嫌い。すぐ疲れる。

長男に連れられて、練習には行くけど、練習濃度は長男の半分くらい。


しかし、試合になると格上選手をあっさりと撃破する。

その秘密は、長男と全く同じ。ただし、内容が全く逆。


精神力がものすごく強い。

僕 「 負けそうって思ったことないの? 」

長女 『 そう思ったら、負けだよ。 』


とても小学生の言葉とは思えない。

昨日も、準決勝で、フルセットの5セットめ、2-6で負けていた。

(卓球は11点で、1セット。)


通常、この時点のこの点差では無理ゲー。野球で9回裏の2点差くらい。


しかし、その後、7-9 まで追いついた。

それでも、卓球では無理ゲー。これだと、相手は勝ったつもりでいるし、僕も含めて、会場の全ての人が、相手選手の勝ちだと思っている。


そこから、奇跡の連発で、4連打。

11-9 で逆転した。


僕 「途中で負けるかもとか思わないの?」


長女 『 だからぁ、負けると思ったら、ダメだって。 』


もしかしたら、ただのノーテンキかもしれないとも思ったが、

精神力が半端ないようだ。いったい、誰の遺伝子なんだろう。



試合の組み立ても、できている。

 「防御」「防御」「防御」ときて、「スマッシュ!」


一緒に見ていた卓球経験者と感心してしまうほどだ。

自然に、押しどころと引きどころを理解している感がある。

誰もそんなこと教えていないのに。


こんな選手が、あとは、死ぬほど練習したら、全国レベルになれるんだろうね。




でも、そんな選手が、星の数ほどいるのだろうから、

僕は、ただ見ているだけ。








[PR]

by akogarehotel | 2018-04-30 19:07 | 子育てられ | Comments(2)