2018年 05月 12日 ( 1 )

 

2161. 受験戦争 外伝(その2) 群馬の中高一貫校の大学進学率が悪い理由

受験戦争 外伝(その2) 群馬の中高一貫校の大学進学率が悪い理由



子供が通い始めて1ヶ月が過ぎ、それなりに理由が分かってきました。

一方、前橋高校水球部のアダチ先生からも、前橋高校の内情を教えてもらったので。



………


平成29年度の東大合格者数:


群馬県立前橋高校 定員320人

 東大 14人 、現役9人(理III 2人)、浪人5人


群馬県立中央中等(中高一貫) 定員120人

 東大 1人


太田(市立?)中高一貫校

 東大 2人



群馬県の中学受験は、中央中等学校の一択。「受験を考える優秀な小学生」のほぼ全てが中央中等を受験する。倍率は例年4倍。

4倍という厳しい関門をくぐってきた小学生が入るのが中央中等。

そこを落ちて、一般中学から高校受験をして入学するのが前橋高校。


補足:もしも小学受験をするなら、群馬では群馬大学付属小学校の一択。定員は80人程度。ただし、付属中学までしかないので、高校はそれぞれ受験する。群馬大学付属中学生の多くが前橋高校へ進学する。

付属小学校への評価は様々なので、それほど熾烈な受験戦争にはならない。



群大付属小を除いた、県内の優秀な小学生(上位4分の1以上)が入学したはずなのに、大学受験ではこの惨状。

なぜなのだろう、と、一応、先生方も考えているのだと…


理由がたくさんありすぎる。

それが分からないの?



★★★



結論を先に。

中央中等の進学率が悪い理由。


★認知度(信頼度)が低く、本当に優秀な小学生(と親)は受験しない。

★選別方法(入学試験問題)があやふやで、本当に優秀な子供を合格させてはいない。

 (以上は、前回ブログのとおり、既に分かっていたこと。下記が新発見。)

★遠距離通学。

★夜10時まで塾。

★英語やりすぎ。



………



子供が入学する前に、中央中等の進学率のことは知っていたので、当初は、


 「よほど、クズみたいな教育をする学校」


と思っていた。

しかし、ごめんなさい、実際は全然そんなことはありません。

入学式に行って、見直しました。


 ☆ 全ての生徒に部活を勧めている。

 ☆ 毎日、午後6時まで部活動がある。

 ☆ 特に、ブラスバンド部は素晴らしい。


てっきり、「部活なんて不要」「ひたすら勉強しなさい」的に、子供のお尻を叩いている学校かと思ってたが、全然そんなことはなかった。

むしろ、予想をはるかに越えて、部活動を推奨している。



中学生なんて、勉強しなくていいんだよ。

社会勉強すればいいんだから。

中学生の間にするべきことは、運動とコミュニケーションだけ。

今から勉強してたら、6年間、続くわけがない。



ということで、中央中等自体の教育方針は間違っていない。

(唯一、気になるのは、修学旅行がシンガポールということくらい。)



では、なぜ進学率が悪いのか、

の答えは上記の通り。



………



★遠距離通学

 なぜか美談とされている某生徒のこと。

毎朝5時に起きて、朝6時に電車に乗り、さらに乗り継ぎ、そして自転車。学校に着くのは朝7時半。片道1時間半の通学時間。

学校が終わると、塾を経由して帰宅。寝るのは12時近く。そしてまた翌朝5時に起きる。偉いねぇ。


偉い?じゃなくて、かわいそう。


片道1時間半。往復で3時間。

なぜ、1日のうちの8分の1をも無駄にしないといけないの??

親が考えてあげようよ。引っ越すのが無理なら、3時間も無駄にして通う価値のある学校かどうか、考え直そうよ。

一日3時間も無駄にしていたら、結果は好ましくないと思います。


通学中に勉強する?

僕の経験からは、そんなことはできない。高校時代に東京まで通ったけど、往復の時間は睡眠か、マンガ読むか、だった。


中学生に、この3時間のハンデはかなり大きいし、結果的に、しわよせを食うのは睡眠時間だ。たった6時間の睡眠で学校に行っても、まともに授業なんか聞けるわけないし、じゃぁ、なんのために学校に行ってるんだよ、と。


中央中等には、通学時間が1時間以上かかる子供が、かなりいるようです。

30分以内の子供は、30%もいないはず。


ちなみに、うちの子供は、自転車で10分です。だから通わせてる。もしも遠いなら、最初から行かない。



★夜10時まで塾

なんと、「ウすい学園」という塾には、学生の90%近くが通っている。うちの子も、「みんなが行くから」という理由で通っている。

そこの塾が、通常は週1回で夜9時までの講義だけど、試験期間だけは、週2回で夜10時までになる。


「うちの塾は、こんなに一所懸命ですよ」と必死でアピールしているわけだが、

でもって、そんな呪文に引っかかる親がたくさんいるわけだが、



10時まで塾で勉強していたら、家に帰って寝るのは11時を過ぎる。

睡眠時間はせいぜい6,7時間しかない。

こんな状態で学校に行って、学校の授業を聞けるの?

学校の授業を聞けないで、塾で勉強すればいいの?


こんなことしてるから、大学受験という公式試合では、成績が振るわないんだよ。



まずは、学校の授業ありき。

授業内容の100%ではなく、120%を吸収しろ。

そのためには、神経が研ぎ澄まされてないといけない。眠いなんて、お話にならない。

学校の授業をしっかりやってれば、他に勉強する必要はない。授業が終わったら、部活でもゲーセンでも行けばいい。



夜10時まで塾にいて、眠い状態で学校に来る奴と、

夜8時まで卓球をしてる奴と、

夜7時までゲーセンにいる奴のなかで、

誰が一番成績がいい?



僕の大学の同級生は、みな、「勉強時間の長さを自慢する奴」が大嫌いです。

一日10時間以上も勉強したから、東大に受かりました、、、、

そんな奴は、ゴミだから!

将来、使い物にならないから!

少なくとも、僕のまわりに勉強時間が二桁のやつは、ほとんどいない。



我が家の家訓 『 夜10時以降は勉強禁止 』




★英語やりすぎ

「やってないと、すぐに消えていく知識」の代表格が『言語』、つまり英語。

いくら英語を完璧に習得しても、使っていなければ徐々に消えていく。


中学1年のうちからハイレベルなものをやっていたって、維持するには…

大学受験までの6年間の、そこそこの時間を英語に費やさないと、せっかく得た英語知識を忘れてしまう。

でも、時間は誰にでも24時間しかない。

そんなことしているから、英語はそれなりにできるけど、他の教科はさっぱりな高校3年生ができあがってしまう。



じゃぁ、そもそも英語はそれなりのレベルになる?

今、流行の英語教育は、英会話の延長みたいなもの。理科の授業を英語でやったり、友達と英語で討論したり。英語討論が受験問題になることを想定しているので仕方ないが、


通常の受験英語は、特に東大レベルの英語は、長文読解。

よくわかんない長ーーーい、誰かの研究発表みたいな英文を読んでから答えるもの。だから、まずやるべきことは「会話」ではなく「読解」だ。難しい単語の文章を、ひたすら読み漁る必要がある。


そういう授業、やってる?


だとしても、そんな勉強を始めるのは高校生からで、間に合うはず。

中学生のうちに、英語の討論ができたって、何もうれしくない。何も偉くない。



あの林先生も言っている。

英語だけは「今でしょ」ではない。本当に必要なギリギリのときにやればいい。

って。



………



ある程度、原因がわかったので対策はできるはず。


 ☆ 睡眠時間の確保(理想は9時間) 

 ☆ 通学時間は30分以内

 ☆ 部活優先

 ☆ 中学3年で英検3級あれば十分(それくらいは必要)

 ☆ 塾に行ってもいいけど、9時には帰宅



★★★



一方、アダチ先生を介してうかがった名門前橋高校のお話。


今年、「東大医学部に現役で2人合格」ということで、ヤフーのトップ記事にもなった。

記事は「前橋高校として、異例のこと。奇跡だ」みたいな書かれ方。


異例でないことはないけど…

僕のときは、1つのクラスから(浪人含めて)東大医学部1、慶応医学部2、京都医学部1、東大理II 1、群大医学部数人でしたので、、、僕たちも異例かな?



じゃぁ、その2人の東大医学部現役秀才君について、前橋高校さまの意見は、

 ・ もともと優秀

 ・ 塾(予備校)の力

という非常に謙虚なものでした。



これが、前橋高校の数少ない「いいところ」です。

つまり、やりたい奴が勝手にやればいい。かっこよく言うと、「自由な校風」。

(そもそも、受験に精通した先生がいるわけないので、これ以外の答えようがない。)


前橋高校では、最低限の勉強環境だけは提供します。それ以上は、各自で考えなさい。それが考えられない人はそこまでです。

与えられたことをやるのではなく、今、何が必要なのかを考える

そろそろ大人になる人たちは、そういう考え方の練習が学生時代に必要でしょうね。



僕の大学が典型的です。

授業の出席は取らない。どんだけ休んでもいい。しかし、テストおよび将来について、お前らが必要と思うことを、今、やれ。


お利口さんのフリをして、学校または塾の机に座って授業を聞いていればいい

そんな簡単なことは誰にだってできるし、そんな簡単なことで自分が成長するなんて思ってほしくない。






[PR]

by akogarehotel | 2018-05-12 15:13 | 子育てられ | Comments(0)