2018年 06月 13日 ( 1 )

 

2169. 「モロッコ格安新婚旅行1999」(14) 砂漠の人々

「モロッコ格安新婚旅行1999」(14) 砂漠の人々



↓ラバラカのロビー兼集会所にて

f0131183_00341962.jpg

左から、ハッサン、僕、ハッシム、妻、オマール。


………



ハッサン

ホテルのオーナー。

f0131183_01264984.jpg
(一番右がハッサン)

魔法使いのようにとがった鼻と切れ長の細い目は、まさに砂漠の王様。黒いマントを羽織れば、そのまま映画に出られそう。

その内面には外敵から自分たちの「家」を守る長男であり、家長でもある厳しさを隠し持つ。気軽に話しかけられる雰囲気はない。


ある朝、あまり気の進まない僕と妻を無理矢理、ラクダに乗せて、その辺を一周。

日本人なら「サービスかな」と思うが、イスラムで決してそんなことはありえない。

10分の散歩が終わると、ハッサンが、


 『 2000円だ 』


ある程度、予想していたとはいえ、1泊200円の宿で、2000円とは。

イスラム教としては限りなく妥当なことだが、日本的資本主義では、


 「 戦争しようってのか? 」


と考えるのが、これも至極当たり前。

だから、世の中から戦争がなくならない。

僕たちは、もちろん、戦争したくないので、2000円を払ってきた。砂漠で頑張って暮らしているラクダとハッサンの家族のために。

f0131183_00353494.jpg



………



ハッシム

ハッサンの弟。典型的な「弟」。分かりやすく言えば、武田信繁か羽柴秀長。

(すごくわかりやすいね。)


厳しい兄のフォローをして、敵との関係を上手く取り持つ、優しい弟。

f0131183_00360281.jpg

↑「ジャパンといえば、カラテだろ?」といって、対戦を挑まれた。


僕たちは、ハッシムの自宅にまで招待され、赤ちゃんとテレビを自慢された。

f0131183_00362336.jpg
f0131183_00364046.jpg


自宅では紅茶をごちそうになったが、料金は請求されなかった。無料の飲み物なんて、海外で初めて飲んだ。



………



ハマダ

砂漠の原住民。


差別的表現と言われるかもしれないが、これぞアフリカ人という黒い肌。

夜は透明人間になるが、真っ白な歯と眼球だけは、逆に目立つ。

f0131183_00375280.jpg


このホテルで唯一、英語を話せないので、会話の機会がほとんどないのが残念。

(ちなみにモロッコで使われる言語は、イスラム語、ベルベル語、フランス語、英語の順。ハマダはベルベル語と、かたことのイスラム語しか話せない。)



………



オマール

僕らのガイド兼運転手兼スーパーマン。

↓ひょうきんなオマール。こんな社交的な奴は、イスラム圏にはめずらしい。

f0131183_00383559.jpg

アフリカ人のくせに、気遣いに長けたやつ。日本人と比べても遜色ない。(というか、最近の日本人はレベル低下。特におき○わ。)

もちろん、押すときは押す。僕らが現地人からぼったくられそうになっていると、横槍を入れてくれる。もちろん、運動能力も現地レベル。2時間でも3時間でも、山道を歩き続けられる。


基本的に、モロッコのモロッコ人は、みな優しい。いつも陽気に、親切に話しかけてくれる。モロッコのフランス人とは極めて対称的だ。

f0131183_00393434.jpg


………



砂漠にやってくる観光客も多種多様。


バイクで気ままに旅をしているドイツ人のオジサン。砂漠を走ってきて、お茶だけ飲んで、また旅に出て行った。砂漠の中を自由気ままに放浪しているらしい。

アメリカ人のお兄ちゃんは、学校の夏休みで1ヶ月くらい放浪している。砂漠に何日滞在するかは決めてない、気が向いたら帰る、と言っていた。

世の中には、うらやましい人たちがたくさんいます。


夜になると、砂漠のテントで、毎晩宴会が開かれ、現地人、欧米人関係なく、歌って踊っている。太鼓の音は夜中まで続く。

イスラム教は禁酒。酒を飲まずに、どうしてあんなにはしゃげるのだろう。日本人も恥ずかしさを捨てないといけないね。



………



砂漠の人々(番外編)



化石売りの少女


岩漠の一本道。

前方に水平線。後方も水平線。岩と砂と、舗装不良の道路以外は何もない。

f0131183_00403498.jpg

↑こんな道で、車を停めると…

どこからともなく、小学生くらいの女の子が数人、駆け寄ってくる。

手に手に、綺麗な石のようなものを持っている。


「化石を買ってくれ、と言っている」とオマールが通訳してくれる。

この近くで見つかるのであろう化石を売って、生計の足しにしているようだ。


この子供たちはどこから来たのだろう。

この辺りは、見渡す限りの砂の原。僕の視力では家屋など見当たらない。はるかかなたにの山肌に、横穴式住居を少し近代化したような家というか、穴が見える。あそこから歩いてきたのか??1時間はかかると思う。しかも、砂漠の太陽の光を受けて。

化石を掘って、1100円で売れれば、1ヶ月の食費になる。そのために、1時間かけて道路まで歩き、立ち止まるか分からない旅行者をえんえんと待ち続けていたのだ。


この子達は偉い。気を抜いたら生きてはいけない世界で生きている。


(ところが、後日談。あの全てを理解しているオマールがこの化石をあまり勧めない。小さなカスパでも、住んでる人にチップをやれ、と細かく言ってくれたオマールが、この子供たちにはなんだか冷たい。あとで調べたところ、これらの化石のなかには「偽物」も含まれているらしい。あんなにきれいなのに?素人には見分けがつかなかった。)






[PR]

by akogarehotel | 2018-06-13 00:29 | あちこち旅行記 | Comments(0)