2201. 宝台樹スキー場にて 平成31年1月13日(日)

宝台樹スキー場にて 平成31年1月13日(日)



萬田先生という、在宅診療の分野で日本的に高名な医者がいます。

全国で講演会をすでに400回くらい開催している有名人です。



萬田先生と僕とは、

お近くに住んでいる、自転車が好き、昔すれ違った、一緒にグリーンドームの検車係をやった

など、かなり濃厚な縁があり、

今回は、スキーに誘っていただきました。

ただし、コスプレという、これもまた濃厚な縁の1つですが。



………



集合写真の左端が僕で、その隣が萬田先生。その他の3人も医療関係職ですが、

どれが誰だか、まぁ意味はないですね。


で、みなさん「僕も含めて」、こんな格好で滑るんだから、スキー・ボードの技術もそれなりです。萬田先生がうまいのにはビックリ。(動画で先頭を滑っています。)



f0131183_07435767.png
リンク(動画はこちら)
カオナシスキーIN 宝台樹スキー場
中身はおじさんばかりです。

f0131183_07444566.jpg




………



水上宝台樹スキー場


水上ICから15分~20分。

初級者と上級者用の斜面。中級者部分が少ない。

連休なのにゲレンデは空いている。食堂は混んでいるが、ゲレンデ近辺に私設レストランがあるので、あまり困らない。休憩所もある。そのため、親子連れが多い

東京方面からは、沼田ICの2つ先が、水上IC。さらに水上ICから距離があるので、遠いという印象。それでもせいぜい30分しか違わない。それでこれだけ快適なのだから、間違いなく沼田水上エリアで一番オススメのスキー場。

個人的には、一人でスキーに行くなら間違いなくここ。ひたすら上級者バーンを滑っていられる。JR特急「みなかみ」と連絡バスを使えば、ビールも飲み放題。



………



この日は、妻と長男が別用のため、長女とふたりきりでスキー場へ。

朝8時に家を出て、ちょっと渋滞して、9時半過ぎに水上宝台樹スキー場に到着。

まずは子供と2人で頂上へ。


f0131183_07443665.jpg



子供を気軽に連れてきたが、実はそこそこ急斜面。しかし、恐さを知らない子供はスイスイと滑り降りていた。



昼食後に、カオナシ先生と合流。

子供ばかりいる緩斜面で、5人で滑る。


まわりから、「写真撮ってください」と、さんざん言われるのに、

うちの子供は、 『 恥ずかしいから、一緒に滑りたくない 』



3時まで滑って、子供もカオナシ先生も疲れたので帰宅。

4時半には家に着いた。









# by akogarehotel | 2019-01-14 21:02 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

2200. 磐梯温泉ホテル(アルツ磐梯スキー場) 平成31年1月1日(火)

磐梯温泉ホテル(アルツ磐梯スキー場) 平成31年1月1日(火)



f0131183_14312818.jpg

磐梯山

それって、バンダイナムコ?

というのは、中学生の長男と同じレベルです。



………



 磐梯温泉ホテル:


その昔、スキーバブル絶頂期に「アルツ磐梯ホテル」という名前で堂々とオープンした、当時は「豪華なホテル」。

バブル崩壊後に、星野再生工場が買い取り、リニューアルオープンした。スキー場には「アルツ」の名前が残っている。

星野リゾートによくあるパターンなのだが、リフォームして内装を豪華にして、食事内容を代えて、スタッフを教育して、、、

そのぶん、「値段」も豪華にして、、、


でも、施設そのものは古い。

残念ながら、水回りやエアコン機能は不十分のまま。

レンタルスキーも、かなりボロボロ。

温泉というくせに、大浴場は小さく、ぬるい。

室内プールがあるが、水温は水泳部員設定であって、リゾート設定ではない。



ま、でも、贅沢は敵!と思えば不満もなく、

金額にお得感はないものの、子供が楽しそうにしていればいいかな。

ちなみに、子供は、食事がバイキングで、部屋にWifiがあれば満足します。



………



1月1日。


朝6時(さっき寝たばっかりな気がするが…)、

祖父母の家に子供たちを迎えに行き、そのまま新幹線で出発。


高崎→大宮→郡山(福島県)→(JR磐越西線)→磐梯町→(送迎バス)→ホテル



磐越西線は福島県(郡山)と新潟県(新津)を結ぶローカル線。車窓には、猪苗代湖や磐梯山が見え、沿線にはラーメンで有名な喜多方や会津若松がある。中学生の頃に、前橋から一人旅で来たことがあるくらい、乗り鉄には魅力的な路線。

しかし、そんなことには興味のない子供たちは、電車内でパズドラに夢中だが。



乗り換えがたくさんある割には、近い。正午にはホテルに到着。

こじんまりしたホテルで、レストランはひとつしかない。しかも昼は営業していないという。昔ながらのスキー場ホテルによくあるパターンだけど、現代の星野リゾートにしてはめずらしい。ゲレンデに行けばたくさん食堂があるので、特に問題にはならない。



長男の意欲は、スキー:ゲーム = 4:6 くらい。

長女は、スキー:ゲーム = 8:2 くらい。


兄弟なのに不思議なもんだが、スキー場に来たので、

 『 休憩したい、ゲームしたい。 』

なんて言葉は聞こえない。

リフト終了まで、しっかりスキー。


その後、「物足りない」という長女に頼まれて、ホテル内の室内プールへ。

長男はもちろん部屋でゲーム休憩。


リゾートホテルらしく、室内プールを備えているが、、、、

水温が推定20度。

この冷たさでは、水泳部以外は泳げない。(僕は水泳部)

だから、こんな感じの貸しきり状態。


f0131183_14315495.jpg


子供にも水温は関係ないらしい。

「全然寒くない」といって、水遊びに興じる。遊びに付き合っている僕のほうが寒さに震える。泳いでいれば寒くないが、じっとしているのは無理。

泳ぎを止めたら死んでしまうマグロのようだ。



………



1月2日


翌日も朝からスキー。

 『 リフトに10回乗ったら、お年玉増量。 』

と言ったら、長男が本気を出した。僕が休憩している間にも一人で滑ってる。

ちなみに、リフトは乗車時間が10分以上かかる超ロングなもの。

営業終了時刻にちょうど10回乗り終えた。


f0131183_14314467.jpg

夜。

冷たいプールにはこりたので、今夜は長女と一緒にナイタースキー。

ナイターは何回滑っても500円という価格崩壊設定。

長男はもちろん部屋でゲーム休憩。



………



1月3日


翌朝。

宿泊者限定で、朝7時半から滑ることができる。

長女にせかされて、早起きして滑らされた。

星野リゾートに泊まる客に、そんな体育会系なんているわけない。だから、ゲレンデは貸しきり状態。プールにつづいて、ゲレンデも貸しきり。

中学生くらいの男の子が一人で滑ってた。偉い。

うちの長男は、もちろんまだ夢の中。



昼まで滑って、

午後1時のバスで帰路へ。

年始の超混雑新幹線に乗り、夕方6時に帰宅。

近いなぁ。



★★★



アルツ磐梯スキー場、磐梯温泉ホテル


施設はボロイ。

ホテルスタッフの対応は素晴らしいが、スキー場スタッフがシロウト。

リフトの並び方、ゲレンデ食堂の管理、リフト券売り場の整理など、おぼつかない点が多数。レンタルスキーも悲しい装備。

プールは寒いし、部屋そのものも寒い。

朝食、夕食メニューは、一応許せるが、他の星野リゾートに比べると明らかに格下。



悪いところばっかりだ。


でも不満がほとんどない。

なぜ?



その理由は、日本人しかいないから。

最近は、どこの観光地へ行っても外国人ばかり。

同じ星野でも、トマムはまるで異国。プリンスなら苗場も志賀も外人だらけ


外人が悪いとは言わない。礼儀のない人間が悪い。

順番を待てない奴が邪魔。列を乱す奴は来るな。そういうタイプは日本人には少なく、日本以外のアジア人種には限りなく多い。(やはり、まだまだ日本人は世界に自慢できる人種なんです、まだ。)


そんな礼儀のない奴が、ここには一人もいない。

リフトや食堂がどんなに混んでいても、割り込む奴がいない。だから、多少待つのも許せる。

ホテルのフロントでわめいている外人がいない。だから、ホテルのロビーが快適。


磐梯山は小さなリゾートなので、おそらく外国にほとんどアピールしていないのだと思う。だから、こんなに快適なんだろう。

また行きたいスキー場です。


↓ゲレンデから猪苗代湖が一望できます(光っているのは空ではなく、湖面)。

f0131183_14313662.jpg


↓1本の高速リフトに乗るだけで、ロングクルージングが可能なコース設定。コース幅も広い。

f0131183_17573878.jpg



あっちに見えるのは上級者コース。圧雪されていないコブがおいしそう。

f0131183_17575523.jpg


子供が休憩中にちょっと楽しませてもらった。コースから見る猪苗代湖。斜面の角度がわかるでしょうか。

f0131183_17572373.jpg



………



ちなみに、スキー客はすべてが日本人ですが、

  ボード:スキー = 8:2

で、その日本人ボーダーが、上手い人ばかり。

飛ばす人、ではなくて、上手い人。


上手い人は、マナーもしっかりしている。ゲレンデで座ったりしないし、無駄に左右にカーブしないし。

これも快適な理由のひとつでしょうね。



みなおした、ふくしま




# by akogarehotel | 2019-01-11 18:12 | あちこち旅行記 | Comments(0)