人気ブログランキング |

カテゴリ:子育てられ( 208 )

 

2228. 渋谷ハチ公 令和1年5月5日

渋谷ハチ公 令和1年5月5日



30年ぶりに渋谷。


ついつい写真を撮ったけど、まわりもパシャパシャ撮ってるので恥ずかしくないね。

30年前にそんなことしてたら、白い視線が痛かったけど。


f0131183_08245238.jpg


3月に、長男の友達が東京へ転居してしまった。

その友達に会うために、渋谷へ。長男が一人で渋谷、しかもハチ公にたどり着けるわけないので、引率してきた。

残念ながら、「友達」は男子。



早く到着したので、人ごみの中で待っていると、長男の携帯にメールが来た。


 『 「今、ひゃくきゅうの前。もうすぐ着くよ」だって。

  お父さん、ひゃくきゅうって何? 』



………



その後、子供たちは映画「コナン」へ。

ここまで来れば、あとは中学生だけで大丈夫。東京駅で午後3時に待ち合わせとなった。

今、午前11時。



渋谷を散歩してみた。

学生時代にはさんざん歩き回った。あの頃はバブルの前だったから、常に大混雑だったけど、今も人間だらけだ。

ただし、種類が違う。3割くらいが外人だ。日本って観光客に依存するようになったんだね。いいのか、悪いのか。

アジア人に占領されているスキー場と違って、圧倒的に西洋人が多いので、弊害は少ないでしょう。


ドローンが飛んだりするけれど、、



一人でえんえんと歩くのも恥ずかしいし、疲れる。

ゲーセンで休憩。


f0131183_08245979.jpg



三国志。

前橋より調子がいい。

意味もなく、タイトーからアドアーズへ移動。

それでも時間が余る。

午後3時までたっぷりある。



新宿へ移動。



………



フリー雀荘。


歌舞伎町一番街に、昔よく通ったフリー雀荘があったはず。

しかし、当然、消えてた。雀荘が生き残るのは大変なことなんです。



知らない雀荘が4軒ある。しかし、どの店も、レートが書いてない。

仕方ないから、そのうちの入り口の綺麗な店へ。


『ピンの20、50。東風戦。赤3つ、虹赤1つ、白ポッチ1つ。チップは1000Pt。』

やべっ、来たことをちょっとだけ後悔。



4着、2着、3着、4着

小1時間で、びっくりするくらいの授業料を払って終了。

ちょっと、新宿をなめてました。

ただ、20年ぶりくらいに、しびれる麻雀を楽しませてもらいました。



………



その後、マンガ喫茶で休憩。(最初っからこうしてればよかったんだ。)

待ち合わせの時間に、東京駅へ移動。



東京駅の駅前広場で子供たちが来るのを待ってると、、、、

ロードを組み立てている青年がいる。こんな晴れた休日はサイクリング日和だからね、うらやましい。

ところが、その青年のロードがなかなか組みあがらない。チェーンがはずれているが、一向にはまる気配がない。

見ててもどかしい!

フロントギアを逆方向に回してチェーンをはめようとしている。それでは、フロントディレイラーにチェーンがはさまって、はまらない。


「 なおしてあげようか? 」と私。


『 ありがとうございます。はじめての輪行なんです! 』


普通「これくらい大丈夫です」という答を期待したのだが、予想外にあきらめが早い。

フロントがインナーに入っていた。これでは永遠にはまらないだろう。

アウターに入れて、ペダルを順回転にして、すんなりはまった。


『 ありがとうございました。手が汚れちゃいましたね、すいません。 』


確かに。チェーンを素手で触ったので、手が真っ黒だ。

そんなことに気がつくなんて、見どころありますね。偉い。


「 これくらい、いいよ。気をつけてね。楽しそうでいいなぁ。 」



………



ほどなくして、長男と友人が到着。


彼らは、映画のあとは、江戸東京博物館に行ってきたという。

そんなところに行く日本人がいるのか?と思ったが、


 『 そんなに混んでなくて、よかったよ。 』


って、おみやげの人形焼を自慢してくれた。


東京駅の地下街で夕食を食べてから帰宅。

楽しい小旅行でした。









by akogarehotel | 2019-05-13 19:50 | 子育てられ | Comments(0)  

2226. 映画「コナン」に”3回、行ってきました” 令和1年5月3日(祝)

映画「コナン」に行ってきました 令和1年5月3日(祝)




子供たちが、ポケモンと妖怪ウォッチを卒業して、コナンになってます。


ここ数年は、毎年、映画「コナン」を観るのが恒例行事。コナンは、毎年、GWに上映されます。

で、この連休に”3回、行ってきた



5月3日

長女 『 小学校の友達と見に行くから、連れてって。でもお父さんは映画を観なくていいよ。 』

小学生だけで、映画に行かせるわけにはいかず、映画館まで引率。子供が友達同士のため、映画の間は時間つぶし。



5月5日

長男 『 中学校の友達と見に行くから、連れてって。でもお父さんは映画を観なくていいよ。 』

映画の場所が、わけあって渋谷。子供だけで渋谷にいけるわけもなく、渋谷の映画館まで引率。映画の間は時間つぶし。



5月6日

長女 『 面白かったから、もう一度観たい。お父さん、一緒に観てあげる。』

(実は、1回見ただけでは、内容が把握できてなかったらしい。2度目を観て、「あー、そうだったの?」と。)



要するに、子供の引率ばかりの連休。



………



最近のコナンは、推理や謎解きというよりも、アクション、爆破という流れ。

テレビでいうなら、「相棒」ではなく、「西部警察」。


ストーリーは、かなり物足りない。

カラテ=喧嘩 というイメージ誘導もよくない。


それでも、今回の映画はそんな欠点を上回る長所がある。

「シンガポール」


f0131183_12515142.png


映画の舞台はシンガポール。実在する「マリーナベイサンズ」という高級ホテル。

シンガポール政府とホテルが、かなり資金提供したのだと思うが、まるで(いい意味で)「ホテルとシンガポールの宣伝映画」。

ホテルの豪華さや、海上ショー、屋台街などが、旅行番組のように正確に描かれてます。


当然、子供の反応も、

『あのホテルに行ってみたい。海外へ行ってみたい。』と。


僕自身は、バックパッカーを自称するので、シンガポール(やアメリカやヨーロッパ)などの先進国は、旅行先の候補にはない。



しかし、海外を全く知らない子供たちが、少しでも視線を向けてくれれば、

じゃぁ、次は、ミャンマーやカンボジアのことを考えてみようか、と話を進めることができる。

そんなきっかけになる素晴らしい映画だと思います。


これを長所と取るか、短所と取るかは、判断次第だけど、

子供たちが海外へ目を向けるのは、こんなところからだよ、って思います。



………



余談。ご存知の人も多い「ガンダムとのコラボ」。


内密に、しかし、周知のとおり、コナンはガンダムとコラボしてます。

これはコナンの作者の青山さんが、無類のガンダム好きだから。



赤井秀一(あかいしゅういち)という登場人物。

声優は、あの池田秀一。そう、赤い彗星のシャアと同じ声優。



安室とおる(あむろとおる)という登場人物。

作品内では別名「古谷れい」(ふるやれい)とも呼ばれることがあります。

声優は、あの古谷徹。そう、アムロレイと同じ声優。



来年の映画の予告編で、赤井秀一が、

『 見えるぞ 』

と言ってますが、これはもちろん、

『 見えるぞ、私にも見えるぞ! 』

ですね。

(え、意味がわからない?)



実は、コナンの人気は、この2人によって支えられてたりします。



………



声優で言うなら、


今回の主役の怪盗キッドと、工藤進一(高校生のコナン)は同じ声優。

NHK「おかあさんといっしょ」などの着ぐるみ声優で有名な山村勝平さん。


『 えー、てっきりイケメン俳優かと思ってた。がっかり。 』


という、声優アルアルな長女の反応でした。







by akogarehotel | 2019-05-09 12:49 | 子育てられ | Comments(0)  

2225. 卓球ブログ 平成31年4月29日(月祝)

卓球ブログ 平成31年4月29日(月祝)



前橋市選手権大会(高尚な名前の大会だけど、そんなに重要視されていない)。

小学生から大人まで参加。大人数。


f0131183_17145862.jpg


宣伝用のユニフォームができあがってから、最初の試合。

チームの皆様が、僕のことを気にしていただいて、積極的に着用してくれてます。

会場のあちこちで、黄色い色が目立ちます。

うれしい。ありがとう。

もちろん、来年も作ります。

f0131183_18593198.jpg


………



長女の結果、


準々決勝で負け。勝てそうな感じでしたが、まだまだ精神的にもろい。

そういうもんです。ベスト8。



長男の結果、


準々決勝は、同じチーム同士で対戦して、3-1で勝ち。

準決勝も、同じチーム同士で対戦して、0-3で負け。

3位。

おかげで、ユニフォームの宣伝になりました。





………



ちなみに、

この大会は人数が多すぎるので、監督、コーチ、保護者のベンチ入りは禁止。

仕方ないので、子供たちが試合をしているあいだ、「近く」をマラソンしてきた。


前橋ヤマト体育館 → 高崎インター → 新前橋駅 → ヤマト体育館


「ちょっとそこまで」のつもりが、途中で買い物を思い出して駅まで。天気のいい午前中ということもあり、気持ちよく走ってたら、いつのまにかロングラン。


 距離14km


これに比べたら、7月のトライアスロン(ハーフ)のランは、たったの5km

行けそうだね。



★★★



4月30日(火)

5月1日(水)

5月2日(木)


3日間は通常営業。さすがに10連休するわけにもいかないし。

(世の中には10連休してる同業者のほうが多いけど。)


「どうせみんな遊びに行ってて、病院なんか来ないでしょ」という予想を大きく覆して、大忙しでした。ゴメンナサイ。







by akogarehotel | 2019-05-07 12:55 | 子育てられ | Comments(2)  

2221. このブログは「卓球専門ブログ」ではありません  平成31年4月

このブログは「卓球専門ブログ」ではありません  平成31年4月




競輪風に、

このイベントは、令和元年業務利益ゼロ計画(納税ゼロ計画)の補助事業です。



………



不本意なことに、「卓球」「ブログ」で検索すると、当ブログがかなり上のほうに出てくるそうです。

卓球の記事がほとんどなく、稀に書かれるものも、ほぼ「親ばか日記」なので、本当に申し訳ない。

記事数が2000もあるので仕方ないのでしょうが、ロードバイク・ブログで検索したって、かすりもしない。世の中には、卓球ブログってものがほとんど存在しないのでしょうね。


なので、というわけでもなく、

珍しく、卓球ニュース。


「令和元年は納税ゼロ」プロジェクトの一環として、小野沢卓球さんへの超絶援助号令発動中ですが、

まずは、ユニフォームができあがりました。

幼稚園児からおじいちゃんまで、メンバーぶん60着を作製して、全員にプレゼントです。


f0131183_18593198.jpg


しかし、「秀卓会」という文字がない!

デザインから注文まで、すべてを小野沢監督に任せたため(それはそれで失礼なんですが、、)、


 『 印刷代が高くなるので、文字を減らした 』


だそうです。

どこまで、遠慮深いのでしょうか。頭が上がりません。

まるで、「青山医院チーム」みたいです。



ニッタクの今年新発売のデザインを元にしています。3月に発売になったばかり。まだ誰も着ていないはずです。


f0131183_18591498.jpg

↑卓球会で有名な「ナントカマーク」。

このマークのないウェアは試合では着用できません。絶対にあやしいお金が動いています。ヤマネアキラ的な。



今後は、1年にひとつずつウェアを作りたいと思います。

 『 来年はあたしに決めさせて!小野沢さんが選ぶと、カッコ悪いから。』

と、どこぞの小学生が言うので、


「その年に、一番活躍した選手が、来季のユニフォームをデザインする」

と決めました。


決めたいなら、頑張れ。



↓町内会の練習会でユニフォームを自慢する小学生。

f0131183_18594923.jpg







by akogarehotel | 2019-04-19 18:57 | 子育てられ | Comments(0)  

2216. 群馬中高一貫校の神童兄弟  平成31年3月

群馬中高一貫校の神童兄弟  平成31年3月



群馬県の中高一貫校の進学率が悪い、という記事に閲覧数を多く頂いております。

その続編のようなもの。

ただし、まずは長い前置きから。



………



現在、名門大学医学部水泳部が敷島プールで合宿しています。

僕の後輩たちです。


ちなみに、「名門」と表現したのは、「由緒ある」ではなく、「強い」という意味。

最も大事な大会である東日本医科学生体育大会を10年以上連続優勝してしまう「チーム」です。(水泳って「チーム」スポーツなんです。)


f0131183_20165046.jpg


都内では、コースを占有するには費用もかかり過ぎるし、そもそもコースを貸してくれるプールがない。なので、わざわざグンマーまでやって来るのです。

敷島以外では、新潟や東北へまでも、合宿用プールを求めて旅をします。





f0131183_20164369.jpg

都内より安いとはいえ、5コースを1日3時間×2。合計5日間も借りると、学生的には天文学に近い金額になります。

なので、偉そうに先輩ズラをしてプール代を支払ってあげます。

これで、一生「先輩扱い」してくれるので、安いもんです。彼らは将来、日本を背負ってく人材ですから。

 「 前橋で必要な金は、全部払ってやるよ。 」



で、せっかくなので今年は一緒に練習させてもらいました。東日本優勝を繰り返すような大学の練習に。

メインメニュー↓

f0131183_20163660.jpg


メインメニューは、

 200×3

 100×3

という距離的にはたいしたことないのですが、15分インターバルの「もがき」。

試合と全く同じ形式で、スタートと計時をして、ベストタイムに近い数字を想定します。


自転車(競輪)と違って、水泳で「もがき練習」はほとんどありません。インターバル練習が主流。この日だけは、プールの都合で特別に「もがき」練習になりました。


さらに厳しいことに、「併せ馬」(複数スタート)。

同じくらいの速さの選手同士で競争するので、手を抜いたらバレます。

僕の対戦相手は、4年生の女の子。女子とはいえ、前述の大会で入賞を繰り返す実力者です。


僕 『 みんなが見てる前で、女の子に負けるわけにいかないじゃん。。。 』

女の子 『 オジサンに負けるわけないですよ。 』


いじめですね、組み分けを考えた人の?


一本目から超本気の「もがき」。スタートで緊張するのなんて、それこそ学生以来。

 1本目(200m)、○勝ち、2身

 2本目(200m)、○勝ち、1身

 3本目(200m)、○勝ち、1身

 4本目(100m)、○勝ち、1/2身

 5本目(100m)、●負け、微差

 6本目(100m)、●負け、2身


いわゆる「ジャストなマッチング」(^^)で、後半5,6本目は、完全に根性負け。女の子を相手に、根性負け…

フォームもぐちゃぐちゃになり、どんだけ水を飲んだかわからないけど、久しぶりに楽しい練習をさせてもらいました。

(水泳が「チーム競技」である要因のひとつ)




↓練習で着用した「高速水着」。ウェットスーツのように浮きやすく、水の抵抗も少ない。着るのに15分かかる。

2万円。なかなかいい品物です。

f0131183_20162806.jpg



………



そろそろ、本題。


実は、水泳部員のなかに、群馬の某中高一貫校出身の学生がいます。僕の長男と同じ学校です。


この某一貫校は進学率が悪いとは言え、これまでに、実は

 東大医学部2人

 慶応医学部1人(上記)

の生徒を輩出しています。創立10年ちょいということを考慮すると、前橋高校よりは悪いけれど、高崎高校よりはよいと言えるかもしれません。



しかし、しかし、なんと、

 これ3兄弟!!!


水泳部のM君 『 兄2人は東大なんです。僕だけ慶応… 』と、なんだか落ちこぼれコメントでした。



3兄弟が東大、東大、慶応。

なんだ、ダビスタかよ、というのは早すぎる結論。


どこの高校に行こうが、受かる奴が受かる が、結論。

「ちゃんとやれる奴」が受かるんじゃない?


M君いわく 『高校の勉強で十分なはずがない。塾にいったりして、自分で勉強した。』



大学受験の対策を高校に求めたって無理。他人に求めたって無理。そんなものは自分で探す。自分で到達する。

群馬の公立学校は一応、受験対策もどきをするが、「もどき」は「もどき」。だって彼らは予備校の先生の教え方を知らないでしょ?

公立高校の先生は、「学校生活」のプロ。予備校の先生は「受験」のプロ。お互いが補完しあって、ひとつになる。

学校は学校。俺は俺。

自分でしっかりと受験対策をとり、足りないところを塾か予備校に求める。計画を立てて、実行できる奴が受験に成功するってことでしょうね。


麻布や開成の友達が言ってた。受験対策の授業なんてほとんどなく、どちらかというと自由時間ばかりで、生徒が好き勝手にやってる、だそうです。



群馬県民で言うと、

前橋、高崎、一貫、どこの高校に行こうが、学校に頼らずに、自分で計画を立てろ

ということだと思いますね。



………



じゃぁ、なぜ某中高一貫校の合格率が悪いかというと、当然、

 「遠距離通学率が高いから」



半分以上の生徒が通学に1時間かかる。こんなのでは、子供にいくら計画性があっても、実行に移す時間がない。



………



最後に、M君の話。


中学部時代は、水泳部とテニス部。

高校部時代は、1年で部活は終了。塾は、高崎駅近くにある「○○塾」。SEG系列という塾だそうです。

M君『 群馬には何もないですからね。せめてSEGなら? 』


1年浪人。浪人時代は、有名S予備校(御茶ノ水)という王道。(僕と同じ!)






by akogarehotel | 2019-03-22 18:41 | 子育てられ | Comments(0)  

2210. 「すいえい」始めました 平成31年3月1日(金)

「すいえい」始めました 平成31年3月1日(金)



たくさんある諸事情のおかげで、自転車練習を我慢して、水泳練習を始めました。



たくさんある諸事情は、


・社会人水球チームにお誘いいただいた。

 先日、前橋の歓楽街を「水球界のヤマネアキラ」と2人で歩いていると、たまたま、偶然、びっくりすることに、前橋M高校の水球関係者一同さまと遭遇した。

なんとたまたま、群馬の水球界の重鎮が全員集合した形になったが、そこでM高校の若旦那からM高校主催の社会人水球チームにお誘いいただいた。実質は人数あわせみたいなもんだが、溺死しないだけの体力はつけておかないといけない。



・ま、自転車やってると、いろんな「強制的なボランティア」が降って沸いてくるんだよ。僕は、スーパーボランティアではなく、わがままボランティアだから、やりたくない仕事はやりたくないし、手伝ってあげたくない人は手伝いたくない。

自転車はドームの中だけ。室内で遊ぶだけにします。



・最も水泳に傾かせた諸事情は、子供から、


『 お父さんって、いろんな大会に出かけていくのに、賞状とか全然もらってこないよね 』


とのお言葉。

仕方ない、本職(水泳)に戻って、ちょっくら賞状だけ取りに行ってきます。



………



賞状を頂く予定は、この試合↓

f0131183_07434038.png


群馬県マスターズ


「マスターズ」なんて、カッコイイ名前だけど、要するに「年代別」。

20代には勝てるわけないけど、50歳同士で戦えば、まず負けることはない。

200Fr、200IM、100Bu にエントリーします。


Mというのは個人メドレー。

学生時代に専門だった種目だが、試合で泳ぐのは約20年ぶり。50mずつ4種目を泳ぐのですが、順番を間違えないか本当に不安です。

 バタフライ→背泳ぎ→平泳ぎ→クロール が正しい順番。


100Buは、100mバタフライ。

過疎化した種目なので、賞状は確約。せこい選択です。



………



そんなわけで、2月からダッシュ前橋で練習中。


200m×4 (3分) とか 100mキック ×6(2分) なんて練習をしています。

これは、学生時代と同じ練習、同じタイムインターバル。

しかし、学生時代は、これを3回繰り返す、でしたが、今は1回でおなか一杯です。


賞状さえもらったら、さっさと自転車に戻る予感。







by akogarehotel | 2019-03-01 19:03 | 子育てられ | Comments(0)  

2209. 町内会対抗卓球大会 平成31年2月17日(日)

町内会対抗卓球大会 平成31年2月17日(日)



規模が大きいのでビックリした。

f0131183_18584717.jpg


数日前に、町内の回覧板で回ってきた。

どうせ、誰も参加しないんだろ、とたかをくくっていたが、行ってみて驚いた。

みなさん、気合が入ってます。



………



前橋東地区には、17の町内会がある。

その町内会が、1年を通して、ソフトボール、バレーボール、運動会、グランドゴルフ、そして卓球で、年間総合優勝を決める。

なんと、本格的!


そして、卓球は年度の最後の種目。これで総合優勝が変わってくる、とても大事なイベントなのです。



………



今回は、17町内会のうち13町内会が参加。

(人数が集まらずに参加できない町内会が4つあるということ。)


試合形式は、ダブルスを7組。

 男子ダブルス 3組

 女子ダブルス 3組

 ミックスダブルス 1組


この7試合のうち、4試合を勝ったほうの勝ち。


つまり、男子7人、女子7人が必要。

小さな町内では、これだけの人数はなかなか集まらない。

毎年、ギリギリの人数で参加する町内会ばかり。人数が足りなければ、卓球の経験がない自治会役員が出場する。当然、「立っているだけ」だそうです。

(他地域の選手を混ぜるというルール違反は、絶対にしないらしい。)



………



参加したのは僕ではない。僕の子供2人、中学生と小学生。


この卓球大会は、地域の交流が目的なので、大人が主体。

全チームを通しても、小学生は、うちの子だけ。中学生は、全体で3人。高校生は2人くらいだったかな。


レベルは、千差万別。

「大人」の中には、「温泉レベル」もたくさんいるけど、一方では、インターハイ上がりとか、実業団とか、現役とか。高校時代卓球部でした、なんてのもたくさん。


しかし、経験者を14人そろえることのできる町内会はない。

試合形式が「ダブルス 7戦」という非常に特殊なものなので、相手にどんなに強い選手がいたとしても、組み合わせ運で勝つこともできる。

弱い町内会でも、万が一、優勝することもありえる、意外と素晴らしい企画なんです。



………



試合直前の火曜日と土曜日に、うちの町内の練習会があった。


参加したメンバーは男子7人、女子7人。ピッタリ。

このうち誰かが風邪をひけば、温泉レベルの町内役員が出場する。

(それでも、僕よりは上手いからね、きっと)


14人のうち、子供は2人だけ。大人が12人。

監督(兼選手)は、元実業団で活躍し、現在もぼちぼちとプレイしている名選手。(実は、この人と顔見知りになるのが、今年参加した目的。下心ありあり。)


練習会を見ていて、

監督の次に上手いのは、どうやらうちの長男(中学生)らしい。自慢ではなく、そういうイベントだということ。監督が、ひたすらうちの長男と練習をしてくれている。

その次に上手いのは、もしかするとうちの長女(小学生)かもしれない。ただ、本日の練習会には、女子のエースが参加していないとのこと。



………



それにしても、町内会の役員さんには頭が上がらない。


卓球の経験者でもないくせに、飲み物や備品を持って、必ず練習会に参加する。練習が終わると、お茶を配ってる。気配りのかまたり。

試合当日も、事務的な仕事から、お弁当の配分まで。さらに、試合終了後の打ち上げの準備まで。


ありがたいです。そんな役員さんから、

『 今度は、ソフトボール大会にも来てくださいね。 』

って、言われたら、とてもじゃないけど、断りきれなかった。


(暖かくなったら、キャッチボールを始めよう。その前にグローブを買いに行かないといけない。一応、私、大学で1年間だけ野球部在籍。)



………



さて、試合当日。


予選リーグ戦。1位のみ通過。

 1戦目 大利根町 6-1 で勝利

 2戦目 前箱田町 3-4 で敗北、終了。


前箱田町は優勝候補。

長男の相手は、インターハイ出場者。まるで歯が立たない。上手い具合に対戦を考えてきた前箱田町の勝利だった。


一方、長女(小学生)は2試合とも楽勝。大人を相手に、激烈なスマッシュを連発。

 『 まるで愛ちゃん 』とまわりの声。

どんどん、鼻が高くなっちゃう。



監督さんからは、

 『 優勝候補を相手に、あと1セットまで迫った。もしかしたら、来年は勝てるかも。是非また来年もよろしく。少なくとも、うちのチームが一番若い。これだけは自慢だ。 』

と言われた。

うれしかったですね。

これから来年まで一緒に練習する計画ができあがった(作戦成功!)。



しかし、その夜の打ち上げが、試合以上に厳しかったのは言うまでもない。




そうだ、グローブ、買いに行こう







by akogarehotel | 2019-02-21 18:57 | 子育てられ | Comments(2)  

2199. ギャンブル場のマナー 平成30年12月31日(月)

ギャンブル場のマナー 平成30年12月31日(月)



今回の年末は、北海道から義兄家族が遊びに来ている。


この義兄は、大学の助教授という(僕と同じくらい)マジメな仕事をしているので、おそらくギャンブルということに縁がない。帯広に住んでいるのに、競馬場に行ったことがない、ということがそれを証明している。

前橋に住んでいるのにグリーンドームに行ったことがない、と同じくらいつまらない人生だ。


義兄にも子供が2人いる。それがたまたま、うちの子供2人と同い年。

お互いにいとこ同士になるので、非常に仲が良い。

彼らが前橋に来ると、遊びに連れて行くのは僕の役目。

今年(平成30年)は、子供4人(中学生二人、小学生二人)をぞろぞろと引き連れて、ラウンドワンへ。



………



年末のラウンドワン。

混雑はしているが、思ったほどではない。どこが景気回復なんだか。



午前中はスポッチャ。

大人一人と子供4人(中学生2人、小学生2人)なので、マンマークはできないが、スポッチャなら囲いの外には出て行かないので、安心して放り投げておける。

子供たちが遊んでいる間に、自分はドラムマニアが叩ける。

テレビのCMどおりにそこそこ楽しいが、そこそこの金額だ。

だから、そんなに混雑しない。



………



近くのバーミアンで昼食のあと、再びラウンドワンへ。


午後はゲーセンエリア。ここからが本題。


小学生2人は女の子。1000円ずつお小遣いを渡して、クレーンゲーム。

女性というのは年齢に関係なく、金銭感覚が強いようで、こんなところに来ても無駄遣いは極力避ける。無理だと思うクレーンには手を出さない。

悩んで、悩んで、取れそうと思う台に挑戦している。だから、1000円がなかなか減らない。いいことです。

しかし、


 『 これ無理そうだから、お父さん、ちょっとやってみて。 』


という攻撃があるので、

なんだかんだと、お金が減っていく仕組みになっている。



………



本当の本題はここから。


中学生2人は男の子。クレーンゲームのぬいぐるみには興味がないので、メダルゲームへ。

一人1000円。二人合わせて、2000円で600枚のメダル。

メダルを渡したら、あとは完全にほったらかし。

僕自身は女の子チームのクレーンゲームの保護者。

適当な時間にメダルがなくなるだろうから、そしたら帰ろう、くらいに。



ところが、

1時間後、長男がクレーンゲームコーナーにやってきて、


 『 大変なことになってる。 』 と。


何が、どんだけ大変なの?ということで、行ってみると、

これ↓

f0131183_14013512.jpg


大当たりのジャックポット(2700枚)の、さらに大当たりの「4倍」が出たという。

11000枚のメダルが、ジャカジャカと音を立てながら、盤面に降り注いでいる。ジャラジャラと、止まる気配がなく、えんえんと降り続けている。

椅子の下には、こんな山ができた。


f0131183_14015170.jpg



まわりじゅうもビックリ。

覗き込んでくる人が多数。


そのうちの一人。隣の台で遊んでいた「おばちゃん」。


「よかったね」「よかったね」「すごいね」「すごいね」

「どこから来たの?」「北海道?すごいね」「すごいね」「すごいね」


限りなく馴れ馴れしい。


この態度の理由が、わかる人には、わかる。

仕方ないなぁ、ま、いいか。

あふれかえっているメダルから、バケツに1杯(500枚)入れて、


 『 これ、どうぞ。子供が隣でうるさくしてて、申し訳ありません。 』


と、渡してやった。


 「あら、いいの?悪いわねぇ、おほほ」


と、上機嫌のおばちゃん。当然という顔つき。



その光景を不思議そうに見つめる子供4人。

ありえない大当たりをしたときのご祝儀。これがギャンブル場の「マナー」だよ。

と、態度で教えたつもり。



すると、その意味を理解したのか…


子供をゲーム機に残したまま、僕がメダルバンクにメダルを預けに行った。すると、間もなく子供たちがゲームをやめて引き上げてきて、


 『 まだメダルが200枚くらいゲーム機に残っていたけど、そのまま、あのおばちゃんにあげてきちゃった。 』



お!

わかってくれた。お父さんはうれしいよ。

これで、将来、ギャンブル場にいっても困らないね。



………



例えば、


新宿で、恐い人から車券を買って、もしも万車券になると、100倍以上の配当は切り捨てになります。150倍の当たりでも、100倍までしか払い戻ししてくれません。

でも、それは暗黙のルールです。それに文句を言ったらどうなるかは、見なくてもわかります。



たとえば、


以前、グリーンドームで予想屋から買った予想で万車券が当たったときには、1000円くらいのお菓子を差し入れてあげた。差し入れ用に、古ぼけたお菓子が売店に並んでいます。



マナーは大事だよ。



★★★



夜は、祖父母の家で親戚一同。

紅白をサザンだけ見て、年が明けました。







by akogarehotel | 2019-01-09 14:00 | 子育てられ | Comments(0)  

2193. アスリートパス(関東ブロック選抜合宿)の報告 平成30年11月5日

アスリートパス(関東ブロック選抜合宿)の報告 平成30年11月5日



卓球だけでなく、小学生アスリートの育成のために、合宿の報告。



長女が「全国選抜合宿」から帰ってきました。


練習は試合のほかに、1日1時間程度で、ほとんどの時間が「講義」だったそうです。

同行した専属コーチに対しての「練習方法」の講義のほかに、

子供たちを集めて、

 ・ 自分のことは自分でする

 ・ 道具(ラケット)の手入れ、管理は自分でする

 ・ 朝は自分で目覚まし時計で起きる

 ・ 毎日ランニングする。最低1km。

 ・ ごはんをしっかり食べる。毎食に、野菜、肉、味噌汁、炭水化物、果物、乳製品を摂る。特に、朝食をしっかり。

 ・ 試合前日は炭水化物を多く食べる。

 ・ 試合当日の水分補給は、水はダメ。スポーツドリンクにする。


という、僕が日頃から子供に言っていることですが、

僕の言うことは聞かないのに、合宿で言われると即実行するんですよね。


 「 お父さん、明日から自分で起きるから! 」


でも、ランニングは嫌いだから保留中だそうです。



………



(地震の影響で日程が変更になった)北海道を含めて、9都道県の男女各18名が参加した合宿。総当りのリーグ戦を行い、上位3名が中央合宿(代表合宿)に呼ばれます。そんなだから、かなりギスギスしているのかと思いきや…


 『 夜の自由時間は、毎晩遊んだ 』


ほとんどの子供に親が同行しています。つまり、親が「専属コーチ(卓球経験者)」。その場合、親子同室で宿泊します。うちの子のように、専属コーチが赤の他人という子供が3人だけいて、その3人だけまとめて、子供だけで1室に宿泊だったそうです。

で、ここが「子供部屋」「遊び部屋」になったと。


夕食後の自由時間は、うちの子の部屋に、


 『 15人くらい遊びに来て、かくれんぼとか、UNOとかした 』


だそうです。

朝も、本来は、5時50分に起床の予定なのに、


 『 朝5時半に起きて遊んだ 』


意外と、みんなストレスフリーなんですね。

安心しました。

しかし、一応「ホテル」と名のつく宿舎だったので、15人でかくれんぼって?



………



試合結果は、

2勝15敗 で 17位(18人)


f0131183_17014814.jpg


十分です。

目標1勝だったので、我が家では宴会です。

12位の子に勝ってるし、1位の子との対戦ではデュースになったと。

18位の子も他で1勝したそうで、みんなよかったね、と。



群馬代表からは、男子がひとり、2位になり、全国合宿へ。

地元でも有名な卓球家族のお子様で、両親ともに卓球選手。自宅は卓球教室。小学二年生の妹は、すでに全国優勝してナショナルメンバー。

狭い世界なので、我が家も交流がありますが、よくテレビに出るようなスパルタ一家ではないんですけどね。







by akogarehotel | 2018-11-11 17:02 | 子育てられ | Comments(0)  

2191. 卓球日本代表(小学校低学年)の選抜方法 平成30年11月2日(金)

卓球日本代表(小学校低学年)の選抜方法 平成30年11月2日(金)



卓球日本代表の選抜方法(小学校低学年)


・各都道府県で男女各2名を推薦し、各地方ごとに選抜合宿を行う

・関東は、山梨を含めた八都県で、合計16名

・合宿中に総当りのリーグ戦を行い、上位3名が全国合宿に参加できる

・選抜合宿へは「専属コーチ」1名を帯同すること。コーチに対しての練習方法の指導も行う

・選抜合宿への家族の同行は不可

f0131183_18124118.jpg


………



ということで、うちの長女が今朝、出発していきました。

「専属コーチ」なんているわけないので、卓球教室の先生にお願いしました。ご足労です。

もちろん、上位3位なんて想定していなくて、むしろ、

 「16位じゃないことを祈る!」

あわよくば一勝できないかな。


いや、それよりも今回の合宿で大事なことは、参加者のサインをもらってくること、だったりします。携帯を持ってないので、写真は撮れないですから。



………


一番の心配は、合宿地の旭市。

どこそれ?


千葉県の銚子の近く。群馬で言うなら、草津レベルの僻地。

東京駅から特急で2時間。特急は3時間に1本しかない。東京駅のホームは「総武線」という、隔離された場所。

うまくたどりつけるのかな?



………



現実のお話。

群馬代表なんて、すごいね。


ではなくて、


現時点では、早く始めたもん勝ち。

卓球がメジャーになったとはいえ、まだまだ小学生低学年の層は薄い。女子はさらに薄い。さらにさらに、群馬県のレベルは低い。


うちの子は、一応、群馬県内では負け知らず、というか、1セットも落とすことがない。

もしも1セットを落とすと、相手から「○○さんから、1セット、取ったぁ!」と喜ばれるレベル。

それでも、全国に比べたら、レベルは低いので、今回の合宿でも15試合して、1勝できるかどうか。



これが、小学生高学年になっても負け知らずなら、少し自慢できてくる。

あと数年後、どうなるか。



ちなみに、レベルが低いといっても、群馬には、小学2年生の全国女王がいる。

先日の張本妹(小学3,4年)が話題になった大会の、小学1,2年生部門の優勝者。

(卓球界なんて狭いから、みんな顔見知りで、以前は一緒に練習もした関係ですが、)

群馬県の高崎に住む両親卓球選手のお子様。ニュースでの扱いが、張本と違いすぎる!











by akogarehotel | 2018-11-02 18:11 | 子育てられ | Comments(0)