カテゴリ:本気のサイクリング( 251 )

 

2190. 日曜日のお仕事、その2 西武園 平成30年10月28日(日)

日曜日のお仕事、その2 西武園 平成30年10月28日(日)



日曜日の「楽しい」お仕事、4周連続の2週目。

レースに参加しながら、落車があったら駆けつける医療ボランティア、というお仕事。


今日の現場は、西武園競輪場での「41杯」。

(「しんいちはい」ではなく「よんいちはい」)

埼玉のレジェンド、太田真一選手が主催する一般人向けの大会。


群馬から、元選手のハトポさん、rosuket師匠と参加。

現地で輪友会のカネコさんと合流。取手のクリハラさんも参加。


ピスト:200、1000、ポイント、ケイリン

ロード:200、1000

40歳を境に、マスターズ(高齢者)と一般(若い)の年齢区分あり。


毎年、9月末か10月に開催されます。

(「JCRC」のHPから誰でも申し込みできます。来年、ぜひどうぞ。)



僕は、1000TTとポイントに参加。

苦手な1000TTは準備運動。1分24秒というワーストに近い記録を打ち立ててしまいました。

本来の目的のポイントは午後から。この日、最後の種目。


ポイントレース(12km、30周)

5周ごとのチェックポイントを上位4位までで通過するとポイントが加算。

1位5点、2位3点、3位2点、4位1点

最終ゴールは得点が倍。

ポイントの合計で順位が決まる。

通常、20kmから24kmで開催されることが多い。今回は「やや短い」。


ということで、ポイントレース(マスターズ)。

16人参加。

僕は、黄赤帽子の14番車。黒いディスク、赤黒ジャージ、黒と黄色の半パンツ。

同じチームのカネコさんは黄帽の5番車。白い半そでジャージと黒いディスク。


スタートしてから、しばらく一本棒。そこそこ速いペースで、先頭は大丈夫か?と他人の心配。しかし、初レースで遠慮深い僕は一本棒の最後尾から二人目。15番手。最初のチェックポイントで、前が戦いあってるが、この位置では戦闘権はなし。

(でも、4位に入れなければ、5位でも16位でも全く同じなので、全然OK。)

5周めのチェックポイントが終わると、集団のペースが緩む。みんなが一回休憩する。

さすがに最後尾のままでは楽しくないし、次の戦いには参加したいので、ちょっと前へ踏んでみた。


すると…

あれあれあれ?

ちょっと前、どころか先頭へ出ちゃった。しかもスピードに乗ってるから、どんどん前へ。


あれあれあれ?

そのまま、後続をどんどんと離している。


このまま行っちゃうか?


通常のポイントレースでは、単独の逃げが成功することはほとんどない。

一人よりも集団が速いのは当然。最低3人いれば、簡単に追いつかれる。しかも、次のチェックポイントまで、あと4周(1600m)もある。


でも、なんだか、半周近く離しちゃっているし、『行けるのか?!』


↓というところからの動画へリンク。

(蓮さん、撮影ありがとう)

「4周逃げ」


蓮さんと幸福さんの「非常に心のこもったコメント」が印象的です。



………


↓レース全部の動画

rosuket師匠、撮影ありがとうございます。)

「ポイントレース(マスターズ)」



ということで、これで十分。

その後も、たびたびの単独走行。つまり、体力の無駄遣い。

本来なら、黄色5番のカネコさんともっと連携すればよかったんだけど、

初レースなので、よくわかりませーん。

最後も、この1周でゴールなのか、もう1周あるのかよくわからないので、思い切り踏めず、いつの間にか終わってました。


得点7点(5、2)、6着入線。

ポイントで、4位。

f0131183_22004234.png

惜しい!3位まで表彰状だった。とはいえ、8点差。最後で3着に逃げ残っても、あと2点足りませんでした。

しかし、「どこまで通用するかわからない」状態で臨んだ初レース。ツインターボのような「かまし先行」が決まって、もう、本当に、なんていうか、すっげぇ気持ちいい!

これが先行選手の気持ちなんでしょうか?


もちろん、また参加したい。そして、またやるよ、一発勝負を。



………



本来なら、レースをもっと組み立てないといけない。そうすると3位があったかも。

もっとカネコさんと連携するべきだったのは当然として、

ゴール2周前にオレンジの人に抜かれたときには、死ぬ気で付いていかなければいけなかった。そうすれば、「ラクに」3着が確保できた。


でも、そのオレンジの人って、マスターズの全日本チャンピオンだそうです。

51才、オランダが好きなのでオレンジ色ジャージ。

なんだか、似ているね、僕と。もしかして、ファンペルシーで盛り上がれる?

そんな人を相手に、4周逃げ切ったので、本当に満足です。



………



↓1000TT前に、憂鬱な気分という「元選手」のハトポさん。

その横で、へらへらする俺。

f0131183_00254349.jpg


★★★



最後にお仕事の話。

仕事は医務室ボランティア。

正式に請求すると5万~8万の料金になってしまうが、落車がないかもしれないのに賃金を請求するわけにはいかない。ボランティアとして、無給のお手伝い。


しかし、他でもよくあることだが、

この「41杯」では看護士さんも待機している。非常にご高名な看護婦さん。



(悪口ではないから、本名を書いてもいいよね…)

小沼さんという競輪選手の奥様

ご主人の小沼良さんは、間違いなく車券を買った記憶がある選手で、そういう意味では「勝手な親しみ」のある人、なんですが…


小沼夫人は、(本職は知りませんが)大学病院の婦長さんというイメージ。

僕がやろうとしていることに対して、「それじゃダメ、こうやって」と超強気な指示が飛んできます。たぶん、僕のほうが10歳くらい年上なのに、まるで研修医扱い。

ま、看護婦さん(看護士さんではなく、看護婦さん)の中には、こんな人も多いので、別に悪気もなく、指示されたとおりに動いていたわけなんですが、、。


実は、この人は、知る人ぞ知る(僕は知らなかった)日本代表レベルの自転車選手なんですって!?

夫よりも速い自転車選手なんですって!?

特に4000m個人では何度も全日本優勝しているそうです。

 へぇーー


人は見かけに、、、、よる、か。

そういわれると、この強気な態度と、簡単には他人を寄せ付けない雰囲気は、全日本レベルのアスリートですね。看護婦さんのそれじゃない。

医者の中には、看護婦さん(看護士さんではなく、看護婦さん)にあれこれ指示されると怒り出す人もいますけど、いや、むしろ、いろいろ指示してくれるんだから、それでいいじゃん。

さらには、僕がやるより先に動いてくれますから、こっちはラクダ。

ついでに、僕が出ているレースのときは、「何かあったら、やっときます」だって。

下手に近寄らずに、全部お任せできてしまいます。

来年も来ていただけたら、僕はレースに専念できますね。是非、お願いします。



こんな看護婦さんに遭遇しても怒らない。

俺も、大人になったなぁ。



大人ついでに、

主催の太田さん他皆様、ご苦労様でした。

ハトポさん、rosuket師匠、カネコさん、お疲れ様でした。

蓮さん、幸福さん、応援ありがとう。

また来年もよろしくお願いします。


という大人のコメントでしめくくります。




[PR]

by akogarehotel | 2018-10-30 00:11 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2189. 4週連続日曜日のお仕事 その1 平成30年10月21日(日)

4週連続日曜日のお仕事 その1 平成30年10月21日(日)



今日から、4週つづけて日曜日に(楽しい)お仕事が入ります。

その1回目は、グリーンドーム前橋。


f0131183_18432883.jpg
f0131183_18423192.jpg


↑名目は、この試合の医務室担当ボランティア。


誰も転ばなければ、仕事は皆無。

しかし、未熟な選手ほど転ぶ。高校1年生はよく転ぶ。今回は、高校1、2年生の大会。しかも、ここ6連続で救急車要請の記録更新中。


非常に忙しくなりそうな悪寒だったのですが…

ポイント、ケイリンともに落車がなく、なんとか無事に終了。


よかった、よかった。

実は最近、「整形外科の教科書」も買って勉強したんだけど、無駄になってしまった。

よかった、よかった。



………



今回から、なんと医者が2人体制になった。


f0131183_18430275.jpg


先日の赤城ヒルでもサイクリングドクターに登録していただいたG大学のS先生。

(先生といっても、僕より年下なので、後輩扱い、弟子扱い)


S先生は、子供同士が同じ中学に通うパパ友。

8月にロードを買って、それと同時に(僕の強い勧めで)3本ローラーを買い、今は完全に乗りこなしている。ピストに乗るのは、今日が2回目。

黄色いレーンを不自由なく走れるようになり、僕の時速40kmの周回に2周だけついてこれた。


もともと、陸上部出身で、最近、マラソンにも出場していたアスリート。覚えが早い。そして、楽しみ方もうまい。

となると、当然『 買いたい 』とのこと。

イシケンさんに連絡しました。


思い出せば…


僕がピストにのめりこんだのと、全く同じタイミングでのめりこみ始めている。

行き着く先も同じかもしれない。来年の群馬トラックカップにもエントリー予定。

箕郷周回も行きたいというし、来年の西武園にも無理矢理連れて行こう。


医務室は、僕が行けないときに代行してもらう。

外科系の先生なので、外傷の扱いは僕よりも数段うまい。

いずれ僕の仕事を奪われてしまいそうな不安と安心。



………



この日は無事故のおかげで、自由時間がたくさん。

昼休みには、なんと「独走12km」させてもらった。1.2kmではなく、12km。バンクを36周。時速40kmで周回して、2kmごと(6周ごと)に半周ダッシュ。ダッシュといっても、そのまま時速40kmで走り続けるので、「それなりの」ダッシュ。

来週の「お仕事」に向けて、仕上がり順調といったところです。


ということで、


ボランティアとはいえ、

何も仕事をせず、

すき放題、バンクを走らせてもらって、お弁当までもらって、

関係者のかたがた、ありがとうございました。

もちろん、「僕が仕事をすることを誰も望んでいない」のですから、これでいいんです。



………



休憩中、野田英吾さん(75期)に練習法、フォーム、セッティングなど、懇切丁寧にゆっくりと長々と永遠に、ご指導いただいた。

お子様がレースに参加しているとのこと。我々シロウトを相手にして、本当に申し訳ないです。

で、どう見ても「サドルが高い」「ハンドルが近い」とのこと。

瀬谷さんからも、佐藤さんからも言われたので、ついに設定を変更しました。

さて、どうなるでしょうか。

f0131183_18424687.jpg



ピストにも乗れる「仕事着」↓

f0131183_18420982.jpeg





[PR]

by akogarehotel | 2018-10-22 18:43 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

2185. サイクルドクターという「お仕事」 平成30年9月25日(火)

サイクルドクターという「お仕事」 平成30年9月25日(火)



その前に、卓球の試合の結果:

前橋市予選では、ハトポさん(元選手、現ただの人)のお子様が無事にベスト4で通過。

準々決勝まで1セットも落とさずに来たのですが、準決勝で負けてしまった。


うちの子が、「その子には、去年、3-0で勝ったよ」と。

また上から目線。



桐生市予選では、ハトポさんの甥のリズム君(元けん玉の日本チャンピオン、現卓球部)も無事に予選通過。

なんだか県大会が楽しみです。(県大会で勝ち進むことは想定外。みんなに会えることが楽しみ。)



………



そんな前橋予選の当日、赤城山までサイクリングに行ってきた。

f0131183_20304736.jpg


 赤城山ヒルクライムサイクルドクター練習会

(文法的にはサイクリングドクターが正しいと思うのですが)


今週末(9月30日)の赤城山ヒルクライムに向けて、

練習会といっても参加者は2人だけ。

僕と、G大学病院医局長のSさん。


S先生とはパパ友。子供が中学の同級生。

S先生は中学時代が陸上(高飛び)、高校は勉強(きりとも)、大学は野球、社会人でフルマラソン、とスポーツが好きのようだったので、自転車を勧めてみた。

すると、即座にロードバイクと三本ローラーを購入した。


とはいえ、それが2ヶ月前。自転車歴2ヶ月での初ヒルクライム。

しかし、すでに三本ローラーを乗りこなしているので、余計な心配は無用。

2ヶ月の「初心者」とは思えない登り方でした。1時間半を切るか切らないかというくらいでしょうか。



【サイクルドクター】


選手と一緒にレースに参加して、何かがあれば駆けつけて医療業務を行う。

ただし、実際は「広告塔」です。

一般参加者同様にレースをするのですから、AEDどころか、応急処置道具さえ携行しません。残念だけど、十分には対応できない。

「こういう対策もしているよ」とアピールするだけです。


主催者様としては、「医者なら誰でも歓迎」のようですが、おそらく3000人の参加者のなかに15人くらいは医者がいるでしょうね。

来年は、検車係の経験もあるM先生も担当する予定です。



★★★



医務室ネタつづきで。


数日前、福井国体(自転車競技)の医務室を依頼していただきました。

しかし、25日(火)~28日(金)。

普通に仕事がある。せめてもう少し前に言ってくれれば、仕事をずらせたのに…

市田太田ジュニアの戦いを目の前で見られるチャンスだっただけに、非常に残念です。本当に、仕事を放り投げて駆けつけたいくらいだ。





[PR]

by akogarehotel | 2018-09-27 15:22 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2181. 自走で八ヶ岳に行ってきました 平成30年8月14日(火)

自走で八ヶ岳に行ってきました 平成30年8月14日(火)




半年間の自転車中断で増えた体重が、元に戻らない。

今年は、途中でリタイヤするかと思った…


f0131183_10502563.png


当初予定していた「御巣鷹山・ぶどう峠」経由のルートが、直前の大雨で土砂崩れ。

仕方なく碓氷峠経由に変更。


しかし、ぶどう峠なら、通過予定時刻は午前6時だったのに対し、碓氷峠だと午前4時の予定。

真っ暗だよ~



………



深夜2時。

(正確には8月14日(火)の早朝2時)

家族が待っている八ヶ岳のホテルのランチに間に合わないといけないので、こんな時刻に出発します。


気温24

昨夜(といっても、つい数時間前)に大雨が降ったけど、暑さのせいで地面にはほとんど水が残っていない。

f0131183_10505102.jpg


何度も通いなれた道(前橋安中線)を通って、安中まで。

さらに、同じく通いなれた道(18号のわき道)を通って、

安中→松井田→横川へ。



ここまでなら、真っ暗でも恐くはない。問題はここから軽井沢まで。

走りなれた碓氷峠旧道にするか、一度も走ったことのない碓井バイパスにするか。


時刻はAM3時半。

真っ暗な横川の釜飯屋のベンチに座り、じっくりと考える。



碓井旧道:

昼間なら、有名な「めがね橋」を見ることができるが、夜中は真っ暗。

頭文字Dの豆腐店以外は、こんな夜中に走る車なんてありえない。

電灯は一個もないくせに、カーブは186個もある。しかし、舗装は良好だから、ライトで照らせば、センターラインをたどって走りきれるかも。勾配はせいぜい6%くらいの初心者坂道。

でも、道を見失えば崖下に落ちるし、熊やイノシシやポケモンが出てきてもおかしくない。昨日の大雨のおかげで、道に倒木や石が落ちていたら、パンクどころではすまないかもしれない。



碓井バイパス:

いわゆる国道18号。スキーバス事故で有名になってしまった。

一度も走ったことはないが、国道18号はトラックが多いことでも有名。そのぶん、クマや妖怪は出てこないと思う。国道だから、最低限の街灯は保証されているはず。



釜飯屋のベンチから、18号を眺めていても、ほとんど車が通らない。

対して、旧道の通る山のほうを見ると、街灯などなく、本当に真っ暗だ。

まぶしいくらいの超絶テールランプを2つ装備して、碓井バイパスを選択した。



………



旧道との分岐点を過ぎて、「碓井バイパス」峠が始まった。

旧道と同じく、バイパスも緩い坂道なんでしょ、と勝手に想像していたが、落ち着いて考えれば、

 バイパス → カーブが少ない → 急勾配

と、小学生でも分かる。


峠に入った途端に、8~9%の坂が続いた。

トラックはそれほど多くはないとはいえ、フラフラ走ったら危険極まりない迷惑走行。勾配が急だけど、安全のために最低限の速度を維持しないといけない。


結構、つらいぞ。


登坂車線がある2車線道路なので、交通量の少ないうちならナントカ走れるが、昼間はかなり危ないと思う。もう二度と走らないだろう。



そこそこ走ったところで、

『 ここから碓氷峠。カーブ48個。 』

という表示。おい!

しかも、バイパスだから、カーブひとつがとても長い。



さらに、それなりに走ったところで、

『 軽井沢まで10km 』

という表示。え~っ?!

この8%で、真っ暗で、あと10kmかよ。



↓真夜中の妙義山。奇岩。

f0131183_10503571.jpg


スピードを落としちゃいけないし、でも背中のリュックは重たいし、

気持ちがなえて、本当に、途中で引き返そうかと思ったくらいだけど、


やっとのこと、峠のてっぺんに到着。

カーブで32個め、軽井沢まであと5km残ってる。

軽井沢が峠の頂上でなくてよかった。


残りのカーブ16個と、さらに佐久に向けて、国道18号を下りつづける。

生き返った。



佐久から見る浅間山。群馬から見えるものとは、完全に別物だ。

f0131183_20145027.jpg



6時、佐久臼田のコンビニに到着。

ツールド八ヶ岳のときに、毎回お世話になるセブンイレブン。


佐久市の中でも、かなり八ヶ岳に近いところにある。

お尻も痛いので、ゆっくりと朝食休憩。



★★★



ツールド八ヶ岳の話。

中部縦貫自動車道が、まさにツールド八ヶ岳のスタート地点その場所まで開通した。前橋インターから1時間半で到着できる。

これなら、日帰りでOK!となるが、

なんだかねぇ。

ライバル開催のツールド草津が噴火のため、ほぼ再開不能なくせに、

あの運営では、八ヶ岳の参加人数は増えないんでしょうね。



★★★



佐久から野辺山・清里までは、何度も走った国道141号。

石ころの位置は無理だけど、コンビニの位置なら暗記している。

お尻さえ痛くなければ、あと2時間程度で走りきれるのだが…


痛い…


佐久臼田から、10kmほど走って、小海のローソンで「お尻休憩」。

そこから、また5km走って、松原湖のセブンで「お尻休憩」。


さて、ここから野辺山のローソンまでは休憩ポイントがない。約15km。

ゆっくり休憩して、水分補給。朝7時を過ぎたら、急に暑くなってきた。「おいしい水」を頭からかぶったら、冷たくて気絶しそうになった。


半年間、自転車を辞めていたために増えた体重が6kg。その後、いくら練習しても全然減ってくれない。その重りのせいで、お尻が痛いんだと思う。もう年だ。

最後の9%で3kmの坂をクリアすると、野辺山高原に到着。


f0131183_10504242.jpg


毎回見かける「うさぎ」。

待ち遠しかったよ。もうすぐゴールだ。


ここからは、5%前後の「平坦っぽい坂」を清里まで5km。意外と、ダラダラと疲れさせる。しかし、八ヶ岳が近くに見えるので、走る元気にはなる。


f0131183_10510705.jpg


長野県と山梨県の県境に来たら、最高標高地点。


あとは下るだけ。

交通量の増えてきた清里界隈を、ブレーキをきしませながら下り、

小淵沢へ向かって、八ヶ岳南面を走りぬけ、


午前10時、目的地へ到着した。

リゾナーレ八ヶ岳。


f0131183_10500210.jpg


よかった、ランチに間に合った。

シャワーを浴びて、当然の昼からビール。


f0131183_10501733.jpg



長女 『 お父さん、遅かったね。早くプールに行こう!ビールなんか飲んじゃダメでしょ! 』



★★★



リゾナーレ八ヶ岳には、いろいろな「ものづくり工房」がある。

うちの子供たちに人気なのは、「オーブン粘土」。小学生でもこんなものが作れる。


f0131183_20145997.jpg


僕は、こちらの「ステンドグラス工房」のご主人と仲良し。

以前、こんな作品を作ってもらった。

f0131183_12385100.jpg



主人のお子様はサッカーをやっている。僕が来るたびに背番号がランクアップして、

 45(バロテッリ)→27(ビアトリ)→11

今は、中学3年生で背番号11だそうだ。


『韮崎高校のサッカーは好きじゃないので、違う県かジュニアユースに行こうかと思っている』


という、かなり本格的なお子様だそうです。



★★★


2:00 前橋   標高100m

4:00 横川

5:00 軽井沢  標高1100

6:00 佐久臼田 標高700m

7:00 小海

9:00 野辺山  標高1300

10:00 小淵沢  標高1000


走行距離135km

休憩合計2時間

走行合計6時間

平均時速24km






[PR]

by akogarehotel | 2018-08-17 18:55 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2179. 某大会の上位3人 平成30年8月【追記】

某大会の上位3人 平成30年8月



3位に入賞した選手のお父さんから、FB友達限定で、うれしそうな書き込みが届きました。

f0131183_16001393.png
(見えにくくてごめん。1位、福井県科学技術高校の2年生。2位、熊本九州学院の3年生。3位、埼玉川越工業の3年生。)


インターハイの、1000TT

上位3人とも選手のお子様です。


1分5秒というのは、現在の選手の方々からしても、驚異的な数字らしいです。

十文字と言う人が話題になっていたときは、1分7秒くらいだったはず。


とすると、この3人の将来の活躍は間違いないでしょうから、

親子連携!



…よりは、お父さん同士の対戦!が観てみたいですね。



と送ったら、


 『 がんばらないとね 』


と、お返事をいただきました。

 自力出せこのやろ(^^)






[PR]

by akogarehotel | 2018-08-10 15:59 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2176. 赤城ヒルクライムのためのローラー練習 平成30年7月20日(金)

赤城ヒルクライムのためのローラー練習 平成30年7月20日(金)



気象庁が「熱中症の危険があるから、屋外での活動はやめてください」と言っている。

「やめたほうがいい」ではなく、「やめてください」と。



なのに、なんで高校野球が開催中なんでしょうね。

救急車を待機させているからいい、って、救急車はあなた個人のものではないし、搬送先の病院の職員は大迷惑してます。

他人の言うことに耳を貸さないくせに、熱中症になったから助けろとか、洪水が来たから救助しろとか、

世の中にはいろんな人がいます。



そう、世の中には、こんな季節でも、外で自転車に乗っている人がいます。

誰も褒めないよ。



………



赤城ヒルクライムに向けたローラー練習を2つ。

室内で、ガンガンにクーラーを効かせて、DVDを観ながら回しましょう。



【1】 ギア3.5、時速50kmで、10分から20


「師匠」から指示された練習です。

きつくて死にそうです…


「師匠」とは、rosuket師匠ではなく、その上の、イシケン師匠です。

もと競輪選手で、一応、本物の「師匠」です。


先日、お子様が、全日本選手権(U23)のロードで優勝しました。と言う意味でも本物の師匠ですが、そのお子様は競輪選手になるか微妙だとか。

現在は、競輪開催の検車係としてグリーンドームだけでなく、関東あちこちに出張中なのですが、出張の際に


 自転車道具は忘れても、デッキは忘れない


という三国志君主。

ということで、真夜中のボストンやらラウンドワンやらで、ご一緒するわけで、


『呂布は、飛翔中は、敵の火計にかからないんだよ』


 とか言うついでに、


『負荷かけてケイデンスもかけた練習すれば、坂での基本スピードが上がります』と。


僕のデュラエース(11枚)だと、

 8枚目が 3.57

 9枚目が 3.85


どちらで回しても、時速50km維持で、距離10km12分)やれば、十分に死にます。

夜、すぐに眠れてしまう。


『超絶強化の持続時間は「努力時間」なので、練習次第です』

と師匠。

実は、かなりの2次元オタクです。



【2】 片手ハンドルで高ケイデンス


もう一人の「師匠」であるハトポさんから指示された練習です。

今は「サンドイッチ屋さん」に身を隠していますが、この方も元競輪選手。

しかも、高校時代は、あの前橋工業高校のクライマーを担当していたとか。

今や、その面影は…

なくはないんですけど、本人が、


 『自転車とか、坂道とか、嫌いなんだよね』


とか、さらに、


 『パンよりも米が好き』


とか、サンドイッチ屋の風上にも置けません。


面影がないといっても、メタボという意味ではなく、むしろ「ムキムキ」状態。

今は、自転車以外の方法で筋肉を鍛えることに快感を感じているようです。


その筋肉バカさんが、僕の体を見て言うには、


『体幹、特に背中回りの筋肉が(ちょっとだけ)足りない。片手ハンドルでも体が揺れないようになればいい。』


ということで、


ギア3.33(7枚目)で、時速45km(ケイデンス110くらい)

距離666mを片手ハンドル、、333mを両手で流し、合計1km

これを8本(右手4本、左手4本)。


最初のうちはヘロヘロになったけど、だんだんと慣れてきました。筋肉が成長したってことですかね?



ちなみに、ハトポさんのお子様は、うちの子と一緒に卓球をしていますが、下半身のバネが「半端ない」です。やはり、蛙の子はおたまじゃくしですね。



★★★



今年は、久しぶりに赤城ヒルクライムに参加します。

「サイクルドクター」として。


任務は、「一般参加者としてレースに出場し、急病や事故のときに対応する」

となっていますが、


事故くらい自分でがんばれこのやろ


当日午後は水球の試合も予定されているので、ハードな1日になりそうです。






[PR]

by akogarehotel | 2018-07-21 16:02 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2135. ぐんまトラックカップ第3戦 平成30年3月10日(土)、11日(日) 

ぐんまトラックカップ第3戦 平成30年3月10日(土)、11日(日) 



どうやら、僕には死神が取りついているようです。

あるいは、妖怪「自転車落とし」。



………


f0131183_20070471.jpg

今日の仕事はグリーンドームで、ぐんまトラックカップの医務室担当。


高校生部門と社会人部門に分かれて、一人の選手が全種目を走る「オムニアム」という形式の大会。総合得点で優勝者が決まります。

3月なので高校3年生はお休み。1年生と2年生の「やや初心者」が中心。(だから落ちるんです。)

一方、社会人部門は本気の方々が多数。もうちょっとレベルが下がると、僕みたいなものも気軽に参加できるのでうれしいのですが。

(次回から、二日間のうちの片方だけの参加でもOK。とすると「誰でも参加できるよ」ということで、参加者が増えて底辺が広がることを期待します。)



高校生の競輪。危ないので少人数制。

f0131183_20055837.jpg


輪友会からは、カネコさんだけの参加。

↓競輪で突っ張り先行に入る。ちなみに、先頭誘導員は元S級選手のマツシマさん。

f0131183_20053142.jpg



高校生部門の優勝は、選手のご子息くん(高校1年)。前回につづいての連続優勝。もしかして、将来が期待できますか?車券を買えますか?

f0131183_20054699.jpg


大人部門の優勝は、大本命のSさん。前橋市在住、40代、もちろん元選手。まさに老いて益々盛ん。赤城ヒルクライムであと7秒まで追いついたのは、今や遠い幻。現時点では比べるのも失礼。

f0131183_20065027.jpg




………



カルテ:


今回も、初日スクラッチで鎖骨骨折。二日目ポイントレースで擦過傷。

ともに高校生。

技術よりは、経験が少ないので落ちるのでしょうね。こればかりは仕方ない。

しかし、これで勤務機会連続4試合で救急車出動。

無事ですまない記録を更新中。



………



今回、友人(医者)がピストに初挑戦。

フラットハンドルのロード(?)しか乗ったことがなく、ビンディングすら知らない。

陸上部。マラソン好き。某大学病院の医局長。


主催者さまが快 く「好きなだけ走ってていいよ」 と。

最初は、「芝生エリア」でウロチョロしていただけだけど、すぐにバンクへ。

f0131183_20063012.jpg

 『 コーナーの角度に驚いた。 』


と、当然の感想。しかし、すぐに、臆することなく「1周ダッシュ」。


 『 足がパンパン。。 』


とか言ってるけど、陸上部出身なので無視。


 『 こんな楽しいものが人生に存在したとは思わなかった。 』と


間違いなく、予想通りに、のめりこんでくれた。



問題は、仕事が忙し過ぎること。それさえ解決すれば、すぐにイシケンさんのお店へ行くと思います。

ちなみに、この友人はグリーンドームから徒歩数分の距離に住んでいるくせに、競輪を知らない。競輪場に来たのも、「自転車レース」を見たのも、今日が初めて。その感想は、


『 見ているだけで楽しい。 』


と、ポイントレースに熱心に見入っていた。

ギャンブルとしての競輪なら足が向かないけど、スポーツとしての自転車競技ならのめりこむ。そんな人種がたくさん存在すると思う。せっかくオリンピックがあるのだから、競輪業界はもっとスポーツ感をアピールすればいいのに。



………



大会二日目は昼過ぎに終了。


お弁当をもらったので、「テーブル席(18禁)」へ。

バンク内は片付けが終わったので、座る場所もないし。

f0131183_20051547.jpg



じゃぁ、当然の玉野。

当たるレースは当たったんだけどね。

f0131183_20061458.jpg

↑マークを間違えた。単位を「万」ではなく「百」にしちゃったよ。


三谷が強いのは分かっているし、三谷から買ったけど、鳥取は買わない。だって、鳥取じゃなくて取鳥だから。


そもそも、もろはしがかったじてんでかえろうかとおもった。






[PR]

by akogarehotel | 2018-03-14 20:04 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

2114. 群馬トラックカップ(第二戦) 平成30年1月21日(日)

群馬トラックカップ(第二戦) 平成30年1月21日(日)



f0131183_18473957.jpg
f0131183_18490300.jpg

少し日付が古いですが、群馬トラックカップというレースの医務室を担当させていただきました。

f0131183_18484229.jpg

去年10月の第一戦は、参加者が数人。ちょっと寂しかった。

今回は社会人20人、高校生20人。うれしい限りです。

次回は3月10日(土)、11日(日)です。みなさま、よろしくお願いします。



競技は全種目参加の「オムニアム」。

開催される全種目に強制的に参加させられ、総合ポイントで順位を決めます。

今回の種目は、200FD、1000TT、ケイリン、380m速度、3km、10km、ポイントレース16km

10kmとポイントレースは、初心者が混ざると危ない。参加者を2組に分けているけれど、今後、もう少し工夫が必要かも。



★★★



僕の仕事は、医務室という名の「待機」。

何かあれば対応、何もなければヒマ。

何もないといいんだけど…



20日(土)、10kmスクラッチの最終周回、4コーナー付近で落車。

鎖骨骨折。


落車は、明らかに高校生の初心者に多い。

力(脚力と持久力)がない、コーナーでよれる、他人を気にしないで車線変更する、など理由がたくさん。


一方、大人は自分の力を知っているし、無理をしないから、めったに落ちない。

大人で落車するなんて、4コーナーで自分勝手に内を突くようなゴミみたいな奴だけで、そんな奴は「大人」とは言えない。



参加者全員が無事に終わるということは、僕の仕事が全くないということで、もちろん、僕もそれを願っている。

だけど、まわりの競技役員が忙しそうにしている中で、自分だけ何も仕事をしていない、というのも肩身が狭い。落車があったらあったで、まぁ許す。慎んでお仕事させていただきます。

しかも、僕が「仕事」をしていると、みんなが優しくしてくれる。(僕の仕事ぶりのおかげで?)選手会長様や、松島さんと気兼ねなく話せるようになったし。


だからといって、落車なんて、少しも歓迎してないですよ!



………



ということで、日曜日、仕事が暇であることを想定して、自転車持参。

休憩時間にローラーでも乗れればいいかな、って。

ちゃんと白衣も持ってます。自転車用に、丈が短くなっています。

f0131183_18481060.jpg

ところが、主催者さまが気を使ってくれて、200FDを測定。さらに、バンクがあいている間に周回練習をしてよい、と。


え?!ひでき感激!!

参加者が休憩中に、貸切状態で周回させていただきました。もがき放題!

ドラムの練習のため、自転車に乗るのが2ヶ月ぶりということが、ちょっともったいなかった。

f0131183_18472869.jpg


………



今回のお仕事で、接骨医(女性)のかたとお友達になりました。

この方は、なんと、北村選手(群馬71期)の奥様。


申し訳ありませんが、北村選手には、何度も熱い声援を送った記憶があります。ごめんなさい…


なんて、話をしたら、優しくお返事をいただき、「今度自宅に遊びに来てください」と。

そんなこと言われたら、本当に押しかけちゃいますよ?

f0131183_18482313.jpg
高校生部門の優勝者は、その北村選手のご子息さまです。まだ高校1年生。


………



通常、医者を一日雇うと、(患者さんの有無に関係なく)10諭吉くらい必要になりますが、僕はこの「仕事」に報酬は頂いていません。

僕が、自転車が好きで、勝手に遊びに来ているだけです。

でも、こんなにたくさんの人と知り合いになれるので、本当に満足です。


医師免許の、きわめて有効な活用法ですね。

f0131183_18475210.jpg







[PR]

by akogarehotel | 2018-02-01 18:11 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

2095. 自転車封印 平成29年11月30日(木)

自転車封印 平成29年11月30日(木)




その前に、

もしも、医者が、

他人を殴ってケガさせといて、また医者をやりたいと言っても、無理。

アスリートだから、とか、ファンがいるから、とか、全く通じるはずがない理由。

「二人とまた相撲を取りたい」とか言っちゃった横綱も同罪だろ。


曹操でも怒って家臣を殺したことがある。

つまり、いまだに1000年前の概念で生きているってことか、あのあたりの国は。



………



もてぎエンデューロが終わり、しばらく自転車は封印。

決して悪い意味はなく、単に他に練習しないといけないことがあるので。


でも、体重維持のため、ランニングと水泳を続けます。

ということで、

 11月28日(火)

 11月29日(水)


 ラン(体重維持のため) 7km

 利根川サイクリングロードで往復7km

走り始めたら、ついつい本気に。いつのまにか時速15km(体感的)くらい。

走り終わったら、汗ビッショリでヘトヘト。翌日は体中が筋肉痛。

診察に支障があります。。。。



体重維持以上の目的はなかったはずなのに、、、

なんだかマラソンにでも出てみたくなった。



………



自転車のかわりに、練習するのは、これ↓

春までに仕上げないといけない。本気で毎日練習します。

f0131183_18282599.jpg






[PR]

by akogarehotel | 2017-12-01 18:27 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

2094. もてぎエンデューロ 平成29年11月26日(日)

もてぎエンデューロ 平成291126日(日)



f0131183_18540819.jpg


卓球のパパ友でもある、元競輪選手の瀬谷さんから、

 チームのエースとして、是非とも参加してください、と、

三度にわたって誘われたので、微力ながらお手伝いさせていただきました。


f0131183_18542628.jpg

↑どちらがどっち?



………



もてぎエンデューロ

自動車用サーキットを使用した耐久レース。

7時間、4時間、2時間、の3種類にそれぞれ、チーム、個人の部がある。

チーム戦はリレー形式で人数は自由。


f0131183_18545581.jpg

マトリクスをはじめとしたプロチームが参加する、ガチ率の非常に高いレース。素人足自慢的な冷やかし感覚で出走してはいけない。


参加人数が多いので事故も多い。

今回もドクターヘリが呼ばれて、それ以外に救急車は数知れず、目の前で2回落車を目撃し、イエローフラッグで巡航させられたのが2回。

事故の多いのは走っている選手のレベルが違うせい。速度の違う選手がカーブに侵入するとき、当然、コース取りが違う。遅い選手はインに切れ込み、速い選手はアウトへふくれる。

アウトへふくれる上級者に、インに近道したがる初心者がぶつかる構図。

毎回のようにドクターヘリにお世話になるレースだが、そもそもがF1サーキットなので主催者的にはむしろ「軽傷でしょ?」なのかも。


瀬谷さんに言わせると、

 「これ以上に安全なレースはないよ」

路面も良好、段差がない、車は通らない。納得です。



………



7時間耐久(チーム)、1周約5km

 私(4周)→セヤさん(3~4周)→アマノさん(1~2周)→私→

これを7時間繰り返す。


結果は、

 私        18周(90km

 セヤさん    14周

 アマノさん    8周

 臨時ヨコタさん 4周

で、合計44周(220km、平均時速30km

ありがたくたくさん走らせてもらいました。



ちなみに、優勝チームは、7時間で59周。

平均時速は40km以上。バカ?

個人の部の優勝は58周。バケモノ?


そんななか、こんなガチレースで、自分の後にラインができて、そのまま1周逃げさせてもらえると、ほんと快感ですね。他人の後を走るのも気持ちいいけど、やっぱり先頭で後から抜かされない、ってのはこの上ない快感。(リレーだから、疲れたら交替すればいいし。)



★魔の1時間

午後1時から2時までの1時間は、「4時間」組と「2時間」組がレースを中断していて、「7時間」組しかレースをしていない「魔の1時間」。

一気に人口密度が減少するので、ラインができない。自分と同じくらいの速度の人が近くに存在しないので、永遠に独走。


ちょうど、僕(4周)→セヤさん(4周)がこの時刻を担当。

4周(20km)の独走って、、、十分に死ねます。限りなく死ねます。

バンク50周だよ。



★★★



ということで、前日入りしてミーティング。別チームのrosuket師匠も。


f0131183_18544140.jpg

たまたま真岡でみかけたカウンターしかない居酒屋。



ミーティングの後は、調整練習。

旅先でゲーセン、が基本の僕ですが、バッティングセンターで妥協。

しかし、アルコール消毒しすぎたので、驚くほど当たらない。


f0131183_18551258.jpg

↑元野球部のrosket師匠。(いや、僕も野球部経験者ですけど。)





翌朝、5時起床で730分到着。

アマノさんが6時半ころに場所取りをしてくれたおかげでギリギリセーフ。

rosuket師匠チームメンバーを加えて、7人の大所帯。


f0131183_18533661.jpg


遠くからも目立つセンスの悪いジャージよりも、6番車のユニフォームと競輪ヘルメットがいい。

(ガチレースだけど、わずか数名のコスプレレーサーあり。)



午前9時にスタートして午後4時、終了。

休憩をはさむとはいえ、基本的に全距離(90km)を全力疾走なので疲れた。




全レース終了後の元競輪選手↓

f0131183_18552799.jpg

   したっ!!




帰り道。伊勢崎へ寄り道。

同じく元選手の駒村さんのラーメン「銀輪屋」へ。餃子をサービスしてもらっちゃいました。ありがとうございました。

f0131183_18535159.jpg

   したっ!







[PR]

by akogarehotel | 2017-11-27 18:50 | 本気のサイクリング | Comments(0)