<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

2190. 日曜日のお仕事、その2 西武園 平成30年10月28日(日)

日曜日のお仕事、その2 西武園 平成30年10月28日(日)



日曜日の「楽しい」お仕事、4周連続の2週目。

レースに参加しながら、落車があったら駆けつける医療ボランティア、というお仕事。


今日の現場は、西武園競輪場での「41杯」。

(「しんいちはい」ではなく「よんいちはい」)

埼玉のレジェンド、太田真一選手が主催する一般人向けの大会。


群馬から、元選手のハトポさん、rosuket師匠と参加。

現地で輪友会のカネコさんと合流。取手のクリハラさんも参加。


ピスト:200、1000、ポイント、ケイリン

ロード:200、1000

40歳を境に、マスターズ(高齢者)と一般(若い)の年齢区分あり。


毎年、9月末か10月に開催されます。

(「JCRC」のHPから誰でも申し込みできます。来年、ぜひどうぞ。)



僕は、1000TTとポイントに参加。

苦手な1000TTは準備運動。1分24秒というワーストに近い記録を打ち立ててしまいました。

本来の目的のポイントは午後から。この日、最後の種目。


ポイントレース(12km、30周)

5周ごとのチェックポイントを上位4位までで通過するとポイントが加算。

1位5点、2位3点、3位2点、4位1点

最終ゴールは得点が倍。

ポイントの合計で順位が決まる。

通常、20kmから24kmで開催されることが多い。今回は「やや短い」。


ということで、ポイントレース(マスターズ)。

16人参加。

僕は、黄赤帽子の14番車。黒いディスク、赤黒ジャージ、黒と黄色の半パンツ。

同じチームのカネコさんは黄帽の5番車。白い半そでジャージと黒いディスク。


スタートしてから、しばらく一本棒。そこそこ速いペースで、先頭は大丈夫か?と他人の心配。しかし、初レースで遠慮深い僕は一本棒の最後尾から二人目。15番手。最初のチェックポイントで、前が戦いあってるが、この位置では戦闘権はなし。

(でも、4位に入れなければ、5位でも16位でも全く同じなので、全然OK。)

5周めのチェックポイントが終わると、集団のペースが緩む。みんなが一回休憩する。

さすがに最後尾のままでは楽しくないし、次の戦いには参加したいので、ちょっと前へ踏んでみた。


すると…

あれあれあれ?

ちょっと前、どころか先頭へ出ちゃった。しかもスピードに乗ってるから、どんどん前へ。


あれあれあれ?

そのまま、後続をどんどんと離している。


このまま行っちゃうか?


通常のポイントレースでは、単独の逃げが成功することはほとんどない。

一人よりも集団が速いのは当然。最低3人いれば、簡単に追いつかれる。しかも、次のチェックポイントまで、あと4周(1600m)もある。


でも、なんだか、半周近く離しちゃっているし、『行けるのか?!』


↓というところからの動画へリンク。

(蓮さん、撮影ありがとう)

「4周逃げ」


蓮さんと幸福さんの「非常に心のこもったコメント」が印象的です。



………


↓レース全部の動画

rosuket師匠、撮影ありがとうございます。)

「ポイントレース(マスターズ)」



ということで、これで十分。

その後も、たびたびの単独走行。つまり、体力の無駄遣い。

本来なら、黄色5番のカネコさんともっと連携すればよかったんだけど、

初レースなので、よくわかりませーん。

最後も、この1周でゴールなのか、もう1周あるのかよくわからないので、思い切り踏めず、いつの間にか終わってました。


得点7点(5、2)、6着入線。

ポイントで、4位。

f0131183_22004234.png

惜しい!3位まで表彰状だった。とはいえ、8点差。最後で3着に逃げ残っても、あと2点足りませんでした。

しかし、「どこまで通用するかわからない」状態で臨んだ初レース。ツインターボのような「かまし先行」が決まって、もう、本当に、なんていうか、すっげぇ気持ちいい!

これが先行選手の気持ちなんでしょうか?


もちろん、また参加したい。そして、またやるよ、一発勝負を。



………



本来なら、レースをもっと組み立てないといけない。そうすると3位があったかも。

もっとカネコさんと連携するべきだったのは当然として、

ゴール2周前にオレンジの人に抜かれたときには、死ぬ気で付いていかなければいけなかった。そうすれば、「ラクに」3着が確保できた。


でも、そのオレンジの人って、マスターズの全日本チャンピオンだそうです。

51才、オランダが好きなのでオレンジ色ジャージ。

なんだか、似ているね、僕と。もしかして、ファンペルシーで盛り上がれる?

そんな人を相手に、4周逃げ切ったので、本当に満足です。



………



↓1000TT前に、憂鬱な気分という「元選手」のハトポさん。

その横で、へらへらする俺。

f0131183_00254349.jpg


★★★



最後にお仕事の話。

仕事は医務室ボランティア。

正式に請求すると5万~8万の料金になってしまうが、落車がないかもしれないのに賃金を請求するわけにはいかない。ボランティアとして、無給のお手伝い。


しかし、他でもよくあることだが、

この「41杯」では看護士さんも待機している。非常にご高名な看護婦さん。



(悪口ではないから、本名を書いてもいいよね…)

小沼さんという競輪選手の奥様

ご主人の小沼良さんは、間違いなく車券を買った記憶がある選手で、そういう意味では「勝手な親しみ」のある人、なんですが…


小沼夫人は、(本職は知りませんが)大学病院の婦長さんというイメージ。

僕がやろうとしていることに対して、「それじゃダメ、こうやって」と超強気な指示が飛んできます。たぶん、僕のほうが10歳くらい年上なのに、まるで研修医扱い。

ま、看護婦さん(看護士さんではなく、看護婦さん)の中には、こんな人も多いので、別に悪気もなく、指示されたとおりに動いていたわけなんですが、、。


実は、この人は、知る人ぞ知る(僕は知らなかった)日本代表レベルの自転車選手なんですって!?

夫よりも速い自転車選手なんですって!?

特に4000m個人では何度も全日本優勝しているそうです。

 へぇーー


人は見かけに、、、、よる、か。

そういわれると、この強気な態度と、簡単には他人を寄せ付けない雰囲気は、全日本レベルのアスリートですね。看護婦さんのそれじゃない。

医者の中には、看護婦さん(看護士さんではなく、看護婦さん)にあれこれ指示されると怒り出す人もいますけど、いや、むしろ、いろいろ指示してくれるんだから、それでいいじゃん。

さらには、僕がやるより先に動いてくれますから、こっちはラクダ。

ついでに、僕が出ているレースのときは、「何かあったら、やっときます」だって。

下手に近寄らずに、全部お任せできてしまいます。

来年も来ていただけたら、僕はレースに専念できますね。是非、お願いします。



こんな看護婦さんに遭遇しても怒らない。

俺も、大人になったなぁ。



大人ついでに、

主催の太田さん他皆様、ご苦労様でした。

ハトポさん、rosuket師匠、カネコさん、お疲れ様でした。

蓮さん、幸福さん、応援ありがとう。

また来年もよろしくお願いします。


という大人のコメントでしめくくります。




[PR]

by akogarehotel | 2018-10-30 00:11 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2189. 4週連続日曜日のお仕事 その1 平成30年10月21日(日)

4週連続日曜日のお仕事 その1 平成30年10月21日(日)



今日から、4週つづけて日曜日に(楽しい)お仕事が入ります。

その1回目は、グリーンドーム前橋。


f0131183_18432883.jpg
f0131183_18423192.jpg


↑名目は、この試合の医務室担当ボランティア。


誰も転ばなければ、仕事は皆無。

しかし、未熟な選手ほど転ぶ。高校1年生はよく転ぶ。今回は、高校1、2年生の大会。しかも、ここ6連続で救急車要請の記録更新中。


非常に忙しくなりそうな悪寒だったのですが…

ポイント、ケイリンともに落車がなく、なんとか無事に終了。


よかった、よかった。

実は最近、「整形外科の教科書」も買って勉強したんだけど、無駄になってしまった。

よかった、よかった。



………



今回から、なんと医者が2人体制になった。


f0131183_18430275.jpg


先日の赤城ヒルでもサイクリングドクターに登録していただいたG大学のS先生。

(先生といっても、僕より年下なので、後輩扱い、弟子扱い)


S先生は、子供同士が同じ中学に通うパパ友。

8月にロードを買って、それと同時に(僕の強い勧めで)3本ローラーを買い、今は完全に乗りこなしている。ピストに乗るのは、今日が2回目。

黄色いレーンを不自由なく走れるようになり、僕の時速40kmの周回に2周だけついてこれた。


もともと、陸上部出身で、最近、マラソンにも出場していたアスリート。覚えが早い。そして、楽しみ方もうまい。

となると、当然『 買いたい 』とのこと。

イシケンさんに連絡しました。


思い出せば…


僕がピストにのめりこんだのと、全く同じタイミングでのめりこみ始めている。

行き着く先も同じかもしれない。来年の群馬トラックカップにもエントリー予定。

箕郷周回も行きたいというし、来年の西武園にも無理矢理連れて行こう。


医務室は、僕が行けないときに代行してもらう。

外科系の先生なので、外傷の扱いは僕よりも数段うまい。

いずれ僕の仕事を奪われてしまいそうな不安と安心。



………



この日は無事故のおかげで、自由時間がたくさん。

昼休みには、なんと「独走12km」させてもらった。1.2kmではなく、12km。バンクを36周。時速40kmで周回して、2kmごと(6周ごと)に半周ダッシュ。ダッシュといっても、そのまま時速40kmで走り続けるので、「それなりの」ダッシュ。

来週の「お仕事」に向けて、仕上がり順調といったところです。


ということで、


ボランティアとはいえ、

何も仕事をせず、

すき放題、バンクを走らせてもらって、お弁当までもらって、

関係者のかたがた、ありがとうございました。

もちろん、「僕が仕事をすることを誰も望んでいない」のですから、これでいいんです。



………



休憩中、野田英吾さん(75期)に練習法、フォーム、セッティングなど、懇切丁寧にゆっくりと長々と永遠に、ご指導いただいた。

お子様がレースに参加しているとのこと。我々シロウトを相手にして、本当に申し訳ないです。

で、どう見ても「サドルが高い」「ハンドルが近い」とのこと。

瀬谷さんからも、佐藤さんからも言われたので、ついに設定を変更しました。

さて、どうなるでしょうか。

f0131183_18424687.jpg



ピストにも乗れる「仕事着」↓

f0131183_18420982.jpeg





[PR]

by akogarehotel | 2018-10-22 18:43 | 本気のサイクリング | Comments(2)  

2188. 卓球市民大会(前橋、高崎)  平成30年10月7日、8日

卓球市民大会(前橋、高崎)  平成30年10月



体育の日は大会めじろおし。

おかげで、グリーンドームには行けません。

せっかく招待されているのに。せっかく、せっかく…



………



10月7日 前橋市民大会


小学生から大人、というか高齢者までを、一日で片付けてしまうマンモス大会。

待ち時間が長い。2時間待ちなんて普通。


去年、兄妹そろって優勝した。そのため、今年は「クラス」が上がります。

 長男:去年、中学1年優勝 → 今年は中学2年の部

 長女:去年、小学生優勝 → 今年は中学1年の部



長男は第4シード。

しかし、ベスト16で敗退。「イボ」の敵に、ドライブを全て封殺されてしまった。

相性が悪いので仕方ないが、当然、本人は超ガッカリ。



長女は第2シード。

第3シードが強敵で、勝てるかどうか心配していたけど、3-0の楽勝。

決勝は第1シードの選手に負けて、予定どおりの準優勝。



ちなみに、ハトポさんの長男も出場。

中学2年の部で第7シード。

決勝トーナメントの緒戦で、ノーシードの隠れ強力選手と対戦。激戦の末、3-2で勝利。誰もが想定外。よく勝った。

その後、準々決勝で第2シードに負けて、ベスト8。



………



10月8日 高崎市民大会

(高崎市に住んでいるか、市内の学校に通学しているか、市内の卓球教室に通っているか、が参加条件。)


前橋大会に比べて、参加者が2倍以上。中学1年男子だけでも140人が参加。

しかし、中学部門だけ会場と日程が別。試合の待ち時間がほとんどない。観戦者も気を抜く暇がない。


長男は中学1年の部で、堂々の第1シード。

(高崎の中学1年は弱小世代として有名。一方、小6と中2は激強。)


すべて3-0で勝って、準決勝へ。

準決勝の相手は、大人のような体格のT君(第4シード)。なにこいつ?と思ったけど、意外と鮮やかに、ここも3-0で勝利して決勝戦へ。


さて、決勝戦の相手は、、、?



………



第2シードは、S中学のK君。

小学校のときから何度も試合で顔を合わせているお友達。好青年なので、僕は大好き。

細い手足で強力なドライブとスマッシュ。

この日は絶好調の様子。全て3-0で準決勝へ。


第6シードのM君は、長男と同じ学校。

実は、隠れ1位の実力者。小学校では、県のベスト4。

長男はベスト8、K君はランク外なので、M君は格上。S1とS2くらいの大きな差。

M君は、中学入学と同時に卓球を辞めていた。

しかし、うれしいことに、この夏に復活してくれて、この試合が中学のデビュー戦。なのでシード順位が低い。ドラえもんのような体型で、全然強そうに見えないのに、正確なつっつきと、どんな早いスマッシュも正確に返すバックハンド。


準決勝は、M君 対 K君。

超接戦。激戦。ほぼ全てのセットが9-9になりながら、


3-1 でM君の勝利!


………


決勝戦は同校対決。

オレンジ色の同じユニフォーム同士の対戦。

f0131183_13255534.jpg

長男 対 M君

1セット目が、デュースの末、12-14 でM君。

その数字が象徴する接戦。どちらかが2点リードすることがほとんどない。


結果は、1-3 でM君の優勝。

長男は準優勝。


f0131183_13262654.jpg


準優勝で十分。

M君にデュースに持ち込めるということは、県ベスト4上がりの選手にも十分に対抗できるということ。



………



こんな選手が2人もいれば、この学校はよほど強いのでは?

ところが、悲しいことに、男子部員が3人しかいない…


中学では、6人いないと団体戦に出場できない。

高崎で唯一、入学試験のある中学です。

受験をクリアすれば、県外でもOKです。誰か入学してくれませんか?本気です。


最近は小学生の試合に行って、受験してくれそうな子供を捜し続けている毎日です。



………



長女の賞状。


f0131183_13261052.jpg

たくさんありすぎる。

賞状と一緒に銀メダルをもらって、


長女 『 やったぁ、これで3色そろった!』

(去年の金メダルと、団体戦の銅メダル)


今年は、2位狙いだったそうです。





[PR]

by akogarehotel | 2018-10-10 13:28 | 子育てられ | Comments(0)  

2187. 寛仁親王牌 平成30年10月5日(金)

寛仁親王牌 平成3010月5日(金)



こんなところから高みの見物をさせてもらってます。

グリーンドーム来賓席。(ホーム側最上階)

f0131183_12505863.jpg

各種自転車競技の医務室を担当しているためでしょうか、人間関係の賜物でしょうか、僕の人格のなせる技でしょうか。

ありがたいことに、来賓席にご招待を頂きました。


不本意ではありますが、平日の昼間、

 「来い」と言われたので、仕方なく、行ってきました。

来いと言われたので仕方ありません。


こんな時刻にギャンブル場の来賓席にいる人間なんて、まともな奴がいるわけない。

ある程度の妄想こみで言うと、

上下スーツの893系の人か、来年の寛仁は生きているかわかないよぼよぼの爺ちゃんのどっちかしかいません。


僕?

ジャージにTシャツという自転車乗り。

バンクにはさんざん自転車が目立つのに、来賓席では浮いてます。まわりからの視線が熱くて冷たいです。



………



来賓席には、競輪新聞と昼食券(600円ぶん)もセット。無駄な予算だ。

f0131183_12511680.jpg

いつものカレーを食べに、下界まで降りてきました。

天上のソファよりも、カレー屋のベンチのほうが落ち着きます。



………



来賓席はもちろん無料ですが、そこはそれ。

「善意」としての入場料を払いましょう。


f0131183_12513434.jpg

久しぶりに、1つのレースに5000円突っ込んだ。

中山競馬場の特観席代金のつもりで。


すると、、

倍返しだ!


15000円、戻ってきてしまいました。

仕方ない、明日返却に行ってきます。

仕方ない。



………



そんなわけで、福井の、いや日本の偉人、脇本ゆうたの強さと、一般凡人の落車だけが目だった寛仁親王牌でしたね。



落車が多すぎて、石井さんは残業ばかりだったそうです。

仕事帰りのイシイさんと、ラウンドワンの三国志で待ち合わせをしたのですが、


 『 (落車した自転車の)タイヤ張りが終わりません… 』


なメールばかりで、ラウンドワンに来れたのは最終日(8日)だけでした。



そんなイシイさんに見せたかった動画のリンクへ↓

 攻城兵 沈瑩

 攻城兵 沈瑩-その2

 攻城兵 区星






[PR]

by akogarehotel | 2018-10-09 12:35 | 競輪ブログ | Comments(0)  

2186. 台風のため赤城ヒルクライムは中止 平成30年9月30日(日)

台風のため赤城ヒルクライムは中止 平成30年9月30日(日)



9月29日(土)


雨のなか、前橋クリテリウムが開催。

よくも、こんな危ないレースができますね。さすが、プロです。

(プロじゃない人は、やっちゃダメ)


爆走する自転車の群れを眺めながら、ヒルクライム受付会場のグリーンドームへ。

すると、ちょうど、「明日の赤城ヒルクライムは中止です」と決まったところだ。



(今回は主催側の立場なので)

一所懸命練習して、気合十分でやってきた方々には本当に申し訳ありません。

でも、この雨(と風)では、明日は、登れても、降りられない。

雨風の中、全参加者と頂上で働くボランティアを無事に下山させることは非常に困難と思われます。ごめんなさい。


f0131183_01010140.jpg

せっかく、ドームに来たので、当然の寄り道。


というか、

ヒルクライム受付周辺には、「競輪発売中」の一文字もない!


宣伝しちゃいけないルールなの?

それは言い換えると、

売り上げを上げちゃいけないルールだ!



f0131183_01013306.jpg

ゼッケンにちなんで、全レースに 1-9 9-1 を買って、当然、撃沈。



………



30日(日)


ヒルクライムが中止になっても、次の予定がある。


群馬県選手権(水球)


群馬県内の全10チームが集まる、年に1回のお祭り。

全高校に「OBチーム」が存在するので、まさに同窓会みたいなもの。


f0131183_01011796.jpg

個人的には、「水球はもう無理」。

トライアスロンはできても、水球はできないと、すでに悟りの境地。

今日は、前橋高校チームの監督として会場へ来たつもり。


しかし、

しかし!


前橋高校OBチームが全然来ない。



朝の第一試合にメンバーが集まらない。

試合開始10分前になって、やっと7人。(水球は7人)

セコ君とか来てねーし。(赤城ヒルには超本気のエントリー。てことは、朝6時から暇になってるはず。)


練習ゼロの状態で、第一試合にフル出場。

相手は、「小学生チーム」。


前橋高校OB(大人) 対 群馬ジュニア小学生


楽勝?なわけなくて、実は群馬ジュニアは、先日、全国で準優勝した。

しかも、大人対子供だと、審判の笛が「超・露骨」。いわゆるな奈良判定。


(ちなみに、審判はユーシ君。そこに前橋高校OBがいるんかい?!身内に厳しく、他人に優しい。大人に厳しく、子供に優しいユーシ君。)


本当に最初のワンプレイで退場(退水)になってしまいました…

(水球の退場は20秒間)


結果は、3:5 で負け。


子供たちが、水球を楽しいと思ってくれてばそれでいいんです。

それが大人の役目です。



第二試合以降は、メンバーが到着して、やっと監督(観客)に専念。

楽しい「同窓会」でした。

来年も当然、出場する気はありません。OBが時間通りに集まることを期待します。



………


赤城のかわりに、西武園にエントリーしました。

僕らのスーパースター、太田真一さん(くん?)の主催するレースです。

f0131183_01014240.jpg






[PR]

by akogarehotel | 2018-10-04 18:45 | ただの日常日記 | Comments(0)