<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

2193. アスリートパス(関東ブロック選抜合宿)の報告 平成30年11月5日

アスリートパス(関東ブロック選抜合宿)の報告 平成30年11月5日



卓球だけでなく、小学生アスリートの育成のために、合宿の報告。



長女が「全国選抜合宿」から帰ってきました。


練習は試合のほかに、1日1時間程度で、ほとんどの時間が「講義」だったそうです。

同行した専属コーチに対しての「練習方法」の講義のほかに、

子供たちを集めて、

 ・ 自分のことは自分でする

 ・ 道具(ラケット)の手入れ、管理は自分でする

 ・ 朝は自分で目覚まし時計で起きる

 ・ 毎日ランニングする。最低1km。

 ・ ごはんをしっかり食べる。毎食に、野菜、肉、味噌汁、炭水化物、果物、乳製品を摂る。特に、朝食をしっかり。

 ・ 試合前日は炭水化物を多く食べる。

 ・ 試合当日の水分補給は、水はダメ。スポーツドリンクにする。


という、僕が日頃から子供に言っていることですが、

僕の言うことは聞かないのに、合宿で言われると即実行するんですよね。


 「 お父さん、明日から自分で起きるから! 」


でも、ランニングは嫌いだから保留中だそうです。



………



(地震の影響で日程が変更になった)北海道を含めて、9都道県の男女各18名が参加した合宿。総当りのリーグ戦を行い、上位3名が中央合宿(代表合宿)に呼ばれます。そんなだから、かなりギスギスしているのかと思いきや…


 『 夜の自由時間は、毎晩遊んだ 』


ほとんどの子供に親が同行しています。つまり、親が「専属コーチ(卓球経験者)」。その場合、親子同室で宿泊します。うちの子のように、専属コーチが赤の他人という子供が3人だけいて、その3人だけまとめて、子供だけで1室に宿泊だったそうです。

で、ここが「子供部屋」「遊び部屋」になったと。


夕食後の自由時間は、うちの子の部屋に、


 『 15人くらい遊びに来て、かくれんぼとか、UNOとかした 』


だそうです。

朝も、本来は、5時50分に起床の予定なのに、


 『 朝5時半に起きて遊んだ 』


意外と、みんなストレスフリーなんですね。

安心しました。

しかし、一応「ホテル」と名のつく宿舎だったので、15人でかくれんぼって?



………



試合結果は、

2勝15敗 で 17位(18人)


f0131183_17014814.jpg


十分です。

目標1勝だったので、我が家では宴会です。

12位の子に勝ってるし、1位の子との対戦ではデュースになったと。

18位の子も他で1勝したそうで、みんなよかったね、と。



群馬代表からは、男子がひとり、2位になり、全国合宿へ。

地元でも有名な卓球家族のお子様で、両親ともに卓球選手。自宅は卓球教室。小学二年生の妹は、すでに全国優勝してナショナルメンバー。

狭い世界なので、我が家も交流がありますが、よくテレビに出るようなスパルタ一家ではないんですけどね。







[PR]

by akogarehotel | 2018-11-11 17:02 | 子育てられ | Comments(0)  

2192. 奇跡の対面 平成30年11月3日(土)

奇跡の対面 平成30年11月3日(土)



例えば、テレビ番組でよくあるように、目の前に突然、有名人が現れたら…


僕は芸能人とか有名人とか、よく知らないし、知らない人と対面しても、別に…

キムタク、総理大臣、ノーベル賞学者、、こういう人たちのことはあまり知らない。



そんな僕が、万が一、目の前に現れたら、呼吸ができなくなるくらいに感動する人というと…


 セカオワ(ロックバンド)

 ファンペルシー(オランダのサッカー選手)

 ビアトリ(アルゼンチンのサッカー選手)

 野村克也、古田敦也(ヤクルトスワローズ)



あと一人は、競輪選手の、、

 太田さんも、感激に近いレベルだけど、それ以上な人がひとりだけ。

↓↓↓

f0131183_20445610.jpg



f0131183_20443200.jpg

市田佳寿浩(福井県の競輪選手)

あまりのうれしさに、呼吸をするのも忘れてしまいました。



………


f0131183_20444843.jpg

 日韓学生対抗自転車競技大会


時節柄、何かと話題の日本と韓国の関係ですが、

数年前まで、日韓対抗自転車大会なるものがグリーンドーム前橋で開催されていました。

2年前には、主催者さんからお誘いいただき(ボランティアとして)医務室を担当しました。


↓そのときのブログへ

リンクその1

リンクその2



その年を最後に、(政治的な問題から?)一時、中断されましたが、今年、新たに「第一回」として開催されることになりました。

「学生対抗」ということで、日韓ともに、高校生男女各7名が選抜されます。

短距離3人、長距離4人の合計7人。

全て高校生なので、知らない名前が多いのですが、この2人は別格。


f0131183_20451379.jpg


太田真一さんのお子様と、市田さんのお子様。

この2人の組んだチームスプリントなんて、まさにドリームチーム。(3人目の選手の名前は知りませんが、ここに入っているということはかなりの選手なんでしょうね。)


レース前に、関係者の人が言っていました。


『 第一走が強すぎて、今の国内の高校生では誰も付いていけない。 』


幸か不幸か、結果はそのとおりでした。

「太田君」が速すぎて、車間があいてしまい、タイムとしては韓国に負けてしまいました。

が、「太田君」の強さを見せつけたレースでした。(ただいま受験中とのこと。)


1000TTは無事に、「市田君」が優勝。ただ、タイムが本人のベストタイムからちょっと落ちているのですが、それは前橋のせいでしょうか。

f0131183_20453772.jpg


………



そんな大会の医務室担当でした。

11月3日(土)、4日(日)

「関東高校生大会」も同時に行っていたこともあり、落車多数。

二日間で、6名落車。


もはや「僕が行くと無事にすまない」が格言になりつつある。ごめんなさい。



そんな落車のとき。

韓国選手の傷の処置をしていると、韓国人コーチから、


『 ありがとう あなた 親切。 来年 プサン あります あなた 必ず 来ます 』


と言われた。


Thank you. You are kind. Please come to Pusan next year.


と解釈しました。

なんか、うれしいですね。

ここだけは政治とは違う空間です。


………


休憩中に、ちょっとスタンドなどへ買い物。

f0131183_20444182.jpg

買い物?といえば、当然、これです。↓
f0131183_20450577.jpg
堂々と車券を買っていいお仕事。







[PR]

by akogarehotel | 2018-11-08 18:22 | 競輪ブログ | Comments(2)  

2191. 卓球日本代表(小学校低学年)の選抜方法 平成30年11月2日(金)

卓球日本代表(小学校低学年)の選抜方法 平成30年11月2日(金)



卓球日本代表の選抜方法(小学校低学年)


・各都道府県で男女各2名を推薦し、各地方ごとに選抜合宿を行う

・関東は、山梨を含めた八都県で、合計16名

・合宿中に総当りのリーグ戦を行い、上位3名が全国合宿に参加できる

・選抜合宿へは「専属コーチ」1名を帯同すること。コーチに対しての練習方法の指導も行う

・選抜合宿への家族の同行は不可

f0131183_18124118.jpg


………



ということで、うちの長女が今朝、出発していきました。

「専属コーチ」なんているわけないので、卓球教室の先生にお願いしました。ご足労です。

もちろん、上位3位なんて想定していなくて、むしろ、

 「16位じゃないことを祈る!」

あわよくば一勝できないかな。


いや、それよりも今回の合宿で大事なことは、参加者のサインをもらってくること、だったりします。携帯を持ってないので、写真は撮れないですから。



………


一番の心配は、合宿地の旭市。

どこそれ?


千葉県の銚子の近く。群馬で言うなら、草津レベルの僻地。

東京駅から特急で2時間。特急は3時間に1本しかない。東京駅のホームは「総武線」という、隔離された場所。

うまくたどりつけるのかな?



………



現実のお話。

群馬代表なんて、すごいね。


ではなくて、


現時点では、早く始めたもん勝ち。

卓球がメジャーになったとはいえ、まだまだ小学生低学年の層は薄い。女子はさらに薄い。さらにさらに、群馬県のレベルは低い。


うちの子は、一応、群馬県内では負け知らず、というか、1セットも落とすことがない。

もしも1セットを落とすと、相手から「○○さんから、1セット、取ったぁ!」と喜ばれるレベル。

それでも、全国に比べたら、レベルは低いので、今回の合宿でも15試合して、1勝できるかどうか。



これが、小学生高学年になっても負け知らずなら、少し自慢できてくる。

あと数年後、どうなるか。



ちなみに、レベルが低いといっても、群馬には、小学2年生の全国女王がいる。

先日の張本妹(小学3,4年)が話題になった大会の、小学1,2年生部門の優勝者。

(卓球界なんて狭いから、みんな顔見知りで、以前は一緒に練習もした関係ですが、)

群馬県の高崎に住む両親卓球選手の子供。自宅は卓球教室というサラブレッド。

そういう特別な環境にあると、そりゃ強くなるよね。


でも、それって、子供にとってはいいことなのか、どうなのか。







[PR]

by akogarehotel | 2018-11-02 18:11 | 子育てられ | Comments(0)