人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

2202. ぐんまトラックカップ 平成31年1月19日(土)、20日(日)

ぐんまトラックカップ 平成31年1月19日(土)、20日(日)



f0131183_00374975.jpg

一般人に競輪場を走る機会を与えてくれるのは非常にうれしいことです。


ただし、主催者の目的はそれぞれで、

太田さんの西武園は、「競輪の普及のため」。

グリーンドーム前橋は、「ケイリンの普及のため」。



………



グリーンドームでの主催者は、群馬県自転車競技連盟。

「競輪」とは完全に別の団体です。


部活の延長として、特に高校生の能力向上を目指して、開催しているようです。

つまり、一般人はオマケなので、走らせてもらえるだけでありがたい、と。

なので、お詫びとして医務係ボランティアをしています。本来なら、そんな仕事は無視して、レースに専念したいところです。


今回は、(主催者さんの気まぐれなのですが)事前アピールがしっかりしていたようで

高校生 44人

一般 21人

今までで、最多人数かもしれません。

(うわさでは、来月のトラックカップ第2戦のほうが参加者が多いとか。)



高校生は、関東圏から。時期的に2年生が中心。1年生も多数。

一般人は、関東、さらにはもっと遠くから。参加者のうち上位の人たちは、ロードの有名人など「その道の有名人」だそうです。(僕は全然知らないんですけど。)



………



レースは「オムニアム」。


二日間にわたって、10種目くらいのレースに参加します。

1000TT、200FD、ケイリン、350m、テンポ2km、ハンデ3km、スクラッチ10km、ポイント16km。

(僕だけでなく)50才前後のオジサンには、ちょっときつい。


1000mTTのタイムを元に、同じレベルの参加者同士でレースが組まれます。

遅い人も、それなりに楽しめます。

ポイントレースだけは、全員一緒です。(だから、レベル差があるので落車する…)



★★★



19日(土)

仕事があるので、レースは欠場。夕方から見学。落車なし。



20日(日)

朝7時半集合。

200FD、テンポ2km、ケイリン、ハンデ3km、ポイント16km。



200FD:

バンクの最上段から駆け下ろして、半周ダッシュ。

最上段に登るのは久しぶりなので、ちょっと恐い。それ以上に、3.3のギアが軽い。

くるくる回って、全然疲れずに終了。

タイムは13秒とか。ま、元選手のハトポさんより0.5秒遅いだけ、ということで。



半周テンポ競走(2km):

11人で競走。半周ごとに先頭で通過した選手に1点。2km(6周)走り、得点で順位を決める。

初参加。まわりの人のレベルも分からないので、遠慮気味に最後方からスタート。

すると、そのまま、みなさんの位置が全然かわらない。それぞれの車間だけが広がってる。まずいと思って、前に踏んだけど、一人追い越すのに、ものすごいエネルギーを使う。さすが33バンク。

11番手から8人追い越して、3番手までたどり着いたところで、6周が終了。

ただ、自分としては、これくらいの人に通用するかも、と分かった。

↓結果

f0131183_13303654.jpg



ケイリン:

競輪じゃないので、競りは禁止です。先頭選手が外帯線の外側を走っても失格です。


たった4人のレース。新潟大学生2人とカネコさん、と僕。

f0131183_00374120.jpg

大学生とはいえ、さっきのテンポレースの脚力から見て、それほどではない。ごめん。

3番手で周回して、残り2周の赤板でかまし先行してみました。

(初心者同士のケイリンは危ない。逃げるのが一番安全。)

予定通りに、大学生2人は千切ったけど、カネコさんに大名マークされて、ゴール前ちょい差し。カネコさん、オジサンなのに練習してますね。



3kmハンデ:

スタート時点で、20m~200mのハンデがもらえる。距離は3kmのレース。

通常、スタート後にハンデの近い人どうしでグループを作り、先頭交代しながら、3km(9周)を走りきる。

参加者は8人

 ハンデ 0m   ヨシダさん

 ハンデ 20m 大学生

 ハンデ 40m 大学生

 ハンデ 60m 大学生

 ハンデ 80m カネコさん

 ハンデ 100m 大学生(弱)

 ハンデ 120m 大学生(弱)

 ハンデ 140m 欠場

 ハンデ 160m 欠場

 ハンデ 180m 僕!


1周330mなので、僕は3コーナーからのスタート。主催者様のご意向により、こんなにハンデを頂いてしまった(見くびられた)。

しかし、僕の後ろは、欠場2人、その後は(さっきのケイリンで対戦した)大学生2人、その後にカネコさん。

この状況では、カネコさんを待つわけにはいかず、


 僕の一人逃げ 対 ヨシダさん~カネコさんの5人チーム


の図式が決定。


ヨシダさんは初対面。

ロードを実業団でバリバリに走っている人。40代かな?

僕などが、一緒に対戦してはいけないはずのレベルの人。天上人。


そのヨシダさんを含み、先頭交代をする5人から、逃げ切れるか。

…本音は、逃げ切れる気でいたんだけどね。

だって、たった3kmだよ。


しかし、残り2周で、ヨシダさんと大学生の2人に追いつかれ、追い越され、

3着でゴール。

楽しいね。



ポイントレース(16km):

特別ルールで、4周ごとに、通過順に応じて、4位までに得点が加算。合計得点で順位が決まる。

通常は6周ごとのポイントなのに、今回は4周ごと。いやでもペースが早くなる。

………

しかし、大人のレースの前に、高校生のレースで落車事故発生。

治療に当たっている間に、大人のレースが始まってしまいました。

ま、僕のようにレベルの低い奴が参加すると迷惑かけるから、これでよかったのかも。



どっちにしろ、「もっと練習したい」と思わせる一日でしたね。

練習したい!



★★★



表彰式:

高校生優勝者は、茨城県の有名な競輪三兄弟。(長男は現在S級)

今大会で、格が違いました。将来が車券的に楽しみです。

f0131183_00375766.jpg



今回、初めての企画として、心ばかりの「参加賞」を提供いたしました。

次回は、もうちょっと気を使った「特別賞」を考えています。自転車関係の賞品が多いから、何か違うものがいいですよね。



★★★



余談。


主催者は、本当にご苦労様なんですが、

逆に、おやくにんはしね。


負傷者の搬送のために、救急車を呼んだところ、

 『 救急車を呼ぶには許可が必要。まずはこちらに連絡しろ。 』

だそうです。


グリーンドーム管理者とかいう人がやってきて、トラックカップ主催者(審判他)に対して、怒鳴り散らして言ったとか。

許可を取ってから119番をダイヤルするなんて、医学的にはアリエンロッベン(←なつかしい)。






by akogarehotel | 2019-01-22 13:28 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2201. 宝台樹スキー場にて 平成31年1月13日(日)

宝台樹スキー場にて 平成31年1月13日(日)



萬田先生という、在宅診療の分野で日本的に高名な医者がいます。

全国で講演会をすでに400回くらい開催している有名人です。



萬田先生と僕とは、

お近くに住んでいる、自転車が好き、昔すれ違った、一緒にグリーンドームの検車係をやった

など、かなり濃厚な縁があり、

今回は、スキーに誘っていただきました。

ただし、コスプレという、これもまた濃厚な縁の1つですが。



………



集合写真の左端が僕で、その隣が萬田先生。その他の3人も医療関係職ですが、

どれが誰だか、まぁ意味はないですね。


で、みなさん「僕も含めて」、こんな格好で滑るんだから、スキー・ボードの技術もそれなりです。萬田先生がうまいのにはビックリ。(動画で先頭を滑っています。)



f0131183_07435767.png
リンク(動画はこちら)
カオナシスキーIN 宝台樹スキー場
中身はおじさんばかりです。

f0131183_07444566.jpg




………



水上宝台樹スキー場


水上ICから15分~20分。

初級者と上級者用の斜面。中級者部分が少ない。

連休なのにゲレンデは空いている。食堂は混んでいるが、ゲレンデ近辺に私設レストランがあるので、あまり困らない。休憩所もある。そのため、親子連れが多い

東京方面からは、沼田ICの2つ先が、水上IC。さらに水上ICから距離があるので、遠いという印象。それでもせいぜい30分しか違わない。それでこれだけ快適なのだから、間違いなく沼田水上エリアで一番オススメのスキー場。

個人的には、一人でスキーに行くなら間違いなくここ。ひたすら上級者バーンを滑っていられる。JR特急「みなかみ」と連絡バスを使えば、ビールも飲み放題。



………



この日は、妻と長男が別用のため、長女とふたりきりでスキー場へ。

朝8時に家を出て、ちょっと渋滞して、9時半過ぎに水上宝台樹スキー場に到着。

まずは子供と2人で頂上へ。


f0131183_07443665.jpg



子供を気軽に連れてきたが、実はそこそこ急斜面。しかし、恐さを知らない子供はスイスイと滑り降りていた。



昼食後に、カオナシ先生と合流。

子供ばかりいる緩斜面で、5人で滑る。


まわりから、「写真撮ってください」と、さんざん言われるのに、

うちの子供は、 『 恥ずかしいから、一緒に滑りたくない 』



3時まで滑って、子供もカオナシ先生も疲れたので帰宅。

4時半には家に着いた。









by akogarehotel | 2019-01-14 21:02 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

2200. 磐梯温泉ホテル(アルツ磐梯スキー場) 平成31年1月1日(火)

磐梯温泉ホテル(アルツ磐梯スキー場) 平成31年1月1日(火)



f0131183_14312818.jpg

磐梯山

それって、バンダイナムコ?

というのは、中学生の長男と同じレベルです。



………



 磐梯温泉ホテル:


その昔、スキーバブル絶頂期に「アルツ磐梯ホテル」という名前で堂々とオープンした、当時は「豪華なホテル」。

バブル崩壊後に、星野再生工場が買い取り、リニューアルオープンした。スキー場には「アルツ」の名前が残っている。

星野リゾートによくあるパターンなのだが、リフォームして内装を豪華にして、食事内容を代えて、スタッフを教育して、、、

そのぶん、「値段」も豪華にして、、、


でも、施設そのものは古い。

残念ながら、水回りやエアコン機能は不十分のまま。

レンタルスキーも、かなりボロボロ。

温泉というくせに、大浴場は小さく、ぬるい。

室内プールがあるが、水温は水泳部員設定であって、リゾート設定ではない。



ま、でも、贅沢は敵!と思えば不満もなく、

金額にお得感はないものの、子供が楽しそうにしていればいいかな。

ちなみに、子供は、食事がバイキングで、部屋にWifiがあれば満足します。



………



1月1日。


朝6時(さっき寝たばっかりな気がするが…)、

祖父母の家に子供たちを迎えに行き、そのまま新幹線で出発。


高崎→大宮→郡山(福島県)→(JR磐越西線)→磐梯町→(送迎バス)→ホテル



磐越西線は福島県(郡山)と新潟県(新津)を結ぶローカル線。車窓には、猪苗代湖や磐梯山が見え、沿線にはラーメンで有名な喜多方や会津若松がある。中学生の頃に、前橋から一人旅で来たことがあるくらい、乗り鉄には魅力的な路線。

しかし、そんなことには興味のない子供たちは、電車内でパズドラに夢中だが。



乗り換えがたくさんある割には、近い。正午にはホテルに到着。

こじんまりしたホテルで、レストランはひとつしかない。しかも昼は営業していないという。昔ながらのスキー場ホテルによくあるパターンだけど、現代の星野リゾートにしてはめずらしい。ゲレンデに行けばたくさん食堂があるので、特に問題にはならない。



長男の意欲は、スキー:ゲーム = 4:6 くらい。

長女は、スキー:ゲーム = 8:2 くらい。


兄弟なのに不思議なもんだが、スキー場に来たので、

 『 休憩したい、ゲームしたい。 』

なんて言葉は聞こえない。

リフト終了まで、しっかりスキー。


その後、「物足りない」という長女に頼まれて、ホテル内の室内プールへ。

長男はもちろん部屋でゲーム休憩。


リゾートホテルらしく、室内プールを備えているが、、、、

水温が推定20度。

この冷たさでは、水泳部以外は泳げない。(僕は水泳部)

だから、こんな感じの貸しきり状態。


f0131183_14315495.jpg


子供にも水温は関係ないらしい。

「全然寒くない」といって、水遊びに興じる。遊びに付き合っている僕のほうが寒さに震える。泳いでいれば寒くないが、じっとしているのは無理。

泳ぎを止めたら死んでしまうマグロのようだ。



………



1月2日


翌日も朝からスキー。

 『 リフトに10回乗ったら、お年玉増量。 』

と言ったら、長男が本気を出した。僕が休憩している間にも一人で滑ってる。

ちなみに、リフトは乗車時間が10分以上かかる超ロングなもの。

営業終了時刻にちょうど10回乗り終えた。


f0131183_14314467.jpg

夜。

冷たいプールにはこりたので、今夜は長女と一緒にナイタースキー。

ナイターは何回滑っても500円という価格崩壊設定。

長男はもちろん部屋でゲーム休憩。



………



1月3日


翌朝。

宿泊者限定で、朝7時半から滑ることができる。

長女にせかされて、早起きして滑らされた。

星野リゾートに泊まる客に、そんな体育会系なんているわけない。だから、ゲレンデは貸しきり状態。プールにつづいて、ゲレンデも貸しきり。

中学生くらいの男の子が一人で滑ってた。偉い。

うちの長男は、もちろんまだ夢の中。



昼まで滑って、

午後1時のバスで帰路へ。

年始の超混雑新幹線に乗り、夕方6時に帰宅。

近いなぁ。



★★★



アルツ磐梯スキー場、磐梯温泉ホテル


施設はボロイ。

ホテルスタッフの対応は素晴らしいが、スキー場スタッフがシロウト。

リフトの並び方、ゲレンデ食堂の管理、リフト券売り場の整理など、おぼつかない点が多数。レンタルスキーも悲しい装備。

プールは寒いし、部屋そのものも寒い。

朝食、夕食メニューは、一応許せるが、他の星野リゾートに比べると明らかに格下。



悪いところばっかりだ。


でも不満がほとんどない。

なぜ?



その理由は、日本人しかいないから。

最近は、どこの観光地へ行っても外国人ばかり。

同じ星野でも、トマムはまるで異国。プリンスなら苗場も志賀も外人だらけ


外人が悪いとは言わない。礼儀のない人間が悪い。

順番を待てない奴が邪魔。列を乱す奴は来るな。そういうタイプは日本人には少なく、日本以外のアジア人種には限りなく多い。(やはり、まだまだ日本人は世界に自慢できる人種なんです、まだ。)


そんな礼儀のない奴が、ここには一人もいない。

リフトや食堂がどんなに混んでいても、割り込む奴がいない。だから、多少待つのも許せる。

ホテルのフロントでわめいている外人がいない。だから、ホテルのロビーが快適。


磐梯山は小さなリゾートなので、おそらく外国にほとんどアピールしていないのだと思う。だから、こんなに快適なんだろう。

また行きたいスキー場です。


↓ゲレンデから猪苗代湖が一望できます(光っているのは空ではなく、湖面)。

f0131183_14313662.jpg


↓1本の高速リフトに乗るだけで、ロングクルージングが可能なコース設定。コース幅も広い。

f0131183_17573878.jpg



あっちに見えるのは上級者コース。圧雪されていないコブがおいしそう。

f0131183_17575523.jpg


子供が休憩中にちょっと楽しませてもらった。コースから見る猪苗代湖。斜面の角度がわかるでしょうか。

f0131183_17572373.jpg



………



ちなみに、スキー客はすべてが日本人ですが、

  ボード:スキー = 8:2

で、その日本人ボーダーが、上手い人ばかり。

飛ばす人、ではなくて、上手い人。


上手い人は、マナーもしっかりしている。ゲレンデで座ったりしないし、無駄に左右にカーブしないし。

これも快適な理由のひとつでしょうね。



みなおした、ふくしま




by akogarehotel | 2019-01-11 18:12 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

2199. ギャンブル場のマナー 平成30年12月31日(月)

ギャンブル場のマナー 平成30年12月31日(月)



今回の年末は、北海道から義兄家族が遊びに来ている。


この義兄は、大学の助教授という(僕と同じくらい)マジメな仕事をしているので、おそらくギャンブルということに縁がない。帯広に住んでいるのに、競馬場に行ったことがない、ということがそれを証明している。

前橋に住んでいるのにグリーンドームに行ったことがない、と同じくらいつまらない人生だ。


義兄にも子供が2人いる。それがたまたま、うちの子供2人と同い年。

お互いにいとこ同士になるので、非常に仲が良い。

彼らが前橋に来ると、遊びに連れて行くのは僕の役目。

今年(平成30年)は、子供4人(中学生二人、小学生二人)をぞろぞろと引き連れて、ラウンドワンへ。



………



年末のラウンドワン。

混雑はしているが、思ったほどではない。どこが景気回復なんだか。



午前中はスポッチャ。

大人一人と子供4人(中学生2人、小学生2人)なので、マンマークはできないが、スポッチャなら囲いの外には出て行かないので、安心して放り投げておける。

子供たちが遊んでいる間に、自分はドラムマニアが叩ける。

テレビのCMどおりにそこそこ楽しいが、そこそこの金額だ。

だから、そんなに混雑しない。



………



近くのバーミアンで昼食のあと、再びラウンドワンへ。


午後はゲーセンエリア。ここからが本題。


小学生2人は女の子。1000円ずつお小遣いを渡して、クレーンゲーム。

女性というのは年齢に関係なく、金銭感覚が強いようで、こんなところに来ても無駄遣いは極力避ける。無理だと思うクレーンには手を出さない。

悩んで、悩んで、取れそうと思う台に挑戦している。だから、1000円がなかなか減らない。いいことです。

しかし、


 『 これ無理そうだから、お父さん、ちょっとやってみて。 』


という攻撃があるので、

なんだかんだと、お金が減っていく仕組みになっている。



………



本当の本題はここから。


中学生2人は男の子。クレーンゲームのぬいぐるみには興味がないので、メダルゲームへ。

一人1000円。二人合わせて、2000円で600枚のメダル。

メダルを渡したら、あとは完全にほったらかし。

僕自身は女の子チームのクレーンゲームの保護者。

適当な時間にメダルがなくなるだろうから、そしたら帰ろう、くらいに。



ところが、

1時間後、長男がクレーンゲームコーナーにやってきて、


 『 大変なことになってる。 』 と。


何が、どんだけ大変なの?ということで、行ってみると、

これ↓

f0131183_14013512.jpg


大当たりのジャックポット(2700枚)の、さらに大当たりの「4倍」が出たという。

11000枚のメダルが、ジャカジャカと音を立てながら、盤面に降り注いでいる。ジャラジャラと、止まる気配がなく、えんえんと降り続けている。

椅子の下には、こんな山ができた。


f0131183_14015170.jpg



まわりじゅうもビックリ。

覗き込んでくる人が多数。


そのうちの一人。隣の台で遊んでいた「おばちゃん」。


「よかったね」「よかったね」「すごいね」「すごいね」

「どこから来たの?」「北海道?すごいね」「すごいね」「すごいね」


限りなく馴れ馴れしい。


この態度の理由が、わかる人には、わかる。

仕方ないなぁ、ま、いいか。

あふれかえっているメダルから、バケツに1杯(500枚)入れて、


 『 これ、どうぞ。子供が隣でうるさくしてて、申し訳ありません。 』


と、渡してやった。


 「あら、いいの?悪いわねぇ、おほほ」


と、上機嫌のおばちゃん。当然という顔つき。



その光景を不思議そうに見つめる子供4人。

ありえない大当たりをしたときのご祝儀。これがギャンブル場の「マナー」だよ。

と、態度で教えたつもり。



すると、その意味を理解したのか…


子供をゲーム機に残したまま、僕がメダルバンクにメダルを預けに行った。すると、間もなく子供たちがゲームをやめて引き上げてきて、


 『 まだメダルが200枚くらいゲーム機に残っていたけど、そのまま、あのおばちゃんにあげてきちゃった。 』



お!

わかってくれた。お父さんはうれしいよ。

これで、将来、ギャンブル場にいっても困らないね。



………



例えば、


新宿で、恐い人から車券を買って、もしも万車券になると、100倍以上の配当は切り捨てになります。150倍の当たりでも、100倍までしか払い戻ししてくれません。

でも、それは暗黙のルールです。それに文句を言ったらどうなるかは、見なくてもわかります。



たとえば、


以前、グリーンドームで予想屋から買った予想で万車券が当たったときには、1000円くらいのお菓子を差し入れてあげた。差し入れ用に、古ぼけたお菓子が売店に並んでいます。



マナーは大事だよ。



★★★



夜は、祖父母の家で親戚一同。

紅白をサザンだけ見て、年が明けました。







by akogarehotel | 2019-01-09 14:00 | 子育てられ | Comments(0)  

2198. 30年から31年への年末年始 平成31年1月

30年から31年への年末年始 平成31年1月



忙しいので、日記だけ。



12月30日(日) 競輪グランプリ の宴会


毎度毎度お世話になります。東京中野の幸福さんちで限度のない宴会。


ヒル12時に中野に集合して、スピードチャンネルを観ながら、えんえんと、グダグダと。

中野で買出ししたお寿司やマックや、みんなで持ち寄った食べ物がたくさん。しかも、幸福さんが料理が好きで、いろいろとまかなってくれて…


食べきれない、飲みきれない。

グランプリが始まる頃(夕方4時半)には、すでに酔っ払って、一回昼寝して、

そして、目が覚めて、「さぁもう一回飲めるぞ」状態。



グランプリ。

脇本の徹底先行。

平原が「競らない」とヤマコウに言った。

浅井(三重)は三谷(奈良)に競るわけない。

清水は舞い上がってる。


車券は三谷から。

残念なことに、僕自身が前日からぎっくり腰になっていて、前日発売の車券を買いに行けなかった。買ったのは、この日だけ。

残念ながら、たったの500円の流し。本当はこの10倍買おうと思ったのに…

結果は、当然の↓


f0131183_18480217.jpg


34倍もついた。

なんで?こんな「本命」が。



………



この日は、東京駅で大事件。


朝、上京するときにすでに事件は始まっていたのですが、


東北新幹線が、ブレーキが故障してホームに止まったまま動けない。

こんな年末の超混雑時期に。

午前中は、15分遅れくらいで動いていたものの、時間がたつにつれて被害は拡大。午後には東京駅に入場規制がかかった。

終電の新幹線ならば帰れないことはないけど、1時間半の遅れ。深夜2時に高崎駅に着いて、そこからどうすればいい?


 『 帰れないなら泊まっていけばいい 』


幸福さんのありがたい言葉を受けて、蓮さん(金沢へ帰る)と一緒に一泊。

おかげで、静岡競輪のあとの前橋ミッドナイトの終了(23:30)まで観て、飲んで、遊ばせてもらった。


幸福さんありがとう。

ご参加の皆様、お疲れ様でした。



………



日付がかわって、12月31日。

5時に起きて、(さっき寝たなかりな気もするが)

6時の始発の新幹線で帰ってきました。


まだ平成30年は終わらない。






by akogarehotel | 2019-01-07 18:47 | 競輪ブログ | Comments(0)