人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

2239. 子供の世界のスポーツ 令和1年6月23日(日)

子供の世界のスポーツ 令和1年6月23日(日)



素直に。

卓球経験のない僕が、卓球競技の真ん中やや高めに置かれて、感じること。


少なくとも、

「出会い」が多いことは、本当にうれしいですね。



………



日曜日は、またまた藤岡で卓球の試合。

群馬オープンという団体戦。


f0131183_19135405.jpg


藤岡体育館には素晴らしい室内トレーニング場がある。

ランニングマシーン・エアコン・シャワー室こみで、430円。

子供が試合している間に、僕は練習するつもりで準備していった。

のですが。。


卓球団体戦の「監督」をすることになった…



うちの卓球クラブからは男子は4チーム(1チーム3人)が参戦する。そのうち、

 男子BCDチーム:小野沢監督

 男子Aチーム:僕


BCDチームは、小学生低学年もいて、試合に不慣れな子供が多く、手がかかる。

一方、Aチームは経験豊富な子供たちだから、監督の手間はほとんどない。黙って腕組みして偉そうに座っていればいい。

ただし、Aチームは「シードチーム」なので、当該リーグの試合進行の管理をしないといけない。つまり、事務係。卓球経験不要の事務係。


そして、そんな事務係をしていると、いろんなことが見えてくる。



………



昨今の卓球ブームのおかげで、群馬県内にもたくさんの卓球クラブ、卓球チームがある。それらのチームの雰囲気が、リーグ戦の進行係をやってると、痛いくらいに感じ取れる。

規律正しいチーム、鬼のような指導者のいるチーム、和気藹々なクラブ…


感じられることは、悪い部分ももちろんある。

子供たちに、(卓球に限らず)スポーツをすることの意味を教えていないチームには、ちょっと腹立たしく思ったりしますね。

対戦相手を(強弱に関係なく)尊重しないとか、他人の試合結果なんかどうでもいいとか。

そういうことを完全に無視する最低のチームが1つだけ存在する。(炎上するのでヒントすらなし。)


逆に、素晴らしい指導、もちろん卓球ではなく素晴らしい「スポーツ」の指導をしているチームも目に付きます。隣のコートでやってた某中学(と言う名の某チーム)さんなど。(あえて言わずもがななので、こちらもヒントなし。)



………



挨拶から始まって、挨拶に終わるので、いやでも知り合いが増える。

人生でこれまで関わったことのない場所なので、知り合う人はみな新鮮。

僕の知らない卓球の話をどんどん投げかけてくる。

大人(コーチ)も、子供(選手)も知り合いになる。


『毎日練習行ってるよ。学校から急いで帰って来て。宿題する暇がないから、車の中でやってる。』

最近、ぐんぐん伸びてる某小学生君のコメント。

大事なのは、やらされてるのではなく、自分からやっている点。「偉い」以外に言葉がない。心から応援したいですね。



あえて追加するとすれば、

選手(子供)が、卓球が個人競技ではなくチーム競技であることが理解できるようになると、もっと強くなれると思うのだけど、

そこまでの子供は、僕の知る限りでは、まだいない。

高校生は理解してる子が多いと思う、名門M橋高校とかね。


だって、水泳(競泳)だってチーム競技なんですよ、知ってた?



………



うちのお子様の試合結果。

f0131183_19213749.jpg


長男は男子Aチーム。決勝トーナメント初戦で、「素晴らしいチーム」(上記)に敗退。


長女は女子Aチーム。決勝戦で負け、準優勝。

勝つ予定だったらしいのだが、本人は「こういうときもあるよ」と。怒鳴るか褒めるかに関しては、僕は部外者。なぜ負けたかだけ理解してくれてれば、それでいい。



そんな日の一場面。

予選リーグで長男のチームが、某小学生チームと対戦。

そのダブルス。こちらは中学生二人、相手は小学生(双子)二人。勝って当然な試合なのに、フルセットでギリ勝ち。

試合後、相手チームのミーティングの声が聞こえて来た。


コーチ 『お前ら、あんな強い奴らに、よく頑張ったな』

小学生 『あの人たち、何年生だろうね?』


お節介に、横から教えてあげた。


僕 「あいつら二人とも中学2年だよ。二人とも県大会に出てるよ。」

小学生 『わー、すごい!』(もちろん、すごいのはそこまで善戦した自分たち)


盛り上がってたミーティングでした。彼らの今後を応援したいですね。

そんな小学生に2セットも取られたうちのエース二人には、監督として怒鳴っておくべきなんですかね?(^^)



………



監督業のおかげで、練習が全くできなかった。

帰宅してから、小雨のなか、5kmランして、憂さ晴らししました。





by akogarehotel | 2019-06-24 19:12 | 子育てられ | Comments(0)  

2238. あおやまいいんかふぇ『熱中症』 令和1年6月15日

あおやまいいんかふぇ『熱中症』 令和1年6月15日



マジメに仕事をやってるアピール。



………



題名は、スポンサーになった映画のパクリじゃん?と言われたら、反論できないかも。



f0131183_17555469.png

「あおやまいいんかふぇ」


いつも診察のたびに、患者さんから


『食事はどうしたらいいでしょう?』とか『運動って、何をすればいいの?』


と、たびたび、各自から、いちいち、おのおの、さんざん聞かれるため、

じゃぁ、一ヶ所にまとめて全員いっぺんに教えたる、と思って始めた企画。


1時間弱、偉そうな話をしますから、お茶でも飲みながら聞いていきませんか?と。



↓待合室といっても、こんな空間です。


f0131183_17553736.jpg



で、先日の6月15日(土)は、 第12回 「熱中症への心構え」


☆ 31℃以上の環境では全ての活動で熱中症の危険がある。(日本救急医療学会)

☆ 28℃以上の気温ではスポーツ禁止。(アメリカスポーツ医学会)

☆ 31℃の環境に1時間滞在(安静)で、1リットルの発汗。

☆ 汗1リットルには塩分3~6グラムが含まれる。

☆ 口渇を感じた時点で、1リットルの脱水。



言い換えると、


室温31℃の教室で授業とか論外。

甲子園のスタンドでは1時間の観戦につき、1リットルの水と3グラムの塩が必要。

そもそも、野球なんて?


ま、避難勧告が出ても、避難する人は1%にも満たないのと同じ状況ということですか…



………



ちなみに、過去の演題名は、

1:水分補給の選択肢

2:認知症の予防

3:高血圧の食事

4: (急遽中止)

5:糖尿病

6:薬の飲み方

7:脳卒中の予防

8:認知症の基礎知識

9:インフルエンザ、特に迅速検査キット

10:心筋梗塞

11:健康診断する?

12:熱中症の心構え


春から秋の暇な時期の、第3土曜日、午後2時から3時に開催。


今後の予定は、

第13回(7月27日、第4土曜日)「どこの科を受診する?」

第14回(8月24日、第4土曜日)「高血圧2、薬はずっと飲む?」

第15回(9月) 連休がつづくため開催未定

第16回(10月19日、第3土曜日)「ジェネリック、飲むの?」

 (11月~2月はインフルエンザで忙しいので休会)


f0131183_17551378.png



そろそろ、ネタが尽きそうで、困ってます。






by akogarehotel | 2019-06-20 17:54 | 放射能と医療の真面目な話 | Comments(8)  

2237. 水泳部的練習メニュー 1年6月17日

水泳部的練習メニュー 1年6月17日



今、20代のころと同じレベルの水泳練習をしている。

今がすごい?あの頃が手抜き?



………



先月のマスターズのために、約2ヶ月間、ひたすら泳ぎ続けていた。バタフライだけで毎日2000m泳いでいた。

そのマスターズは発熱で棄権したが、体はできあがっていたらしい。


現在、7月のトライアスロン(ハーフ)に向けて練習中。

ハーフトライアスロンの水泳は、750mクロール。バタフライの練習はさっさとやめて、今はクロール(自由形)だけ泳いでる。


すると、なんだか、速い。

水圧を感じるくらい速い。

腕力が違う気がする。



………



速さに応じて、練習メニューも進化した。

たとえば、



6月13日(木)

Up 300

Main swim 200 x 5 (3'00)

1: hard (limit 2'30)

2-5: limit 2'45

Kick 100 x 4

Pull 50 x 6

Swim 100 x 4 (1'30)

Down 100

 TOTAL 2500m


1本目の200mを2分30秒で泳いで、そのあと4本を泳ぎきる練習。学生時代でも、1本目を2分30秒で泳いだことなんてなかったかもしれない。ただし、この練習で一番つらいのは最後の100mを4本。




6月14日(金)

Up 300

Main Swim 400 x 4 (6'00)

Kick 100 x 4 (2'15)

Down 100

TOTAL 2400m


ひたすら同じ速さ(やや速め)で、約30分間泳ぎ続ける根性練習。

自転車でなら、よくある練習だが、水泳は景色も変わらずDVDも観られず、退屈で、気持ちが鍛えられる。




6月17日(月)

Up 300

Main Swim 200 x 2 x 3set (2'50, set rest 2')

1 パドルなし

2,3 パドルあり

loosen 100

Kick 100 x 4 (2'15)

Pull 100 x 2

Down 100

TOTAL 2300m


100を125秒で泳ぎ続ける練習。高速巡航。

200mを3分よりも短いインターバルで泳いだのは、大学の最終学年のとき。200mを2分45秒インターバル。そのとき、インターバルに着いてこれたのは僕のほかに、もう一人だけ。それ以来の「3分未満」。



………



水泳だけでなく、毎日、何かしら2種目を練習している。

大嫌いなランも意外と「走れる」。5kmなら、短距離感覚でいけるかも。

最も調子が悪いのは(大好きな)自転車くらいだ。


ってことは、かなり絶好調。


あとは、5月のマスターズのように、

「練習が調子いいと、何か(よろしくないこと)が起こる」

というジンクスが発動しないことを祈るだけ。







by akogarehotel | 2019-06-18 12:37 | トライアスロン | Comments(0)  

2236. 6月の第3日曜 令和1年6月16日(日)

6月の第3日曜 令和1年6月16日(日)



こんなものを頂きました。

これもひとえに、日頃の私の努力の賜物(たまもの)と理解しております。


f0131183_12393675.jpg


f0131183_12395264.jpg

僕自身、父の日も母の日も、何もした記憶がございません。昔は、一般日本人にはそんな意識はなかったはず。

最近、商業的な理由から、世間では「○○の日」が大発生していますが、それもそれで、またいいものですね。

「群馬県民の日」もそのひとつですから。(都道府県の日を休日にする県は非常にめずらしいのだとか。)


今後、水泳の日、トライアスロンの日、卓球の日、競輪の日、麻雀の日、ゲームセンターの日、信長の日、など、誰か仕掛けてくれませんか?



………



ちなみに、この「フォトビー」。

ガラケー人間の僕には、画像をメールで送れないので、注文することができません。

ビールはサッポロです。






by akogarehotel | 2019-06-17 12:38 | 子育てられ | Comments(2)  

2235. FM群馬 令和1年6月6日

FM群馬 令和1年6月6日



FM群馬さんの対応が素晴らしかったので、メモ。



毎朝放送されている「シロウト参加番組」に参加しました。

今にして思うと、あまりにも恥ずかしいので、記憶から消し去りたいくらい、


…だったのですが、


そのあと、こんな心温まるお手紙をいただきました。

素晴らしい心遣いですね。だから、固定ファンが多いのでしょうね。


f0131183_17290601.jpg
f0131183_17291666.jpg

(ワイワイグルービング、内藤聡さん)



………



MCとかパーソナリティと言われて、それなりの評価をされている方々は、本当に頭がいいです。よく回ります。

浮き足立ってる素人が、訳の分からないことを静止も利かず話し捲っているのを、うまーく時間内にまとめてくれます。さすがとしか言いようがありません。


大昔、某よしもとの有名人がMCをする番組に出たときも、同じくらい脱帽し、尊敬しました。それくらいの回転数がないと、全国区にはなれないってことですね。



恥ずかしいかといいながら、その後もFM群馬への投稿を続けてます。







by akogarehotel | 2019-06-14 18:51 | ただの日常日記 | Comments(2)  

2234. 10歳の年齢差が誤差になるお年頃 令和1年6月8日(土)

10歳の年齢差が誤差になるお年頃 令和1年6月8日(土)




当時、14歳と24歳。

今、51歳と61歳。



………



先日の前橋マラソンの医務室(サイクルドクター)にて。

「来賓」という肩書きの偉そうな人間が、自転車を整備している僕のところへ近づいてきた。


 『 もしかして、青山君ですか? 』


スタート前の忙しい時に、めんどくさい奴だなと思って振り返ると、、、!

中学2年と3年のときの担任で、なおかつ水泳部顧問のN先生だ!

約40年ぶりの再会でした。



………



その再会を機に、中学水泳部の同窓会を開催。

顧問のN先生のほかに、僕を含めて7人が参加。

(ぼかしを入れてます。すいません。)


f0131183_18341622.jpg


N先生は大卒初任で僕らの中学にやってきた。

先生が24歳で、生徒が14歳。現代の常識なら、当然、大人と子供の年齢差。

だけど、当時は、学校崩壊の全盛期。大人と子供の立場が逆転して当たり前な世界。僕らの知らない、想像もできないような苦労がたくさんあったそうです。



あれから、お互いに、公平に、37年の年月を追加。

51歳と61歳になった。

集合写真だと年齢差がわからないね。というか、先生が一番若く見えるんじゃない?



………



僕らの中学は、県内最大の生徒数を誇り、1学年450人だった。

N先生は、その後、全校生徒24人という小学校の校長も歴任したという。

楽しそうな経歴です。

それからは、驚異的な出世を遂げて、


 『俺より偉いのは市長くらいだ』


と、冗談で言える人。


ま、僕も、「教授なんてバカばっかりだ」と、よく本気で言ってますからね。

似たようなもん?

いやいや全然違う。



………



この宴会のために、当時の水泳記録を掘り返してみたら、なんと、僕たちの中学水泳部は、在籍当時、前橋で3年連続団体優勝している。全然知らなかった。

そんな「強豪校」とは思えないほど和気藹々とした雰囲気だった。

練習がつらかった記憶がかけらもないけど、単に忘れているだけなのかな?

個人的には、400と1500で表彰台。それは覚えているけど、誰からも褒められた記憶がない。子供の部活なんて、遠足以下の時代でしたね。



………



(突然、競輪のお話)



☆僕らが卒業したあと、N先生が2年間担任したある生徒の話。


『鬼瓦のような恐い顔をした奴でね、勉強は全然ダメだけど、スポーツは万能だった。野球部でキャッチャーをやっていて、育英高校へ野球推薦を希望したけど、定員に入れなかった。それでも育英を希望していたので問い合わせたところ、「自転車かボクシングなら定員がある」と育英から提案された。』


当時の育英は、とりあえずスポーツのできる奴をガツガツ集めてた。その成果が今になってあらわれてます。


N先生 『(その鬼瓦くんに)「ボクシングは危ないから自転車にしろ」と言ったところ、そのとおりに、自転車推薦で育英に入学した。自転車競技の経験はなかったはずだけど、あの体力なら何でもできると思った。』


N先生 『大事なのは「正しい選択」ではなく、「本人のヤル気」だよね。もしボクシングを選んでいても、野球を選んでいても、彼ならどこでも成功していたはず。』


こうして、チワワとトリヘイの大好きな「ボス」「五漢」ができあがりました。


「先生、それすごい話!今、会えないの?!サインもらって来てよ!」

と、盛り上がってたのは、僕一人。



☆もうひとつ競輪の話。


N先生のお隣に住んでいて、昔から家族ぐるみのお付き合いをしているのが、競輪選手のKさんだそうです。(現A級?)

奇遇です。僕は、グリーンドームの医務係で奥様と何度もご一緒するし、お子様は練習会でたびたびお会いする、将来が極めて有望な高校生です。

世間は狭いのか、偶然が重なるのか。



………



「水泳」という大きな共通項があるので、話がとてもはずむ。

あっという間に、1次会と2次会が終わってしまった。

つづきは、来年の第二回同窓会へ。






by akogarehotel | 2019-06-12 13:11 | ただの日常日記 | Comments(0)  

2233. 藤岡と卓球とトライアスロンのお話 令和1年6月6日

藤岡と卓球とトライアスロンのお話 令和1年6月6日




練習してますか?

と聞かれたので、はい、こんな感じで。



………



その前に、先週日曜日の卓球のお話。


藤岡オープン。(そんなような名前)

中体連県大会の「裏開催」とはいえ、かなり過疎ってた。


去年に比べて参加人数が激減してた。確かに、藤岡は運営に難があるという評判だけど…エントリー漏れとか、それを認めない姿勢とか。

(こちらは遊ばせてもらっている身分なので、開催していただけるだけでありがたい。)

小学生は同日開催がないはずなのに、ほとんどのチームが来てなかった。


しかし、子供たち本人は、入賞の可能性がふえるので、むしろ過疎化がうれしいらしい。

組み合わせにも恵まれた長男は、予定どおりの4位。

2位を狙ってたはずの長女は、やってしまって4位。


f0131183_08392206.jpg



参加人数が少ないということは、うちのチームの比率が高いということなので、会場のあちこちに黄色い広告ユニフォームが目立ちます。壮観です。

小学生女子の準決勝なんぞは、選手と審判係、合計6人のうち、5人が黄色い青山医院ユニフォームを着ています。

俺のための試合か?

f0131183_19310783.jpg



………



藤岡体育館には豪華なトレーニングルームがある。エアコン完備のランニングマシーン。利用料430円。卓球引率の楽しみのひとつ。

榛名や富岡の体育館にもある。前橋にはない。



午前中、子供たちが予選をこなしている間、思う存分走らせてもらった。

 5km

 800mダッシュ×3

合計9km弱。



卓球選手よりも汗ダラダラになって、でもシャワーを浴びてスタンドで観戦。



卓球終了後は、rosuketさんの事務所に寄ってきた。

グリーン牧場の1000人ロックの動画を見せてもらった。楽しそう。参加してみたいが、土曜日というのが壁。仕事を休まないといけない。


rosuketさんの事務所から前橋までは、ロードで帰宅。

距離15km。南風に押されて、35分で到着。途中、「誘導車」に千切れないように思い切り踏んだので、結構太ももが泣いている。



………



今週の練習

2日(日) ラン9km バイク15km

3日(月) 休養日

4日(火) スイム2000m 水球指導

5日(水) ローラー15km ラン4km

6日(木) スイム2500m ローラー15km

7日(金) スイム2000m ローラー15km

8日(土) ローラー20km

9日(日) ラン8km


トライアスロンは2部練必須だから、忙しい!



f0131183_08393692.jpg


トライアスロン用に、シャア専用ロードバイクに「角」をつけた。

2年ぶり。乗り方を忘れてしまってる。

ローラーが恐い。







by akogarehotel | 2019-06-10 19:23 | トライアスロン | Comments(0)  

2232. 画廊ヒルクライム 令和1年6月1日(土)

画廊ヒルクライム 令和1年6月1日(土)




f0131183_00391275.jpg

青山医院にも絵を飾っていただいている、画家の真塩先生が個展を開催中とのこと。



(6月1日から6月9日、アートミュージアム赤城)

畜産試験場のさらに、もう少し上。

せっかくなので自転車で行ってきました。元プロで自称「元クライマー」のハトポさんと一緒に。


ママチャリで行ってもよかったんだけど、汗ダラダラでは個展の敷居が高い。

「汗をかかなくてすむように」久しぶりに、赤い彗星のロードを出動させた。



………



市立前橋から「天使」を経由。

f0131183_22125039.jpg

↑『ビンディングにしなかったよ、だって「サイクリング」でしょ?』

と、余裕のコメントの元プロ。



畜産試験場から1kmほど登ったら、アートミュージアム赤城に到着。

近いよ。



f0131183_22123740.jpg


汗かいて息切らしてるオヤジ2人には、画廊の玄関は、やはり敷居が高い。

駐車場で、ジャージから普通のTシャツに着替えて、さわやかな雰囲気をかもし出して入館した。

が、


『 汗かいて、暑そうですね。こっちがエアコンが涼しいですよ。 』


いきなり、見破られてしまった。。。。



………



真塩さんには破格の料金設定で、青山医院に絵を提供していただいている。

そのお礼も兼ねて、「自転車バカ3人の共同名」でお花を贈っておいた。



f0131183_22130823.jpg


とりあえずビール、ではなく、とりあえずラン。



さらに、作品を1つ購入。

パンフレットにもなっている代表作をぬけぬけと買わせてもらった。

金額は秘密だけど、おそらく、画廊代金、絵の具代金、額縁代金の合計には達していない。

f0131183_22122880.jpg




帰りは、下り坂をぶっ飛ばすハトポさんの番手を追走一杯恵まれで帰宅。


その後、さらに夜7時から9時までは、子供を含めて、ハトポさんと一緒に卓球の練習。

いったい何時間、一緒にいるんだろう?

まるで恋人並みに顔を合わせている2人です。



………



ところで、市立前橋から天使までの道。

もう何百回と通いなれた道だが、なんだか「引っかかるもの」があった。なんか気になる建物があったような、なかったような…

それが判明!

↓これ。


f0131183_00331960.png


ただの修理工場という認識で、記憶の片隅にしかなかったのだけど。

↓卓球のユニフォームに注目。

非常にお世話になってました。今後ともよろしくお願いします。

f0131183_18593198.jpg








by akogarehotel | 2019-06-07 00:35 | 本気のサイクリング | Comments(0)  

2231. イングランド人の文化 令和1年6月3日

イングランド人の文化 令和1年6月3日



つい先日、韓国代表が大会の優勝カップをふんずけて、蹴飛ばして、

開催国の中国とFIFAから猛抗議を受けて、もしかして優勝が剥奪されるとか、されないとか。



あれから1週間もしないのに、これ↓


f0131183_08593097.png

チャンピオンズリーグという、まさに世界一を決める大会で、見事に優勝したリバプール。


ビートルズで有名な街の伝統と歴史のあるチーム。

巨人阪神なみに、イギリスサッカーの代名詞といわれるチーム。

それがこれ↑

しかも、この写真は選手個人のものではなく、チームの公式FB



当然、コメント欄は、日本人による否定的なコメントで炎上。


韓国のときは、「どうせ韓国だから」で誰も見向きもしなかったけど、

サッカー発祥国のイングランドの伝統的チームがこういうことをするってことは、そもそもサッカーって、こういうものなの?


優勝カップってのは、ビールを入れてコップがわりにして使うものであって、足を乗せるものではない!




WCCF以来、15年くらい続けたフットボールファンもそろそろ潮時ですね。

ベンゲルがアーセナルをクビになってから、熱は下がっていたんですけどね。



事故死したレジェスの件に、まともな意見を述べたカニサレスが、逆に批判されてるって、日本人には考えられない。

ラテン人独特の、ラテン人による、ラテン人のためのスポーツ。それがフットボール。






by akogarehotel | 2019-06-03 19:56 | リアルサッカー | Comments(0)