人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

2246. セカオワ朱鷺メッセ 令1年7月20日(土)

セカオワ朱鷺メッセ 令1年7月20日(土)



終わったときの、ロスがつらいんですよね、ライブって。

lossじゃなくて、missじゃないかと思うが。)


今回の代表作【LOVE SONG】へリンク


f0131183_01070731.jpg


新潟(新潟市)まで、セカオワのライブに行ってきました。

あえて東京開催ではなく、新潟開催に行ってみたら、大正解。

大きくない会場なので、ステージが近い!

しかも、クジ運がよく、前から10人目、横(通路)から3人目。目の前を4人が通ります。ピンポン玉を投げれば届く距離です。

スマホなら、写真を撮ると毛穴が写る距離ですが、僕はガラケーです。


f0131183_01065217.jpg



セカオワのライブは写真撮影が許可されてます。

これは、彼らが、まだこれほどブレイクしていなかったころ、渋谷公会堂のライブで、


『なんで撮影禁止にするのさ。みんな写真撮りたいでしょ?どんどん撮っていいよ』


と言ってしまったためです。

その後、ここまでビッグになるとは思っていなかったのでしょうね。うれしい誤算です。

なので、引くに引けず、今でも撮影は禁止されません。

(動画とフラッシュは禁止です。)


f0131183_01064221.jpg


ここからは、ファンレベルの話。


今回のライブで特筆すべきは、アンコール曲が一新されたこと。

これまでは、必ず、「ファイトミュージック」でタオルを振って、「インスタントラジオ」を合唱して終わってました。


しかし、今回からこの2曲がはずれて、

「銀河街の悪夢」が入ります。

この曲を本人が説明しますが、


『 歌詞が原因で、テレビやラジオでの放送ができない。 』


だそうです。

そこまで「危険な曲」とは思いませんが、

(サザンなんて、そんな曲ばかりですよね)

この「銀河街…」は、精神的に落ち込んだ患者さん(うつ病、またはパニック障害)の気持ちを、とても正確に細かく描写しています。

セカオワのファンでなくとも、医者は一度は聴いておくべきだし、教科書に載せてもいいと思います。



↓歌詞の一部


『 未来なんて来なけりゃ、みんなとのこの差も

  これ以上は開くことはないのにさ

  だって、昨日も一昨日も変わろうとしていたけど、

  今日も僕は変われないまま、今日がまた終わってく

  明日また起きたら、何か始めてみよう

  だから今日はいつもより早く眠りにつこう

  だけど眠れなくて、朝日が昇るんだ 』


f0131183_01065960.jpg

f0131183_01071447.jpg

………



翌日の日曜日。


たまたま開催されていた「MOE絵本ミュージアム」へ。

家族全員が大好きな「バムとケロ」展覧会へ。

子供が幼稚園のころ、全作を買って、100回以上読んだ絵本です。

懐かしい。

中学生の長男のほうが楽しそうで、帰りに「ぬいぐるみ」を買ってました。


f0131183_01091895.jpg



その後、ラウンドワン(新潟店)で遊んでから帰宅。

新潟まで行って、ラウンドワンかよ、でいいんです。

海水浴でもなく、水族館でもなく、公園でもなく、弥彦でもなく、効率重視。







by akogarehotel | 2019-07-26 19:28 | あちこち旅行記 | Comments(0)  

2245.東京小旅行 令1年7月16日(火)

東京小旅行 令1年7月16日(火)



連休明けに、半休をもらいました。


ひりゅう君の就職祝いと、網野さんに薬を届けるという名目の東京旅行。

「ひりゅう君」なんて、まるで中学生のように呼ばれているけど、すでに結婚して一児の父。もう30を越えているはず。


ひりゅう君と知り合ったのは、彼が高校生で、僕が30代の頃。

競輪と信長を中毒的に愛する30過ぎのオヤジ集団のなかに、一人だけ「子供」が混じっていた。しかし、礼儀正しく、当たりも丁寧なので、オヤジの中に入っても迷惑感など全くなかった。

そして、今でも、僕らからは「子供」みたいに可愛がられている存在。(たぶん)


今回は、ちょっとした就職祝いということで集まったけど、なんでもいいから、集まって飲む口実が欲しかっただけ。おっさん6人が集合。



………



火曜日。

午前の仕事が終わって、水泳練習を済ませて、急いで新幹線へ。

待ち合わせは、7時に新橋だけど、その前に行かないといけな場所がある。



夕方5時半、信濃町に到着。

信濃町といえば慶応病院、ではなくて、メーヤウカレー。


「三田の二郎、四谷のメーヤウ」と呼ばれる、銀河系で一番うまい「カレーっぽい食べ物」。

まじめに言うと、タイ風カレー。

店主さんがタイに何度も修行と買い付けに行って開発した辛口カレー。約30年前の開店当時から行列のできる有名店。この味は、他の店では真似できない。


信濃町に住んでいたころは、週7くらいは食べてた。それが、今は年に1,2回。

禁断症状が出てます。


f0131183_01111030.jpg


まずは、マイナス1次会。タイビールで、一人で乾杯。



………



新橋へ移動。


集合時間より30分も早く着いてしまった。

同じく、早く着いたコシュが、『どっかで飲んでから行こう』と。


たった30分で飲むのかい?

それができるのが「新橋」の素晴らしいところ。あちこちに、「ちょっと呑み」の店がある。

地下街を探索して行き着いたのが、明石専門店。2人で、ゼロ次会。

「明石焼き」なるものを初めて食べた。

こんなにおいしいとは知らなかった。

え?僕の妻は明石出身で、明石には20回くらい行ったことがありますけどね。

そういうもんです。


f0131183_01111824.jpg



………



7時から、やっと一次会。

中華料理の玲玲(だったかな?)の3号店。新橋の主に言わせると、超人気店らしい。

狭くて窮屈な店だったけど、もちろん、人気通りの店でした。

メンドクサイので写真はなし。



………



めずらしく、2次会はカラオケ。

いつもは永遠に飲み続ける奴らなんだけど。もちろん、カラオケでも飲み続けることはできますが…

情熱の薔薇とか、哀戦士とか、忍者ロックとか、1993とか、マンピーとか、

決して他人には聴かせたくない歌を合唱。


f0131183_01113662.jpg


いつもどおりに終電の新幹線で帰宅。

飲みすぎたので、翌日の練習はお休み。ここまで飲むのはめずらしい。







by akogarehotel | 2019-07-24 13:04 | あちこち旅行記 | Comments(2)  

2244. ぜいたくな空間 令1年7月15日(月祝)

ぜいたくな空間 令1年7月15日(月祝)



いまさらな、1週間遅れての日記です。



連休の月曜日。

妻が長男の担当。卓球の試合。


僕は長女の担当。

友達どうしでショッピングモールへ遊びに行くので、そのお付き合い。地方中核都市のショッピングモールなんて、自動車社会のおかげで大混雑必須。さて、どうしよう。



朝8時。

遊びに行く前に卓球の練習。いつもの味里食堂で1時間練習。

だいたい週6で練習してます。張本の半分くらいですか?



朝10時。

子供たちの集合場所へ、キャンピングカーで出動。一般初公開。


ハイエースを改造したキャンピングカー。乗車定員は8人。妻が自分のお金で買った。僕は一円も払っていないので、金額を知らない。想像するしかないが、安くはないはず…


通常、医院の駐車場に停めてあるので、『すごいの買いましたね』と、よく言われるが、

「あれは、僕のものではないんです。そんな無駄遣いしませんよ。」と言い訳するのに疲れる。


でも、使えるときは使おう。飾っておくだけではもったいない。

それが、今でしょ。


長女の友達含めて、子供6人と僕。

キャンピングカーに7人乗って、いざショッピングセンターへ。



………



営業直後の10時5分に到着。

駐車場の端っこのほうに停車した。

続々と車がやってくる。10時半にはほぼ満車になってた。


子供たちは、『 じゃぁ、遊びに行ってくる。お父さんは着いてこなくていいよ。そこで待ってて。 』

(犬ですか?)


ということで、車中で留守番。これを想定していたので、仕事を持ってきた。

快適な空間なので、仕事がはかどる。


f0131183_01105384.jpg



昼。

子供たちが戻ってきた。


『 マックが大行列で買えない。フードコートも無理! 』


そりゃ、そうだ。ディズニー並みの集客だから。


そのためのキャンピングカー。

ここから前橋駅まで徒歩10分。駅にもマックがある。小学生6人を引きつれ、駅まで散歩。まるでカルガモ。

テイクアウトしてキャンピングカーに食べる。今度は、まるで遠足。

『楽しいねぇ』って、一人の子が言ってくれた。

うれしいね。引率者冥利。



食後、

大混雑に子供たちも疲れた様子。


『どっか他へ行きたい』と言うので、ちょっと遠いけど、箕郷中央公園へ。

(公園といえば、自転車乗りにはここしか思い出せない。当然。)


箕郷中央公園の頂上(北端)が、いつもの周回コースの駐車場。

実は、南端にはとても大きな子供の遊び場がある。こちらのほうが有名。


f0131183_01110197.jpg



1時間ほど遊び回って、飛び回って、転げまわって、

まだ遊び足りないけど、もう4時なのでそろそろ帰ろう。


高学年なので、駄々をこねる子もなく、すんなりと帰宅しました。



………



さて、ここから。


「今度は、お父さんの遊びに付き合ってね」と、長女を連れてドームへ。

もうひとつの贅沢な空間、グリーンドームへ。


f0131183_01104323.jpg



今日は、2ヶ月ぶりの走行会。

3時から開催中のところ、4時半に到着。6時まで、まだ走れる!


手島さんにバイク誘導してもらい、金子さんに軽くあしらわれ、

「ぴったり付くのが恐いんです」と屁理屈を言っておいた。

次のイベントは、水泳大会なので、自転車はゆるーく練習中なんです。許して。



一方、長女は疲れ果てて、キャンピングカーのなかで熟睡。迎えに来た妻が回収してくれました。

役に立ちますね、さすが。






by akogarehotel | 2019-07-22 19:52 | 子育てられ | Comments(0)  

2243. 真岡マロニエトライアスロン(後編) 令1年7月7日(日)

真岡マロニエトライアスロン(後編) 令1年7月7日(日)



練習していて、水泳も調子いいし、ランもそこそこ走れるようになったし、

「これは期待できるな。」

と思った。


過去の記録を見て、年代別の優勝を意識した。

前年度50代優勝のHさんのタイムとゼッケン(29番)を再確認しておいた。



………



そして、当日。


たった100人の大会なのに、スタートに集まってる人がみんな強そうに見える。

ほぼ例外なく、上腕三頭筋と三角筋がムキムキ。足は細いし、腹筋も割れてる。

マラソン大会や自転車イベントとは違って、トライアスロンは「冷やかし」がいない。全員が「本気」なんですよね。

久しぶりのガチレースで、しかもみんなが強そうで、緊張して萎縮したままスタートを迎えた。



………



結果はこちら↓


f0131183_14462971.jpg


スイムは好調。(250mのプールを3周)


1周めは先頭争い。しかし、こんなとこで目立っても仕方ない(泳いでいるから目立ってるかどうかわからないし)。

2周めからは、前を行く選手の後ろを泳ぐコバンザメ泳法。そのままラクに泳いで、最後だけ、ちょい追い越し。

プールから上がった時点で全体4位だった。

(ちなみに、1位~3位は中学生。あいつらは、800mを9分ちょっとで泳いだ計算になる!)


しかし、着替えている間に、糸井君を含む4人に抜かれた。

着替えには、糸井よりも2分以上の時間を費やしてしまった。

バイクスタートの時点で全体8位。



………



バイクは、4km弱のコースを5周回。


心配していたバイクだったが、予想外に絶好調。

DHバーがフィットして、ラクに飛ばせる。

前を行く選手を瞬間で追い越せる。追い越された側にとっては、レベルの違いを思い知らされてるはず(と妄想するが、あながち間違いではないと思う。)

バイクスタートの時点で、9位の選手とほぼ同時スタートだったが、スタート直後からその選手を千切った。さらに、前を行く2人を並ぶ間もなく抜き去り、全体6位まで復活。

バイクの区間タイムは全体5位だった。(中学生2人に負けている。)


最終周回をやや流しめにして、ランへ。



………



ランは、2.5kmのコースを2周。


ランスタート時点では全体6位。

前を行くのは、中学生2人と、糸井を含む30代3人。

前年度50代優勝者のHさんは、はるか後方にいる。

Hさんのランスタートは僕の3分後。この時点で3分の差をつけていた。)



ランは、可もなく不可もなく。

登りでは歩く速度になるけど仕方ない、下りでは無駄な筋力を使わず惰性で走り、平地でマイペースへ持っていく。

4年前にはできなかったことが、今年はできているので、最後までしっかり走りきれるはず、と感じながら走っていた。


が、2周めになって4人に抜かれた。

4人とも、「すっげぇ速い!」


僕が日頃、練習で走っていると、一般人を軽く抜き去るけれど、その逆を今、やられてる。

僕の横を、風のように通り過ぎていく。



しかし、抜かれたのは全て若い選手。まだ、Hさんは来ない。

だけど、いつ来る?


ゴールまであと500mのころ、後ろから並ばれた。

ゼッケン29番だ。

初めて見るHさん本人は、坊主頭で日焼けした細いオジサン。宮塚ジャージを着ている。見るからに速そう…


Hさんですね。僕50代です。ゴールまで残り勝負です。」


と宣言した。黙ってるのは、つまらないから。


そして、いきなりペースを上げてHさんを千切った。ゴールまでそのまま逃げるつもりで。

しかし、残り50mでHさんがペースを上げた。軽くかわされた。

Hさんがゴールして、その8秒後に僕がゴールした。


1時間以上走って、8秒差だった。



………



結果。

僕、1時間11分24秒、総合11位、年代別2位。

Hさん、1時間11分16秒、総合10位、年代別1位。



総合10位以内の人は、ほとんどがラン(5km)を21分で走っている。

一方、僕は24分。総合20位程度のレベル。これでは勝負にならない。


でも、5kmを21分ということは、1キロ4分。

3種目めの疲弊状態で、キロ4分で走れるって、おかしいでしょ?

僕の24分だって、10kmになおせば48分。十分まともなタイムのはず。

ランの違いを見せ付けられた試合でした。



【追記】

後日、Hさんと、FBで友達になり、5kmを18分で走る怪物と判明。てことは、3分差なんて逆転されて当然。水泳と自転車で、もっと差をつけないと次も負ける。



………



ということで、結果は2位。


スイムとバイクの驚異的な成績で3分の差をつけたのに、

ランでそっくりひっくり返され、最後の直線でちょい差しの2位。

くやしい銀メダルでした。

表彰式後、Hさんに挨拶した。


「今年で競技を辞めようと思ってたけど、辞められなくなりました。来年は勝ちます。」



………



具体的な対策はいっぱいある。


☆前日は夜更かししないこと。

☆着替えの練習をすること。

☆着替えが少なくてすむ「トライスーツ」を買うこと。

☆トランジットで、リポDとポカリを一気飲みしている場合じゃないこと。

☆減量すること。



しかし、何よりも重要なのは、

☆ランでキロ4分を身につけること。


持久力じゃなく、スピードをつけないといけないな。



★★★



今回いっしょに参加した前橋高校水球部OBトライアスロン部のメンバー。


f0131183_12471682.jpg


左側が筋肉モンスターの糸井君。

総合5位だけど、タイムが悪いといって悔しがっていた。

去年のたかはらやま年代別2位の実力者。

こんなムキムキした奴に、僕は水泳と自転車では勝っている。

おれすげぇ?



右側は今回初参加のカサイくん。自転車も含めて、レースというものに初参加。

結果は、20代で年代別4位。実は、20代って一番薄い世代なんですけど、初参加なら大健闘ですね。次は榛名にエントリーしてるって、ヤル気まんまんです。






by akogarehotel | 2019-07-10 12:51 | トライアスロン | Comments(2)  

2242. 真岡マロニエトライアスロン+卓球のお話 令1年7月7日(日)

真岡マロニエトライアスロン+卓球のお話 令1年7月7日(日)



一般に、

「金メダル、喜ぶ」

「銀メダル、くやしい」

「銅メダル、ほっとする」


f0131183_17075437.jpg



非常にくやしい準優勝でした。顔は笑ってますけどね、写真撮影ですから。


f0131183_14461931.jpg




………



その前に、卓球の件。

この週末は、イベント盛りだくさん。そのうち、我が家的にもっとも重要だったのが、


7月6日(土)

中体連卓球大会県予選(ダブルス)

f0131183_14023521.jpg



ハルヒルで有名な榛名体育館で開催。

長男が同級生と出場。7位までに入れば、県大会へ行ける。


長男は小学生のとき、県ベスト8。

ペアを組む同級生は、県ベスト4。

こんなのが同じ中学になって、ダブルスを組んだら、最強だろ?!


とは行かない。

中学生になってから伸びてくる子供がたくさんいるので、小学生時代の経歴なんて、あてにならないんだよね。

でも、下手に経歴があるから、親としては期待しちゃう。



結果は、、、


3試合目だかに、

2セット取られて、さらに3セットめも 5-10 で負けてたらしい。

 (11点で1セット。3セットで終了。)

あと1点でも取られたら負け。


しかし、なんとそこから、7点連続取かえして、その後の2セットも取って、大逆転で勝ったという。

後で聞いた話だからよかったけど、その場にいたら、親の心臓は止まってたかもね。



その後は順当に勝ち上がって、準々決勝で敗戦。ベスト8。

負け同士の順位決定戦は勝ち残って、無事に6位で予選通過。


f0131183_14024751.jpg

↑個人情報のため、意図的に解像度の悪い写真です。



毎回思うことですが、

卓球的に、長女がもてはやされてる一方で、長男がさびしそう。

長男にいい結果が出ると、ほんとに嬉しいのです。


『市で6位なんて弱っ』

と、県で優勝経験のある長女は申しております。



翌日は、七夕祭り。

長男はペアの同級生と二人で出かけた。

ご褒美のため時間制限なしにしたら、夜9時まで遊び歩いていやがった。



………



という長男の試合に付き合って、土曜日は午後5時に帰宅。

(トライアスロンのスタートまで、あと13時間)



夜、長男の卓球練習が、午後7時から午後9時。トライアスロンの準備を車に積み込んで、寝たのが、午後9時半。

(トライアスロンのスタートまで、あと8時間半)



深夜2時半、起床。(睡眠5時間)

3時、前橋高校水球部OBトライアスロン部のメンバーと合流して、前橋を出発。

(スタートまであと3時間)


午前4時半、栃木県真岡に到着。

(スタートは、午前6時)


長くなったので、後半へつづく。







by akogarehotel | 2019-07-08 12:40 | トライアスロン | Comments(0)  

2241. マッスルリローディッド 令1年7月3日(水)

マッスルリローディッド 令1年7月3日(水)



整体というか、マッサージというか。

週末のトライアスロンに向けて、「マッサージ」に行ってきました。



………



これまで通っていた整体屋さんが、移転閉店してしまいました。

新しく探しても適当なところが見つからず、仕方ないので、こちら↓に。


f0131183_18080699.jpg



外見は、普通のサンドイッチ専門店「ハトポ」さんです。

しかし、内面は…



店長さんは、元競輪選手です。

そのため、サンドイッチ作りの傍ら、こんなこともやってます。


f0131183_18082745.jpg


元選手の人に、マッサージを頼むなんて、非常に恐縮して、まさに罰が当たりそうです。でも、「営業」しているのだから、と思って、恐る恐る聞いてみたら、


『喜んで!』


………



マッサージではありません。

あくまでも、「レースでの好成績を求めて」「筋肉をほぐし」「筋肉の可動域を広げる」ことが目的です。


固くなった筋肉は、運動の邪魔をします。

そんな筋肉を揉み解して、運動の邪魔をさせない。



何が言いたいかっていうと、要するに、

「痛い!」

笑ってしまうくらいに「痛い!」



『友達レベルで、優しくもんでおきました』

と言われたけど、

もだえるくらいに、痛かった。

約1時間、悲鳴と笑い声が響いた。


しかし、終わった瞬間にその違いに気づきます。

体がすかすか、くるくる動きます。なにこれ?

腕を伸ばすのに全く抵抗を感じない。

たとえるなら、自転車のギアが2,3枚、軽くなったくらいに、体がくるくる動く。

魔法だ、まるで。



『たとえば、肩甲骨裏の筋をほぐすことによって、腕を前へ伸ばしやすくなる』


水泳選手にとって生命線となる動作です。

もちろん、専門職の骨盤回りも、泣くほどほぐしてもらいました。



『持続時間は2,3週間です。』


とのことですが、とりあえず週末までもてば大丈夫。

試しに頼んでみて大正解。さすが、元選手だね。






by akogarehotel | 2019-07-04 18:11 | トライアスロン | Comments(2)  

2240. 一日一トラ (令和1年7月1日)

一日一トラ (令和1年7月1日)



トラ:トライアスロン


7月7日のトライアスロンに向けて、思いっきり体をいじめてきました。



プールを使えるのが、(月)(火)(木)(金)。

そのうち、火曜日は午後に水球指導かドラム練習が入るので練習できない。

それ以外、つまり、(月)(木)(金)は、練習やり放題。


6月17日(月)

6月20日(木)

6月21日(金)

6月24日(月)

6月27日(木)

6月28日(金)


上記6日間は、毎日トライアスロン。

 昼:スイム 2000m

 夕方:バイク10kmから、続けてラン5km

(ハーフトライアスロンは、スイム750m、バイク20km、ラン5km



時間の都合で、バイクが短くて、スイムが長いけど、ほぼトライアスロン。

それ以外の火土日も、何かしら2種目。この2週間は休みなしで体をしぼってきました。残りの1週間は「調整」。ひたすら疲れを回復するだけです。

こんなに本気の参戦って、久しぶりです。うきうきわくわく。



………


夕方の練習は、バイクからランへ連続。

↓トランジットエリアという名の、青山医院検査室。


f0131183_19071691.jpg


トライアスロンって早着替え競争でもあります。



………



昨日の日曜日。


富岡で卓球のイベント。

木下グループの有名選手がやってきて「講習会」。


f0131183_19065562.jpg


朝9時から夕方4時までの引率は暇だけど、富岡体育館には素晴らしい施設がある。

エアコン完備の部屋で、5kmダッシュさせてもらった。(まだ20分は切れません。)


f0131183_19073246.jpg


「講習会」に関しては、

『ひまだった』けど『サインをもらえてよかった』という意見が多い。

講習会というより、「サイン会」?


「初心者優先」と宣伝して、プロレベルの打ち合いを間近で見よう!なイベントにすればよかったと思うんですけどね…


子供たちに、3時間も集中させて話をきかせようなんて、俺でも無理です。






by akogarehotel | 2019-07-01 19:06 | トライアスロン | Comments(0)