人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

2253. 東日本医科学生総合体育大会 令1年8月11日(日)

東日本医科学生総合体育大会 令1年8月11日(日)




卓球ブログ続編のつもり。



f0131183_00345440.jpg



東日本医科学生総合体育大会というイベントがあります。

医学部限定の「インカレ」みたいなものです。


もちろん、レベルはインカレには及びません。

でも、例えば、100mフリーの優勝タイムは、インカレが49秒くらい?に対して、医学部が52秒くらい?「かけはなれている」というほどではないと思います。

少なくとも、授業を優先しなければならない限られた時間であることを考えれば、通常の運動部と同等の練習内容で頑張ってます。



………



なんで運動部なんてやってるんだよ。医者なんだから勉強しろ。

という意見があるかもしれませんが、それは100%勘違い。



極端な言い方をすれば、

 「医者になるんだから運動部くらいやれよ。

  そんなものもできないなら、まともな医者になれないよ。」


上記は僕の個人的な意見ですが、僕の出身大学でも同様のことを言っています。

ちゃんとした理由があるからです。


医者に限らず、社会人にとって必要なのは、

 ・体力

 ・時間配分の仕方

 ・人とのつながり

で、これらの重要性を知り、その対策を理解することができる方法のひとつが「運動部」です。


一般的に医者は、

24時間どころか、48時間連続勤務がこなせる体力と、どこででも眠れる精神力が不可欠(働き方改革とかおかしなことを言ってますが、医者はみんな笑って見てる。)。

忙しい勤務のなかで病棟と手術室と研究室の往復など、時間の使い方を工夫しないといけない。

そして、一番大事なのが全ての「人とのつながり」。他人に対して礼をたてて、協力してもらって、こちらからも協力するという人間関係が作れないといけない。


「私、一人で大丈夫です。失敗しませんから」

なんていうふざけたキャラは、マンガだけの世界です。



これらを学生時代に形成してくれるのが運動部なのだと、僕や、僕の大学は実感しているのでしょう。だから、ほぼ全ての名誉教授が、運動部で名前を売っていた人でした。

 「あの教授は、昔、テニス部で優勝したんだってさ」とか。



だから、僕の大学では運動部入部率が90%以上、のはず。


しかし、例外として、天才はこの常識を凌駕します。

東大医学部では運動部入部率は非常に低いそうです。

運動部とは別に、自分自身で勝手にいろいろと手を伸ばすことができるからです。学生のうちから、海外の医療を研究したりとか、学生団体に参加するとか。運動部以上のことができる学生は、それでいいんです。



「運動部なんて、先輩と一緒に酒を飲むだけの集団でしょ?」

それでいいじゃん。

酒乱の先輩の扱い方や、社会の厳しさをちゃんと勉強させられてます。



「そんなこと言っても、卓球も水泳も個人種目だから、その程度の付き合いでしょ?」

これが大きな誤解。

分からない人にはわからないので、文章のムダかもしれませんが、

 すべてのスポーツが「チームスポーツ」

水泳も卓球も陸上もテニスもゴルフも、それがもしも運動部という単位なら、すべてそれらは団体スポーツなんです。

自分の好成績を他人が喜び、他人のタイムを自分も喜ぶ。

自分ひとりで練習するのではなく、他人を追いかけて練習する。

練習するのは自分のためだけではない。


このことを理解するために運動部に入れ、といっても過言ではありません。

子供たちが、将来、そんな気持ちでスポーツをしてくれるとうれしいです。どんな種目でもどんな環境でも構わないから。



………



やっと東医体の話。


すべての医学部運動部にとって、一年間で一番大きな試合が、この東日本医科学生総合体育大会(東医体)です。

全日本と言いたいところですが、医学部生は忙しくて遠くまで行けません。東日本と西日本の分割式になってます。種目によっては有志が集まって「全日本」を開催することもあるそうですが。


シーズンの最後にあるので、非常に盛り上がります。

水泳に限っていえば、毎年毎年、演出がレベルアップして、見ているほうも楽しくなります。決勝戦に出場する選手は、オーロラビジョンで映し出されて、もうヒーロー並みです。

(いいなぁ、俺たちのころにはそんなことしてもらえなかったのに…)




f0131183_13121725.jpg


今年の東医体は、8月10日、11日に、千葉習志野で開催。


いくらOBとはいえ、毎年応援に行くわけではない。

水泳部の顧問は同級生のワダ君。そのワダ君が海外出張なので、代わりに引率を頼まれた。誰も引率者がいないと、

 『 学生だけにしておくと、何かやらかしてしまうから 』

おせっかいな親心です。



結果:

各種目で1位から8位までに点数が与えられ、その合計点数で大学対抗の総合順位が決定する。各種目の優勝よりも、大学対抗の順位のほうがはるかに価値がある。

数の勝負じゃん、というが、大学医学部の定員は全て同じ(100人)なので、有利不利はない。あえて言えば、東京女子医大は100人全て女子学生なので、女子総合として有利かもしれない。



去年の大会が終わり、卒業生や新入生を加味して考えた今年の予想は、

 「さすがに優勝は無理でしょう。3位か4位くらい?」


しかし、シーズンが始まってからの個々のタイムの伸びが素晴らしい。練習が充実しているらしい。

7月、前哨戦となる「医歯薬看大会」を圧勝。

そして、この大会も、ギリギリヒヤヒヤはあったものの、

 男子 総合優勝

 女子 総合優勝



大事なのは、「大事なのは結果ではない」こと。

部員の彼らが、総合優勝を目指してみんなで頑張ってきたことが素晴らしい。下馬評4位だから、4位くらいでいいや、ではなく、優勝を目指したことが素晴らしい。

(甘すぎるけど)優勝してもしなくても、彼らのこの一年の頑張りは間違いなく素晴らしい。間違いなく、将来、医者としての糧・過程になる。


だから、運動部が義務なんだよ。



………



もう少し、思い出話を。

僕が学生の頃、背中を追いかけ続けた、3歳年上のアダチ先輩。

不平不満を絶対に言わず、黙って背中で語る漢(おとこ)。

誰からも慕われ、誰からも愛されたキャプテン。


そのアダチ先輩と、数年ぶりに再会した。

なんと、今大会の大会長だ!偉くなりましたねぇ。




f0131183_00344556.jpg


………



僕が大学1年生のとき、東医体は新潟だった。

散々な結果は今でも覚えているが、もっと覚えているのが、大会終了後に新潟市内のビアガーデンで行われた打ち上げのこと。なんと、新潟で開業医をしているOBの先生が「全額おごり」だと!

学生にとって、宴会全員ぶんという会計が、天文学的数字であることは間違いない。それをおごってくれる?!

そのOBの先生の名前は忘れた(^^)が、OBとはこういうものだという精神は忘れてない。



数年前(過去ブログ)に、仙台で男女アベック優勝したときは、わざわざ仙台まで行って、サトウ君と合計して全額ごちそうした記憶。大阪で大病院を経営しているサトウ君と、小さな開業医の僕との、出資比率はヒミツ。









by akogarehotel | 2019-08-21 13:10 | ただの日常日記 | Comments(0)  

2252. 卓球ブログ:小学生総体 令1年8月18日(日)

卓球ブログ:小学生総体 令1年8月18日(日)





f0131183_21383628.jpg


卓球記事にヒット数が多いので、今日ばかりは書いておきます。

言葉遣いには、かなり気を使っています。



………



なんとか優勝できた。



f0131183_21384430.jpg

準決勝と決勝は、ギリギリヒヤヒヤ。

 準決 3-2

 決勝 3-1



2戦とも、左利き選手と対戦。

サーブを相手のフォア側(右側)に出して、そのままラリー。

いくらバックが得意だからといって、相手のフォアと打ち合っては…

「今日はバックが調子悪かった」と本人は言ってますが、そう感じる理由は明白のような気がします。


と、卓球のシロウトの見解はここまで。




以下は、親の立場での本音。


「ヒヤヒヤ」ってのは、あたかも「ものすごく応援してて、負けたらどうしようって思ってた」人が使う言葉です。

僕にそんな気持ちはない。だから「ヒヤヒヤ」はしてない。

今日の試合は、小学生時代の日常生活の中の1試合。

負けたとしても本人の問題。

ひとつの通過点だから、勝っても負けても、ただ通過するだけ。

勝てば、今日の夕食が楽しいけど、

負けたら、せっかく予約したけどキャンセルしようかな、な程度。


そんな気持ちで観てました。

2階のスタンドの床に、足を放り投げて座って、まるで寝転ぶような姿勢で観てた。




小学生のスポーツに「結果」は必要ない。

結果に関係なく、今後の過程・糧にしてくれればいい。

負けたら負けたで、その理由がわかって、その対策を取れればいい。

勝ったら勝ったで、いいところと悪いところを反省すればいい。



勝って喜んで、ギリギリだったことを忘れて、はしゃいでいたら、何も得るものはない。今日一日をムダにしただけだ。

でも、小学生なんてそんなもんだ。



負けて最後まで考えつくせる小学生も少ない。

ガッカリして、落ち込んで、怒られて終わる子供のほうが多いだろう。

小学生なんて、そんなもんだ。



私 「 なんで負けそうになったの?」


長女 『 今日は調子が悪かった。 』


これでは、まさに小学生の作文。少しも前進しない。



 『 これとこれが悪かった。そのためには、これから、これとこれを練習しないといけない。これとこれはよかった。次の試合から、いいところが役立つ流れに持っていきたい。そのためには、こうすればいい。 』


それくらいの論文を答えて欲しい。小学生時代の俺には無理だったけど。



………



思い出話。


うちの子供が卓球を始めたのは、幼稚園のころ。

両親(僕と妻)が共働きなので、祖父母に預けられることが多かった。そんなとき、祖父母が趣味にしていた卓球場に連れて行かれて、楽しくなったらしい。

長女が年長の頃に、小野沢さんにお世話になることになった。

通い始めた当初は、旅行のためとか学校のためとか、いろいろ理屈をつけて休みがち。週3の練習日だったけど、週2が精一杯。


しかし、小学生2年のときに、何を間違ったか、全国バンビ群馬予選で2位!

(3位までが全国大会へ行ける。群馬予選の参加人数は5人だけ。1位は有名女子選手で、その後全国優勝。1位と2位の違いがありすぎ。)


せっかく全国に行くのだから、相手に失礼だから、もっと練習しよう。ということになり、

小野沢先生が、本来の練習日以外も指導してくれた。

それまで通っていたバレエと水泳を辞めて、卓球に専念。週5の練習になった。

おかげで見る見る上達。


全国大会では1勝もできなかったが、

 『 もう少しで勝てそうだった。 』と妻。(僕は見に行ってない。)



うまくなれば楽しいに決まってる。その後は、練習を休むことはほとんどなくなった。


その2年後、2回目の全国大会カブ。1勝したが、予選敗退。

 『 もう少しで通過できそうだった。 』と妻。(僕は見に行ってない。)



現在、長女は、中学生はもちろん、大人の方々とも練習させてもらってる。

小野沢さんとコーチの方々、さらには、子供に付き合っていただいている大人の方々には頭があがりません。


おかげで、去年よりは間違いなく上達した。

去年の小学生総体は、全試合で1セット失っただけ。だから、今回も同じ結果を想定していたのですが、。


みなさん、うまくなってる。


そりゃ、そうだ。




………



うれしい誤算は、長男(当時、小5)。


長女(当時、小2)の努力を見ていて、態度が一変した。

一緒に、卓球に専念するようになった。

小5のときの小学生総体では、「1試合でも勝てばうれしい」レベルだったが、小6の小学生総体ではベスト8。

その大会でベスト4に入ったM君とは、現在、同じ中学でがんばってます。

(某一貫校ですが、新入部員を熱烈募集中)



………



では、祖父母が卓球がうまいのかというと… 卓球を始めたのは60過ぎ。腕前はご想像どおり(失礼)。

僕も妻も、卓球は温泉レベル。卓球の遺伝子なんて、我が家には皆無。


と思っていたら、


終戦直後のインターハイ(当時は、別名。忘れた)で、みんなが知っている群馬県立名門前橋高校が全国優勝したことがある。

そのときのメンバーが母の兄2人だという。僕にとっては伯父2人。

今は、2人とも90歳を越えて、卓球どころか、ゲートボールもおぼつかないが、まだ健在でいる。おじちゃんって、そんなすごい人だったんですね、知らなかった。



………



僕に、『 お父さんも卓球をやったらどうですか? 』という声をたくさんいただく。


誘われて悪い気はしないけど、

小野沢さんのところで、僕と同世代の人たちの卓球を見ていて、この人たちに追いつける気が微塵もない。

そんなの無理に決まってるじゃん、と言われるだろうが、追いつく気がないんなら始める気もない。

現時点では、保留中です。


トライアスロンの練習が、とりあえず「忙しい」ので。



練習といえば、

昨日の小学生総体の間、


 『 お父さんはベンチに来なくていいよ。試合を見なくてもいいよ。 』


と、長女から言われた。いつものこと。(家族の視線を感じると緊張するそうです。授業参観が大嫌い。)

で、ありがたく、併設のトレーニング施設でランニングをさせてもらった。

1時間の練習で10km。


榛名体育館、藤岡体育館、富岡体育館には素晴らしいトレーニング施設がある。卓球の送迎の楽しみのひとつです。








by akogarehotel | 2019-08-19 22:42 | 子育てられ | Comments(0)  

2251. 信長の野望日記 令1年8月17日(土)

信長の野望日記 令1年8月17日(土)



A(私)、W(偽) 対 BC(人間)



偽が密書に返事をくれるとうれしいんだけどね。

でも、この偽Wは本当に返事をくれかねない。光栄が入ってるんじゃない?



A(私):義弘、家康、重秀、信長、半兵衛、官兵衛、楠木、幸村@槍鞍

W(偽):村上鼓舞、遠藤乱戦、百武@具足


B:元親、直江、柳生、信玄、長野、井伊@火

  (Bは義弘、政宗を抜かれてます)

C:昌幸、謙信、顕如、信虎、本多、諏訪@火



 【中部地方】

 A A B B

 A C W W

 A A C W


Cが残り2城。

左上のCには当家楠木が進軍中。

では、今日、Cの最後の城(右下のC)に進軍して討伐をしかけるか、どうしようか。

WがCへ進軍して、味方同士で巴になる可能性はないのか。


 偽W 兵180 練200


そもそも偽が練200ってのはレアなんだけど、

村上鼓舞、百武、遠藤がいるので、かなり軍備にシフトしている。しかも、具足持ってるし。同盟国として申し分ない。

だから、逆に、上記のときはCに進軍する可能性がある。こちらが進軍しないほうがいい。しかし、AW双方が進軍しなければ、Cに軍備の時間を与えてしまう。

密書を送りたいよ、本当に。



こんなことを悩みながら、ゲームしてます。

本当に「できてるゲーム」です、信長の野望(Iモード)は。



………



一方、C国という奴は…

1秋に書状つきの同盟依頼が来たので、そこそこ話ができるのかと思ったが、全然違った。

ある日、兵120しかなく、その兵が全部出動した。配分は、


 迎撃50、迎撃50

 援軍10、援軍10(ともにB国へ)


またあるときは、練160でも迎撃する。



性格が出ますねぇ。

このゲームが大絶賛される理由ですね。



だから、遠慮なくC国へ進軍した。

B国は全て無視。


B国。

当初、鉄国家のくせして、夏の関東に3進軍していたから、甘く見ていた。

その後の援軍配分はしっかりしているし、常識として訓練度200を切ったことはない。

隣国の偽Hが、Cとも同盟しているので、討伐しないで残している。

いい奴だね。

いつのまにか東日本の右半分を占領し、名声96になっちゃった。

(当家は左半分を南下。名声91。)



………



さて、上記のCへの進軍。

当然、こちらは待機。頼れる相棒Wの進軍を期待。

そして、期待通りに進軍する偽Wの遠藤乱戦。

なんだか、偽と心が通じた気がするね。病気?妄想?


ただし、CからWへカウンターあり。

さらに、Cへ進軍していたA楠木が敗戦したため、討伐戦にはならなかった。


でも、翌日、A幸村@→C

そして、その翌日、A義弘→C


6夏 C国討伐。名声差があるのでラクでした。

捕縛武将は、昌幸、顕如、謙信。全てスルー。


現在の家臣は、

 義弘、鉄、戦才

 家康、鉄、

 重秀、鉄、鍛錬

 宗滴、馬、鍛錬@鞍

 信康、槍、槍衾@槍

 幸村、馬、戦才@鞍

 半兵衛、槍、智才@槍

 楠木、弓、戦才


弓と火縄の競売が待ち遠しいよ。


昌幸を加えたかったけど、交代要員がいない。

これからはBとの消耗戦なので、鍛錬が必要なんです。



南下を続けた部隊は石山本願寺に到着。

このまま全戦全勝なら、まだ全国統一できる状態。

ただし、B次第。



ところで、

官兵衛を解雇してしまったけど、半兵衛がいる理由?

顕如ではなく半兵衛がいる理由?


「内応」は5回成功すると終わる。6回目はない。

ちなみに「動揺」も成功にカウントされる。これまですでに、

 成功、成功、動揺、動揺 

と、4回成功している。あと1回だけ抜ける。


しかし、これが半兵衛を残している理由ではない。

だって、同盟国が残ってたら「統一」にならないよね。

そういえば、今日は夏祭りか。

賞品が南蛮菓子だってよ。(つづく)







by akogarehotel | 2019-08-17 14:18 | WCCFブログときどき絆ポップン | Comments(0)  

2250. 水球ブログ「温泉プール」 令1年8月10日(土)

温水プールではなく温泉プール 令1年8月10日(土)



前橋高校水球部練習報告:8月8日(木)朝7時

 水温 34℃

 気温 32℃


f0131183_13290191.jpg



顧問のアダチ先生(高校時代の同級生。東大卒。)から頼まれて、今年は「コーチ」を担当しています。

2年生はたった一人でしたが、1年生が11人も入部してくれました。しかも、ヤル気がある「子供」が多く、こちらも一所懸命やってます。



ところが、この猛暑のために。


先日、8月7日(水)、午後2時、練習を始めようと思ったら、

 水温 34℃ (気温 35℃)


これでは練習できない。

一緒にプールに入ったけれど、本当にお風呂で泳いでいる感覚。

ジュースを飲みながら、1時間弱、ゆっくり技術確認をして終了。

では、朝練ならできるのでは?



ということで、翌日(8月8日)の木曜日は、朝7時半に集合。

しかし、水温34℃、気温32℃。


そりゃ、そうです。理科で習ったとおり、水は温度が変わりにくい。一度、上昇した水温は簡単には下がらない。

これを下げるには、水を循環するしかない。

しかし、そのためには10万円単位の水道料金がかかる。

公立高校の弱小運動部にはこんな予算はない。体育で、水泳の授業をやらなくなってしまってからは、水道使用も制限されています。


 『猛暑のために練習中止』


昨日と同じく、ジュースを飲みながら、30分ほど技術練習をして終了。

今後の練習に関しては、僕の権限で「基本的に中止。自主練のみ。」としました。

次の練習は、8月下旬に前橋南高校での合同練習。南高校はおそらく予算があるから、冷たい水であると期待してます。

それまで、前橋高校生は、練習しなくていいから、勉強でもしてろ。


次の試合は、9月末。

9月になったら練習を再開できるでしょう。



★★★



水球ついでに。

某水球関係者のボスと、海外へ同行することになりました。

しかし、行き先が…

f0131183_13292626.jpg


報道されるのは政治家の演出であって、現地の人はそうでもない、というのが(期待を込めた)事実らしいです。


今回、僕たちが利用する「茨城-ソウル」便も9月で廃止が決まりましたが、この路線を運行しているのは韓国の航空会社です。困るのは彼らであって、日本人は全然困らない。日本からの観光客が減って困るのは彼らであって、日本人は行き先を変更すればいいだけ。

大統領が悪い、というのが現地の人たちの意見らしいです。


そんなこんなの雑談を含めたミーティングをしてきました。

前橋にある名店で↓

f0131183_13294691.jpg



ここには10年以上も前から通ってます。お店のひととも知り合いになってます。

この日はちょうど、VIPもご来店してて、なにやら大事な会議をされてました。(こんなとこまで来て、仕事ですか、大変ですねー。)







by akogarehotel | 2019-08-10 13:32 | ただの日常日記 | Comments(0)  

2249. 信長の野望日記(2) 令1年8月9日(金)

信長の野望日記(2) 令1年8月9日(金)



あと1年で廃止が決定している(アイモード)信長の野望。

こんな面白いゲームが消えてしまうなんて…



………



さて、3人全国。


A(私):信長、家康、元就、氏康、上泉@鞍、槍

B:義弘、政宗、元親、信玄、筧、片倉@火

C:昌幸、謙信、本多、顕如、諏訪@火?



3春。

競売は槍。950準備。

BCは、闇商人がいたとしても950は不可能。あきらめたのか、早々に400円入札。

おかげで、450円で単独落札。


Bが3進軍した。

Bは鉄の国。明日は夏。偽Vへ同時3進軍と思われるが、いくらなんでも…

そんな非常識な国には、為朝(弓)生還で進軍。いやがらせ(^^)

Cに「ABと戦っている」と見せたいんだよね。そうしたら、Cがいてくれるはず…いいほうへ。



上泉は統一を夢見て、ひたすら南へ進軍。



………



3夏。


無事に槍落札。

および、抜擢で官兵衛。すべて予定通り。



………



3秋


Bへの為朝進軍は開城勝利。夏に3戦するくせに、意外とわかってる人なのかな?

そのぶん、BV(3城)を討伐。


明日の競売は眼鏡。


上泉(進軍)、為朝(偵察)以外は、全員で米売り×6。

相場は0.9。

闇で米300(相場0.6)買って、全部即売り。こんなとき家康取引がありがたい。



………



3冬。


 敵襲 B義弘@火50

 敵襲 B信玄@なし50

Bを怒らせちゃった(^^)あえて開城しておく。


競売は眼鏡。

Cは持ってる。

Bは羅針盤を買って、入札しなかった。あきらめたらしい。

ありがたく、50円で単独落札。



さて、義弘が帰宅することだし、

官兵衛が暇そうだし、元就もまだ特技を発動してないし。

「運だめし」をやっておきました。



そういえば、もうひとつ緊急報告。

 援軍要請 W村上鼓舞 → L


WLも偽だが、Lの討伐戦なので、Cと巴の可能性がある。

家康で最大援軍しておく。


【コマンド】

家康:気合の援軍

上泉:進軍中

元就:謀略

官兵衛:運試しの内応

ほか、捜索、町投資



………



4春


 競売 眼鏡 落札

 謀略 甘言

 内応 B伊達政宗

一発目なので、義弘よりも内応しやすい政宗に変更しておいた。


 捜索 抜擢 半兵衛

 捜索 発掘 カスとクズ

発掘のシステムが変わった。俺たちが知ってる「発掘武将」が来なくなった。残念だけど、堀は解雇。一方、抜擢は予定通りに竹中半兵衛。となれば、今日もやることはひとつしかない。



 援軍勝利 W村上○ → ●L ← ●C


Wの進軍は、やはり巴だった。近畿の冬は晴れて、鉄部隊の勝利。

大事なのは、この巴戦のおかげで、偽Wと人間Cの敵対度が上がったこと。ラッキー。


さて、南下を続けた上泉様がP国を討伐し、ついにC(一乗谷)へ進軍となる。

Cは、昌幸、謙信、顕如。上泉様では勝てない。

今日(春)はお休みして、明日(夏)に政宗で進軍しよう。秋晴れ期待で。


一方、B国がすごいことになってる。

兵350に対して、米70しかない。昨日、開城したので、兵がそっくり戻っていったから。

飢饉を誘発するため、当然の2進軍。捨て駒でいい。

 氏康@鞍 → B

 上泉@なし → B

夏戦だからね。誰が、どっちを迎撃するかな。



【コマンド】

元就:謀略B

半兵衛:内応B義弘

官兵衛:内応B義弘

上泉:進軍B

氏康:進軍B

家康:米買

政宗:開墾

信長:開墾

どこかの銀河系スター軍団みたい。



………



4夏。

任務報告

 元就: 甘言B

 官兵衛: 動揺

 半兵衛: 内応 B義弘



しかし、『内応してるから嫌われるんだよ』とK福さんが言うとおり、

BCが同盟してやがる★


今回、人間はABCの三人。

そうですか、BCで組みますか。

1秋のCからの同盟依頼は断っておいて正解だった。お前(ら)のようなやつとは話したくない!

昭和の人間の独り言です。

さすがに統一なんて言ってられなくなった。BC討伐を目標にします。



そんなときに援軍要請が2つ!?

同盟国は偽だけなのに?

 偽W村上50 → C

 偽W遠藤50 → C


Wって、人間じゃね?

家宝が枡、具足、南蛮菓子なのが残念だ。


さらに当家の進軍があり、

 A上泉50 → B

 A氏康@鞍50 → B


ガチみたいな同時進軍(4戦)だな。

Cの訓練度は170。Bの米は70。

こちらが有利なのは変わらない。



Bが、米50、兵230動いた。

Cが、米240、兵120動いた。


Bが1迎撃(50)と援軍180。

180?

おそらくCが偽へ進軍している。60×3の援軍。

つまり、80ではない。つまり密書をしていない。当然か。


Cは援軍60×2 と米売80×3 と考えるのが妥当。

「そうみせかける」という発想の持ち主ではない。

つまり、偽Wの2進軍は開城勝利のはず。

Cが2迎撃50×2 と援軍10×2 なら笑う。うれしい。

少なくとも、Bへの援軍が80ではないので、密書をしていない関係。



そんなわけで、

2対1になって、なんだか「ガチ気分」になってきた。

約15年ぶりに、信長ノートまで作成。

明日から忙しいのになぁ。朝イチで情報確認しなきゃいけない。



f0131183_19113787.jpg

【コマンド】

義弘登用 → 政宗解雇(抜擢ですぐに呼び出せる、はず)

 義弘:進軍C

 信長:捜索

 上泉:進軍中

 氏康:進軍中

 家康:援軍W

 半兵衛:援軍W

 元就:試合(逃げ馬)

 官兵衛:歌会(そろばん)


BCは祭りどころじゃないはず。2つとも賞品が欲しい。



今後の抜擢予定:

 伊達政宗

 楠木正成 戦才 弓

 真田幸村 戦才 馬






by akogarehotel | 2019-08-09 19:15 | ただの日常日記 | Comments(2)  

2248. 前橋市民スポーツ祭(水泳) 令1年8月4日(日)

前橋市民スポーツ祭(水泳) 令1年8月4日(日)



5年ぶりに飛び込んだ。


5月のマスターズ水泳を発熱で欠場したため、

そして、子供に賞状を自慢しないといけないため、

恥ずかしながらもエントリーしてみた。


所詮、お祭りだろ、って思ってた。しかし、どこの世界にも「頑張るオジサン」はいるものですね。

恥ずかしくないように、週4で練習していたので、なんとか帳尻を合わせることができましたが。



………



卓球にも「前橋市民大会」があって、当然、小学生や中学生を中心に盛り上がる。


水泳の市民大会には初めて参加したけれど、こんなに盛況だとは思わなかった。

レースプログラムだけで200以上あるし、当然だけど、参加している選手(子供)の意気込みも違う。あちこちから、「○○秒だったよ、くやしい!」という話し声が聞こえる。子供たちの本気の姿を見るとうれしいです。卓球でも水泳でも、それは同じですね。



小学生中学生に比べると、高校生の参加はちょっと少ない。

しかし、わが母校の名門M橋高校が参加していた。1バックを59秒とか、1コメを1分1秒とか、全国レベルのタイムを見せてもらって、OBのオジサンは興奮しました。

…水球やらない?さすがに、無理か…



☆☆☆



大人の参加人数はさらに少なかった。

さすがに、「遠慮」が必要ですね。お祭りはあくまでも子供のためのもの。


僕が参加したのは、50バタと1コメ。

50バタは、各年代(20代、30代、40代、50代)ひとりづつの参加。

面倒なので、全員一緒のレース。50代の僕は、飛び込んだ時点で体ひとつ遅れている。こんなに練習している俺が?

そのままの流れで、ゴール。5秒も離されて最下位。

さすがに「引退勧告」だよな。恥ずかしい。



その1時間後に、100m個人メドレー。

今度は、50代が3人参加。3人でレース。さっきのことがあるので、他の2人が強そうに見える。緊張もしてくる。(まるで、水泳を始めたばかりの学生の頃と同じ。)


しかし、意外にも、今度は飛び込みでこちらがリード。

苦手の平泳ぎで、少々追いつかれかけたが、得意のクロールで引き離してゴール。

1分19秒は、全年代でも3位になれるタイムだ。

なんだよ、まだ戦えるのか?

f0131183_19415593.jpg


………



会場で、水球部後輩のG君に会った。

彼は僕より10歳以上も年下。水球の実力は、10年に一人の逸材。

(もう30年も水球部を見ているので、そんな実力者が約3人いる。)


高校卒業後、しばらくはOBチームで水球をしてくれていたが、その後、多忙のため、来てくれなくなった。

今回、G付属中学水泳部の引率(元顧問)、および前橋水泳協会の役員として、大会に来ていた。

彼と会うのは、10年ぶり以上だ。積もる話がたくさんありすぎる。


こういう出会いがあるから、まだ泳ぎ続けたいんだよね。






by akogarehotel | 2019-08-05 12:48 | ただの日常日記 | Comments(0)  

2247. 信長の野望日記 令1年8月2日(金)

信長の野望日記 令1年8月2日(金)



全国4万人の「Iモード信長の野望」(通称、アイのぶ)ファンのために、10年ぶりくらいに信長日記復活。



去年から再始動。1年半かけて、やっと武将が集まったので、全国へ。

もれているのは、(いつもの)家久悪天、蒲生茶湯、あとは、田村潜伏、田村潜伏(2)、松永扇動、柳生扇動、由里鎌強兵。 ←ガチなら必須武将だ。


ところで、いつのまにかバージョンチェンジがあったらしい。

おそらく、架空武将が追加されたときに、

 『 特技の発動率が大きくかわった 』


悪天がほとんど発動しない!

抜擢も発掘も、結構不発する。

特技の発動率が、全体的に下方修正されています。もしかすると、一律33%な感じに変更されているのかもしれません。

クリス亭のみなさん、検証をお願いします。



………



さて、全国。1春。


ドラフト結果

1:信長抜擢 → ○

2:堀発掘  → ○

3:酒井抜擢 → ○

4:平手抜擢

5:伊達抜擢

6:南部抜擢


家宝:具足、軍配、鞍

A配置。


コマンド:

信長 捜索

堀 捜索

酒井 捜索


1春に3捜索すると、ガチでは蚊帳の外になります。

でも、過疎化した全国で、しかも3捜索することが前提のドラフトですので。

というか、明日(1夏)の家臣がどれだけ豪華になるか楽しみ。


登録名を見ると、Bは人間。Cは不明。DCPU

目標は全国統一です。



………



1夏。任務報告。


信長 『 特技「取引」の武将を見つけました。 』

お?それは当然の…?

信長 『 安東取引 』


一方、


酒井 『 特技「鍛錬」の武将を連れてまいりました。』

お、今度こそ?そいつは、坊主か?それとも孫一か?

酒井 『 高橋鍛錬 』


いきなり抜擢不発×2

朝6時。一日じゅう憂鬱だよ、もう。



しかし、堀発掘発掘発動!

 『 源為朝 と 上泉信綱 』

奇跡。まさにファンタジスタ!

戦才合計197、しかし、政才合計56。


コマンド

訓練:上泉、為朝、紹運鍛錬

酒井:捜索

信長:米売

安東:米売

堀:捜索


具足と軍配のおかげで、明日(1秋)の進軍が可能になる。さすが全国。



………



1秋。

鍛錬発動で、兵50練200。

抜擢発動で、氏康。

取引発動で、米50→金100

しかし、今度は発掘不発。。。


それより「緊急報告」で同盟依頼。

C国 『 いっしょにBを倒しましょう 』


文章付きの依頼なんて久しぶり。友達になれそうな予感。

でも、当然、拒否。

理由は明白。

コシュもご存知のとおり、「眼鏡を持っている国とは同盟しない。」

1秋に依頼が来るってことは、1春に偵察を出さないといけない。1春に出すわけない。ってことは、眼鏡を持っている。

ま、配置だけで出す人もいるだろうけど、その場合、AよりもBだろ。



コマンド

進軍:上泉→N

捜索:信長、酒井

あとは、米買って、雇兵訓練+町。



………



1冬。

酒井抜擢発動 → 元就

信長抜擢不発 → ごみ

ほら、やっぱり。


抜擢は2人体制じゃないと回せません。

安東を解雇して、元就を登用。


コマンド

進軍中:上泉→N

訓練・町・捜索のほかに、初めての偵察を。



………



2春。

兵120練200 城4

堀発掘発動 → ゴミ+ゴミ え?

信長抜擢 → 家康!


発掘が段階性?何この新しいシステムは?

20年前とは変更点が多いようで、僕のような「初心者」はオロオロしちゃいます。


進軍は一騎発動の勝利。おかげで、兵力があふれてる。米が足りなくなりそう。


さて、次の進軍先は、

どんどん南下。上泉50→J

ついでに、為朝50→N。討伐して貫高とお金をもらおう。



2つ進軍したら、米がゼロになっちゃった。

序盤は内政を優先しないといけない。

家康→紹運 と交代。序盤の鍛錬は非常に助かった。



さて、密偵内容。

BCが人間。


B:具足軍配火縄

義弘、政宗、元親、信玄

(おいおい、どういうドラフトだよ!)


C:具足軍配眼鏡

昌幸、霧隠、顕如、謙信、柿崎

(地味。武将を持ってないのかな?)



………



2夏。

米ゼロ。一揆は起きなかった。


進軍中

上泉→J

為朝→N

あとは全力開墾。氏康がんばれ。



………



2秋。

 金 240

 米 100

 兵 170

 練 200

 城 6

ちょっと一息。


進軍は勝利。

N討伐で真柄獲得。しかし、単独戦なので乱戦は不要。スルー。

Jへ進軍した上泉は一騎不発で勝ち。

統一へ向けてひたすら南下。Jを無視して、Kへ、上泉で進軍。

夏冬戦パターンなので、上泉が永遠のエース。


しかし、Kの次はどうしよう。

C(人間)か、Pか。

って、CとPで同盟してるし!



Bが下へ1城進軍。

Cも下へ2城進軍。



まだ出てない武将は、

幸村、慶次、長野、道雪、

半兵衛、官兵衛、直家

武蔵、小次郎、

重秀、頼廉、サダ、望月、

風魔、百地、服部、滝川

北条早雲、北畠顕家、楠木正成、

まだまだ宝の山だけど、発掘は不要か?



コマンド

酒井抜擢:捜索(官兵衛のはず!)

上泉:進軍→K春日山(商40)

家康:米買「取引」

為朝:米買

堀:米買

信長:町

元就:町

氏康:米買


米相場0.7のお買い得状態。

3春競売へ向けて、商人モード全開。「競売」なんて、なつかしい言葉だね。


2冬(明日)は、町6+密偵進軍で決まり。


今後も日記が続くかどうかは、調子次第。Cの領地を通過できるかどうかにかかってます。








by akogarehotel | 2019-08-02 18:53 | ただの日常日記 | Comments(6)